FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』『少年探偵団 敵は原子力潜航艇』新文芸坐

企画「さらば銀幕の番長 追悼梅宮辰夫」から1プログラム。

◆『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』新文芸坐
五つ星評価で【★★★たつにいの真面目時代】
1960年、白黒、77分、初見。
いきなり「第二東映」の配給マークがイカす。
群像劇、学生3人から話が始まり、梅宮辰夫はその学生が事故にあった時に取材する新聞記者。キャストロールでは恋人役の看護婦・三田佳子と一番二番のメインキャストだが、学生3人がメインの話で、あまり主演っぽくはない。
加藤嘉が出てるが相変わらず実直だけど不幸な役(三人学生の親の一人で、避難民の激流に巻き込まれ轢死)。

事故から韓国と朝鮮の代理戦争が始まる。現実の朝鮮戦争が1950~53年(ただ停戦ではなく休戦なので名目上は未だに戦争中)なので、リアルに再戦して核が使われてもそんなに違和感がない時代である。

白黒で戦火に沈む各都市のジオラマが美しい。
都市に核ミサイルが打ち込まれるという情報から各地方に疎開しようとした人間が道を覆い、奔流のようになり、パニックかくも恐ろしきという見え方に映画上でなる。それでも、疎開した彼等をあざ笑うように、ほぼ全ての人が死に絶えたとナレーションが入ってエンドになる。地獄かよ。みな都会から逃げよう逃げようとするが、今ならもっと無関心であんな誰もが逃げ出すような事にはならないと思う。何となくだが、選挙に行かない奴らは疎開避難もしなそうだ。


◆『少年探偵団 敵は原子力潜航艇』新文芸坐
五つ星評価で【★★★少年探偵団のテーマの古さが凄い】
1959年、白黒、61分、初見。
梅宮辰夫が明智小五郎をやってるとは思わなかった。
取りたてバカに見えもしないが、頭が良くも見えはしない。ただ、若いので「しゅん」としてる。スリムである。
敵対する怪人二十面相は、もっと趣味的大怪盗かと思っていたのだが、国産月ロケットの発射を妨害する理由が、日本の立場が良くなる事をよしとしない外国の依頼によるものって、実に夢がない。


【銭】
新文芸坐一般入場料金各1450円。会員割引で-300円。会員費用更新でプラス1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
第三次世界大戦 四十一時間の恐怖@ぴあ映画生活
少年探偵団 敵は原子潜航艇@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『音楽』シネマカリテ2

◆『音楽』シネマカリテ2
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★「音楽」って感じ】
つかみどころがない。
でも、こんなラクガキみたいな絵で71分間、間を持たせてシュワーっと多幸感もたらすのだから凄いっつか、偉いっつか、でもなんか、そーゆーんでなく、ごくごく普通にいつも通り、家の味噌汁が美味いみたいな感覚の一本。そして、なんか爽やかなレモン味のサバ缶みたいな感じ(ちなみに爽やかなレモン味のサバ缶は食べた事がない)。

もっとも「音楽」と親和性が強いのにメンタリティと運が悪すぎて何事もなし得ずに佇んでばかりいたであろう森田くんが良い。っつか、全てのヘタレは彼の為になら泣ける。全人間のヘタレを背負って立つ、そんな素晴らしい役。ヘロヘロ声の平岩紙が良いわあ。

そんな森田くんと真逆だけど「音楽」的に底で繋がってるっぽいハゲでヒゲの研二はきっとみんな否定するだろうが、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」の妖精パックみたいな存在に違いない。いや、違うか。でも、研二と森田が「音楽」で繋がれる、「音楽」その物の緩さや曖昧さが「音楽」の魅力だと思う。悪魔を呼びだすようなベースに飽きて、悪魔を呼びだすような縦笛に転向した研二。カスタネットもハーモニカもリコーダーも正式なオーケストラでは見掛けない傍流の音楽であり、ベースもギターもドラムもやはり、その格式の中にはいない。オーケストラが神への音楽を紡ぐなら、そこに含まれない彼等は悪魔への音楽を紡ぐ。悪魔とは神から落とされた土地土地の昔の神々。今では崇拝はないが生活に密着して根付いている。

音楽が伝播させる熱狂は①暴力性②平和③愛なんかが根底にあると思うので、①も②も演奏で伝播させたのだから、研二と亜矢は③の延長で早くセックスすればいいのに、とかも思った。それはそれで「音楽」なのである、きっと、たぶん。そこまでアニメで掻いたら作品として瓦解しただろうが(つーか、そこまで描けと言ってるのは単に自分だけなのだが、、、、、俺のバカ)。

琴線に触れて揺れた揺れたボインボイン(揺れすぎだ俺)。また変な感想をUPしてしまった(自覚はあります)。


【銭】
水曜に武蔵野興行の映画館で見たので曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
音楽@ぴあ映画生活

『アングリーバード2』ユナイテッドシネマ豊洲12

◆『アングリーバード2』ユナイテッドシネマ豊洲12
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★★ちょっとどうかしてると思うくらい面白かった】
こんな面白いのが人知れずに埋もれてしまうのは実に惜しい。
単純比較だけど『ヲタクに恋は難しい』の百倍くらいは面白いと思う。

相変わらずいつもムスっとしてるが新しい問題を人知れず抱えてるレッド、
特に変わらずにノッソリとしてるのと超高速のボムとチャック、
前回の悪役から今回は共闘を組むパートナー相手になったら、とてもいい感じのボケ具合の豚軍団。
それと超高速チャックの妹の天才技術者シルヴァー。
シルヴァー可愛い。いや、シルヴァーで性的に興奮はしないけど。
つーか、アングリーバードの世界観では誰にも性的興奮を覚えない。
偽物イーグルのトイレのシーンとかで性的興奮を覚えたらまずいよな。

前回以上の問題を心に抱えたレッドが、問題を乗り越える姿と
ミッションのクリアと、色々なキャラの関係性がラストに至るまで
少しずつ変化していくのが心地よい。

映画終わって誰も不幸になってない話ってちょっと珍しいかも。
(犬とアザラシはハッピーエンドまで行ってないか)

新しく現われたイーグル・アイランドのイーグル達がみんな実にマッチョ馬鹿なのがよかった。基本みんな馬鹿。


【銭】
ユナイテッドシネマ特選で大人1300円だが、期間内有効のフェア券使用で1200円で観た。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アングリーバード2@ぴあ映画生活
▼関連記事。
アングリーバード@死屍累々映画日記・第2章
・アングリーバード2@死屍累々映画日記・第2章

『のび太のパラレル西遊記』『~の宇宙小戦争』『~と竜の騎士』『~の宇宙開拓史』「併映作プログラムB」神保町シアター

企画「ドラえもん映画祭2020」から5プログラム。

◆『のび太のパラレル西遊記』神保町シアター
五つ星評価で【★★★なるほどパラレルだった】
1988年、カラー、90分、初見。
西遊記の孫悟空を見つける為にタイムマシンに乗り込んだのび太とドラえもんがしくじって歴史を大改変してしまう。おいおい、こんな地球滅亡級の歴史改変はあかんやろ。歴史の改変を元に戻すため、過去の世界に逃げ出したゲームキャラの収納を行う。『カードキャプターさくら』のお手本みたいな話。この妖怪48体が三蔵法師の身体の部位を少しずつ持っていて、元のゲームに収納するごとに三蔵法師の身体が戻る。嘘です。それは『どろろ』です。面白いのはドラえもんが出す主人公になりきる事が出来る立体体感ゲーム。今ならVRでゴーグルだけだけど、筒型の筐体の中に入り全身360度ゲーム画面に囲まれて五感変換がなされる。この体感ゲームが『ドラゴン・クエスト』『スーパー・マリオ』をベースにイメージが作られたのだろうが、ビジュアルがドット絵というかポリゴンっぽさが残ってて逆にイカシてる。
あと歴史改変がなされて魔物の持ち物になった世界のホラー描写が実に優れている。のび太ママが階段を登る足のカットだけで実に的確なホラー描写であるのが素晴らしかった。
最近のドラえもんはドラえもんが外界に出向いて、出向いた先の悪い権力者を退治してめでたしめでたしというパターンばかりなのだが、そういう007の悪玉の秘密基地を破壊したり、壊したりみたいな描写がなくても話は作れるのである。悪者を倒す事がドラえもんたちの仕事ではないのだ。


◆『のび太の宇宙小戦争』神保町シアター
五つ星評価で【★★★★感情ラインの流れが見事】
1985年、カラー、99分、初見。
OPのSF映画もじりが楽しい。
のび太達と仲良くなる宇宙人のパピが可愛らしい外見に似あわず、レギュラー、ゲスト全て合わせても一番くらいの人格者である。
物語の中で特筆すべきなのは悪玉側で、子供映画特有の薄っぺらくてちょっと抜けてたりもする愚鈍な悪玉ではなく、実働的で超頭がキレる。
悪玉が理詰めに頭が良く、次から次へと防衛策を出して反乱軍を追い詰める。ドラえもん映画でドラえもんに危機感を感じてしまうのも凄い。これはどらえもん側にも秘密兵器に弱みや限界をちゃんと付けて伏線にしている事も功を奏している。
ラスト平和が訪れた惑星で水に落ちたジャイアンがクシャミをするシーンがある。「宇宙戦争」的にそれはマズイだろ。
冒頭、ジャイアン+スネ夫+出木杉、のび太+ドラえもん+しずかに分かれて特撮映画の作成をする。そこで自由に自分の映画を作らせてもらえないとグズるしずかちゃんが良い。無言で泣いて怒る姿が実に藤子不二雄世界の女の子らしい。あと基本いじめっ子だが、出来事が大きくなるとネガティブが止まらなくなるスネ夫の描写も秀逸。


◆『のび太と竜の騎士』神保町シアター
五つ星評価で【★★★悪役側の誠実さ】
1987年、カラー、91分、初見と思ったら2回目だった。
のび太達もノイローゼ的(ジャイアン的にはノゼローゼ)。
のび太も、ジャイアンも、スネ夫も、しずかちゃんも皆一人で好きに出来る個別の部屋が欲しいという欲求がある。だが、経済的に本当に一人部屋を持っていなそうなのはジャイアンくらいだ。ジャイアンはリサイタル用の練習、しずかちゃんも殺人的なバイオリンの練習、この二人の目的は趣味の徹底であり、それが元の部屋でやるには充分でない。のび太は昼寝部屋。スネ夫はノイローゼの自己修復に来ている。もう、この頃から子供だって疲れてる、みたいな描き方を子供はされるようになっている。
のび太たちと敵対する位置に付く集団が、彼等の思想に基づき決して敵意のない毅然とした態度を取っていたのも印象的だった。


◆『のび太の宇宙開拓史』神保町シアター
五つ星評価で【★★★★ちゃんとしてる。】
1981年、カラー、91分、初見。
リメイク版を見ているのだが、今回見たオリジナルの方が子供全員の友達関係を単純明快かつ緻密に描いてると思う。まあ、リメイク見たのもかなり前なので、リメイク版を見直したら又、感想変わるかもしれないけど。
劇場版第二作と、今回まとめて見た4本の中ではもっとも古いのだが、この時点でもう東京に空き地がないと言わせてる。ただ、ドカンの空き地とかはあるのだからバットやグローブを使わない軟式で野球遊びすれば良くないか?
話は、野球をやる空き地を中学生に取られて、それを取り返す事をムチャ振りされたのび太が、代わりの代換え地として見つけた惑星で、又、ジャイアンとの仲を悪化させ、それでも何かあれば皆、助けに駆けつける。駆けつける部分より、仲が悪くなったり敬遠したりの意地の張り合い部分がリアルだった。
ワープ表現が『宇宙戦艦ヤマト』のワープ『スター・ウォーズ』の超高速推進のいいとこ取りっぽい。
メカデザインがガンダムの大河原邦男。
PS のび太とドラえもんだけがちょくちょく遊びに行く事になるコーヤコーヤ星、そこでののび太は低重力のため体力はスーパーマン、早打ちの特技は活かされ、あやとりを友人の妹に教える。そして、勉強すらその友人の妹に自発的に教えたりしている。つまり、コーヤコーヤ星でののび太は非常に有能ないい子供なのだ。地球での学校教育がのび太をダメにしている可能性がとても高い。 


◆『エスパー魔美 星空のダンシングドール(併映作プログラムB)』神保町シアター
五つ星評価で【★★★魔美かわいい】
1988年、カラー、41分、三回目。
ファッションがけっこう今っぽいとツイッターで呟いたら、どんなとこと聞かれて、「ニーソ、紺ソク、タイツ」と呟いて性癖がダダ漏れた。主人公そっちのけでゲストキャラの恋愛がメインで盛り上がるのは『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』っぽい。


◆『ドラミちゃん ミニドラSOS(併映作プログラムB)』神保町シアター
五つ星評価で【★★あれ?】
1989年、カラー、40分、初見。
のび太の子供達の世代でワイワイガヤガヤ。のび太の息子とジャイアンの息子の関係が逆転してたりする。気が付いたら終わってた。あれ?


【銭】
神保町シアター一般入場料金各1300円。併映Bは二本で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記@ぴあ映画生活
映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争〈リトル・スターウォーズ〉@ぴあ映画生活
映画ドラえもん のび太と竜の騎士@ぴあ映画生活
ドラえもん のび太の宇宙開拓史@ぴあ映画生活
エスパー魔美 星空のダンシングドール@ぴあ映画生活
▼関連記事。
エスパー魔美 星空のダンシングドール(一回目)@死屍累々映画日記
・エスパー魔美 星空のダンシングドール(二回目)@死屍累々映画日記

『少年猿飛佐助』『わんわん忠臣蔵』ユジク阿佐ヶ谷

特集企画「東映動画まつり2020」から2プログラム。
企画6本の中から見てない奴をと2本選んだんだけど、『わんわん忠臣蔵』は2回目なのを見出してから気が付いた。

◆『少年猿飛佐助』『わんわん忠臣蔵』ユジク阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★,★★これは実は映画が古いからかしら。楽しみづらかった】
『少年猿飛佐助』:1959年のカラー映画、83分、初見。
『わんわん忠臣蔵』:1963年のカラー映画、82分、2回目。
日本初のカラー長編アニメ『白蛇伝』が作られたのが1958年、どちらも長編アニメ黎明期の作品と言っていいだろう。それだからなのか、何だか短編みたいな話ではないだろうか。
それぞれのプロットを単純に書くと、
『少年猿飛佐助』は、
①佐助が敵によって痛い目に会う。
②修行する。
③佐助が真田幸村と一緒に敵を懲らしめる。
『わんわん忠臣蔵』は、
①犬のロックが敵によって母を殺される。
②森から都会に逃げたロックが敵の罠にかかる。
③ロックが仲間とともに敵を懲らしめる。

紆余曲折なく単純。ドラマで見せるより、絵の華麗さや動きで見せようという意識に溢れているように見える。
『少年猿飛佐助』の見せ場は③での敵との忍術合戦である。ここで敵も佐助も武器での攻防や気象を扱う忍術を使用する。アニメで描かれる強風や大水。こんな表現はそれまでに無かったであろう。前衛的だったり実験的だったりする。ただ、今の目線で見るとそんなに目新しくないので、戦いが延々と行われていると退屈してしまう。でも、この頃のアニメーターはこれを描きたかったのではないか。これがアニメだ。絵で見せるのがアニメだ、みたいな。『わんわん忠臣蔵』の見せ場は③でのスラップスティックな敵との追いかけ合戦、ここも長目。確かに、それは贅沢なアニメ表現なのだが、チャップリンやキートンでも筋がなく、ただ30分逃げるような映画があったら間延びするだろう。ここもやはり間延びする。でも、きっとこの時はこれが正しいと信じて撮ったのだろう。いやいや、みんなそんなにけなしたりしてないから、私自身かポンコツでちょっとした冗長さに耐えられないだけなのかもしれない。爺になるってイヤだね。すまん。

PS 
『少年猿飛佐助』
・主人公と姉、と言うか善玉系の顔がインドネシアっぽい(影絵っぽいのかな)。
・今なら『少女猿飛佐助』でリメイクだ。
・山賊の中の凸凹コンビがドロンジョのいないボヤッキー、トンヅラっぽい。
・山賊は生活や贅沢な生活のための乱暴狼藉だろうが、夜叉姫には悪事の目的がない。なので、とても怖い。夜叉姫の声は赤木春恵。
・真田幸村の声は中村嘉葎雄。読めるけど書き取らせたら絶対書けない中村嘉葎雄。

『わんわん忠臣蔵』
・意外と血なまぐさい。
・犬が歩いて音楽が付くだけで『ワンサくん』っぽい。
・主人公犬の名前は「ロック」らしいのだが、「ドック」に聞こえておいおいと思ってしまう。
・犬は徒党を組むけど猫は集まってるだけだから『にゃんにゃん忠臣蔵』はなさげ。
「おのおのどの討ち入りでござる」
「にゃあ」
「にゃあ」
三時間後
「おのおのどの討ち入りでござる」
「にゃあ」
「にゃあ」

【銭】
番組料金一本1500円だがユジクの曜日サービスデー(木曜)に見たので一本1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
少年猿飛佐助〈デジタルリマスター版〉@ぴあ映画生活
わんわん忠臣蔵@ぴあ映画生活
▼関連記事。
わんわん忠臣蔵(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
・わんわん忠臣蔵(二回目)@死屍累々映画日記・第二章

PS 同じ下りでつまづいて二日間足止めしてしまった。文豪かよ俺。

『ヲタクに恋は難しい』ユナイテッドシネマス豊洲10、『ゴブリンスレイヤー』トーホーシネマズ上野1

同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『ヲタクに恋は難しい』ユナイテッドシネマス豊洲10
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★ただ撮るだけでミュージカルになると思うな】
怪しいと思いながら見に行ったら、やはり怪しい感じだった。
高畑充希のデフォルメ演技は予告通りですんげ面白い。神、神、神で尊い。加えて歌上手い。ベージュやピンクや巨乳じゃないみたいな、さりげないエロ情報の混入もゲスいけど嬉しい。
山崎賢人はまあ記号として良いのだけど、『斉木楠雄』の髪がピンクじゃないだけだろ、とも言える。
斎藤工のリアルにプレッシャーかけてくる芝居か上手い。タップは目が引きつけられる。
菜々緒、人としてなんて美しいフォルム。
賀来賢人、交渉度が高いのに心が伝わらない感じが妙に現実と地続き。
佐藤二朗とムロツヨシは今回、最大限に機能が効果を上げていない。
オタク情報に関しては軽蔑もせず、リスペクトもせず、ただ表面を舐めている。深い踏み込みがないので薄いコメディーとして見る分には問題ないが、恋愛ドラマとして見る分にはピースが不足している気がする。
問題なのはミュージカル。歌や踊りはちゃんとしてるのに訴えてこない。みんなの息は合ってるのにそれ以上伝わらない。紅白のスクールメイツかよ。これは演者側はOKだが、演出側がしっかりその動きが映えるように撮っていないのが問題だ。オープニングの群舞なんてもっとコントラストを明確にして、踊りの切れをはっきりさせるよう撮らんと。全体、音楽劇としての効果がないのに(上手く伝えられないのに)ミュージカルにしてしまった為、他の事を語れる尺が大幅に食われてしまった。例えば一般人との恋愛がイヤ、オタバレがイヤと言っているなら、オタの一般人に対する劣等感などを今田美桜などを使ってちゃんとエピで語るべきだろう。音楽や踊りの部分で良いのは斎藤工のタップと、賀来賢人のオタ芸。タップは強制的に明確な音が映像に頼らないキレを作っていたし、オタ芸も映像の演出が不要なくらい第三者(観劇者)に見せる物として外部から見れる物として完成されていたからだろう。


◆『ゴブリンスレイヤー』トーホーシネマズ上野1
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★よくないすか皆さん】
ラノベ、TVアニメ化、劇場用アニメへのラインで来たが、そういうの知らずにいつも通り、一見さん鑑賞。普通にちゃんと面白い。主役のゴブリンスリイヤーの声のかっこ良さに男ながら濡れる。斬って斬って斬り抜ける、大した野郎なのだけど、ヒエラルキーは低いと言うのも萌えポイント。

【銭】
『ヲタクに恋は難しい』:フェア券使用で1200円。
『ゴブリンスレイヤー』:特別価格設定1400円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヲタクに恋は難しい@ぴあ映画生活
ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヲタクに恋は難しい@徒然なるままに

2019年着服記録(講評追加)

※ 講評を追加しました(グーンと一番下です)。

2017年以前はツイログ(ツイッターの記録アプリ)の検索機能で「拾った」という語彙を検索して集計を出していた。
2017年に同じ事をやろうとしたら、どうもうまく行かない。引っかからないツイートがあるようだった。どうもツイログの検索限界に到達してしまったらしい(おそらく全体ツイートもしくは検索ツイートのどちらかが限界値を越えてしまった)。
そこで、2017年、2018年は公式ツイッターの全ツイート・ダウンロードという機能を使ってツイートをPCに落として、そこから期間を区切った後、語句を検索して編集した。
2019年については公式ツイッター・管理機能にある全ツイート・ダウンロードの仕様が変更になり、編集の自由度が下がってしまい、どうしても上手く呟きをセレクトできなくなったので、この機能の使用を断念。結局、ツイログの管理機能の方にもあった全ツイート・ダウンロードを使い、そこから編集した。前年より発表に時間がかかったのは公式ツイッターのログ編集をどうにかできないかと言うチャレンジ期間があったからです(結局、そのチャレンジは生きなかったのだが)。

以下、ログと講評。

2019-01-05 17:11:38 50円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)。2019年初。
2019-01-05 18:54:19 1円拾った(スーパーレジ近くイン渋谷)
2019-01-05 22:41:44 1セント拾った(スーパー入口前路上イン渋谷)
2019-01-06 08:47:13 缶コーヒー1本拾った(自販機商品忘れイン狛江)
2019-01-07 22:46:41 50円拾った(錦糸町半蔵門線精算機下)
2019-01-07 22:47:18 60円拾った(自販機釣銭忘れイン錦糸町)
2019-01-08 22:12:42 90円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-01-10 07:31:43 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-01-12 07:44:11 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-01-12 13:44:15 170円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-01-12 13:45:06 10円拾った(その右横の自販機)
2019-01-12 17:49:34 1円拾った(自販機のすぐ下イン大手町)
2019-01-16 14:38:43 10円拾った(自販機釣銭忘れイン日本橋)
2019-01-17 06:58:56 20円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江/16日)呟き忘れてた。
2019-01-17 19:27:19 50円拾った(釣銭忘れイン狛江)
2019-01-18 22:24:25 1円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-01-20 10:12:12 10円拾った(自販機釣銭忘れイン代々木公園)
2019-01-20 13:16:29 10円拾った(飯田橋路上)
2019-01-22 23:56:06 10円拾った(自販機釣銭忘れイン表参道)
2019-01-24 18:19:27 1円拾った(日比谷シャンテ・テケツ前)
2019-01-26 20:27:50 10円拾った(表参道千代田線精算機)
2019-01-26 21:57:07 100円拾った(狛江改札下)
2019-01-27 12:02:53 1円拾った(明治神宮前改札近く路上)
2019-01-27 12:23:16 100円拾った(集合型タイプロッカーイン品川)
2019-01-27 23:09:43 10円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-01-28 14:09:08 1円拾った(大手町半蔵門線券売機下)
2019-01-30 08:14:45 20円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-01-31 07:58:33 100円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-02-01 22:53:55 5円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-02 16:48:59 10円拾った(田端コンビニ入口)
2019-02-02 17:53:08 3円拾った(池袋路上)
2019-02-04 11:56:50 5円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-02-05 12:47:53 1円拾った(大手町千代田線券売機下)
2019-02-05 23:29:01 10円拾った(自販機釣銭忘れイン原宿)
2019-02-07 07:50:12 1円拾った(木場駅構内)
2019-02-07 20:58:31 10円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷)
2019-02-07 23:41:34 60円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷2箇所目)
2019-02-07 23:42:49 20円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷3箇所目)
2019-02-08 07:56:53 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-08 22:19:47 1円拾った(ショッピングモール床イン狛江)
2019-02-09 17:42:35 10円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-02-09 18:06:42 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-10 17:07:44 50円拾った(新宿武蔵野館自販機下)
2019-02-10 17:08:41 10円拾った(新宿ガード下松屋発券機下)
2019-02-10 21:45:48 50円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-12 06:52:27 20円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-12 07:43:13 7円拾った(大手町千代田線券売機脇)。使えんコインとして選り分けといて財布に戻し忘れたな。
2019-02-13 08:13:28 400円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-02-13 18:17:58 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-02-14 15:54:55 30円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷)
2019-02-14 15:55:37 10円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷2台目)
2019-02-14 15:56:18 ヤングジャンプ拾った(渋谷路上)
2019-02-14 22:37:22 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大森)
2019-02-15 06:52:37 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-02-15 07:55:42 1円拾った(木場券売機下)
2019-02-15 07:58:17 1円拾った(木場出口エスカレーター登った一番上)蹴上げた。
2019-02-15 17:33:14 100円拾った(コンビニ床イン木場)
2019-02-18 17:35:32 100円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-02-19 20:57:21 10円拾った(自販機下イン大手町)
2019-02-20 22:25:00 10セント拾った(京王線券売機下イン渋谷)
2019-02-21 16:25:27 1円拾った(大森券売機下)
2019-02-21 19:12:32 70円拾った(自販機釣銭忘れイン大森)
2019-02-22 19:26:20 100円拾った(大手町東西線券売機)
2019-02-24 18:47:22 20円拾った(自販機釣銭忘れイン新宿)
2019-02-25 18:36:15 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-02-26 18:12:15 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-02-26 21:44:29 1円拾った(自販機下イン大手町)
2019-02-27 22:47:49 1円拾った(自販機下イン新宿)
2019-02-27 22:48:38 20円拾った(別の自販機釣銭忘れイン新宿)
2019-02-28 18:51:14 20円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-03-01 13:01:54 50円拾った(電話ボックス脇イン狛江)
2019-03-04 18:23:26 10円拾った(大手町モール床)
2019-03-04 18:25:42 1円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-03-04 23:23:46 10円拾った(明治神宮前精算機)。池袋から原宿経由で帰る時によく拾ってる気がする。
2019-03-05 14:37:03 100円拾った(大手町モール床)
2019-03-05 17:51:59 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-03-05 20:47:28 10円拾った(自販機釣銭忘れイン高田馬場)
2019-03-06 07:04:24 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-03-06 18:58:23 20円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-03-06 19:03:03 10円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋一つ前の自販機の右横)
2019-03-07 14:39:59 10円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-03-08 13:21:16 5円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-03-08 18:46:57 4円拾った(集合タイプロッカー・イン大手町)
2019-03-08 18:55:11 10円拾った(自販機釣銭忘れイン飯田橋)
2019-03-09 12:37:05 10円拾った(自販機釣銭忘れイン新宿)
2019-03-10 15:36:31 50円拾った(食券機釣銭忘れイン海老名)
2019-03-12 13:47:44 1円拾った(大手町モール床)
2019-03-12 23:32:00 10円拾った(自販機釣銭忘れイン富ヶ谷)
2019-03-12 23:32:53 10円拾った(自販機釣銭忘れイン代々木公園)。ちなみにギザ10やった。
2019-03-13 18:06:36 10円拾った(ショッピングモール・イン木場)
2019-03-15 14:04:40 1円拾った(集合ロッカー下イン大手町)
2019-03-15 19:13:32 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-03-15 19:45:59 100円拾った(大手町千代田線券売機横)
2019-03-16 05:35:35 200円拾った(コピー機釣銭忘れイン調布)
2019-03-16 07:10:57 50円拾った(コンビニレジ近く床イン木場)
2019-03-18 22:52:40 100円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-03-24 21:16:20 1円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン喜多見)
2019-03-25 18:00:45 1円拾った(路上イン新宿)
2019-03-26 18:28:10 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-03-30 07:51:50 50円拾った(自販機釣銭忘れイン代々木上原)
2019-03-30 13:25:42 90円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-03-30 13:28:38 100円拾った(駐車券徴収機械釣銭忘れイン木場)
2019-03-31 12:17:28 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-03-31 18:13:41 10円拾った(ポレポレ東中野場内)
2019-04-01 11:36:53 100円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-04-01 21:23:21 10円拾った(千代田線曰比谷券売機下)
2019-04-02 18:10:40 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-04-03 17:45:39 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-04-03 18:18:52 10円拾った(自販機釣銭忘れイン東京)
2019-04-04 13:44:23 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-04-05 23:00:43 1円拾った(原宿券売機脇)
2019-04-06 18:32:30 50円拾った(新宿大ガード下松屋発券機)
2019-04-07 14:11:49 1円拾った(明治神宮前券売機下)
2019-04-07 23:44:40 10円拾った(5円玉2枚、代々木公園券売機脇)
2019-04-07 23:47:36 5円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-04-08 07:02:09 1円拾った(狛江駅改札機下)
2019-04-09 22:21:56 1円拾った(池袋路上)
2019-04-10 22:44:53 2円拾った(原宿精算機下)
2019-04-10 22:45:48 10円拾った(原宿改札外路上)
2019-04-10 22:46:18 1円拾った(明治神宮前券売機下)
2019-04-11 10:20:43 90円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-04-11 22:10:04 10円拾った(飯田橋JRの券売機受け皿の中央にどーん!何かのトラップかと思った)
2019-04-12 18:56:26 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-04-12 19:46:04 10円拾った(自販機釣銭忘れイン豊洲)
2019-04-13 20:18:59 100円拾った(狛江のあそこ)
2019-04-14 12:26:32 10円拾った(自販機釣銭忘れイン六本木)
2019-04-16 23:14:44 100円拾った(文芸座ロビー)
2019-04-16 23:15:54 1円拾った(池袋山手線ホーム)
2019-04-18 07:34:03 50円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-04-19 17:40:21 100円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-04-19 21:31:16 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-04-20 07:52:45 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-04-20 21:33:32 50円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-04-21 21:08:43 1円拾った(丸ノ内線銀座券売機脇)
2019-04-21 21:09:39 そして1円拾った(丸ノ内線銀座券売機下)
2019-04-22 11:31:54 80円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-04-22 11:35:39 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場2台目)
2019-04-23 20:06:22 1円拾った(コンビニ床イン神田)
2019-04-23 20:06:59 1円拾った(大手町丸ノ内線券売機)。
2019-04-24 09:34:11 5円拾った(コンビニコピー機受け皿イン狛江)
2019-04-25 17:24:11 1円拾った(モール床イン大手町)
2019-04-26 17:31:49 8円拾った(自販機前地面イン木場)
2019-04-26 18:18:16 100円拾った(集合ロッカーイン日比谷)
2019-04-29 17:53:09 50円拾った(自販機釣銭忘れイン新宿)
2019-04-30 22:56:30 10円拾った(映画館ロビー設置自販機釣銭忘れイン飯田橋)
2019-04-30 23:17:53 10円拾った(自販機釣銭忘れイン喜多見)
2019-05-01 20:17:42 360円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-05-04 21:00:58 1円拾った(国会議事堂前千代田線券売機下)
2019-05-05 23:20:15 10円拾った(自販機釣銭忘れイン品川)
2019-05-06 11:26:15 2円拾った(上野広小路券売機下)
2019-05-10 16:06:08 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川)
2019-05-11 17:14:40 50円拾った(自販機釣銭忘れイン塩浜橋)
2019-05-11 18:05:01 100円拾った(大手町半蔵門線券売機下)
2019-05-11 18:07:17 50円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-05-11 18:59:35 10円拾った(新宿丸ノ内線券売機下)
2019-05-13 08:11:37 90円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川)
2019-05-14 10:01:30 5円拾った(コピー機釣銭忘れイン狛江)
2019-05-14 23:07:51 17円拾った(自販機釣銭忘れイン富ヶ谷)
2019-05-16 07:55:34 10円拾った(モール床イン狛江)昨日だ。
2019-05-16 07:56:47 1円拾った(大手町千代田線券売機下)
2019-05-16 17:01:25 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-05-17 22:20:33 10円拾った(有楽町有楽町線精算機)
2019-05-19 21:03:28 10円拾った(自販機釣銭忘れイン代々木公園)
2019-05-23 08:09:27 500円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-05-23 19:24:58 100円拾った(大手町千代田線精算機)
2019-05-23 19:26:26 50円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-05-25 07:45:31 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-05-26 13:10:02 1円拾った(自販機設置プレートに挟まって取れない奴を家から鉛筆持っていき弾き出したイン狛江)
2019-05-26 19:02:22 1円拾った(イン渋谷道玄坂路上)
2019-05-27 22:13:24 50円拾った(路上イン喜多見)
2019-05-29 12:27:37 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-05-29 23:09:39 50円拾った(自販機釣銭忘れイン原宿)
2019-05-29 23:10:24 1円拾った(明治神宮前千代田線券売機)
2019-05-30 08:09:25 100円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-05-30 18:18:59 100円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-05-31 17:42:15 30円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川)
2019-05-31 22:24:06 1円拾った(狛江精算機下)
2019-06-03 12:48:36 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-06-03 17:20:42 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-06-04 08:07:29 50円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-06-04 17:08:14 20円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川)
2019-06-05 16:48:24 10円拾った(自販機釣銭忘れイン神保町)
2019-06-07 08:12:27 300円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-06-07 08:14:26 80円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-06-07 21:37:26 1円拾った(地下通路路上イン日比谷)
2019-06-08 16:45:34 50円拾った(自販機釣銭忘れイン塩浜二丁目)
2019-06-09 13:30:02 10円拾った(自販機釣銭忘れイン神保町)
2019-06-09 15:19:45 1円拾った(モール床上イン新宿)
2019-06-10 17:29:13 50円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-06-10 23:38:27 1円拾った(明治神宮前券売機横)
2019-06-12 07:59:08 20円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-06-13 11:58:59 50円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川)
2019-06-13 12:00:10 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川2台目)
2019-06-13 17:14:00 10円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-06-13 22:19:12 50円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋2台目)
2019-06-15 18:26:10 5円拾った(自販機前路上イン大手町)
2019-06-16 17:26:01 20円拾った(自販機釣銭忘れイン阿佐ヶ谷)
2019-06-18 07:39:56 1円拾った(大手町丸ノ内線券売機下)
2019-06-21 07:38:00 20円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-06-21 21:39:37 202円拾った(上野銀座線券売機横)。何でこんな所に!非常に罠くさかったが果敢にその罠に飛び込んだ。
2019-06-23 12:26:37 1円拾った(明治神宮前改札下)
2019-06-24 12:13:04 100円拾った(自販機前イン枝川2丁目)
2019-06-24 21:39:40 20円拾った(自販機釣銭忘れイン上野広小路)
2019-06-25 19:15:20 1000円拾った(路上イン上野広小路)
2019-06-26 11:28:30 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-06-26 16:30:08 1円拾った(モール床イン新宿)
2019-06-27 21:25:47 1円拾った(代々木公園券売機横)
2019-06-28 13:55:24 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川2丁目)
2019-06-28 22:36:48 10円拾った(自販機釣銭忘れイン品川)
2019-06-28 23:12:24 100円拾った(セルフレジ足元イン喜多見)
2019-07-04 18:11:37 1円拾った(大手町千代田線券売機下)
2019-07-04 21:03:48 1円拾った(明治神宮前券売機下)
2019-07-06 08:14:06 50円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江) 、昨日だ。
2019-07-06 18:50:40 1円拾った(コンビニ入口イン渋谷)
2019-07-06 21:47:10 10円拾った(代々木公園券売機下)
2019-07-07 13:33:18 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-07-08 08:17:43 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川2丁目)
2019-07-09 17:29:21 500円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-07-09 17:30:53 1円拾った(千代田線車両内)
2019-07-09 18:04:33 1円拾った(路上イン有楽町)
2019-07-10 12:58:22 10円拾った(自販機前路上イン代々木公園)
2019-07-10 13:40:53 1円拾った(路上イン円山町)
2019-07-11 13:31:57 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-07-13 08:06:22 50円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-07-13 17:42:14 1円拾った(千代田線日比谷地下通路)
2019-07-14 15:58:58 10円拾った(自販機釣銭忘れイン下北沢)
2019-07-14 16:11:19 1円拾った(ロッテリアレジ下イン渋谷)
2019-07-14 19:06:40 10円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷)
2019-07-16 12:57:13 1円拾った(券売機下イン木場)
2019-07-16 17:22:11 500円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-07-16 17:23:10 110円拾った(大手町丸ノ内線券売機2台目)
2019-07-16 17:24:52 10円拾った(大手町東西線券売機)
2019-07-17 17:37:54 20円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-07-17 17:38:25 100円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-07-18 12:17:12 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-07-18 13:13:29 1円拾った(JR川崎券売機下)
2019-07-19 08:43:18 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)電車に乗る前だ
2019-07-19 08:48:54 70円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-07-20 20:32:20 1円拾った(自販機前イン飯田橋)
2019-07-21 15:30:45 1円拾った(モール床イン阿佐ヶ谷)
2019-07-22 06:56:24 100円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-07-27 13:56:20 1円拾った(自販機下イン大手町)
2019-07-29 18:50:31 50円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-07-30 13:05:28 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機下)
2019-07-30 13:06:04 1円拾った(大手町地下通路路上)
2019-07-30 13:06:35 90円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-07-30 21:37:36 1円拾った(小田急線地下通路路上)
2019-07-31 13:26:57 50円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-07-31 22:22:56 60円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-08-01 13:15:08 20円拾った(自販機釣銭忘れイン有楽町)
2019-08-01 19:06:28 50円拾った(コンビニコピー機イン日比谷)
2019-08-02 23:39:43 110円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-08-03 07:55:31 100円拾った(大手町千代田線精算機)
2019-08-03 08:27:29 150円拾った(自販機下ブロック隙間落ちイン塩浜二丁目)
2019-08-03 17:32:50 10円拾った(自販機釣銭忘れイン飯田橋)
2019-08-03 20:53:20 100円拾った(地下通路路上イン飯田橋)
2019-08-04 22:15:09 10円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-08-04 22:16:05 60円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前2台目)
2019-08-04 22:17:40 1メキシコ$拾った(明治神宮前階段)
2019-08-07 15:44:28 10円拾った(自販機釣銭忘れイン飯田橋/全部1円玉)
2019-08-07 18:11:23 10円拾った(公衆電話下イン飯田橋)
2019-08-07 21:18:24 20円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-08-08 17:45:20 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-08-08 17:47:09 11円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-08-08 18:10:31 10円拾った(自販機釣銭忘れイン有楽町)
2019-08-09 19:34:13 1円拾った(目黒南北線券売機横)
2019-08-09 22:32:27 1円拾った(明治神宮前駅構内路上)
2019-08-10 17:28:58 110円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-08-10 17:29:25 50円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-08-10 17:49:44 1円拾った(木場駅構内エスカレータータラップ)
2019-08-11 13:08:40 50円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-08-11 19:57:37 1円拾った(新宿JR構内路上)
2019-08-11 22:45:34 50円拾った(阿佐ヶ谷改札下)
2019-08-11 23:08:21 100円拾った(原宿券売機)
2019-08-12 15:15:56 10円拾った(自販機釣銭忘れイン新宿)
2019-08-12 19:53:53 100円拾った(新宿地下モール食券機)そこで拾えるとは思ってなかったからビビった。
2019-08-13 08:05:45 70円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-08-15 13:21:51 5円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-08-16 18:05:56 100円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-08-17 13:43:12 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-08-18 20:52:02 10円拾った(自販機釣銭忘れイン品川)
2019-08-19 12:33:43 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-08-19 18:39:00 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-08-22 23:02:06 100円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-08-23 18:03:04 10円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-08-25 14:08:25 10円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-08-25 14:09:30 1円拾った(原宿券売機下)
2019-08-25 21:03:09 20円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-08-26 22:18:32 1円拾った(新宿JR券売機下)
2019-08-28 21:17:17 60円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-08-28 22:08:57 20円拾った(スーパーコピー機釣銭口イン喜多見)
2019-08-29 13:26:22 1円拾った(明治神宮前千代田線ホーム)
2019-08-29 15:24:02 1円拾った(映画館場内イン池袋)
2019-08-29 19:59:45 50円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-08-29 20:00:29 50円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋2台隣)
2019-08-29 20:01:01 300円拾った(自販機釣銭忘れイン池袋)
2019-08-29 20:35:21 10円拾った(明治神宮前千代田線券売機下)
2019-08-30 13:26:36 10円拾った(自販機下イン枝川二丁目)
2019-08-30 17:57:32 10円拾った(自販機下イン木場)
2019-09-01 12:53:33 1円拾った(明治神宮前副都心線精算機下)
2019-09-01 23:18:32 500円拾った(集合タイプロッカー・イン明治神宮前)
2019-09-02 11:43:52 20円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-09-03 21:41:45 1円拾った(自販機前イン原宿)
2019-09-03 21:43:23 1円拾った(自販機前イン明治神宮前)
2019-09-04 18:14:51 10円拾った(大手町千代田線精算機)
2019-09-05 18:18:48 50円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-09-05 21:01:57 1円拾った(丸ノ内線新宿駅前地下通路路上)
2019-09-08 18:16:37 1銭拾った(自販機下イン明治神宮前)。昭和16年/国名は大日本で刻印されている。戦前なので横書きは右から左。
2019-09-09 11:16:22 7円拾った(8日スーパーイン狛江/1円、5円、1円で三ヶ所)
2019-09-09 19:47:12 10円拾った(自販機釣銭忘れイン塩浜二丁目)
2019-09-10 21:42:36 100円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-09-11 16:21:15 1円拾った(自販機釣銭忘れイン神保町)
2019-09-12 19:38:18 10円拾った(自販機釣銭忘れイン塩浜二丁目)
2019-09-14 08:01:08 50円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-09-15 16:10:14 1円拾った(自販機下イン塩浜橋)
2019-09-15 20:47:08 10円拾った(自販機釣銭忘れイン神山)
2019-09-16 14:59:16 50円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-09-16 22:13:52 1円拾った(原宿券売機下)
2019-09-18 21:36:38 10円拾った(渋谷半蔵門線券売機下)
2019-09-18 21:37:47 100円拾った(路上イン下北沢)
2019-09-19 07:33:16 1円拾った(大手町千代田線券売機下)
2019-09-19 19:08:41 500円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-09-19 19:09:09 100円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-09-19 22:41:00 490円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-09-20 15:57:41 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-09-21 21:32:23 200円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-09-23 17:26:31 10円拾った(自販機釣銭忘れイン豪徳寺)
2019-09-24 09:02:12 1円拾った(小田急線新宿改札近く路上)
2019-09-24 12:18:03 1円拾った(新宿路上)
2019-09-25 07:56:55 1円拾った(大手町千代田線エスカレーター上った所)
2019-09-25 07:57:37 10円拾った(大手町半蔵門線券売機下)
2019-09-25 13:05:13 1円拾った(大手町都営三田線券売機下)
2019-09-25 18:12:30 10円拾った(自販機釣銭忘れイン三越前)
2019-09-25 22:00:08 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-09-26 18:29:00 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-09-26 18:29:22 100円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-09-26 18:29:44 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-09-27 19:08:16 1円拾った(スーパー床イン三越前)
2019-09-29 12:04:30 55円拾った(自販機釣銭忘れ5円と同自販機下50円イン狛江)
2019-09-29 13:54:16 10円拾った(リンガーハット券売機下イン飯田橋)
2019-10-01 09:11:11 60円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-10-03 19:21:46 1円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-10-03 19:38:13 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-10-04 13:04:16 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-10-05 18:26:11 5円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷)
2019-10-05 21:56:49 1円拾った(自販機前イン狛江)
2019-10-06 22:38:30 10円拾った(自販機釣銭忘れイン渋谷)
2019-10-07 07:41:36 50円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-10-07 08:06:37 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-10-08 09:36:40 100円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-10-08 15:32:25 いろはす拾った(自販機商品忘れイン渋谷)
2019-10-10 11:54:50 90円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-10-10 15:24:07 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-10-10 21:58:53 1円拾った(原宿精算機)
2019-10-14 21:58:10 10円拾った(自販機釣銭忘れイン川崎)
2019-10-15 07:56:26 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-10-15 13:29:02 100円拾った(大手町都営三田線券売機下)
2019-10-15 14:49:48 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町2台目)
2019-10-15 23:53:43 100円拾った(狛江駅構内路上)
2019-10-17 20:49:51 10円拾った(木場精算機)
2019-10-18 15:59:30 10円拾った(自販機釣銭忘れイン府中)
2019-10-19 17:20:14 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-10-20 19:34:44 10円拾った(池袋有楽町線券売機下)
2019-10-20 22:59:10 10円拾った(明治神宮前券売機下)
2019-10-21 13:48:06 5円拾った(大手町半蔵門線券売機)
2019-10-21 23:02:52 50円拾った(明治神宮前券売機下)
2019-10-22 13:33:42 200円拾った(自販機釣銭忘れイン府中)
2019-10-22 13:35:41 10円拾った(自販機釣銭忘れイン府中2台目)
2019-10-22 21:48:55 1円拾った(府中券売機下)
2019-10-23 17:44:11 10円拾った(大手町千代田線券売機)
2019-10-23 22:07:37 2円拾った(スーパーレジ下イン狛江)
2019-10-26 18:24:38 10円拾った(自販機釣銭忘れイン落合)
2019-10-27 14:27:45 50円拾った(自販機釣銭忘れイン表参道)
2019-10-27 22:49:44 1円拾った(原宿券売機横)
2019-10-27 22:55:29 50円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-10-28 08:06:40 10円拾った(自販機釣銭忘れイン木場)
2019-10-28 21:28:05 1円拾った(日比谷千代田線精算機)
2019-10-29 17:56:20 50円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-10-30 15:09:38 50円拾った(大手町都営三田線改札下)
2019-10-30 18:11:55 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-10-30 23:15:02 10円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-10-31 08:04:09 20円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川2丁目)
2019-10-31 18:29:13 10円拾った(自販機釣銭忘れイン東中野)
2019-11-01 16:15:59 5円拾った(自販機釣銭忘れイン豊洲)
2019-11-01 20:15:52 100円拾った(自販機釣銭忘れイン豊洲2台目)
2019-11-01 20:42:06 1円拾った(有楽町都営三田線券売機下)
2019-11-01 20:52:44 10円拾った(自販機釣銭忘れイン有楽町)
2019-11-02 20:06:51 100円拾った(コンビニコピー機釣銭忘れイン豊洲)
2019-11-02 20:08:32 1円拾った(豊洲券売機下)
2019-11-02 20:35:40 1円拾った(有楽町都営三田線券売機下)
2019-11-02 21:41:24 1円拾った(スーパーレジ下イン喜多見)
2019-11-03 21:11:53 1円拾った(国会議事堂前千代田線券売機下)
2019-11-03 21:14:28 10円拾った(自販機釣銭忘れイン国会議事堂前)
2019-11-04 10:55:10 1円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-11-04 13:51:06 10円拾った(自販機釣銭忘れイン永田町)
2019-11-04 19:36:10 50円拾った(新宿JR券売機下)
2019-11-07 13:18:05 5円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-11-11 18:11:47 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-11-13 22:04:15 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大森)
2019-11-15 21:12:39 10円拾った(豊洲券売機下)
2019-11-16 23:20:06 1円拾った(原宿精算機下)
2019-11-16 23:20:27 100円拾った(原宿券売機)
2019-11-17 23:14:45 1円拾った(スーパーレジ下イン富ヶ谷)
2019-11-17 23:16:25 20円拾った(自販機釣銭忘れイン代々木公園)
2019-11-19 13:22:41 1円拾った(大手町都営三田線券売機下)
2019-11-19 13:24:51 1円拾った(自販機下イン大手町)
2019-11-20 13:18:00 10円拾った(自販機下イン塩浜橋)
2019-11-20 17:37:37 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-11-21 19:30:31 2円拾った(大手町丸ノ内線改札下)
2019-11-21 23:16:59 1円拾った(原宿券売機下)
2019-11-23 22:00:17 10円拾った(自販機釣銭忘れイン喜多見)
2019-11-25 13:49:47 10円拾った(大手町千代田線券売機下)
2019-11-25 21:31:05 100円拾った(新宿JR券売機)
2019-11-26 11:06:46 100円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-11-26 14:31:04 1円拾った(自販機下イン渋谷)
2019-11-30 23:48:56 1円拾った(明治神宮前副都心線券売機下)
2019-12-01 10:35:49 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-12-01 14:33:55 30円拾った(自販機釣銭忘れイン池麩)
2019-12-01 18:57:59 10円拾った(自販機釣銭忘れイン池麩2台目)
2019-12-02 17:59:45 10円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-12-02 23:11:28 1円拾った(原宿券売機下)
2019-12-03 18:14:46 50円拾った(自販機釣銭忘れイン有楽町)
2019-12-04 12:54:44 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-12-04 12:55:44 100円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン大手町)
2019-12-05 04:26:41 1円拾った(スーパーレジ下イン狛江)昨日
2019-12-05 08:12:19 10円拾った(大手町千代田線精算機下)
2019-12-06 13:51:30 100円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン大手町)
2019-12-06 13:52:24 10円拾った(自販機下イン大手町)
2019-12-06 18:39:09 100円拾った(大手町丸ノ内線券売機)
2019-12-07 17:41:56 1円拾った(集合ロッカー下イン飯田橋)
2019-12-07 20:42:45 10円拾った(自販機下イン溜池山王)
2019-12-07 20:51:38 1円拾った(国会議事堂前千代田線エスカレータータラップ)
2019-12-08 23:19:50 紅茶拾った(自販機商品忘れイン新宿)
2019-12-10 08:18:20 10円拾った(自販機釣銭忘れイン枝川二丁目)
2019-12-12 09:25:22 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)これは昨日。
2019-12-12 23:27:46 1円拾った(蕎麦屋店内イン伊勢崎町)
2019-12-13 19:12:49 10円拾った(コンビニレジ下イン大手町)
2019-12-13 19:13:38 10円拾った(自販機釣銭忘れイン飯田橋)
2019-12-13 19:14:17 100円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン飯田橋)
2019-12-14 22:37:45 1円拾った(自販機下イン狛江)
2019-12-15 18:07:53 10円拾った(自販機釣銭忘れイン田端)
2019-12-16 13:58:32 500円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン大手町)
2019-12-17 22:04:33 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大手町)
2019-12-20 12:09:30 10円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-12-20 13:10:59 100円拾った(自販機釣銭忘れイン日比谷)
2019-12-21 17:56:20 2円拾った(大手町丸ノ内線券売機下)
2019-12-21 17:57:47 1円拾った(モール路上イン大手町)
2019-12-22 18:54:04 10円拾った(自販機釣銭忘れイン東中野)
2019-12-24 20:06:26 500円拾った(集合ロッカー釣銭忘れイン飯田橋)
2019-12-25 06:47:47 11円拾った(自販機釣銭忘れイン狛江)
2019-12-25 21:48:20 10円拾った(自販機下イン渋谷)
2019-12-27 20:00:08 2円拾った(大手町千代田線券売機横)
2019-12-27 21:01:49 1円拾った(スーパーレジ下イン狛江)
2019-12-28 22:34:51 10円拾った(自販機釣銭忘れイン大森)
2019-12-29 16:32:19 100円拾った(自販機釣銭忘れイン有楽町)
2019-12-30 11:19:43 50円拾った(自販機釣銭忘れイン明治神宮前)
2019-12-30 14:05:55 50円拾った(自販機釣銭忘れイン新宿)

計 457回 19373円。

+いろはす、缶コーヒー、缶紅茶各1本、11cent、1MEXICO $、1銭
1日平均約53円(前回比+16円/それでも毎日もやしでも生活でけんわ)、
1回平均約42円(前回比-12円/去年より細かく拾った)。
最大拾い額 1000円(確か札で拾った、前回比±0円)

各コイン1枚を拾った回数(組み合わせての拾いを除く概算回数)
500円 7回
100円 58回
50円 107回
10円 149回
5円 12回
1円 106回
50円が約10倍、10円が約2倍、5円が約3倍、1円が約2倍。

それにしても拾いすぎてる。

以上

『その夜の冒険』『超高層のあけぼの』シネマヴェーラ渋谷

特集企画「映画俳優 池辺良」から2プログラム。

◆『その夜の冒険』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★まったり】
1948年の白黒映画、66分、初見。
今回の特集企画の中で池辺良のもっとも若い頃の作品。終戦後3年、タイトルは横書きで左から右だが、配給のテロップは右から左の戦前仕様である。池部良は良くも悪くも落ち着いた30代以降のイメージが強いので新婚旅行でチュッチュする若者は池辺良らしくない。軽い役は少なくないが、個人的にはあまり浮いたイメージがない朴念仁だ。「ラブコメミステリー」なんて軟派なものに池辺良が出るかねえ。いやまあ、割とオールマイティーだけど。

キッチリした正義感の強い新聞記者役で、新婚旅行なのに密室状態のフェリーでの宝石盗難事件を追ってしまう。と言うか、犯人扱いされたりする。奥さんは結婚式の披露宴で日本髷を式場に置いて手術に向かってしまう。ドクターXかよ!

監督は『大魔神』の安田公義。
割と棒読みの役者がいたりするので、昔の方が役者スキルって低かったんじゃないか。


◆『超高層のあけぼの』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★伊福部!】
1969年のカラー映画、160分(二部構成)、初見。
二部構成だが今回のヴェーラでは休憩を挟まずに一挙上映。

今回の特集企画の中でかなり後期の作品。池辺良の役は現場でもっとも偉い人。貫禄充分である。
国内初の超高層ビルである霞ヶ関ビルの建築を描くドラマ。実は建築現場にそうそうトラマチックな話題がなかったのか、延々と工事現場に伊福部昭の壮大な楽曲が流れるだけみたいな不思議な絵作りが行われた。別にセリフがなくても、ただでかい物が組み立てて作られる様その物がドラマチック的ではある。でかい物に伊福部昭の楽曲はよく似合う。
話の前段、回想シーンに出てくる「関東大震災」の被災とそこでの人々の祈りとかも、かなり『ゴジラ』にリンクしたりする(曲は似てるが、その物ズバリの特撮曲はなかった)。

池部良以外で目立つのが田村正和。
妙に目黒祐樹っぽい。甘いマスクで重機を操るクレーン野郎。
恋人はブスっぽい。


【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
その夜の冒険@ぴあ映画生活
超高層のあけぼの@ぴあ映画生活

ちょっと待ておかしいぞふじき(おひろい速報)  @cinemaiinoni

毎年、ただ統計出すだけで苦しんでるのだけど、ちょっとおかしいくらい去年銭を拾っている(但し、金額の計算はまだしていない)。一昨年は251回、それだって常軌を逸している。去年は458回。どこかおかしいとしか考えられない。統計的には一日一回以上拾ってるって本当かよ。
ちなみにツイッターの総呟き件数(公式RTも含む)は1年で約12万行。240回呟く事に何か拾ってる。いや、何かおかしい。一日に240回も呟いてないし。何か時空が壊れているのか。

2019年の最初の呟きは
シネマいいのにさんの「2019年になってから、まだ1本も劇場で映画を観ていない。」という呟きに
「あーそーだった。すっかり忘れてた。」というリプ入れてる。

2019年の最後の呟きは
「すーぱーふらいさん、上手いからなあ」。紅白である。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9

◆『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★登場人物が多い推理物ダメなの俺】

むーづかしー。そーだそーだ俺バカだった。

ってのがツイッター最初の感想。だってバカなんだもん。
んー、ラスト畳みかけるようにちゃんと謎の解説を探偵がやってくれるので一応分かった感は出たんだけど、前半かなり舟を漕いでしまったので満足度が下がってしまった。だって、外人ばっか出てきた上にみんな英語で喋るんだぜい(そういう映画です)。

何か爺さんが死んで、遺産が意外な人の手にって『犬神家の一族』みたいだけど、助清と助武と助智が出てこないし、斧、琴、菊も出てこない。それじゃあ、分からんよ。でも、遺産相続人が女性ってのは『犬神家の一族』と一緒だから、そこからコマシ合戦が始まって成人映画になっていても俺は怒らないぜ(そう言う映画ではないです)。あの家政婦さんもとい看護婦さんタイプだし。だが、家政婦でも看護婦でも大豪邸で勤めるからにはメイド服かナース服できればちょっとエッチいスケスケな服を着てほしい。

PS 『ダウントン・アビー』を見た後だからかもしれないけど、屋敷が豪邸には見えなかった。何か当たり前の家であって、間取りが狭い。まあ、推理小説で一代で築いた財産という意味では「らしい」家なのかもしれない。ちなみに『犬神家の一族』の犬神家は畳敷きで間取りだけは広いからあれはあれて゜地味にお金がかかっているように見える(と言うか豪邸に見える部分、寝てたのかもしれないが←ダメ野郎!)。


【銭】
ユナイテッドシネマ会員曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密@yukarinの映画鑑賞日記α

『無垢なる証人』シネマート新宿1

◆『無垢なる証人』シネマート新宿1
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★観客を巻き込む無垢の嵐】
証人として裁判に呼ばれたのは自閉症児の少女。
彼女が証人としてふさわしいのか、証言は信用できるのか。

もう、見ていて彼女の味方にならざるを得ない。
証人の彼女だって「無垢」だろうが、
観客だって正しさを信じて「無垢」でいたいのだ、本当は。

「無垢(=垢が無い)」と対比して、映画の中で主人公が会社に強要されるのが「垢を付ける事(≒要領よく利口になる事)」で、お客への接待で酒や女にズブスブになりそうになる。「垢」の直接表現ではないが、日本で言う「手を汚す」みたいな物か。

主人公かっけー。
無垢な証人にキム・ヒャンギ。『神と共に』のあの子である。いやー、演技上手いわ。
アルツ患ってる主人公の父親役が、全く無関係である事が分かりながらも麻木貴仁に似てる。
途中退場してしまうヒャンギの友達シネも中々癖のある役。復権させてやりたかった(なるほど汚い心を自覚している私もこの映画により無垢に汚染されてしまったようだ)。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
無垢なる証人@ぴあ映画生活

『サヨナラまでの30分』『ロマンスドール』トーホーシネマズ錦糸町オリナス8,3

同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『サヨナラまでの30分』トーホーシネマズ錦糸町オリナス8
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★芸達者な若者たちにいい気持ちにさせてもらう】

中心人物の逝去により活動を停止したバンドが、その人物と同じコアを持つ新人により再生する様子(のようであり、ようでないようであり)。「音楽っていいな」という導入部から始まり、障害を取り除いて又、「音楽っていいな」というラストに回帰する構造がとても感動的で爽やか。バンドの比重は幽霊と実体が二人一組になるメイン・ボーカルと三人の伴奏者とピアノを弾く幽霊ボーカルの彼女。

三人の伴奏者は見た目尖ってるが三人で一人扱いくらいのキャラ。でもこれは物語の混雑具合を見ると丁度いいウェイト。
事故で失ってしまった彼女の音楽性と、やはり近くの人の死で関係性をおかしくしてしまった実体ボーカル男子の人との繋がり、の二つの再生を同時に行なうから伴奏者はウェイト的にやはりあれくらいでちょうどいい。

幽霊ボーカルを演じるのは新田真剣佑。見る映画見る映画外見違って凄いな。JOJOの億奏はともかくとして、カイジの秘書とかと同じ人間に全く見えない。演技バカ。
実体ボーカルは北村匠海。「膵臓」以降の演技がいつも同じであまり好きじゃないのだが、ボーカルでの歌唱力に驚かされて、この映画は良かった。そう言えば歌手の方が本職か。
彼女の久保田紗友、そこにいるだけで目を引く。母親役が牧瀬里穂ってのが又、似たもの親子な感じで良し。

幽霊と体を共有する話なんてフィクション以外の何物でもないのだけど、そういうの一切合切忘れて没頭して見た。心地よし。


◆『ロマンスドール』トーホーシネマズ錦糸町オリナス3
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★高橋一生と蒼井優は良い組み合わせ】
前半がちょっとマヌケなテイストの恋の話で、後半が足取りと空気の重い愛の話。前半が好き。きたろうの計らいで二人が直接、接触し、蒼井優の形状が変わってしまうとか夢のようにいいシーン。
蒼井優が女神さまのようで高橋一生は村人A、きたろうは棺桶に片足突っ込んでる村の老人Aだ。きたろうが汚くって金全然持ってなさそうで、ともかく底辺っぽくてよかった。蒼井優は相変わらず手堅く着実。病気になればちゃんと痩せてやつれてるように映る。本当に体重落としてるかどうかは知らないが落差が激しい。相変わらず演技スキルが並じゃない。整ってるけど美人というよりはオカメに近い顔も立派な武器であるし。
あ、ピエール瀧もご苦労さん。高橋一生って無言でいる裸の大将みたいな演技をする。
後半よくあるドラマになってしまうのがかなり退屈。でも、ラストの高橋一生のセリフがとってもライトで気持ちいい。

高橋一生と蒼井優は『リリィ・シュシュ』以来18年なのだそうだ。へー。

エンドロール「特別協力:オリエント興行」が燦然と輝く。
ならば、起死回生の一手として男のダッチも出してほしかった。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その30、31本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
サヨナラまでの30分@ぴあ映画生活
ロマンスドール@ぴあ映画生活

『記憶屋 あなたを忘れない』トーホーシネマズ錦糸町オリナス5

◆『記憶屋 あなたを忘れない』トーホーシネマズ錦糸町オリナス5
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★しくじってる】
恋人から自分の記憶を消された男が消した男を追うミステリー仕立て。
何故、記憶は消されたのか、記憶は戻るのか。
という話なんだけど、例えば長屋の住人がみんな殺し屋である必殺シリーズや、出る人出る人スタンド持ちでスタンドは引き合うと言いだしてしまったJOJOのように世界が狭い。いや、狭い空間の中に関係者がひしめき合ってると言えばいいのか?物語の登場人物全員を四畳半に招きこんでもそんなに息苦しくないくらいの人数しかいないのに、その中に記憶屋がいると言ったら分かるだろ、それ。多分、ミステリ仕立てにしたのが間違い。

怪奇大作戦みたいな不思議な物語の骨格は嫌いじゃない。

ネット画面安っぽい。3人しか書きこんでる人いなそうなチャット・ルームが寒い。
記憶屋に繋がるキーワード「緑のベンチ」。あんな好配置の場所に緑のベンチを置かなくても。私自身、生まれてから一度も緑のベンチを見た事ないから、緑のベンチ見たら記憶屋近くにいると思っていい(記憶屋が移動に伴ってベンチを緑に塗ってる可能性もある)。

ファンの方には申し訳ないが、主役の山田涼介くんがあまりかっこよくない。
恋人に自分の事を忘れられても、自分と彼女の幸せだった時代が忘れられず、その記憶を取り戻そうとする。つまり、これは相手がどんな状態であろうと、「俺様との恋愛が絶対幸せである、間違いない」という、所謂KY俺様野郎の役であるのだけど、山田涼介ってひ弱でメロウで、自分にあまり強い自信を持っているように見えない。うっすらミス・キャストである。だから、問題の本質に気が付いて、泣きじゃくってる彼を見ても、その痛みがあまり伝わって来ない。ここは強い俺様野郎が過去の幸せより大きな不幸に挫折して崩れ落ちる劇的なシーンなのだが、山田涼介には強さが見えないし、彼がセリフで語る「幸せ」はきっちり多幸感を与えるように観客に事前に提示されていないから観客は実感できないのだ。この二人、本当に幸せだったの? 確信持てない。

自分の持ち場だけはちゃんと演じて問題がない佐々木蔵之介。
自分の持ち場だけ自分の持ち場以上にガガーっと上手い田中泯。
芳根京子は可愛くて大好き。もう、それだけでいい。
「素」的な話で言うなら、毎日ボコボコ記憶をなくしそうなのは芳根京子である。あー、ずっと抱きしめていつも一緒にいてやりたい。

上手いと思ったのは、甦らせたくない記憶のフラッシュバック映像。
ここが真に迫っててイヤな感じなので、逆に中心にあるラブストーリーのオママゴトな感じが目立ってしまう。

「あなたを忘れない」というサブタイトルは主人公目線の物ではない。誰目線かという事に気が付いて、ちょっと萌えてしまった。ベースとしてはいい世界観なのになあと思う。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その27本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
記憶屋 あなたを忘れない@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
記憶屋 あなたを忘れない@ここなつ映画レビュー

マンガ『フォアグラと牛丼』大井昌和、サンデーうぇぶりコミックスを読書する男ふじき

牛丼常食貧乏男子と美食常食富豪婦女子の恋。
単行本1巻8話というサイズが読みやすい。

富豪女子が崩れたホルスタイン体型でマンガ線は流麗で美しく見れるように描いてあるのだが、デフォルメが効きすぎた「巨大な乳」は奇形っぽく見えて、私にはそんなに美しく見えない。ストーリーが純朴なだけに、それに伴う身体描写がチグハグなのが気になった。プロがやる事だから、意識してやっているんだろうとは思うが。

『リチャード・ジュエル』トーホーシネマズ日本橋1

◆『リチャード・ジュエル』トーホーシネマズ日本橋1
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★何でか分からないが面白い】
予告通りで、大きな秘密もなく(予定調和で)、
割とモタモタ感じられそうな長さの尺なのに
イーストウッドが撮ると面白いから不思議。

最初にデンと出てくる「リチャード・ジュエル」は
簡単に言ってしまえば「正義オタク」。
あまり好意的に撮られていない。
頑固で杓子定規、怨みを買ってたりもする。
でも外見デブで損してる分、実はいい奴だってのが
映画見てると徐々に分かって来る。この辺が上手い。
でも「微笑みデブ」みたいで、そういう意味で
犯人像と全く被らん訳でもないかもしれん。

女記者が得体の知れない化け物みたいで怖い。
母ちゃん泣いたら「お前なんかミザリーの癖に」とか思ってもた。
ラストとっても静かに終わるのが大人な映画。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その25本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
リチャード・ジュエル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
リチャード・ジュエル@yukarinの映画鑑賞日記α
リチャード・ジュエル@ノルウェー暮らし・イン・原宿

『シライサン』新宿ピカデリー9

◆『シライサン』新宿ピカデリー9
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★そこは良し、そこは悪しが交互に出てくるホラー】
流石、乙一監督、論理的にイヤな攻め方してくるわあ。

第一の防御方法は何か明確な意味があるのだろうか? ハッキリした方が面白いと思う。
第二の防御には唖然。乙一監督人でなしだなあ。一応、それはなされなかったという事でいいんだよね。

ホラー対象(シライサン)の見せ方がロングだと超怖いのに、アップだとちょっと価値が下がる。割と作り物めいてるのがじっくり映って冷静に見れてしまうのが残念。ホラー対象のデザインは呪いが発症された時代に即して古いのだが、これはもうちょっとぼんやりとした設定でも良かったと思う。

飯豊まりえちゃん怖がり顔だなあ。
そこそこキャリアのある人を使っているにも拘らず、稲葉友、忍成修吾、そして特に染谷将太がいい意味で抜群にオーラが削がれていて、どこにでもいる市井の普通の人に見える。


【銭】
松竹の前回友情入場割引を使って1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
シライサン@ぴあ映画生活

『フォードvsフェラーリ』トーホーシネマズ日本橋2

◆『フォードvsフェラーリ』トーホーシネマズ日本橋2

▲(o|o)ウルトラマンカラー。

五つ星評価で【★★★★何かを成し遂げる高揚感に満ちた映画】
『フォード・フェアレーンの冒険』とは無関係。いや、言って見たかっただけ。
あー、おもろかった。フォードもフェラーリも嫌いになってただただ現場主義になる映画。クリスチャン・ベイルの誰よりも機械を分かってる町工場の職人ポジションがかっけー。頑固ではあるが頑固に理由がある。

ル・マンを走る水色ボディーも妙に「ばえない」のであるが、チラシを見て水色じゃなく銀色であるように見えた。そこに縁どられる赤の帯はまるでウルトラマンのよう。そう言えばフェラーリ側はセブン色だった。

しかし、バットマンを演じれば、ちゃんと富豪に見えるクリスチャン・ベイルの何と下層階級のおっちゃんに見える事よ。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その18本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
フォードvsフェラーリ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
フォードvsフェラーリ@ここなつ映画レビュー

『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11

◆『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11

▲真ん中のピント合ってる女が一番凄い役。

五つ星評価で【★★福山雅治、君はそれでいいのか】
福山雅治と石田ゆり子のすれ違いラブストーリー。
ああっ、すれ違うのにそんな手があったのね。

それにしても役者としての福山雅治はいつも通り、今回もまた一番美味しい役ではなかった。福山さんあんなに主演の場数を踏んでいるのに、いつも美味しい役ではない。今回はそこそこ演技力お披露目のカットとかもあるけど、見せ場で言ったら絶対的に桜井ユキの方が目を引くし、切実だ。石田ゆり子はバランス的に良い組み合わせ。落ち着いているのでキャリア・ウーマンとして海外でちゃんと一人で働いているように見える。石田ゆり子が万全で来てるのに、どーも福山雅治そんなにかっこよく見えない。この辺は加齢による物なのか?結婚したからか? 怖っ!!

ラストのあの収まり方は君がいなければ死ぬとまで言ってた若かりし二人の尖り具合から考えると、妥当な落としどころかもしれないがそんなにそれを手放しで褒める気にもなれず。

最近の福山主役戦歴
『そして父になる』でリリー・フランキーにやられ放題。
『SCOOP!』で再びリリー・フランキーにやられ放題。
『マンハント』で鳩にやられ放題。
『三度目の殺人』で役所広司にやられ放題。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その17本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
マチネの終わりに@ぴあ映画生活

『エクストリーム・ジョブ』シネマート新宿1

◆『エクストリーム・ジョブ』シネマート新宿1

▲コンテナ見ると「ベテラン」思いだす。っつか、韓国映画コンテナ港でのアクション多い。

五つ星評価で【★★★★すんげ面白えじゃん】
ダメなのはタイトル。タイトルはパッと聞いて内容が分かるもんじゃないとダメなんだよ。こんなん何の映画かも分からない(単語として「エクストリーム」が入っているとスポーツ映画っぽい)。だから単純に『唐揚げ刑事』とか『ケンタッキー・フライド刑事』でよかったと思う。一目瞭然でしょ。もちろんオシャレじゃないけど。別に今時「オシャレ」で映画は入らないでしょ。この『エクストリーム・ジョブ』は韓国で付けた英語圏タイトルをそのまま流用してカタカナにしたもの。ダメだろ、それじゃ。

主役は麻薬捜査班5人組。中年の班長、ヒゲ、女刑事、バカ、若者と一目で五人を選別できるのが上手い。彼等が麻薬捜査で張りこんでるマフィア事務所の向かいのチキン店が倒産、売り出しに出していたので、捜査を続けたい麻薬班はこの店を買い取ってしまう。そして、張り込みがばれないように常態を装うために始めた唐揚げが大成功。5人は店の切り回しで手一杯で捜査できなくなってしまう。
未接触のまま張り込んでいると上司からの連絡があり、署に戻っている間、マフィアは引越し、張込監視下から逃れてしまう。ってのが粗筋。

捜査以外、朴念仁の刑事達が徐々にチキンに目覚めていったり、振り回されたりが面白くてたまらん。また、終盤、ドッと挿入されるアクション・シーンで彼等の有能さが証明される展開もアゲアゲでいい。

それでもケチを付けてしまうなら、班長とラスボスの船の上でのアクションが画面の暗さで何か全然すげーもんに見えないのと、女同士の肉弾戦が似たような服を着せたせいでどっちがどっちだかよく分からない構造になってしまったのは減点だ。いや、他はみな加点。OK。おもろろかったよ。それが大事。


【銭】
テアトル会員券割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
エクストリーム・ジョブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
エクストリーム・ジョブ@ここなつ映画レビュー

『これは経費では落ちません!(全10回)』NHK

多部未華子が入社8年目の経理部員を演じる。
毎回、会社の経費について謎が生まれ、
じっちゃんは出てこないので「じっちゃんの名に賭けて」とは言わず、
「兎を追うな」という謎のキーワードをブツブツ呟きながら
多部未華子が謎を解明する一話完結タイプのドラマ。
正月期間中に深夜枠で集中再放送をしてたので録画して見た。

ラストまで経費の裏に隠れている事件が何故「うさぎ」なのかは明かされなかった。

多部未華子が超上手い。
会社にいる時は地味OL。プライベートはぬくぬくお一人様。ぶっちゃけ多部未華子は処女っぽいから30まで恋もせず、お付き合いもなかったというのはリアルすぎる(まあ、現実にはこの間、結婚してしまったけど)。そんな彼女が会社の後輩に猛アタックを掛けられてタジタジになってるのもおもろい。今、気が付いたけどNHKだからそういうのドラマ内で展開せず控えたという可能性もあるが、物語が終わった時点でドラマの展開から見てまだ処女なのだ。ボーイ・フレンドは海外に長期勤務に行ってしまい、彼女は「待つ」と言ってるから、まだしばらく処女のまま。ナイス・バージン。
しかし、営業部でも、総務部でも、広報でも、秘書でもない、経理部にいそうな女の子という多部未華子の演技解釈が完璧すぎる。ともかく全てにキチっとして、派手さはなく、控えめで感情が表に出ないけど、芯は強い。
彼女の所に届く領収書が正しく会社のために使われている物かどうか、毎回、思いも寄らない事件が起きて大ゴトになって争われる。そこには表面上の金額だけでは分からないそれぞれの事情が隠れている。多部未華子はその事件を過去のトラウマから出来れば「解決したくない」と思い込んでるのだが、それでも周りに泣きつかれると知恵を貸してしまう。
これはやはり「美味しんぼ」ドラマの亜流であるのだが、主人公を経理部員にして、謎を企業の中に流れる経費にした事で、抜群にリアリティーのある話になった。毎週毎日料理にまつわる謎が発生し、それを料理の蘊蓄で解決する話には無理を感じるが、経理部員が経費を扱う話には頻度的にも嘘を感じつらい。

彼女が正しさを目指しながらも、正しさだけを盲信しない「いい人」であるのもポイント高い。物事は正しい方が良いけれど、正しいだけでは全ての人が幸せになれない事も彼女は分かっている。

ドラマの後半、全て正しくない秘書室のベッキーと、全てを正しくしなければ気が済まない新経理部員の江口のりこの諍いが一番盛り上がった。江口のりこのウザさは分かっていたが、ベッキーの猛獣具合も素晴らしい。この役、割と匙加減が難しい役だ。全身全霊を込めすぎて真に迫った嫌われ者になってしまうと今後の役者として損だ。ベッキーはどれほどイヤな役を演じても「素」は違うだろうと言う安心感がある。いやあ、ベッキー見事だ。

でんでんが出る回に千葉で地震があって、20分くらい中断したのにもビックリした。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者(ネタバレ)』東宝新宿12『ドクター・スリープ』『ガンダムGのレコンギスタ』新宿ピカデリー8,2

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『ブライトバーン/恐怖の拡散者』新宿トーホーシネマズ12

▲こわいこわい。

五つ星評価で【★★★つまらなくはないが、え、そこで終わらせちゃう】

※ 感想の中にネタバレ内容を含みます。

見る前は「ストレスが貯まったブライト艦長がバーンってなる映画だな」とか言ってたけど、勿論違う。
「スーパーマンって実は気持ち悪くね?」ってテーマの映画だが、少年ブランドンはその威力を行使できる自由を映画の終幕近くに得る。で、さあ、これからこの怪物になった彼と人類の壮絶な戦いが始まるのだなワクワクと思ってたらあっさり終わってしまった。エンドロールに乗る陰な囁き声のエンド曲は好き。ブランドン少年は好演だが、やはり義務教育期間中にすっかり儒教教育指導を受けてきた身としては、あんな生意気なガキにあんな力を与えちゃいかんよなという感情に尽きる。

「ブライトバーン」はブランドン少年が住むアメリカの片田舎の町の名前。感覚的には「南船橋」みたいな題名という事か?


◆『ドクター・スリープ』新宿ピカデリー8

▲帽子が妙に似あう女。

五つ星評価で【★★シンプルっぽい話なのにシンプルじゃない】
タイトルの「ドクター・スリープ」の意味がよう分からん。ユアン・マクレガーが寝ない訳でもないのだが。まあ、そんな大事か?
チラシに「シャイニングの40年後」というコピーが踊っているが、そんなに「シャイニング」寄りではない。「舌切り雀」の大きなつづら程度の立ち位置とだけ言っておこう。

話は、三つのグループ抗争劇で、グループの下地を描くまでが長い。
精神攻撃は描写が今の何でも描けるCGに向いてて、イメージが多彩で見ていて燃える。
題名的には「エスパー対バンパイヤ対降霊術師と亡霊軍団」の方が分かりやすくていいと思う。


◆『ガンダムGのレコンギスタ』新宿ピカデリー2

▲なんか女の子っぽいデザイン。

五つ星評価で【★★何じゃこりゃ】
「近未来も明るく楽しい物語にして描けるのではないかと考えて創りました。」と冨野由悠季が語っている。が、何か大きく勘違いしてる気がする。女の子の応援団を出したり、主人公が暗く悩んだりしなければ、「明るく楽しい物語」になると思ってる素振りがあるが、それは単に「感情表現がおかしな登場人物の軽い」語」にすぎない。背景に戦争があるのなら、喜怒哀楽は全て深まりそうだ。

メンヘラ姫様以外は戦闘中に人が死ぬ事に異常に無関心で、敵のモビルルスーツを敵の為に操縦したりする。その為に、モブがいっぱい死んでいる筈だが名のある人は死なない。ヒエラルキーがキツいとしか言いようがない。


【銭】
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』:トーホーシネマズ有料入場ポイント6ポイントを使用して無料入場。
『ドクター・スリープ』:前回有料入場割引+ネット割引で1200円。
『ガンダムGのレコンギスタ』:番組固定料金1800円均一。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブライトバーン/恐怖の拡散者@ぴあ映画生活
ドクター・スリープ@ぴあ映画生活
劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I「行け!コア・ファイター」@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ブライトバーン/恐怖の拡散者@SGA屋物語紹介所
ドクター・スリープ@ここなつ映画レビュー
ドクター・スリープ@或る日の出来事

『宮本から君へ』ユーロスペース2『カーマイン・ストリート・ギター』『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『宮本から君へ』ユーロスペース2

▲池松と蒼井。

五つ星評価で【★★★★★昭和かよ!】
やはり最初に驚いたのが池松壮亮。体格だって顔の作りだって違うだろうにマンガの「宮本」にしか見えない。週刊モーニングに連載してたのをそのまま読んでて他のキャラは忘れてしまったが、主人公の顔や表情は覚えてる。鬼気迫るソックリさ。そして、蒼井優はまあやっぱすげえ女優である事をいつも通りに証明してくれた。あとドラッグで捕まってゴタゴタしたピエール瀧もいつも通りいい演技してるし、あの佐藤二朗がシリアスでちゃんといい演技を出来る事が分かってちょっとビックリした。これは役者の上手さもあるけどプロデューサーと監督が彼を起用してちゃんと演技させたのが偉い。

絶対勝たなくちゃいけない喧嘩に、勝ち目がないのに乗り込んでいく宮本。こんな頭が悪くて単純なプロット、最近なかなかお目に掛かれない。でもシンプルだろうが何だろうが力強いいい物語だ。


◆『カーマイン・ストリート・ギター』下高井戸シネマ

▲手作りギター野郎。

五つ星評価で【★★飽きてもうた】
建築物の廃材からギターを作ってニューヨークで売る名工のドキュメンタリー。
彼はちゃんとした技術を持つ名工だろうが、それを見る観客(=俺)の耳は素人なので、その音の良さがあまり伝わって来ない。基本的にインタビュー中心の評伝ドキュメンタリーだから中盤から後半、かなりキツかった。


◆『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ

▲自由野郎。

五つ星評価で【★★★★びよんびよんおもろい】
主人公のオヤジが見苦しいのだけど凄くおもろい。レコード収集マニアの彼は稀代の趣味人(ディレッタント)と言って差し支えないだろう。でも決してかっこ良くない。半ズボンの人間って何であんなに権威がないんだろう。かっこは良くないが、常にリズムに乗っている。彼の守備範囲に対しての知識と行動力では誰も彼には敵わない。それを「好き」だけで実現した彼がとても「ニヤケきった」いい顔なのである。うん、おもろい。


【銭】
『宮本から君へ』:ユーロスペース火曜1200円均一料金。
『カーマイン・ストリート・ギター』:
『さすらいのレコード・コレクター』:下高井戸シネマ火曜1200円均一料金。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
宮本から君へ@ぴあ映画生活
カーマイン・ストリート・ギター@ぴあ映画生活
さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物@ぴあ映画生活

お年玉の記録2020

今年の記録(2020年)。

姪1:就職1年目→就職2年目    0円
姪2:就職2年目→就職3年目    0円
姪3:小学6年生→中学1年生 5000円
姪4:少学2年生→少学3年生 3000円
 
ラインとしては
金の価値観が分からない乳児は0円
保育園とか幼稚園とかに行く前は1000円
小学校入学前が2000円
小学生が3000円
小学校高学年~中学生5000円
高校生および浪人生が8000円
大学生10000円
就業0円

年末の話(ガラケー撤廃とインフルエンザ予防接種)と、あけおめ

年末年始の休暇は五日。

30,31,1,2,3日。
やろうと計画している事とその途中経過を記す。

①.クリーニング屋でYシャツ取り返してきて新しく洗ってもらう。
しばらく出せてなかったから6枚、家の在庫0枚と帰ってくる4枚で
次の出来上がりまで間に合うか算段する。
12月30日にクリア。自転車操業だが次の休みまでYシャツ持つ。

②.髪の毛を切りに行く。これは12月30日にクリア。
「神野家を切りに行く」って漢字変換は怖いな。出入りかよ。

③.2020年に見る映画を書き残す手帳の購入。
京王デパートで血の滲むような地味な努力で貯めたポイント
1000円券で何か文具と組み合わせて買いたい。
これは時間取れず。ノークリア。

④.Yシャツの下の白シャツと靴下が穴を開けてきて
数減らしてるので在庫補充。これは時間取れず。ノークリア。

⑤.インフルエンザの予防接種受診。
ネット予定で開いてると書いてある所行ったらふさがってて、
2件目で接種。ゾンビにでも襲われた病院かのように
地べたに直に座る人が山のように満載だったのだが
インフルとは別口らしく時間かからず、割とすぐ終わった。
31日にクリア。3500円。相場より安いらしい。

⑥.ガラケーの携帯がバリバリ充電持たなくなったが、
もう廃止決定機種なので、この機に機種変する。
といってもスマホには変えない。ガラケーからガラホである。
見栄え大きく変わらない。今まで通りガラケーである。
色は緑から金になった。
ガラケーの形だが、内部設計はスマホ。
iモードではなく、SPモードだそうだ。
ツイッターがともかく今まで通り出来なくなって今、大変の真っ盛り。
これ待ち時間も含めて4時間くらいかかってしまったので
これで③や④の予定が跳んだ。

ここまでが年内。
年明けは元旦は映画の日興行。三本鑑賞。
明日は家族の顔合わせ。まあ、大人しくしてます。
三日は又、映画。最後のトーホーフリーパス酷使してやらねば。

最後になったが、いつも通りあけおめことよろ

横浜光音座2で牛とカイマン201912-6-20191212

ちょっとグダグダしてるうちに随分、時が過ぎてしまった。って前に行った時と同じ状態じゃん。

◆『義父の指先 嫁の乳』
旧題◆『痴漢義父 息子の嫁と…』『義父と嫁 乳しぼり』
五つ星評価で【★★★ビックリカット】
中村方隆、麻木涼子主演、佐々木ユメカ出演 
後藤大輔脚本監督、2003年のピンク映画。

前に見た事あった。
冒頭のシーンがショックシーンだよなー。中々ないよ、こんなんの。
前回見た時は、ずいぶん真っ当に撮ってるという風に見えていたが、フィルムをデジタル素材に焼いたからか、妙に画面が暗く、8ミリ映像っぽい地味な映画になっていた。こんな四畳半テイストというか、東北テイストだったっけ?(確か舞台は南国である) 暗い話を暗い画面で見ちゃいかん。前回見た時のように、いい話に思えず。

「麻木涼子」って字画が「広末涼子」に似てるな。農家の嫁さんっぽい女優さんだったので、あまりそそられなかった。広末涼子が農家の嫁さんで牛の代わりに搾乳されて「もー」とか言ったら、絶対そそられると思う。
そう言えばNHKの朝ドラで広瀬すずが牧場で牛と戯れていて、広瀬すずが牛の代わりに搾乳されて「もー」とか言っても、絶対そそられると思うんだけど、そういうのとは別にドラマの中の牛が抜群に綺麗だった。いや、あれくらいが普通という感覚だったのだけど、この映画の中で搾乳対象になる牛はかなり汚れていて、牛糞とか身体にこびりついてたりする。それがちょっとイヤだったな。広末涼子や広瀬すずの身体に牛糞がこびりついてたら、それはそれで興奮すると思うけど。


◆『本番痴女 異常性欲』
旧題◆『貝満ひとみ 何でもいらっしゃい!』
五つ星評価で【★★うむ、カイマンさんだ】
貝満ひとみ主演、久須美欽一、平賀勘一出演 
浜野佐知監督、山崎邦紀脚本、1991年のピンク映画。

▲攻撃的な女、ひとみ。

ワニと寝たAV女優、貝満ひとみ。ピンク映画も一応、どんな素材でも一回は声を掛けてみるのね。淫婦として売ってたカイマンさんだが、映画の中では貞淑でうぶな若妻役(から徐々に淫乱に)。そして、あー、この人、適度に整った顔をしていて何か眉毛も太くて健康的。あまりエロい方面の顔じゃないんだと気づく。可愛らしいとか女らしいとかに振り分けられない人は商売として強い淫乱系とかエロの周辺に振り分けられてしまうのかもしれない。豊丸姉さんもそういうタイプだったし。
夫役は若かりし頃の久須美欽一。いい感じにいつも通りにダサい。植木等のサラリーマンドラマの隅の方に座ってそう。
平賀勘一のスワッピングクラブに誘われて、久須美欽一・貝満ひとみ夫婦、特に貝満奥様は淫乱に目覚めてしまう。淫乱に目覚めた奥様はスワッピングでも1対4プレイとか目覚ましいものがあるが、日々の生活の中で動物と戯れるシーンが撮られており、おそらくこの部分が映画としての売りである。ちなみに動物はリクガメくんと蛸の八ちゃん。
リクガメくんは興奮して頭部を舐められる。子供のおもちゃバギーくらいの大きさのリクガメだったので甲羅後部にまたがって、女性性器を甲羅にこすりつける。カメくんも難儀した事であろう。
蛸は生きてるか死んでるかよう分からん(茹でて赤くはなってなかった)二匹を身体に纏わせて「吸い付くー」と言って喘いでいた。蛸さんも生きていたのなら難儀した事であろう。ただ、蛸さんは見るからに食材だったので、あの後スタッフの宴会の花形になったんじゃないかとも思う。

牛と蛸と亀を映画館で同時に見る日なんてなかなかない。


◆『多感な制服 むっちり潤い肌』
五つ星評価で【★★ガン寝】
佐々木真由子主演、しじみ出演 
加藤義一監督、城定秀夫脚本。 2010年のピンク映画。
城定秀夫脚本でこれが目当てなのにガン寝。
年取って体調悪いとそんなんはようある。


【銭】
一般入場料金1260円(消費税10%アップ後20円値上げしたみたいだ)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
痴漢義父 息子の嫁と…@PG
多感な制服 むっちり潤い肌@PG
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
義父の指先 嫁の乳@横浜SANのブログ
貝満ひとみ 何でもいらっしゃい!@横浜SANのブログ
▼関連記事。
義父の指先 嫁の乳(1回目)@死屍累々映画日記・第二章

『台湾、街かどの人形劇』ユーロスペース1

◆『台湾、街かどの人形劇』ユーロスペース1

▲小さいものや細かい物に対する執着とも受け取れる作り込みが素晴らしい。

五つ星評価で【★★よう浸れんかった】
不思議だ。予告ではあんなに面白そうだったのに、観てると退屈この上もない(個人の感想です)。2分くらいに凝縮しないと面白さに辿り着けないという事か。確かに人形の身体が人間のようにシナを作る。あの表現力は凄い。早着替えみたいなテクニックもワクワクする。でも、ずっと見ていても、それは単品の技術としては素晴らしいけど、あまりドラマチックに話を後押ししない。後押しはあったけど、気が付かなかっただけか? 難儀やのう(多分、俺が)。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
台湾、街かどの人形劇@ぴあ映画生活

『三十四丁目の奇蹟』シネマチュプキ・タバタ

◆『三十四丁目の奇蹟』シネマチュプキ・タバタ
五つ星評価で【★★★★★傑作よのう】
サンタの実在が裁判で争われる映画。いったい何でそんな事にってのが、アレヨアレヨと話が進んでいく。
なるほど、サンタが「自分は雇われてサンタの仮装をしている男だ」と言えば常人だが、「自分は雇われている身ではあるが、正真正銘本物のサンタである」と言われたら、精神に障害を持っている人間であり、そんな男に子供に近しい職業を与えて危険はないのかという問題点が立ちあがるのね。理屈は分かったが世知辛い世の中だ。

サンタ本人、彼を助ける同居人の弁護士、決してサンタを信じようとしないデパート人事係長の娘、などみんななかなか良いキャスティングだが、サンタを見出す人事係長のみはちょっとケバすぎる気がする。

モブシーンの壮絶さはハリウッド全盛期の凄さを物語る。

あ、あと、見に行った日に、場内イスとイスの間に盲導犬がおとなしくしていた。シネマチュプキ・タバタはそんな映画館なのである。


【銭】
期限無期限のシネマ・チュプキの12回券を10000円で購入、8回目使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
三十四丁目の奇蹟@ぴあ映画生活

『天上人とアクト人 最後の戦い』EJアニメシアター

◆『天上人とアクト人 最後の戦い』EJアニメシアター

▲ポスター。

五つ星評価で【★★よう分からんかった】
京アニの劇場用映画第一作らしい(オリジナルにTVシリーズがあり、その編集版で、今回はデジタル化による公開という流れのようだ)。なので、腐ってもと言うか、腐る前から京アニ。キャラクターは凄く魅力的。流石に男にはそうは思わないが、女性キャラに対しては誰でも「抱いてやるぜ」と即、高圧的に思うくらい性的ポテンシャルが高い(単純に「可愛い」で良い)。
物語出だしの大風呂敷はとてもかっこよい。
いきなりクライマックスっぽく主人公の女の子が異世界に飛んでしまうのも、凄くばっさばっさと話を切ってるのだと思う。でも、外からちょっと覗かせてもらった立場から言わせてもらうと、天上人側の統治力や滅びゆく事情は分かっても、それを覆せる(もしくは中和できる)アクト人の力は何だかよく分からない。主人公達すら知らない力を観客が信じるに足る情報が整っていない。最終的に全て、よくは分からないが「やる気」で解決させられているのが気になる。そもそもアクト人が地上に落とされた人の末裔なのか、現人類の一部の人だけなのかすら情報を貰えないのだ。
おそらく編集版でないオリジナルを見れば納得できるのかもしれない。そういうのはダメよって作りを後の京アニさんは確立するのだけど、流石に最初の一本目では確立できてなかったというのは歴史なのかもしれない。


【銭】
テアトル会員割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
天上人とアクト人 最後の戦い@ぴあ映画生活

『東京干潟』『蟹の惑星』ポレポレ東中野

同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『東京干潟』ポレポレ東中野

▲『グレート・ハンティング2』で土地の風習によって大地とセックスする若者たちがカメラに撮られたが、それとは全く無関係の風景である。

五つ星評価で【★★★★映画を見ているとその人が好きになる】
多摩川の河口、干潟になる場所でシジミを取って生活するホームレス老人のドキュメンタリー。というと何か警戒してしまう。多分、「ホームレス」という語感から想像するイメージがあまり良くないのだろう。でも、見ると、彼のその居住まいや正しさに圧倒されて好きにならずにはいられない。ホームレスなのにショボショボしていない。マッチョなんである。自信のあるマッチョは正しい、いや、根拠はない、何となくというだけだ。金持ちではないし、映画内でも1文無しになるカットもあるが、そこは大事ではない。ちゃんと日々暮らしていき、彼が守ると決めた物を守っている。それが大事。
ホームレスで流れ着いて、シジミを取る生活に入ってから基本、彼はあまり変わってないのだと思う。やる事をやる。正しい事をだ。正しい事をやらない者がいれば叱責もする。映画を見てる分には彼はとても正しい生活を送っているのだが、世の中の「みんな」が彼を追い詰める。彼を追い詰めるのは、彼が叱責する相手先のない「みんな」なのだ。割とショックな幕の閉じ方で映画は終わるのだが、舞台挨拶に立った監督によれば、元気に暮らしていると言う事なので安心した。

つまり、何だ。ホームレスなんだけど正論を吐く男組塾長・江田島平八みたいな被写体なのだ。そら、映画として面白くもなろうよ。あ、あと凄い猫映画です


◆『蟹の惑星』ポレポレ東中野

▲蟹だねえ。

五つ星評価で【★★★★蟹の頭脳が高くなってついには人間世界を支配して最後に自由の女神がドーン!(違う)】
『東京干潟』と同じ監督による「干潟」を違う側面でとらえた映画。こっち側は蟹、蟹、蟹、蟹、蟹尽くしである。蟹はSF的でメカニカルで超かっけー。JOJOの泡のプロテクターが見れると言えば見れるぞ(違うけど)。あと、エラ呼吸のカニが大気中で活動できてる理由もビックリ。そんなんごくごく普通にSF的にセンス・オブ・ワンダーやないかい。SFマンガなどで海底や宇宙空間に活動する際、服を鎧装甲するようにして密閉活動するのではなく、身体の周辺にのみ空気の薄い皮膜(エア・バリア)を張ったりする着想がある。それである。蟹は自分の身体を水でコーティングする事によって水中同様に息をするのだ。なんてSF!

こっちの映画にも魅力的な老人が出てくる。市井の研究者で蟹を観察して15年。蟹の知識の宝庫。ウォーキング・蟹・エンサイクロペティア。多分、本職と戦わせてもいい勝負を見せてくれる男。この彼が物腰柔らかく実にジェントルである。外見がちょっと蛍雪次朗似であるが、本体の生臭い感じがない。一番の特徴を抜きにして似てるというのもどうか?いや、似てるけど。

小型種の蟹のハサミの部分にエサを見分けるための感覚器官があるかもしれない彼が取った実験が蟹のハサミにワサビを塗る事。効果覿面、蟹は活動停止になる。『東京干潟』の老人のシジミを取る鋭敏すぎる手にも付けてみるべきであろう。


【銭】
当日料金各1300円だが、セット割引2000円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
東京干潟@ぴあ映画生活
蟹の惑星@ぴあ映画生活

PS 蟹も蜆も「継続は力なり」と言う言葉が本当によく伝わってきました。

『ディリリとパリの時間旅行』『ぼくらの7日間戦争』『ツングースカ・バタフライ』

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『ディリリとパリの時間旅行』シネマチュプキ・タバタ

▲仕事人のアジトになりそうな場所。

五つ星評価で【★動きがない話がない】
これは俺あかんわあ。実写背景とCGのリアルな人物キャラが出す、どのカットも絵画みたいな美しさと言うのは分かるが、それってアニメ作品でそんなに大事なパートではない。そこを第一に目指すなら、背景はそのままで、人物をアニメではなく、実写で撮った方が良いのじゃないかと思う。その方が人間独特の陰影が出るし、キャラクターに感情移入しやすくなる。それと話が退屈じゃないか? 誘拐団を探し出し、誘拐されている少女を開放する冒険談というワクワク感は全くない。何か当てずっぽうに歩いてたら敵の本拠地まで辿り着いてしまい、何となく少女たちも開放できました、みたいにしか見えない。これを撮り方や脚本を変えずに作るなら刈り込んで30分くらいでいいと思う(商業作品にはならないが)。
何でワクワク来ないのかと言うと、美術パート、音楽パートなどの舞台裏は除いて、普通に冒険談になってないからだと思う。何を考えているか分からない異国から来た感情移入しづらい主人公。彼女はその出自とは別に白いドレスを纏い、縄跳びをする。これは単に画面を華美にする為の装置であり、彼女の個性を損なわせてるような気がする。例えば、物凄くスタイリッシュなスーツを着たチョンマゲの日本人を見てるようなバツの悪さがある。副主人公の郵便配達少年もスマートなだけで、彼女のメンタリティー不足を補ってくれる訳でもなし。この映画の中で魅力がある人物と言ったら、その奇怪な欲望を現出させてる「男性至上主義団」くらいじゃないだろうか。彼等のやろうとしてる事は変で良い。映画的である。キャラクターに魅力がない事を書くだけでこんなに長くなってしまった。
話のテンポは悪い。ストーリー上の驚きとか少ないし、背景が一枚絵みたいな物が多いので、その前で演技させられるキャラクターは舞台の上の役者みたいだ。CGキャラクターを使っているからだろうが、大胆なデフォルメやアニメートもなく(寝ているうち二あったのならゴメン)、少女開放シーンなどは実現目的などを事前にちゃんと説明していないので、成り行き行き当たりバッタリに助けている風にしか見えずサスペンスが発生しえないでいる。

私個人、この映画で面白かったのは背景の際立たせ方、「男性至上主義団」の存在と目的、この二点のみに限る。

ちなみに「時間旅行」というタイトルだけどタイムマシンやタイムスリップとは全く関係ない話です。
「美しいベル・エポックのパリへの至福のタイムトリップ」という事らしい。ドラッグやってんのかよ、みたいな。つーか、あなたの目と耳はあなたの体を離れ、この不思議な時間の中に入って行くのです。ってウルトラQかよ!


◆『ぼくらの7日間戦争』EJアニメシアター新宿

▲「このメンツで乱交してほしい」「そういう映画じゃないって」。

五つ星評価で【★★★普通のアニメである事の素晴らしさ】
お客が入っていない。
一週間経ってツイッターの有志に話を聞いてもみな観客数は籠城メンバーの7人以下であり、劇場側が彼等の心細さを味合わせるために8人目以降の入場者を断ってるのかと思った。超不入りである。つまり、これがナウシカで言うところの「火の7日間」である(違うだろ)。

でも、映画は面白くて良質。『ディリリとパリの時間旅行』の後だったからかムチャクチャ面白かった。

主人公は歴史オタク。片想いの少女の為に7日間の家出を計画する。そこで出会った最強の敵(違う違う)。歴史と言うより軍略知略に詳しい彼が家出先の石炭工場を要塞として立てこもる姿はちょっとヤン・ウェンリーを思わせる。じゃあ、タイ人の子供はユリアンか。するとラインハルト様は敵の参謀。上司は使えない貴族のデブっぽい。じゃあ、ジークフリード・キルヒアイスはあの第一秘書のハゲメガネか。いや、なかなか緩衝材みたいなポジションだから当たってるかも。

チラシでも顕著だが、TVでの番組宣伝も「北村匠海」「芳根京子」「宮沢りえ」推ししかしていない。つまり、もうこういう宣伝では映画は入らないんですよという生きた実例。

◆『ツングースカ・バタフライ』ユーロスペース1

▲心霊ものっぽいテイストのポスターだが、中身はゴリゴリアクション。

五つ星評価で【★★★普通に面白い。】
亜紗美の引退映画。何で引退するのかは知らないがとても勿体ない。
アクション映画は敵がゲスくて主役が強いだけで面白くなる。
絵が安いのは予算の関係でしょうがないか。
ずっと暴れ続ける主役の亜紗美は勿論よい。
敵の頭JONTEの振りきれた凶暴性、その手下、笠原竜司の説得力のある強さ、三枚目黒板七郎の程よい闇の人感。


【銭】
『ディリリとパリの時間旅行』:期限無期限のシネマ・チュプキの12回券を10000円で購入、7回目使用。
『ぼくらの7日間戦争』:テアトル会員割引料金1300円。
『ツングースカ・バタフライ』:ユーロスペース会員割引料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ディリリとパリの時間旅行@ぴあ映画生活
ぼくらの7日間戦争@ぴあ映画生活
ツングースカ・バタフライ-サキとマリの物語@映画生活
次のページ