fc2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『香川1区』シネ・リーブル池袋2

◆『香川1区』シネ・リーブル池袋2
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★伝わるかどうか】
ツイッターでの最初の感想↓

相変わらず面白い。確かにあのまんまなのだろうけど対立候補が悪の権化にしか見えない。そして悪の権化を倒しても政治構造が何ら変わらない皮肉。プロデューサーあの人なのか?同姓同名かでドキドキ

対立候補の平井卓也氏が、どう見ても「悪い奴」で、人相学的に悪い事を積み上げてきたことによって出来た顔にしか見えない。そこに科学があるかどうかは別にして、マンガの中で描かれる悪い顔である。おそらく、平井氏から見れば、このドキュメンタリー・チームはカチンと来る存在であろう。他の選挙区ならともかく、自分の選挙区の対立候補の宣伝になる部隊と言うのは、マスコミの理念がどうのこうのは置いておいて、商売敵の仲間である。この期間の選挙活動によって給料の有無が変わってしまうのだから、実に「商売敵」の宣伝部隊と見えるのはしょうがない。だから、意固地になって「あんなPR映画を作って」、「あんな事がいいのならみな映画を作りますよ」とか言う。いやいや、作ればいいだろう。作るだけの人間的な魅力があるのなら本当に作ればいいと思うのだ。この映画でも、平井氏に対しては出来るだけフェアに扱おうとしたと思うのだ。だが、そういう素材さえ撮らせてもらえなかった。その為、逆に強く悪意のある人間に映ってしまったのだと思う。
彼は彼個人のPR映画を作りたければ作ればいい。それが人気が出るかどうかは別にして。そして、政治活動に違反しない事に関して揶揄すべきではないだろう。

プロデューサーの名前が「前田亜紀」でドキドキ。女優の「前田亜季」とは違う人だった。いやいやいやいや、個人的には「前田亜季」にはガメラ同様、正義があると思っている。根拠はないけど。

小川淳也氏は素晴らしい人だと思うが、政治的な立場は不遇な位置にいると思う。芸能人候補、二世・三世議員でない候補はそもそも篩に掛けられてなかなか残れないという意味で最初から不遇かもしれないが、当選しても、本当に国を変えたい人なのに、他の事に振り回され続けて大変だなあ。なんか働きすぎて急病で死んでしまいそうで心配だ。

小川淳也氏は木下ほうか氏をベースに池松壮亮が混じっている人相。


【銭】
いのちゃん先輩から招待券を貰った。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
香川1区@ぴあ映画生活
▼関連記事。
なぜ君は総理大臣になれないのか@死屍累々映画日記・第二章
・香川1区@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ニューヨーク1997』ヒューマントラストシネマ有楽町1

◆『ニューヨーク1997』ヒューマントラストシネマ有楽町1
五つ星評価で【★★★あれれれれれれ】
特集企画「ジョン・カーペンター レトロスペクティブ2022」の一本。
1981年、カラー、99分、初見、ジョン・カーペンター監督作品。
TVとかで部分見た事はあるが、劇場では初見だと思う。
あれ、え、もっと盛り上がると思っていた。
多分、この映画も、今ではもう当たり前になってしまった要素をいっぱい搭載した新しすぎる映画だったので、今、見ると、褪せてしまうのだろう。ニューヨークその物を刑務所(と言うより流刑地)にしてしまうというアイデアが素晴らしい。そこでの荒廃した美術も見た事がなかったものだし、そこを闊歩する主人公が悪より強い悪って選択もSFではなかったろう(そらマカロニ映画だよね)。正義が勝つかどうかはともかくとして、主人公を立てて終わりという終わり方もかっけー。
とは言え、ラストにあの「ジョン・カーペンター音楽」が掛かると、何かとりあえず凄く満足してしまうのである。


【銭】
企画特別料金1300円均一。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ニューヨーク1997@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『文豪ストレイドッグス BEAST』EJアニメシアター新宿

◆『文豪ストレイドッグス BEAST』EJアニメシアター新宿

▲芥川龍之介、個人的には「鼻」とか「河童」とかで、こんな白黒なイメージではない。

五つ星評価で【★★盛り上がりに欠ける】
脚本は原作者の朝霧カフカ。演出は仮想敵監督・坂本浩一。

単純に「異能」が何であるかが分からない、説明されないのが失敗の中心ではないかと思う。おそらく、作品にドップリ漬かっている作者が、自分同様の世界観を共有する優しい観客に向けて描いたからだろう。物語の匂いは伝わってくるが、物語としての整合性には欠ける。そして、物語自体がよく分からない。分からない何かである「異能・羅生門」を連発する主人公。幾つかバリエーションがあるようだが、その違いは詳しくない自分には分からない。そもそも、その近接戦闘系スキルである「羅生門」が番長マンガくらいで、目の前の人を殴り倒すレベルなのか、殺して生命を奪っているかも分かるように描写はされないのだ。
登場人物のセリフにより、ある条件が揃うと「世界が破滅する」と言う。唖然とする。世界が破滅する条件がもう目の前に揃ってしまっているから。条件が揃ってから一時間くらい時間的な余裕があるとかなのだろうか。なら、それも説明しろ。と言うか、そもそも、その条件は誰が規定して、誰がそれを彼に伝えたのか、全くの天恵か、それが正しいのかどうかすら分からない。そんな不安定な戯言に乗っかって男達と女達は戦いに明け暮れるのだ。

そして、私が仮想敵監督とする坂本浩一(か、その配下)のアクションがいつも通りひどい。アクションを近接して撮るから、対戦しているAとBの間で、何が行われているかが分かりづらい。斜めアングルやカメラを揺らして、アクションを強調する。それは強調ではなく、よりアクションが見えづらくなっているだけだ。確かに全体像を平面的に「のぺっ」と撮ってしまうと、アクション経験のない役者同士だと見るに耐えない映像になるかもしれないが、それを成り立たせるのがアクション屋の力であり、安直にカメラアングルなどで、分かりづらくすべきではないと私は考える。それは、例えば造形の出来が悪いので、特撮場面の照明を可視ギリギリまで暗く落としてしまうような物だろう。

今回は「異能」を表現するのにCGが多用されている。原稿用紙の升目から始まるスタイルは面白いが、全体にあまり上手くない。いや、CG技術なんてよく分からないが、中島敦の虎が何か可愛らしい感じで怖さが引き出されないようではダメだろう。主人公達の強さ「異能」の表現は、このCGによって極めて均質に行われるので、成長している感やドタンバ感は感じられない。すると、それは役者の絶叫に頼る事になる。
役者さん、ご苦労様でした。
男も女も当たり前のようにメイクしていたので、アップになると不思議な感覚でした。あと、それならアップで映ってしまう皺も、もう少し用意周到に消しておいても良かったかと思う。


【銭】
テアトルの会員券割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
文豪ストレイドッグス BEAST@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
文豪ストレイドッグス BEAST@徒然なるままに
▼関連記事。
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)/アニメ@死屍累々映画日記・第二章
・文豪ストレイドッグス BEAST/実写@死屍累々映画日記・第二章
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『アメリカン・ユートピア』新文芸坐

◆『アメリカン・ユートピア』新文芸坐

▲どれが「ホープ」で、どれが「ピース」で、この多人数ユニットで何組のゴムパッチン芸が披露されるかなど、いろいろと不明。

五つ星評価で【★★★★楽しいやんけ】
2021年最後の鑑賞。
ツイッターでの第一声感想↓

社会的なメッセージはあえて横に置いておいて、あの気が狂うような音の蹂躙は魅力。これはネイティブでないので訳詞を読む形になるが、これを吹替にも出来ないしね。

ちょっと残念がってるが、十分楽しんだ。当日新文芸坐では「発声不可・強制スタンダップ上映」という椅子があるのに全員立ち見と言う「お前ら頭おかしいよ」な上映もやっていたが、私が見たのは普通の上映。常識人ですから。でも、立ってゆらゆらしながら見るという気持ち良さも否定できない。よく分かる。まあ、疲れそうではあるが。文芸坐においても「キチガイ音声ブーストサウンド」がブイブイ言わせていたが、これが本当にもう音をでかくして客を包み込んで思考停止にさせるしか能がないという素晴らしいシステムで、素晴らしい興行でした。下の階のパチンコ屋揺れてたらごめんよ。いや、「沼」打ってるやつもいないだろうから許せ。
で、打楽器素晴らしい。打楽器によらず、全部の楽器がコードなしで動き回れる自由度がよい。それで電気楽器などのボリュームもちゃんと確保しているから、まあ、あれに導入できんのはほんまもんのピアノとパイプオルガン、ハープくらいなのかもしれない(ハープは携帯できる小さいのがあるが)。絵的にピアノはステージを縦横無尽に動き回ってもらいたい気もする。轢殺するんじゃ。でもまあ、この自由度はあれよなあ、チンドン屋だな。あれの規模と音量と赤ちゃん起きちゃうじゃないの的な配慮を無視できた良さだな。チンドン屋も負けるな。ピアノでチンドンやれ。あと、スタイリッシュなのが、チンドンと違うか。いいと思うけどなスタイリッシュチンドン。『響けユーフォニアム』のマーチング・バンドっぽくもあるし、動き回れるだけで楽器はおもろい。
タイトルに「アメリカン」が付いてるが、薄くはなかった。でも、政治的な発言内容よりは単に音が楽しくて良かったな。ジョイントして、政治っぽくしたかったスパイク・リーには悪いけど。


【銭】
文芸坐会員割引価格で1350円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アメリカン・ユートピア@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
アメリカン・ユートピア@ノラネコの呑んで観るシネマ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ビヨンド』『地獄の門』『白い肌に狂う鞭』『4匹の蝿』キネカ大森3

キネカ大森名画座括りで4本。
特集「冬も観たい!ホラー秘宝まつり2021 PART1+PART2」

◆『ビヨンド』キネカ大森3
五つ星評価で【★★ルチオ・フルチかあ】
1981年、カラー、87分、初見、ルチオ・フルチ監督作品。
ルチオ・フルチが決定的に自分に合わない事を知る。
音楽は良さげ。


◆『地獄の門』キネカ大森3
五つ星評価で【★★ルチオ・フルチかあ】
1980年、カラー、92分、初見、ルチオ・フルチ監督作品。
当日見る二つ目の地獄の門モチーフ映画。きつい。
ルチオ・フルチが決定的に自分に合わない事を追認する。

うーん、何でだろう。若い時なら面白がれたのか。体力の問題なのか。
所詮、他人事だから、無関係なイタ公がどんなひどい目に会っても気にならないのか。でも、同じ見も知らない他人事である『バクラウ』とかは面白いものなあ。見も知らなくとも、その人の背景をうかがいしれるなら楽しめるのかもしれない。そういう意味で、若ければ若いほど見も知らない事は多いから、見も知らない物事に対して、より想像力が働いてどうにかするという事もありそうだ。まあ、もう、今からはフルチには手を出さない方が良さそうだ。
宇宙人の尻に抑え付けられていた映画監督だものな。「ルチオ・ムルチ」というダジャレです。


◆『白い肌に狂う鞭』キネカ大森3
五つ星評価で【★★ちょっとよさげ】
1963年、カラー、88分、初見、マリオ・バーヴァ監督作品。
若し頃のクリストファー・リー御大のイケメン振りが見所。キアヌ・リーヴスっぽいけど、縦横に引き伸ばされて意志は強そう。はなはだ嫌な奴の役で、嫌われ者なのに実家に戻ってきた挙句、殺されてしまう。助清かよ、お前。彼の死を初めに愛憎乱れる連続殺人に発展するのだが、そこに幽霊とSMと崖を忍ばせるという娯楽映画としての用意周到さ。でも、約一月経ってレビュー書いてる今、誰がどうしてどんなトリックで、どう犯人だったかスッポリ忘れてしまっている。説得力や納得力が低かったのだろうなあ。


◆『4匹の蝿』キネカ大森3

▲ゾッキ本みたいな色が良き良きなポスター。

五つ星評価で【★★探偵がよい】
1971年、カラー、104分、2回目、ダリオ・アルジェント監督作品。
前に一回アルジェントの特集上映みたいなので見た事がある、アルジェントならではのハラホレヒロハロな酔ったような物語に無能だか有能だか全く分からないホモっつーか、カマっつーか、ゲイっつーか、の探偵が物語に華を添える(ビジュアルは全然、単に太っちょ)。この探偵の調査パートが異常に好きだ。やれ、頑張れな気分が高まる。それを通り越して迎えるラスト、監督が「俺が納得したからもう終わりにする」みたいな感じでバタバタ終わる。アルジェントの映画の終わりってそんなんばっかか。
主人公を付け回す帽子男のビジュアルが如何にも人を付け回しそうな雰囲気に満ちている。
パツキンの奥さん綺麗。アルジェントはいつも女の趣味も良い。
何がどう「4匹の蝿」だったのかは忘れた。


【銭】
名画座キネカード割引1100円×2回。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ビヨンド@ぴあ映画生活
地獄の門@ぴあ映画生活
白い肌に狂う鞭@ぴあ映画生活
4匹の蝿@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

お年玉の記録2022

今年の記録(2022年)。

姪1:就職3年目→就職4年目    0円
姪2:就職4年目→就職5年目    0円
姪3:中学2年生→中学3年生 5000円
姪4:少学4年生→少学5年生 5000円
 
ラインとしては
金の価値観が分からない乳児は0円
保育園とか幼稚園とかに行く前は1000円
小学校入学前が2000円
小学生が3000円
小学校高学年~中学生5000円
高校生および浪人生が8000円
大学生10000円
就業0円

※コロナ接触が何かと問題になっているので、前回は郵送だったが、今回はちょっと波が収まったので手渡しをしたいところだが、オミクロンの関係で病気が移ると姪3の高校受験が控えているので、一番感染リスクの高い自分が直接会うのは控えた(ギリまで働いていたし、休み中も出歩いている)。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ホムンクルス』『ヤクザと家族 The Family』『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』『親愛なる君へ』『バクラウ 地図から消された村』キネカ大森3

キネカ大森名画座括りで5本。

◆『ホムンクルス』キネカ大森3

▲高橋葉介「触覚」っぽい絵面。

五つ星評価で【★★絵はおもろい】
脳の一部を外部に露出する事により、目に見えないものを見えるようになる男に綾野剛。その手術を仕向ける男に成田凌。「生きる理由をあげますよ」とそそのかす成田凌。何がどうして「生きる理由」なのか、もう、その時点で分からない。妙に変な演技をする成田凌だが、この辺りは原作起因なのかもしれない(原作未読)。
綾野剛が見るビックリ映像見本市は一見の価値あり。石井杏奈の砂女までが積極的におもろい。マンガにはない話を挿しこんだ(と何かで読んだ)岸井ゆきの辺りの話については、テイストが違ってしまってあまり奮わない。
清水崇は確かに短い恐怖ビジュアルを面白く上手く撮るのだけれど、一回りした後に迷子に戻ってしまうようなこの話は満足度が低く、それを打破するようなアイデアが出せる演出をするような作家性も低い。これで1900円割引なしと言う興行形態に決めた奴をバカと呼びたい(反面大ヒットしたのなら有能であるが、そんなにこの映画が当たったという記憶もない)。あー、2本立て1300円興行(各種割引あり)で観て良かった。そんなに期待度を高めて秘密にして値段を上げるような映画ではない。価格に拘らない金持ちはともかく、価格に拘る貧乏人は満足させるのが肝要。満足度が高い作りとは思えない(っつか圧倒的に貧乏人だ、俺)。


◆『ヤクザと家族 The Family』キネカ大森3

▲渋い二人。

五つ星評価で【★★★ヤクザいじめ映画】
『ヤクザと憲法』というドキュメンタリーがあったが、言わば、あれのドラマ版。良いヤクザも悪いヤクザもブイブイ言わせてきた時代から、暴対法の公布と共に社会から排斥されていくヤクザをヤクザ側から描く。悪いヤクザは悪い警察と結託して肩身は狭くなるが生き延びる。当然、主人公達は良いヤクザであり、どんどん生活が困窮していき、悪いヤクザに身を落とす者も現われる。かと言ってカタギとして生きていく事も許されない。映画はその最低の状態で咽び泣くように終了。それは告発としては正しいかもしれないが、娯楽映画、もとい、娯楽ヤクザ映画としてはキツい。まあ、巨悪がいないから巨悪と刺し違えにはならんのだろうけど。この映画での巨悪は一般大衆なので一億人くらいは殺さんと勝ちにならんし。っつか、娯楽映画ではあっても「任侠もの」でも「実録もの」でもないから、面白くはあっても苦手。ジャンルでいうなら「超実録もの」か「ニュー実録もの」か?


◆『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』キネカ大森3

▲『俺物語』のラップ越しのキスが清潔でいいと思う。

五つ星評価で【★★ガン寝】
潔癖症同士の恋愛。片方が快癒してしまう。
『恋する寄生虫』の寄生虫無し、同病バージョンみたいな韓国映画。
病気である状態がしち面倒臭くはあっても、相手の快癒を喜べない事に(出来てしまった格差に振り回されてしまうとしても)違和感。何か描き方のステップを間違えてしまったのか。「病気 > 恋」という常識が「恋 > 病気」になればこそ非常識でドラマチックとは思うのだが、その前提である「何よりもしんどくて、死にも値する辛い苦しい病気」という病気の重要度バランスが重く描かれていないのではないか? そこをきちんと描かないと「単に変わり者の二人の一方がノーマルになったから、もう一方がそれに嫉妬する映画」になるし、それはオタク映画とかで見る文脈。彼等を「社会の異物=変わり者」として外出ししすぎて、実は自分達とあまり変わらない「地続きの人間」である点が軽視されていたのではないか? それともこれは単にガン寝しちゃった自分がいろいろ読み取れずダメだっただけか?


◆『親愛なる君へ』キネカ大森3

▲主人公と義母と息子(息子、手が長くね?)。

五つ星評価で【★★★-ホモ差別】
同性愛のパートナーなき後、その義理の息子(パートナーの連れ子)と義理の母親と同居している男性が、義理の母親を殺し、義理の息子を養子にして財産を独り占めにしようとしているのではないかと言う嫌疑を掛けられる。主人公が刑事に言う、「自分が女性だったら、亡くなった夫の家にそのまま残る事に誰も疑問を挟まないだろう」と言うのが中心ロジック。亡くなったパートナーの兄弟が甥である子供を心配し、ゲイである主人公の養子として育てられる事に対して、「普通の環境で育ってほしいんだ」と言うのも理解できる。ただ、パートナーが死んだ遠因はその兄弟が作った莫大な借金を返す為に過労で倒れるほど働いていたからだ。「普通の環境」を奪っているのは、その兄弟自身なのだが、それはスルーされる。主人公は職も失うし、最終的には逮捕もされる。義理の母親の死も病院で痛み止めが処方されない為に主人公が手を出した麻酔系の違法薬物の用法を義理の母親が守らなかったからである。
この物語で書かれる異性愛者はポンコツだらけ。罠に掛けるように主人公の足を引っ張る。そして、3人登場する同性愛者は聖人のようにみな、振る舞いが正しい(もちろん、わざわざ濃厚に描写される同性愛の行為については聖人的とは思わない/但し、同じように異性愛の行為についての描写が挿入されないので、同性愛者の行為についてのみどうこう言うのはフェァではない/っつーか、あのSEX描写必要か?)。
そんな感じで「同性愛者はみな心の正しい清らかな人達でした(同性間でSEXはするけど)」と言う描き方をする事は、逆の意味で差別なのではないか? これは身体障碍者が出てくるドラマがあると、彼等が必ず絶対、善人で描かれるのに似てる(殊更、悪人として描く必要はないが、最初のバイアスとして善人ありきで描かれているのが問題だ)。


◆『バクラウ 地図から消された村』キネカ大森3

▲ポスター図案。実はUFOがそんなに大事ではない。

五つ星評価で【★★★★謎映画】
謎に面白い。だから村の日常生活をそこそこ丹念に描くような前半は割と退屈。謎が大暴れする後半が楽しい。そして、謎が謎のまま終わるのに満足度が高いのが面白い。まあ、そういう事もあるだろうし、そういう人達なのだろうよ、と。インファント島なう。かな。


【銭】
名画座キネカード割引1100円×2回。『バクラウ』はキネカード持参ラスト1本割引で600円。併映は『ジャッリカットゥ 牛の怒り』。あれは2回見なくていいや、と判断。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ホムンクルス@ぴあ映画生活
ヤクザと家族 The Family@ぴあ映画生活
恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~@ぴあ映画生活
親愛なる君へ@ぴあ映画生活
バクラウ 地図から消された村@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヤクザと家族 The Family@ここなつ映画レビュー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE』新宿ピカデリー3

◆『99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE』新宿ピカデリー3

▲花ちゃんかーいー。

五つ星評価で【★★★まずまず】
TVドラマ未視聴。一見さん鑑賞。
2022年一本目の鑑賞。
予告編でTVの雰囲気は掴んでいた。小ネタが多く入りそうなので、TVからの観客と比べれば、しゃぶりつくすように楽しむ事は出来ないかもしれないが、そういう事は差し置いて、杉咲花ちゃんがかーいーので見に来た。よいよい。人は可愛い女の子が出てくるだけで映画を見に着たりもするのだ。
はっきり言ってつまらなくない。TV起こしの映画としては上出来のうちに入る。但し、TV視聴が楽しむにあたっての条件にかなり含まれているだろうし(そこはTV見てない私には想像でしかない)、TVあがりである事による映画としてのノイズもかなり気になる。でもまあ、いいんじゃない。ドラマを皆で映画館で見ても。映画界とTV界が喧嘩してた昔じゃないんだから、ちゃんとペイできるのなら、TVフォーマットの映画を劇場に流す事に問題があるとは思わない(作品として評価するかどうかは別の問題/TVと異なる独自の映画フォーマットに準拠して作る方が作品としての評価はあがるが、別に全ての映画が評価を上げる事だけを目的に作られなければいけない訳ではない)。
なんで、じゃまくせー部分もありーのだったが、ストーリーはごくごく普通に面白かった。

TVシリーズの登場人仏を要否無関係に全員ちょっとでも出そうというのはサービスではあるが、一本の映画としてはそこいらんだろうな部分がチョコチョコ挿入されるので、テンポ落とす。でもまあ、我慢できない程ではない。

杉咲花が松本潤に忖度する為の引き笑いがなかなか上手い。

西島秀俊、けっこうあこぎな商売してるのに家は慎ましやかだった。あれの理由とかはTVやTV特番で語っていそう。まあ、全てが分からなければ楽しめないという事もない。

あんな必要経費のかかる弁護士事務所、自分だったら使わない。

あと番組のテーマ曲が聞き飽きないで大変気持ちいい。これは「カイジ」みたい。大事大事。


【銭】
映画ファン感謝デー料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

2021年着服記録(講評付加)

あけおめことよろですう。

ふじきが金を拾う記録の集計、2020年は億劫がってやりませんでした。
と言う訳で、2020年と2021年2年分で二つのブログ記事にします、の二つ目の奴ですう(「二つ目の奴で吸う」はやめろ、漢字変換)。
2021年分です。
集計内容と講評については後から入れます(そんなん一度に幾つもできるかあ/と言う叫びみたいなの2回連続で叫ぶのセンスなき)。「なんや我グダグダ言うちょるけど結果内容表示されへんやないけ」とお怒りの方は「続きを読む」を押してください。それでも内容見れないあなた、死んで良し。御祝儀に「拍手」などもお待ちしておりますう。俺はよそで押さんけど(言うなよそういうこと)。 続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

2020年着服記録(講評付加)

あけおめことよろですう。

ふじきが金を拾う記録の集計、2020年は億劫がってやりませんでした。
と言う訳で、2020年と2021年2年分で二つのブログ記事にします。
とりあえず2020年分です。
集計内容と講評については後から入れます(そんなん一度に幾つもできるかあ)。
「なんや我グダグダ言うちょるけど結果内容表示されへんやないけ」とお怒りの方は「続きを読む」を押してください。それでも内容見れないあなた、死んで良し。 続きを読む
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『レイジング・ファイア』『劇場版 呪術廻戦 0』『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

対決アクション系公開作から3本。この3本を一緒にしたのは、善玉と悪玉の対決要素があり、その対決内容の成否とその理由について、前者は許せて、後二者には違和感を感じたからである。

◆『レイジング・ファイア』シネクイント2

▲「あーんたの事なんか何とも思ってないんだからね、ふんっ!」ではないシーン。

五つ星評価で【★★★★ドニーさん】
ドニーさんの新作で、ベニー・チャンの遺作。
敵はニコラス・ツェー。ニコラスは情け容赦のない悪役だけど、冤罪で人生を狂わされた過去がある。ニコラスはそんなにカンフーが達者というイメージがないが、ドニーさんの手に掛かるともうキチキチに仕上がって来るから流石だ。上手いのは現代の刑事アクション映画なので、ほぼ8割くらいがガン・アクションなのだが、その出来が普通に素晴らしい。矢継ぎ早で臨場感が止まらない。そして、必要な時に挿しこまれる生身の身体のアクション。その導入に無理がない。上手いなー。
映画の中で、一歩一歩ドニーさんがニコラスを追い詰めていくが、最終的に追い詰め切ったところで話は終わる。二人の実力はほぼ伯仲しているが、ニコラスが最初から捨て身である事が勝敗を分けたように見える。ニコラスは最後の戦いに辿り着いた時点で、目標は達成しているし、既に勝っている。そこからはボーナスステージだ。勝っても負けても御褒美なのだ。だから、負けて良い。香港の外に逃がしたと言っている彼等の家族に対して、それはいいのかと思わなくもないが、犯罪者になったニコラス達が自分達の信じる物を捨てた時に、そういう世俗的な感情も捨てたのだろう。そういう意味でドニーさんとニコラスは正反対のベクトルで「正義」を遂行しようとしているように見える。
ニコラスやドニーさんが集まる墓の主の印象がやたら小さいのがよく分からない。あれは誰なんだろう。
あと、女優がほんま添え物(と言うか、ドニーさんとニコラス以外は構成的にどの役も添え物である)。


◆『劇場版 呪術廻戦 0』ユナイテットシネマ豊洲10

▲呪いのにぎりっぺ攻撃。

五つ星評価で【★★★呪いの数値化が低い】
私は「呪術廻戦」はジャンプ二三回読んで止めてしまった一見さんです。
連載マンガ・アニメの劇場版だが、エピソードゼロなので、ここから始めても大丈夫という構成にはなっている。とは言うものの、通常エピソードでも登場する悪役や呪いもかなり併用されているようなので、それらについての説明が割とおざなりっぽいのが気になる。前半二つの、友達と仲が良くなりながらの「初めてのお使いエピソード」は見やすくて悪くない。後半、悪役が出てきて、「呪い」が五万と顕現するようになってからが逆に呪いの強弱が分からなくなってしまい、私は面白さを感じづらかった。それは絵ヅラであったり、呪いに対する格闘者の対応でしか、呪いの強弱が判別できず、それは製作者の舌先三寸で如何様にも操作が可能であるからで、戦いがそういう「見栄」のみの争いにしか見えなかった。能力の適正な数量化、特徴のピックアップがされないと、単に「頑張った者」「諦めなかった者」が勝つという結果になりがちだが、それこそそれは「みんな頑張っていたら成立しない」のであって、説得力に乏しい。対面格闘は必ず「何故、勝者が敗者に勝ったのか」の説明が本来はいるのだ。その辺りがラスト、戦いが行列と学園とで二つに分かれて更に集中力を失わされる中で、私には判別できなかった。ただ、戦っている悪役がどうもお馴染さんらしいので、エピソード1をご覧の人はそういう匙加減が分かるのかもしれない。何だよ、毎回負けて再挑戦するドロンボー一味かよ、お前ら。
ごじょうせんせいの目とか何も説明してくれないんですか? いやそら、『ドラゴンボール』だって、いちいちカメハメ波を説明したりはしないけど。という意味で、あの目については未だによく分かっていない。単純に邪眼みたいなものなのかしら? ごじょうせんせいと言えば、私、社会人を長い事やっているから、物凄く能力があって実利を稼ぐような人でも、場に対する立ち方を全く考慮しない人は嫌い。彼は自由であるのだけど、その自由はその他大勢の不自由を糧に成立しているのだ。
ゆうたとリカの処女と童貞の行き過ぎた清いお付き合いは嫌いじゃない。ああもうリカの声優の人に声だけで逝かせてほしい。というのは大人が言っちゃいけない。あー、あの魔道具先輩の魔道具を全て大人のオモチャと取り換えてしまいたい。これもな。
「乙骨」なんて異常な苗字を過去の大きな呪いに結び付ける捜査でスピーディーに調べられないというのは能力足りてないと思う。
ラスボス悪い奴が何をしたいのかがよく分からない。社会体制を変えるのに「巨大な呪い」が必要なのだとしても、その巨大な呪いを得て、社会体制なりが変わった後に、呪いを持つ一族が貴族階級のように暮らせる世の中が来るようには到底思えない。そういう風に上手く立ち回って新しい世界を作るほど、ラスボスの頭がよく見えない。まー、私も頭は悪いから「推し量れないだけだ」言われたら言い返せないんですが。


◆『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』新宿ピカデリー9

▲サンドイッチマン富澤似。

五つ星評価で【★★★痴話喧嘩が苦手】
寄生生物と宿主、寄生生物二体の親子関係、宿主の人間の恋愛関係なんかを常に痴話喧嘩としてまくし立てるのがうるさくてどうも乗れず。吹替の方が良かったか? でも吹替の評判が今一良くないみたいでもあるのだよなあ。
ヴェノムとカーネイジのカートゥン張りの戦いは楽しい。
ただ、ヴェノムよりカーネイジが優勢である理由や、それがひっくり返る理由が希薄なので御都合主義に見える。音女の嬌声はヴェノム、カーネイジ双方に効果があるだろうし、それが奇跡の一手になるような何かが行われたように見えなかった。まあ、画面がかなり雑然としていたので見逃しただけかもしれない。

▲大悟似。


【銭】
『レイジング・ファイア』:ドニーさんの新作をとっとと見たかったのでシネクイントで割引なし正規料金1900円で鑑賞。
『劇場版 呪術廻戦 0』:キングスマン見ようとして時間が合わず、バカなくらい劇場使ってるこっちに変更。そら、シネコン内3館くらいで上映してれば時間も合うわ。逆に言えば、こういう公開第一週大盤振る舞いタイムテーブルが他の映画との接触機会を著しく損なっていて苦々しく感じる。期間内1300円で見れるクーポン使用。
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』:死霊館のアンケート書いて貰った松竹系シネチケで無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
レイジング・ファイア@ぴあ映画生活
劇場版 呪術廻戦 0@ぴあ映画生活
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
劇場版 呪術廻戦 0@いやいやえん
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@ここなつ映画レビュー
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@ノラネコの呑んで観るシネマ
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@徒然なるままに
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@SGA屋物語紹介所
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ@ノルウェー暮らし・イン・原宿
▼関連記事。
ヴェノム(1作目):レット・ゼア・ビー・カーネイジ@死屍累々映画日記・第二章
・ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2作目)@死屍累々映画日記・第二章
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『村と戦争』『バックが大好き!(ネタバレ)』『ファイブスター物語』『予言』『うずまき』

名画座系プログラムから5本。

◆『村と戦争』ポレポレ東中野
五つ星評価で【★★★ちゃんとしてる。実にちゃんとしてる。】
特集「東海テレビドキュメンタリーの押売り」の1プログラム。
1995年、カラー、71分、初見、阿武野勝彦監督作品。
「ちゃんとしてる。実にちゃんとしてる。」
チャン・カワイと「実くん」がセックスをしている、という意味ではない。そら、そうだ。
あー、いかん。こんな入りはいかん。という真面目なドキュメンタリーなのだが、レビューほっておいたらかなり忘れてしまった。記憶の補助にと、ググってみるものの異常にヒットしない。だから、内容がちーと不正確かもしれん。もちっときちっとレビューしてくれる人がいるといいのう(人任せかよ)。
小さな村に、戦争についての遺品を収集する平和祈念館を作成する話から始まって、遺品から浮かぶ話。遺品を持ち寄る人それぞれで戦争についての外郭が微妙に違ったりする。戦争に行った者、行かなかった者、土地などを戦時徴用されて返されなかった者、そして、戦前に国をあげて行われた満州への移民が、この村でも行われており、帰って来れなかった人たちの問題がある(確か帰って来た人達の問題もあった)。移民と戦争ってそんなに近い意識はなかったが、実は全然真横みたいな関係だった。
国策で満州に移民する。戦争が始まる。軍隊が進駐してドンパチになるのだから当然、現地生活は分断される方向。日本負ける。戦争前から移民していた日本人も中国にはいられない状況になり、全員、日本に引きあげようとするが、出来る者と出来ない者に分かれてしまう。これらの国策に対する補償はなし。日本で生活が立たないから移民するのであって、国に振り回されてほって置かれるのは昔も今も貧乏人。やりきれん。
目から鱗落ちる感もあるが、ドカーンな衝撃度もなく、けっこう忘れつつもあるので星四つ行かずの星三つ。


◆『バックが大好き!(ネタバレ)』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★実はそんなにちゃんとしてない】
特集「私たちの好きなロマンポルノ」の1プログラム。
1981年、カラー、65分、初見、小原宏裕監督作品。

※ ラストを明かすネタバレ記事です。

実くんはチャン・カワイとそんなにセックスしてなかった。いや、そういう映画ではない。そういう映画っぽい映画だけど。
同日に見た『モスラ』が壊した渋谷の東横名店街付近でナンパする主人公。う~ん、オシャレ。オシャレ女子はチン拓を収集する。見合い結婚も決まり、地元では取りづらいので東京に遠征してきたのだ。100枚たまったらギネスに申請するという。ちょっとギネスビールに同情。彼女の旧友のルームメイトのレズ女性3人によるライトセックスコメディ。「ラブコメ」というジャンルはあるのにセックスの場合は略してしまうと分からないのが不便だわ。
主人公の旧友はSMプレイを強要されて、すっかり男性恐怖症に。リベンジして逆調教すると、今度は彼女がそういうプレイじゃないと満足できなくなってしまう。雑だ。雑すぎる。「コメディーだから雑でもいいやろ」感が強すぎる。
ルームメイト女子は「男を知らないからレズ」と言われて、逆ナンすると、逆ナン相手が彼女の痴態で欲情するオナニストで、それで一発で男嫌いになり、もっぱらオモチャで楽しむオナニストになってしまう。こっちも雑だ。
それぞれの異常な性癖に関して、加害者はいるのだが、作風として断罪する気持ちは毛ほどもない呑気さが気楽でいい。ラスト、55時間の長期戦を追えた主人公が実家に帰る飛行機で乗り合わせるのが、その長期戦の男。ここで普通、その相手は彼女の結婚相手にするのが作劇上のセオリーだと思うのだが、彼は結婚相手の兄。とりあえずお辞儀しあって同じ飛行機に乗る二人。エンドマーク。何かモヤモヤ残るのだが、全体の出来が「雑」なので、逆に納得してしまう非常に変なテイストの、いやいや、昔ならよくあった感じの適当なポルノ・コメディー。
凄く面白くもないが、そんなにつまらなくもない。なら、女の子の裸が見れるだけでオトクやないけで、星三つ。


◆『ファイブスター物語』EJアニメシアター新宿
五つ星評価で【★自分でよく分からないのだけど、私はアンチ永野護なのだと思う】
特集「角川映画祭」の1プログラム。
1989年、カラー、65分、初見、やまざきかずお監督作品。
「重戦機エルガイム」も初めの何話かで脱落したので、永野護にはあまり正式に向かい合ってはいない。でも「チャラチャラしやがって」みたいな「嫌い感」を持っている。その「嫌い感」にやられてか、何か妙につまらなかった。
パソコンを起動させるOSである「マック」や「ウィンドウズ」を意思のある少女の形にバイオ合成して、ロボットを操縦させるという、大変いかれた設定の世界。そんな世界があったらステキと思う人もいるかもしれないが、個人的には私はOSを少女の形にする理由はないと思っている。理由があるとすれば「慰み者」にする事が出来る、というセックス目線だけではないか。仮に結合を目的としたセックスに至らないにしても、「とっても可愛いお嬢さんたちが豚のような僕たちの事をさげずむ目で見る事もなく、唯々諾々と命令に従ってくれるの、それって天国💛」みたいなのも未成熟なセックス目線であり、程度問題ではあるが、やはりあまり気持ち良くない。「①美少女、②設定された主人には逆らえない」、この二律を満たすキャラクターが大量に消費される鉱脈的な環境設定で、その前向きな奴隷女性達に対する男性キャラクター(=主人公)が男性性を極力排した女性にしか見えないキャラクターと言うのもあざとい。つーか、本当はこういうのが夢なのかもしれないと自分に自問自答してしまうような設定が嫌いだ。この絶対主人公を見捨てない超美少女軍団というわりと今では普通にはびこっている概念が、この辺りが起源ではないだろうか。


◆『予言』神保町シアター

▲ポスター。

五つ星評価で【★★ノストラダムスと比べると凄く個人的】
特集「名作恐怖漫画劇場」の1プログラム。
2004年、カラー、94分、二回目、鶴田法男監督作品。
ファーストランの時に見たので二回目。
元のマンガは『恐怖新聞』であり、この映画でも「予言」は新聞の形で成される。やはり、この「新聞」という表現が問題だったのだと思う。映画内での予言は「これがあなたの運命だ」というコピーの通り、特に説明もなく、超自然的な前触れとして突然、新聞の形で現われる。ただ、私達は新聞が活字を集めたり、版を構成したりして、工場で人間が作る事を知っている。超自然的な前触れが人為的な新聞の形態で来る理由がない。主人公が新聞会社の作業員であるとか、主人公の親が輪転機に挟まれて死亡したとか、そういう因縁話があれば別なのだが、この状態はとっても不自然に感じる。劇中、新聞が主人公を生き物のように追い回すシーンがある。とっても犬。この時点で新聞は「大いなる意思」による伝達物と言うより、新聞型の未来を伝えるクリーチャーに見えてしまう。ラスボスが何者であるかを明かす必要はないが、新聞という形態を取るのなら、それが何者かに作られている事は明確にした方が良かった。念写で新聞紙面とかが浮かぶのは明らかに不自然である。そもそも、念写自体が不自然な現象なのに、輪をかけてなさそうな状態を上乗せしては行けない。
主演の三上博史の泣きがよい。ギリギリの線でリアル。あれ以上大袈裟だと笑いになる。
奥さんが酒井法子でまだ清純派のイメージ。
三上博史の学校の教え子が堀北真希。徹頭徹尾笑顔のない堀北真希は珍しいかも。
酒井法子の助手、小野真弓のパックリにはやられた。
そして、吉行和子の霊能者が地に足付いていて、本当にいそう。
あっ、ちなみに『うずまき』では陶器作る父ちゃんとして、ちゃんと姿を現す諏訪太郎はここでは声のみの校長先生役。人に歴史あり。と言うか、実は諏訪太郎がラスボスなんじゃないか。頭がラスボスっぽいぞ。


◆『うずまき』神保町シアター

▲とってもよいビジュアル。とは思う。

五つ星評価で【★映画としては落第】
特集「名作恐怖漫画劇場」の1プログラム。
2000年、カラー、91分、二回目、Higuchinsky監督作品。
これもファーストランの時に見てるので二回目。
一回目の「つまらない」を追体験した。
これは変なマンガを変に映画化したもの。
マンガを通読してないので、現象に落ち(理由)があるかどうかは分からないのだが、映画では、変な出来事が並列に羅列されるだけで関連性については何も語られないまま、いきなり終わる。マンガのビジュアル化という意味では一々面白く優れているのに物語としては異常に退屈。いや、物語がない。マンガがあーなのか分からないし、伊藤潤二のマンガ文体なら、町の異常の原因が描かれなくてもちゃんと作品として成立すると思う。マンガの実写グラビアとしてはあれで成功かもしれないが、それ以上ではない。
134070_1 (1)
▲グルグルの中の大杉漣。

【銭】
『村と戦争』:ポレポレ東中野5回券6000円のうち5回目使用。2021年1月26日購入。
『バックが大好き!』:各作品、一般入場料金1200円-会員割引400円。
『ファイブスター物語』:テアトル会員割引で1300円。
『予言』『うずまき』:神保町シアター一般料金各1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
村と戦争@ぴあ映画生活
バックが大好き!@ぴあ映画生活
ファイブスター物語(ストーリーズ)@ぴあ映画生活
予言@ぴあ映画生活
うずまき@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

井村屋「甘酒おしるこ」


ぬぬぬっ、確かにこれは「甘酒」かつ「おしるこ」だ。食って、味に大笑い。発想が下品な気もするが、味は上品。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ソードアート・オンライン プログレッシブ』『宇宙戦艦ヤマト2205 前章』『マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』『プリンセス・プリンシパル 第2章』『Free!-the Final Stroke 前編』

シリーズ系アニメ5本をまとめてなるたけ軽くレビュー。

◆『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』トーホーシネマズ六本木7

▲ネタ
「庄戸島アートをオンラインであなたに」
「町ん中の版画販売姉ちゃんかよ」
「これは、商売であっても遊びではない」

五つ星評価で【★★★★いや、ちゃんと面白いは面白いと思うのよ】
ゲームクリアもしくは死という世界で生き残りをかけたゲーマーの戦いが始まる。的な。
話がぽんぽんテンポよく進むので退屈しない。
その中で主人公アスナに振りかかる試練や、戦士キリトとの出会いなど丁寧に描いてる。
しかし、ファンタジーに出てくる女子、何故みんなそんなに麻薬のように風呂が好きなのか?(おそらく『ドラえもん』のしずかちゃんと『ローレライ』の影響じゃなかろうか)。いや、そんな風呂好き女子をアニオタ男子は大好きなんだけど。多分、リアル女子は風呂は嫌いではないかもしれないが、人生に横たわる好きな事の一、二を争うようなレベルで好きではない。そんな気がする。


◆『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』新宿ピカデリー3

▲どーん!

五つ星評価で【★★★★ヤマトには釘づけにされる】
ボラー連邦は知らない。私の中での正ヤマト史は『ヤマトよ永遠に』で終わっていて、その後に出て来たエピソードは復活編と実写しか知らないので、ボラー連邦は風の便りにそんなのがある程度。
藪とヒスが評価爆あげ。つーか、こんな事になるの目に見えているのに、藪をよこした奴と、受け入れた奴の人事関係者が無能すぎる。それは身から出た錆だろうが、戦時は皆、キチガイになってるようなもんなんだから、復讐人事みたいな事をするなよ。
ヤマト新人がベテラン(初期メンバー)の顔がシンプルなため(単純パターンを使い尽してしまったため)、みな線が多くて老け顔ちっく。残念な事だ。キャラクターで言えば、ハゲでデブ・マッスルの間違えたスーパーマンみたいな悪役は肯定でも否定でもなく単に「凄い」みたいに感じる。
ゴルバのテーマ上がる。
ささきいさお歌うめえな。
冒頭、いきなりあの「ミスター内憂外患」の語りから始まったのも驚いた。


◆『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』トーホーシネマズ日比谷11

▲こんなに闇キューレの出番多くない。

五つ星評価で【★★★割とマクロスに疎くてのう】
割とマクロスは不勉強なので付いていけるか心配だったがどうにかこうにか。
『劇場短編マクロスF ~時の迷宮~』が最初に付く。キャラに見覚えはあるが、話の詳細はよう分からん(←付いていけてないじゃん)。
次に表題作。音楽が実際の戦力に影響を及ぼす世界の中で、いわゆる革命勢力もそれに気が付いて、主人公達ワルキューレの向こうを張って闇キューレを結成し、主人公達をピンチに付き落とす。そんな話。
個人的にはワルキューレの楽曲より、闇キューレの楽曲の方が好き。
マクロスの売りである航空戦闘機同士のドックファイトは目で追える限界を越えている。もしくは俺はもう降参。
しかし頑張った者が勝つと言うのはそこに理屈がなく良くない。主人公に限らず、悪役だって何だってみんな頑張っているに違いない。


◆『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章』トーホーシネマズ池袋4

▲💛

五つ星評価で【★★★★盛り上がってまいりました。】
きゃーっステキーっ。
「第一章」がテレビ版と構造がニアであり、テレビ版の観客にテイストが変わってない事への担保を与えるような作品であったとするなら、第二章はこの後の「劇場版」の話の始まりの章。TV版とは異なる様注悪役が出てきて、プリンセス達を新たな危機に追い詰める。わくわく。プリンセスに近しい者として「守るべき」と言うより「守りたい」存在が出てくるのも新鮮。


◆『「劇場版 Free!-the Final Stroke-」前編』トーホーシネマズ渋谷5

▲真ん中が巨人変換画像だとすると『進撃のFree』。プールの敷地には水泳部員の身体が何体も収められている。

五つ星評価で【★★★あれがあかんくない?】
「Free」はこんな長く続くシリーズになるとは思ってなかったと思う。で、思うのだが、登場人物が多すぎる。世界観的に、いきなり途中で何人も殺す訳にもいかないであろうが、普通は過去の登場人物(高校時代、中学時代などの同僚、ライバルなど)は自然にフェードアウトするだろう。だが、「Free」はそういう事を一切やらない。ずっと物語のどこかにその存在を残し続ける。もう、かなり、誰が誰だか分からない。いきなり「久しぶりぃ」と現われるキャラはどいつだったかよく分からない。この物語の中で、兄弟だから似てるとか、髪の色が同じとかいう縛りもない。そして、ハゲやデブや極端なチビやノッポもいない。みなそこそこ体格のいいマッチョである。物語はTVシリーズ、劇場版、TVシリーズと言う流れで進んでいるようだ。私、基本、劇場版しか見ない不勉強なファンなので、TVシリーズ初出のキャラとかが出てくると、これはとても難しい。っつーか、全部見ろよって話なんだろうけど。コロナとかでマスクとか着用しない事を祈る。
主人公の遥が不用意な一言を言った為に孤立してしまいそうな所で、今回の前編は幕引きだが、遥って今までもそういうキャラだったから、別にそんなに不安感は煽られない。煽られないといかんか?


【銭】
『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』:トーホーメンバーズデー週間(ハロウィン特需)で1200円+ドルビーアトモス上乗せ200円。劇場施設などの上乗せは後からシレっと追加するのではなく、入場料金を選択させる時に表示しておくべきでしょ。まんまと余計に払わされた。最初に知っておけば200円払おうとは思わなかったのに。こういうのに会うと「客より金」で、実に「東宝らしい」と思ってしまう。
『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』:番組均一価格1700円。
『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』:トーホーウェンズデー1200円。
『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章』:番組均一価格1500円。
『「劇場版 Free!-the Final Stroke-」前編』トーホーウェンズデー1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア@ぴあ映画生活
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-@ぴあ映画生活
劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!@ぴあ映画生活
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章@ぴあ映画生活
「劇場版 Free!-the Final Stroke-」前編@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-@徒然なるままに
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章@或る日の出来事
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『オールド』『レミニセンス』新文芸坐

特集「シネマ・カーテンコル2021」の1プログラム。

◆『オールド』新文芸坐

▲ムロっぽい一枚。

五つ星評価で【★★★★ごめんシャマランこんなおもれーとは思わなかった】
うわあシャマランおもれー。情け容赦ない演出にドキドキするが一番情け容赦ないのは可愛い少年が大人になるとムロツヨシ色が強くなる所だ。

黒人のラッパーとか東洋人の看護師が好人物であるのに対して、総合医院の院長先生が鼻持ちならない奴だってのは、昨今のハリウッド的ポリコレっぽくあるんだけど(有色人種はいい人、白人は屑)、出てくる人物が加害者・被害者に二分されるというよりは、みなひたすらに状況の被害者なので、そうは見えない所がシャマラン上手いかもしれない。ロクデなしである、ないに関わらず、みな圧倒的に死ぬ。これが実に平等だ。アリバイ的に早く死んだ上に、大して多く語られる事のない犬が不憫。婆ちゃんも最初の裸女も不憫か。と言うか、子供が死んだ時くらいしか深く同情されないのがなかなかドライだ。まあ、話を早く進めんといかんけどな。

リメイク版『宇宙戦艦ヤマト』の次元断層を思いだしながらも、あの断層では人の意識も閉鎖空間の時間の流れとリンクしていたので、内と外にいる人の時間差さえ問題にしないならOKだった。やはり、余命1日はしんどい。次元断層のように閉鎖された中で余命50年を宣告されて、ビーチ遊びしかやらせてもらえないって言うのも、それはそれでキツいだろうけど。


◆『レミニセンス』新文芸坐

▲たまには風景だけの画像もいいかな。

五つ星評価で【★★★ガーンとかっけーんだけど、何か倫理的にそれでいいのかってのは思う】
冒頭の水上都市のセットとか音楽とか凄くいいセンスなんだけど、そこで扱われるストーリーが太古からあるライト『犬神家の一族』的な相続トラブルであり、それを偽装する為の「覗き見た」みたいなトリックがとても下世話。3Dシアターみたいな作りは扱いやすさを増したが、何か「そら、悪用されるわ」ってくらい、システム的にザルじゃなかろうか。
ラスト主人公が求める境遇が『鬼滅の刃 無限列車編』で、ラスボスに使役される小者・悪役の望んでいた物と一緒で、それでいいのって気はする。まあ、『マトリックス』で、一般の人達が見せられている「夢」とも何ら変わりはない。退廃やね。どーもタイトル『ミレニセンス』で間違えて覚えてるキライがある。


【銭】
会員ポイント10ポイント使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
オールド@ぴあ映画生活
レミニセンス@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
レミニセンス@或る日の出来事
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

クリスマス記事

「私、メリーさん。クリスマスのすぐそばにいるの」
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

陳謝

開店休業中ですいません。
リアル社会人として年末年始対応に追われています。
もちっとしたら頑張って新記事あげたいす。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ラストナイト・イン・ソーホー』ユナイテッドシネマ豊洲5

◆『ラストナイト・イン・ソーホー』ユナイテッドシネマ豊洲5

▲このはち切れんばかりの「素晴らしい事が起きそう感」と裏で仕込まれるくだらない現実。

五つ星評価で【★★★★おっちゃんたち怖い】
最初の感想。

目のないおじさん48と小松菜奈似のサンディちゃんがこわくてかーいーぞ。

やっぱ最初のダンスのシーンが素晴らしい。ダンスで広がる服の優雅な事。観客は彼女が「特別な存在」と錯覚する。そう、擦り込ませる。おいおい、ひでー奴だなエドガー・ライト。ただ落とすのではなく、上げて落とすのはたちが悪い。胴上げの後に落とし穴に叩き付けられるアニヤ・テイラー=ジョイ(サンディ)。彼女は「♪除菌も出来るジョイ」ではなかったので、ひたすらダークサイドに落ちて除菌できずに汚れていく。そして、その落ちる中で量産されていく目のない化け物達。やはり「目がない」のは怖い。目は相手との距離を測る器官だから、そこを阻害されると相手が自分に何を仕掛けてくるかが分からなくなるので不安になる。
サンディの没落を見せつけられるトーマシン・マッケンジー(エロイーズ)も災難だ。いや、最初は素敵な体験なんだけど。エロイーズ、「エロいズロース」みたいな名前なのにエロくない。こっちはどこか芦田愛菜っぽい。学校の宿題はもちろん、予習復習バッチリやりそう。なので、この子が小松菜奈っぽくスタイルが変わっていく所は痛々しかった。努力は分かるがギリギリ似合っていない。「闘魔神・真剣士」なのだからお前は武器を持て。
でもまあ、エロイーズは好みでないので、断然サンディに惹かれてしまう。ああ、もう、素敵。小松菜奈にも同じ目に会ってほしい。と静かに興奮発情していた(うるさく興奮発情すると追いだされるから)。「この世界には菅田将暉はいねえんだよ」とか言われてほしかった。

エロイーズは霊媒体質で、故郷にいる時から死んだ母親を見ない事もない。つまり、母親はエロイーズの背後霊で、今回つらくもロンドンにいる亡霊群から彼女を守り抜いた事になる。そして、ラストの鏡に映るアレ。エロイーズがあれを打ち破った事により、アレがエロイーズの背後霊の一体になったのだとしたら、これはとっても『うしろの百太郎』的な続編が見たかったりする。アレと、そのアレに使役されるアレ(ネタバレ措置で伏字だらけのエロ文みたいだ)。舞台がロンドンだからジャック・ザ・リッパーの背後霊を持つ男と対峙させればいい。彼女だけで解決できないなら、黒人彼氏の「それ系の親戚」に御登場願おう。とりあえず、つのだじろう先生に脚本を書いてもらおう。そして、つのだ☆ひろさんに歌ってもらおう。あと、きっと関係ないだろうけど東京03のカクちゃんに下着軍団の一人として出演してもらおう。東洋人が一人くらいいてもいいだろ。

それにしても服飾学園の同級生とかイヤな奴等だらけ。ロンドンはもう楽しい街ではないのか。ラスト、出演者全員でロンドンの街に謝りながらあの歌を歌ってほしい。
「♪ロンドンロンドンロンドン、楽しいロンドン、愉快なロンドン、ロンドン、ロンドン。ロンドングループー」


【銭】
ユナイテッドシネマのメンバーズデー(金曜)で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラストナイト・イン・ソーホー@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ラストナイト・イン・ソーホー@ノラネコの呑んで観るシネマ
ラストナイト・イン・ソーホー@ここなつ映画レビュー
ラストナイト・イン・ソーホー@いやいやえん
ラストナイト・イン・ソーホー@yukarinの映画鑑賞日記α
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『The Witch/魔女』新宿シネマート1

◆『The Witch/魔女』新宿シネマート1

▲バケモノ。

五つ星評価で【★★★★いやあ驚いた。話は嫌いだが語り方が効果的なのは認める】
シネマート新宿は元から音楽映画などで音量でかめで上映してくれる趣味性の高い劇場だったのだけど、この『The Witch/魔女』の一週間再映は「ブースト・サウンド」というシステムで流すのだ。この「ブースト・サウンド」、理屈は分からないが、要は「あんたら頭おかしいんちゃうの?音量でブイブイ上映」するという奴である。いつもやってる事に輪を掛けている。エラい。あんたらエラい。アクション映画は音がでかい方が楽しいよ。

映画冒頭からナチの人体実験みたいな映像が続く。
クズとかカスの野郎が人体実験で人の性能を上げようとしているらしい。
施設から逃げる子供、捕まる子供、追う暗殺者。
一人生き延びた少女が成人近くなって主人公になる。

最終的に少女は見つかり、自分と同じ「バケモノ」の兄弟姉妹たちと戦う事になる。
この「バケモノ」の化け物っぷりが素晴らしい。
これくらい強くないと人権やら何やら侵して人体実験にまで踏み込んだ意味がない。
ザックリ言うとドニー・イェンを越える。つまり、人間の範疇にとどまらないアクション。
ドラゴンボール的な強さを生身の人間で表現するとこんなんなるのかな、という感じ。
その強さはたいそう楽しい。
個人的には組織の№2のナイフ使いの少女が見せ場があって好き。
№1の彼は対比として主人公にボコられてしまうベジータ立場なので、今一いい見せ場がない。
組織の暗殺者の渋いオヤジも人間の範疇にいながら、化け物達とシノギを削るのがステキだ。

しかし、主人公があんな(ここは大事なネタバレ箇所なので秘す)ってのは、ちょっと凄いな。無理にそうしなくても成立しそうじゃないか。アステルパーム入りのコーラのように後味悪い。おっちゃんの「牛とか犬とか」発言も大概凄いが。後、主人公の親友の子が打算的な事はともかく、喋りがうるさくて嫌い。


【銭】
テアトルの会員カード+曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
The Witch/魔女@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
The Witch/魔女@銀幕大帝
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『モスラ』トーホーシネマズ新宿6

◆『モスラ』トーホーシネマズ新宿6

▲ちょっと素晴らしいスチールじゃないか。

五つ星評価で【★★★★★ああもう!】五回目くらい。
好き好き。
特撮が素晴らしい。
特撮の出番がひっきりなしなので、中には荒い部分もあったりするのだが、特撮を成立させようとするその意気込みがとても美しい。インファント島の遠景など、陸地部分は作画合成だろう。海上の部分は特撮用大プールで撮影したのか、本物の海を撮影したのか分からないが、一枚絵が出来上がったら、本物の風景にしかもう見えない。インファント島上陸後、溶岩石しかないと思われた島の内側に広大な密林が見える所も見事なパノラマだ。あと橋と暴れ水とフランキー堺のコンボみたいな特撮の素晴らしさよ。あんなの計算では作りだせないだろう。
土人の踊り好き好き。伊福部昭ではないのね。
モスラの幼虫の全長100メートルってゴジラよりでかい。でかいのは好き。どうりで円谷英二と映っているモスラ幼虫のスチールがでかい筈だ。この後、ゴジラと共演するようになり、バランス感覚で小さくなっていったのね。
戦勝国ロリシカの言うがまま、悪漢ネルソンを抑えられない日本、このネルソンがケント・ギルバートの計算高さ、チャック・ウィルソンの上から目線を持った男で、本当にイライラする。デーブ・スペクターのダジャレが加わらなくて良かった。
小美人のステージでのカビ植物群が林立したカラフルな舞台芸術も見事。
4K時に復活した色が鮮やか。



【銭】
特集企画1500円だけど、火曜メンバーズデーで割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
モスラ〈1961年〉@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『金髪の草原』『綿の国星』目黒シネマ

「大島弓子☆文化功労者選出記念上映」興行。

◆『金髪の草原』目黒シネマ

▲このツインテールが似合いすぎて小学生みたいなのがヤバい池脇千鶴。

五つ星評価で【★★★★愛しい映画】
1999年、カラー、96分、初見。犬童一心監督。
恋の映画である。恋の映画だから愛しい。苦しい。
見逃してた映画を見れるのは嬉しい。それにしても18と80の恋か。
80の男は自分を20としか認識してない。ちょうど60年分の記憶がスパっと抜けて、病気のせいで随分、身体の自由が利かなくて不便くらいにしか思っていない。そこで出会う介護のヘルパーが昔の憧れの人と似ている。そこから80男のアタックが始まる。困るヘルパー。まあ、普通は困る。だが、彼女が失恋した時の彼の真摯な態度と秘密に彼女は徐々に彼に傾倒していく。60年の孤独の果てしなさが彼女を彼に同情させる。友人たちは同情と愛情は違う。早まってはいけないという。彼女は同情と愛情の違いなんか分からないと絶叫する。そんな諍いの中、物語の終焉は足音を隠して近づいてくる。
80男を20代の伊勢谷友介が特別なメイクもなしに、20代の容姿で演じている。これが効く。ステキなんである。若者なのだ。そして想像させる。彼が60年間日記にしか打ち明けられなかった内容のない人生を。ああ、そうか。これは自覚のない「ドリアン・グレイの肖像」なのだな。勿論、最後にドリアン・グレイは自分の真の姿と向かい合う事になる。年を取ってから見るこの映画はしんどいし、二倍切ない。宇宙に行って「宇宙なう」と呟けるような人生以外の普通の人の人生は60年間黙々と日記だけ書き続けてるような人世とニアだから。それを美しい身体の伊勢谷友介が破滅的に演じるのがたまらん。胸に来る。
そして、訳アリの事情を持つ池脇千鶴も盤石。あんな小学生みたいな容姿でヤリマ紛いの設定って、心が汚れてる私にはステキ。心の清らかな皆さんはソッポを向いていてもいいです。私が2倍彼女を見ます。ちなみに、私は彼女の役はレスビアンかと思っていた。それでも成立するし、そっちの方が切ない。
同情でもいいと思う、私は。
「本当にいいのか」
「どうじょう」
しまった。何か落ち方が中途半端だ。

主役の二人はもちろんよい。この場合、ヒールの立ち位置になる唯野未歩子も抜群の下品さで仁王立ちゲハハハハハハという感じが偉い。
そして80男の同級生加藤武が片腕の無いアロハで水木しげるっぽいのは別として、実に「いい演技」の演技をする。情が深い。

隣家のこまっしゃくれたガキは柳英里沙。子役だったのね。大人になった。大人になったら丸顔になった(『チチを撮りに』の女の子)。この子の覚醒しつつある伊勢谷友介に掛ける彼女なりの優しさにもウルウル来た。
この柳英里沙の子分に加藤諒がいるのはエンドロールで気付いた。子供時代は普通の顔。普通の子供の顔なので、名前が出るまで気が付かない事請け合い。
あと、こんなとこで堺すすむの「な~んでか」を聞けるとは思わなかった。別にそれはどうでもいい。
ボソボソっと入る伊勢谷友介の爺の声は筒井康隆らしい。発声が出来ていず、聞きづらい、意図するところの「本当に死にそうな病人の声」に聞こえる。加工してるかもしれないが、いい感じにイヤな仕上がり。

しかし、大島弓子のマンガは主人公達が無駄にひたむきで真面目だ。前を向いてガムシャラにジタバタする。だから、ロリで、子供で、未成熟っぽく見える池脇千鶴のボテっとした身体にはそのポテンシャルつーか、ベクトルが似あっているのかもしれない。


◆『綿の国星』目黒シネマ

▲画像「どん」。

五つ星評価で【★★★チビ猫かわいいなあ】
1984年、カラー、92分、初見。辻伸一監督。
チビ猫が本当に行動原理が子猫で可愛い。
と言うか、元々が少女マンガであり、セルアニメとして落とすのはかなり大変な筈だが(当時はCG技術を使えないので動画での微細な表現は激ムズ)、凄く納得できるキャラクターとして仕上がっている。声の富永みーなもいい仕事。
この子猫の行動原理に基づき、彼女の新しい飼い主の家からの何度かの家出が猫側の視点と飼い主側の視点から語られる。エピソードの取捨選択も間違いなく、とても卒のない話運びなのだが、「猫がいない・探す・見つかる」みたいな組み合わせが数セット入って他に意表を突くエピソードが入らないので、途中ダラケてしまった。えーとまあ、ちょっと先が読めてしまう話ではないかな。ウトウトしてしまった自分をちょっと擁護してあげたい。

それでもキャラクターが可愛くて感情移入できる分、あの『キャッツ』より好感が持てる。
そんな一面、実写にしたら凄く『キャッツ』のようになってしまいそうな恐怖感もある。町の猫のショボさや、ラフィエルの大仰な立ち姿とか、そのものっぽく見える。まあ、多分、ラフィエルをデビツド・ボウイみたいな人が演じて、チビ猫を『パシフィック・リム』の頃の芦田愛菜が演じて「君は僕のホワイト・フィールドだ」とか言ったら引く、と言うか、規制に引っかかるのではないか。純愛ならいいのか。いや、でも、猫の成長早いから交尾できるまで待ってもそんなにかからないぞ、みたいな事言っちゃダメ。芦田愛菜が『パシフィック・リム』の法則で菊地凛子になってもイヤだしなー(菊地凛子には申し訳ないけど皆イヤでしょ)。

チビ猫の新しい飼い主の家、父ちゃんと母ちゃんが和装で、家の中がかなり畳敷きだったりするのに、外見が洋装の屋敷と言うのは、割と少女マンガ的かもしれない。


【銭】
二本立て1500円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
金髪の草原@ぴあ映画生活
綿の国星@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』ギンレイホール

◆『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』ギンレイホール

▲「笑い般若」っぽくてちょっと恐い。

五つ星評価で【★★なんだかビンビン響かない】
洋楽とは全く無縁の生活を送ってきたので、アレサ・フランクリンと言われても「どれさ・フランクリン」と返すのが精一杯なのだが(そもそも洋楽とか関係ない返しだ)、彼女に関しては一曲だけ思い出がある。ウーピー・ゴールドバーグ主演の『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』という映画のエンドロールでローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をカバーして歌っていた。これがたいそう素晴らしい出来上がりで、快調な映画のエンディングを見事に飾り立てていた。なので、アレサ・フランクリンはその一曲しか知らないけど、私の中では「凄い人」に位置付けられている。

なんだけど、ゴスペルにはあまり向いてないのか、「うおおおおおおおおおおおおお」とはならなかったですね。彼女の豊かな声とその時に歌われたゴスペルとの相性があまりよく感じられなかった。すんげ、隅から隅まで彼女の曲を知り尽くしていて、ラストにジグゾーパズルの最後の一片をはめるような人にはいいのかもしれないけど、何か怖い顔したおばはんだなあ程度の私では楽しめませんでした。でも、だからと言って「じゃあ、『トラック野郎 望郷一番星』で偽善バリバリのタイアップで出てきて「トラック音頭」を歌った都はるみの方がいいのか!」と言われれば、それはアレサ・フランクリンの方をどちらかと言えば推す。都はるみの「トラック音頭」よりは三波春夫の「ルパン音頭」を推すくらいな気分だけれど。

※ 参考 笑い般若▼
笑い般若


【銭】
期限更新を過ぎて現金で11000円支払って会員権更新。併映は『イン・ザ・ハイツ』で、未鑑賞だったが、どうしても疲労に勝てず見逃した。ヒイヒイ言ってる時は上映時間の長さで心が砕けてしまう。あれ、長いんだよ。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』トーホーシネマズ上野1

◆『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』トーホーシネマズ上野1

▲エウレカちゃんだったもの。

五つ星評価で【★★★悪感情はない】
オリジナルのTV版は未視聴。
今回で劇場版4本だけのお付き合い。
最初の一本を除き、見る度にオリジナル版を見ていない者を決して楽しませはしないという負の配慮が施されており、実にしんどい(オリジナル再編集版の最初の一本はオリジナルの代用にならない)。4本目は話の独立度が高かったか、そんなに突き放されてる感じを感じなかった。今までこっちは抱き付きたいのに女の子から精一杯力を込めて大号泣されながら拒絶されていたのが、別に近づいてきてもいいけど君を好きになるとか絶対ないからと冷静に拒絶される感じに変わった。グリーン・アース、ブルー・アース、ハナから付いてこれる者だけ付いてくればいいわよ感だだ漏れ。どちらかが普通の地球で、どちらかが仮装地球。えーと、そんな話だったんだというのも思いだせない。ベースの話に出てくるレントン、エウレカくらいは名前として分かるが(どんな出自で、どういう人生を歩んだのかはもうすっかり失念)、それ以外がどんな人物であるか、過去作との繋がりはもう一切記憶に残っていない。

と言う、「エウレカ」に対峙するのにもっともスチャラカな、言わばこの4本目を単品として見るという見方をしたのだが、まあ、思った以上にそんなにつまらないとは思わなかった。相変わらず冷静に知識のない者を拒絶する空気は残っている。だって、私にはエウレカを目の敵にする和装の男が何故あれほどエウレカを目の敵にしなければいけないのか、そして、その弟を名乗る人物がさほどエウレカに悪感情を抱いてなさそうな理由等がスッポリ分からない。でもまあ、過去に何かは分からないが何かあったのだろうとだけ呑みこんで話を追う。

エウレカが彼女が過去やらかしてしまったのと同じ能力を持つ女の子を保護し、過去やらかしてしまった相手から逃げる逃避行の中、やらかされた相手は秘かに自分達の存在全てを葬り去ろうとするカタストロフを引き起こそうとしていた。みたいな粗筋で、いいのか? OK?

この最後のカタストロフが中々「どSF」で、心地よかった。
割とこう新しい概念(今回は衛星軌道エレベーター)が出てきたら、それを使ってどれほど酷い事を実現できるか、ついつい考えてしまうのがSF者のサガじゃないかと思う。未来を決して薔薇色に染め上げたりはしないという黒い欲望みたいなのが、ええやん。何か薔薇色の未来に諸手を振って進まない卑屈さが同じヒネクレ者として大層気持ち良かった。

いやまあ「同じじゃねえよ」と言われるかもしれないが。

あああああ、そう言えば畜生。エウレカちゃんはTVバージョンのあのビジュアルが好きなんだよ。つーか、そういうのも失った後の話だと言うのは重々承知の上ではあるんだが。代わりに出てくる子供が「リアル子供」っぽくって萌え要素がない。なんだ。そういう復讐みたいな奴か?(誰が誰に対してどういう復讐をしているのかが書いていながらサッパリ分からない)


【銭】
トーホーシネマズメンバーズデー(火曜日)鑑賞でメンバー料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション@ぴあ映画生活
▼関連記事。
エウレカ関連記事リンク@死屍累々映画日記・第二章
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

エウレカ7関連記事リンク▼

▼関連記事(エウレカ7)。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい/2009年@死屍累々映画日記・第二章
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1/2017年@死屍累々映画日記・第二章
ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション/2019年@死屍累々映画日記・第二章
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション/2021年@死屍累々映画日記・第二章
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『宇宙からのツタンカーメン』新文芸坐

◆『宇宙からのツタンカーメン』新文芸坐
五つ星評価で【★★ぬぬぬ。平坦】
1982年、カラー、83分、初見。トム・ケネディ監督。
「テレビ放映のみだったカルト作品!」
うん、えーと、なかなか、「宇宙からのツタンカーメン」な映画だった。タイトルは知っていて、テレビ放映もされていたが、実際には見ていなかった。
よく分からないけど大学にピラミッド発の棺が持ち込まれて(持ち込むなよ)、中のミイラが逃亡。マスコミ発表が失敗、ミイラが逃げる筈がないから(まあそうだ)、学長は嫌ってる教授や生徒が盗んだとそれなりに正しい言いがかりをつけて、学内圧力が高まる。そんな中、棺にくっ付いてたカビみたいなのが生徒に感染。いい感じの勢いで肉が食われて、腕とか切断してるのに、その辺は学内にもマスコミの話題にもならず、ブレイクって難しい。棺の装飾品の水晶を盗んだ軟派男が女の子にプレゼントするとミイラに襲われる。ミイラは水晶全部集めると宇宙人になって「To Be Continued」。終わらないのかよ。
全体トロトロしたテンポが好きな人は好きかもしれないが、これはテレビで煎餅か何か摘まみながら見るのがちょうどいいな。
ミイラのデザインはいいけど、宇宙人は当時はやりのグレイタイプ宇宙人まんまで面白味がない。まあ、あれだと善玉にも悪玉にも見えないから今後の展開、楽そうとも思うけど。
あのミイラが不可視になる訳でもなく、ノロノロ学内を歩き回って、一昼夜という時間配分だと思うのだが、誰一人(襲われる人を除く)姿を見ていないという、アメリカの大学の広大さを表わしているのか(いやいや砂漠じゃないんだから)、アメリカ人の無能さを表わしているのか。

ひょっとすると劇中「ツタンカーメン」って固有名詞出てないかもしれない(それを確認する為だけにもう一回見たりはしない)。


【銭】
会員価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
宇宙からのツタンカーメン@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『マリグナント 狂暴な悪夢』ユナイテッドシネマ豊洲6

◆『マリグナント 狂暴な悪夢』ユナイテッドシネマ豊洲6

▲謎が分かった後だと、このスチール1枚でもニヤニヤしてしまう。

五つ星評価で【★★★★ジェームズ・ワンという人は頭がおかしい。そのおかしさに拍手】
うわ、まだこんな手があったのかって呆れるわ。やっぱ収監されてからが無双すぎて大笑い。しかし、これは続いてしまいそうだけど続けば続くほどつまらなくなる予感しかない(それって、まるで『SAW』みたい)。ネタバレになるので詳しい事は書かないが、あれが面白くなると信じて企画から制作までして、面白い物に仕上げたのが凄い。あれ普通に考えたらあんな面白くなるって自分を信じられないと思う。

ちなみに、ガブリエルはマリアに受胎告知を告げる大天使の名前。



【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバーズデーで1100円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
マリグナント 狂暴な悪夢@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
マリグナント 狂暴な悪夢@ここなつ映画レビュー
マリグナント 狂暴な悪夢@ノラネコの呑んで観るシネマ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『深夜の告白』神保町シアター、『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ』シネマヴェーラ渋谷

◆『深夜の告白』神保町シアター
五つ星評価で【★★★★戦争の悲劇。ぐいぐい引きこまれる】
特集「夜の映画たち」から一本。
1949年、白黒、78分、初見。中川信夫監督。
これも出演者に東野英治郎が出てるので見に行った。東野英治郎今回はケチな酔っぱらい。小悪人似合うなあ。
主演は池部良。戦争によって離散した家族と、その痛みを伴う再会。それぞれの思惑が邪魔をしてみな不幸になってしまう。音楽は伊福部昭、あまりいつもの伊福部メロディーではないが、そーっと強烈。
子供を死地に追いやってしまった事を苦に失踪してしまう飛行機会社社長と言うのは、宮崎駿とその父親の会社を思わせる。実は宮崎駿の一族は絶大な権力と資金力によって一族の者を召集から除外したらしい。その点、朝ドラ「カムカム」ではけっこう軍部と癒着してる繊維業の父が学徒の息子を二人とも戦場に送り出してるから公正だ。この映画内では、父と子供が諍いを起こす理由があるので、子供が志願してしまったみたいな裏話があるかもしれない。


◆『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★なんじゃこりゃと劇場出ていく人がペッと吐き捨てた】
特集「日活メマンポルノ50周年 私たちの好きなロマンポルノ」から一本。
1971年、カラー、68分、初見。蔵原惟二監督。
田中真里主演。ピチピチ。
明日結婚するのに結婚相手とは別の男と情事にふける女、その帰り道に男を轢き逃げしてしまう。面倒を避けたい同乗者を下ろし、様子を見に戻る女。車で事故現場に戻り、男を移動させるが、(中略)、何らかんらあって、轢き逃げ女とひき逃げされ男は車を超高速で走らせながらの、セックスに興じる。「何故そうなるかが全然分からない」が、まあ、人生そんな事もあるかもしれないな珍作。


【銭】
『深夜の告白』:5回有料入場スタンプにて無料入場。
『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ』:9回有料入場ポイントにて無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
深夜の告白〈1949年〉@ぴあ映画生活
セックス・ライダー 濡れたハイウェイ@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『劇場版「きのう何食べた?」』トーホーシネマズ渋谷1

◆『劇場版「きのう何食べた?」』トーホーシネマズ渋谷1

▲サザエさん的に善人な二人。

五つ星評価で【★★★ほのぼの】
TV版や原作のマンガは未視聴。
そうそう、出ている人達が全員善人。「ミラベル」もそうだったけど、あれは言わば神様とか運命が悪辣で、それに抗議を示す為に全員が善人であるという理由があったので、多少意味合いが違う。そういう意味では、同性愛者を異物として排斥するのと同じ目を持つ陪審員裁判の陪審員達が立場上、主人公達を脅かす対立要素なのだが踏み込みはしない。ホームドラマだから。ホームドラマである事を捨ててまで、人権のドラマにはしない。そこはそういう選択をしたと言う事で、全然構わない。ただ、あんたらだけきっちり「ホーム」にいて、ホームレスの爺さんについては、当て馬みたいに出すだけ出すんじゃなくって、ケリは付けてあげればよかったのにと思う。
そう言えば正反対に最近、全員悪人の映画も見てて、何だっけなあと思ったら『ジェントルメン』だった。『劇場版「きのう何食べた?」』『ジェントルメン』のように全員、悪人の映画に改変するには、お客様をついつい罵倒したために美容院をクビになった松村北斗が生活できない為にドラッグ密売の中国人に雇われて汚染が始まる。内野聖陽がやせ薬として最初に買って、その売買現場を見られたり、依存症を治療する為に医者に行くのを西島秀俊に見られて西島秀俊が嫉妬。元のラインに回帰するかと思いきや、内野聖陽が通院の甲斐なく発作が起きて死亡。激昂した西島秀俊が松村北斗をタコ殴りにして逮捕。ここから『囚人ディリ』のストーリーに移行する。何じゃそりゃ。そもそも、全員悪人にする理由がない。

しかし、善人のホモカップルの惚気話を95%を占める女性観客と一緒に見るのはちょっとした修業みたいではある。存在感を消して消して消しまくる。すいませんねえ、爺が一人で。でも、西島さんや内野さんでハアハア興奮してる訳ではないですから(肉体的に興奮してたら引くだろ)。いや、コンテンツとしては卒なくちゃんと出来てると思う。せっかくの劇場版なんだから血と火薬を満載しろとか無茶も言わないし(と言う体でそっと言う)。みんな綺麗なホモは好きだよね。マキタスポーツとチャンカワイみたいなホモのカップルがリアルって気がしないでもないのだが、まあ、そこは男女同士の恋愛ドラマでも容姿が不自由同士では盛り上がらないから、「美しい同士ではダメ」って考え方がそもそも間違えてるのだろう。別に映画館にリアルを見に行く訳ではない。みんなが映画館にリアルを見に行きたいなら、横浜光音座1(ガチのホモ映画館)が常時、BL好き女子で満席になる筈だし。しかし、まあ、これが中々良いコンテンツとして成立しているのはオシャレでソフトタッチで美しくて重くないからだろう。主演の西島秀俊と内野聖陽は強い男性性(マッチョイズム)を抑制し、常にオシャレなモードを着用し、男性性・女性性のどちらも強く感じさせない。マンガを実際の人間を使って表現するというのはこういう事なのかもしれない(イヤミではなく本気で褒めてる)。例えば、この映画の中で彼ら二人がディープキスや濡れ場に踏み込んだら、それは観客に対するサービスではなく、蛇足なのだろう。それだけキャラクターとしていい意味で肉体性を欠損している。所々に入る美味しそうな料理の数々は、この肉体性の欠損に対する共感からの補完なのかもしれない。そこまで計算されて作られているとしたら、恐ろしいコンテンツだ。
しかし、極端な男性性・女性性どちらも封じてしまっているため、実は物語自体は普通の男女のドラマに置き換えてもそんなに違和感がない。もちろん、同性愛カップルが子供を作れない事や、法的に婚姻関係を結べない事が、更に彼等の恋愛のハードルを高めているというバックボーンもあるのだが、おそらくあえてそこにも強く踏み込んではいない。強く踏み込むと、多分、重いドラマになるし、その重い部分は観客に望まれていない。そこをうんうん一時間なり二時間悩むドラマではない。

コンテンツとして優れている事を認めながらも、疲れてしまうのは、私、クリス松村のようにはしゃぐゲイが苦手なのだ。内野聖陽、芸達者(お、ダジャレだ)と思いながら劣化にクラクラくる。いや、これは私の野郎感性が「クリス松村に寄せること」を「プラス」ではなく、「劣化」としてしか捕えられないという所に問題があるのかもしれないが、まあ、そこに問題があるなら問題があるままでいい。何一つ私自身はやましくなくて、潔白であります(薄汚れてるけど)。

『おかえり、モネ』的には父ちゃんがクリス松村化して、師匠と同棲してる事はどうなのだ? 災害より大事件だろ、それ。

何となくなんだけど、エキストラの演技がつたなかった気がする。


【銭】
映画の日料金1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版「きのう何食べた?」@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ミラベルと魔法だらけの家』トーホーシネマズ日本橋3

◆『ミラベルと魔法だらけの家』トーホーシネマズ日本橋3

▲きゃー、ミラベルちゃんかわいいーっ(好みなのだ)。

五つ星評価で【★★★★超グロテスク】

ツイッターでの最初の感想(↓)

もっとも言ってはいけない感想。『バスケット・ケース』の兄弟がハグするような映画。

それはそれで冗談なのだが、冗談は置いておいてもグロテスクな映画を作ったもんである。私は大人で悪辣だから、それを見て承知で泣いたり笑ったりしてるのであるが。こんなん子供に見せていいのかよ、と『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の時みたいに頭がグルグルしながら思ってしまった(アレはアレ、コレはコレで、子供に見せたいかどうかの理由はちょっとだけ違う)。
ディズニーだからアット・ホームなハッピー・エンドを強引に手繰り寄せているが、これは家庭にスポイルされる子供の物語である。平たく分かりやすく言うと明るくミュージカル・テイストを加えてラストの抑圧爆発シーンの矛先を180度変えて見せた『キャリー』。主人公のミラベルは身に覚えのない(と言うより自分ではどうにもならない)身体性を楯に取られて家庭内ヒエラルキー最下位にいる。それでも健気に頑張る彼女が泣ける。でも、これ、健常者の家庭に一人、車椅子の女の子がいるような状態だろう(あー言っちゃったよ俺)。「何にもしないで、そこにいなさい」。それはもう彼女自身の存在の全否定だ。別に車椅子に限らない。発達障害であったり、極度に内向性が強かったりでもミラベル的な立場は誕生しうる。そういう意味では、最初のダンスシーンで、町の人からギフトの無い彼女に花火や楽器がギフトとして与えられたりするのにホッとする。家族より村の人の方が彼女を気遣ってあげているっぽい。ううっ、村ぐるみで児童相談所かよ。彼女は家族の一員以上に村の一員である。だからこそ彼女はギフトを賜らなかったのかもしれないし、賜らなかったからこそ彼女と家族以外の村の人との距離が近いのかもしれない。だが、それはやはり結果であり、彼女からしてみれば謂れのない試練だろう。それは物語だから、という実も蓋もない事を言ってしまわない限り、最終的に彼女が何故ギフトを賜らなかったのかは明らかにはされないのだ。なんてイケズなんだ神様。
だから、ミラベルと一緒にハラハラドキドキしながら「ばばあバカヤロー」と凄い思った。そこは幸福な「ばばあ許してやる」に繋がるのだが、現実世界ではなかなかそうもいかないだろう。だからちょっと胸を痛めた。逆に現実問題として家族にプレッシャーを与えられている子供に対しては「ばばあバカヤロー」と言っていいのだよ、という福音になる映画なのかもと一縷の希望を持たんでもないが、実際の現実はアニメより強いんじゃないかと言う停滞も気づいている。だから、無条件に「わはははは、ハッピーエンドでよかった。じゃあ寝るか」ではないと思うのだ。分かったか、ディズニー。

ミラベル好き。ちょっとオカメな感じがたまらない。
おばあちゃんの三つ子がギフト持ちで「天候操作」「治癒」「予言」を持つ。これはどれも未開の地で生きていくのにたいへん役に立つ恩恵であると言えよう。
その次が「怪力」「花を咲かせる」で、これは実用的に生活を向上させる魔法。
この辺りまでが恩恵っぽいギフトで、この後かなり変な方向にずれてくる。
「変身」「聴力」「動物と心を通わす」、こんなんでいいのなら何でもありだろ。「爪を回転させて飛ばす」とかでもいい。スタンド能力かよ。

グチって当たったが、たいへん楽しませてもらったので、時間都合で字幕版で観たが、出来れば吹替版も見たい。


【銭】
トーホーシネマズの有料入場ポイント6ポイントを使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ミラベルと魔法だらけの家@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『囚人ディリ』キネカ大森1

◆『囚人ディリ』キネカ大森1

▲無双ディリ。

五つ星評価で【★★★★驚くべきインド】
何が驚くって、映画として新しい事は特に入っていない。全容も含めて、5分後の出来事がずっと予想でき、その予想が全くその通りに展開するストーリーラインが超ベタ。145分もある尺。でも、インド映画マジックによって、面白いのである
舞台は急遽、運転を強いられる事になった囚人のディリが転がす重病人をワンサカ乗せたトラックと、組織の犯罪者と押収した歴史的な量の麻薬を取り戻そうと麻薬組織が集まる警察署の籠城戦との二箇所に分かれる。警察側で赴任したばかりで事件に巻き込まれるあまり地位の高くなさそうな小男ナポレオンの正義感が泣かせる。

▲真ん中がナポレオン。

インドの暴徒の暴走も理屈抜きの「徒党」という感じで怖いが、映画上で役立たずの韓国警察以上に、職場放棄をしてしまうインド警察の無責任さにもビックリ。まあ、映画だけなんだろうというのを望む(韓国も含めて)。



【銭】
映写事故起因の招待券を残5日の締め切りを前に消化。ふー。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
囚人ディリ@ぴあ映画生活
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
次のページ