FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』新宿バルト9-3、『のり平の浮気大学』『強情親爺とドレミハ娘』ラピュタ阿佐ヶ谷

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。

◆『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』新宿バルト9-3

▲ビンガム(上)に対して「お姉さんが教えてあげる」的上から目線の胸富士子もとい峰不二子(下)。

五つ星評価で【★★★★絵だな。絵が好きだな。】
ともかく空気が濃密だった。好き。
絵に惚れるようなタイプの映画なのだが、クリエイターにそれだけの実力があるならそれでいい。
原作者モンキー・パンチ氏は「俺のルパンは背中を撃てるんです」と言ったが、このシリーズのルパンはそのモンキー・パンチ氏の世界観にもっとも近いと思う(いや、モンキー・パンチ監督作品は見てないのが我ながら怪しいのだけど)。そういう意味で、不二子も病気の子供に甘くない。生きている者として対等に扱い、対等に勝負し、そして足払いして利を得る。そういう女なのだ、不二子は。
ビンカムの得体の知れなさはいいなあ。
今回のエピソードで劇場版3本が続きの話である事が分かった。そこはそうじゃないよう独立性を担保した方が本当は良かったと思う。もう、繋がってしまったからには次回作以降、その決着を付ける話になっちゃうんだろうなあ。それは話の展開の仕方としてはあんまり面白くなさそうだ。


◆『のり平の浮気大学』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★安定した小品】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1956年、白黒、56分、初見。
夫が三木のり平、妻が中田康子。
中田康子、脱ぐ訳でもないけど妙におっぱいでかいなと思った。おっぱいでかいのに、でかく見せないようにガッチリ固めたような服を着せたらかえって胸のでかいの強調しちゃったかのよう。


◆『強情親爺とドレミハ娘』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★安定した小品】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1957年、白黒、55分、初見。
父ちゃん柳家金語桜、娘ペギー葉山って名前だけ聞くと遺伝的に無理がありそうだが映像になるとそうでもない。森光子が町内会会長みたいな役で「時間ですよ」感が色濃い。


【銭】
『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』:一般料金1300円、前売りも同額だが、チケ屋で1280円でGET。
『のり平の浮気大学』&『強情親爺とドレミハ娘』:特集特別料金1500円だが3回券を3600円で購入。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘@ぴあ映画生活
のり平の浮気大学 愉快な家族@ぴあ映画生活
強情親爺とドレミハ娘|映画情報のぴあ映画生活
スポンサーサイト

『町田くんの世界』ユナイテッドシネマ豊洲4


▲主役二人に次ぐ功労者の前田敦子(右)と、その名もなき相棒(左)。

五つ星評価で【★★★★ラストの処理が違うかとも思うがエールをこめて星一つサービス】
主役の町田くんと猪原さんはオーディションで選ばれた新人、頑張った。がんばれー。
町田くんの足の遅さと、何かに気づいた時のビックリシャックリみたいなのがかーいらしい。しかし、こーゆー底抜けの善人は今まで山下清とかレインマンみたいな人しかアプローチがなく、少女マンガで恋愛対象になる外見ってのは新しいわあ。善人と言うより好男子から外見を取り除いた『俺物語』も新しかったけど。あれはあれでちょっと毛色が違うな。あれは何でも出来る善人。町田くんは何も出来ないけど善人の度合いだけ桁外れ。多分、「善人」と言う要素はそこそこ必須要素ではあるものの恋愛の最優先に捉えられた事がなかったのだろう。
猪原さんのストレス貯まりすぎて足ガタガタなのかーいー。
太賀の気持ちいい負け犬ぶりも良い。
前田敦子の醒めたJKはずっと見てたくなるくらい魅力的。彼女は実は観客視点のキャラで、皆が感じてる事を文章化する。
あと名前分からないけど、あっちゃんと恋バナする女の子がホンワカいい空気持ってて良かった。

何気に松嶋菜々子戸田恵梨香の母親陣にほっとする。
北村有起哉にはほっとしない。いや、スタンスが違うから。

終盤のファンタジーに結論を委ねちゃうのは賛成できない。そうしないと終えられない訳でもないだろう。あの結び方がベストチョイスとは思えない。

それにしても、映画内の池松壮亮よろしく、世界は今、善人に飢えているのだと思う。だから、この映画は尊い。そういう映画少ないし、善人の映画って悲劇で終わる事が多い気がしてならない。


【銭】
ユナイテッドシネマ有料入場時のポイント2ポイントを割引に使って1000円で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
町田くんの世界@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
町田くんの世界@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

『花園の迷宮』『不連続殺人事件』新文芸坐

新文芸坐の企画「追悼内田裕也スクリーン上のロックンロール」から1プログラム。

◆『花園の迷宮』

▲マトリックスのショットガン・カメラがあったら、ちょっと向きを変えてみたい1枚。

五つ星評価で【★★★内田ロッカーなのに一番声が小さいぞ】
1988年のカラー映画。118分。公開時に見て2回目。工藤夕貴見たくて来た。
内田裕也は内田裕也でいつもの怪演である。映画内で唯一の肉体労働者だけど、戦前の軍人みたいに引きしまっているけどマッチョではないのね。昔の日本のオヤジ的な体型。内田裕也の存在感はいつも通りなのだけど、ロッカーなのに一番小さな声でボソボソしゃべるのはいいんか? とは言え休憩時間に場内で掛かる内田の歌声は凄くかっこいい。
そして、島田陽子と江波杏子と工藤夕貴が良いわ。
島田陽子はもう完全に男前の「島田陽子」という生き物。自分の人生を最後の最後で情欲から破滅させた男に向かって「来いよ、抱いてやるよ」と一喝する様は、ああ、思った以上に凄い役者だと思い知らされた。
その地獄の島田陽子に負けてないのが江波杏子。この人はいつもこういう地獄に棲んでいるイメージだから驚きはないけど。まあ、島田との対比でよりエゲツなさが輝いて良い。
最後に工藤夕貴。もうナイス小便くさい女の子。それでも、島田陽子と張り合うシーンがあって、やっぱ大した役者だなあと思わされる。
連続殺人事件ではあるが一番怪しい人間がそのまま犯人なのでミステリーとしては何か怪しい出来。どちらかと言うと女のドラマとして良い出来。デートムービーに多分向かない映画だが、この映画見ていろいろ話し合えるなら強固な結びつきのカップルになれると思うぞ。


◆『不連続殺人事件』
五つ星評価で【★★謎が謎を呼びすぎ】
1977年のカラー映画。140分(うわ長)。初見。
佐川哲郎って若くても若くない。田村高廣が金田一耕助っぽい衣装だが謎は解かない。桜井浩子(フジ隊員)が大人の服を着てると美人なのだ。あーもーミステリとして成立させる衝立が高くて多くて大きくてさっぱり分からなかった。何だよ、あの登場人物の多さ。しかも、逐次投入されて多くなる(殺されて減りはするが、ミステリの場合、殺された死体でも個性は残るので勘定的には減らない)。


【銭】
新文芸坐の有料入場ポイント8ポイントを使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
花園の迷宮@ぴあ映画生活
不連続殺人事件@ぴあ映画生活

『泣くな赤鬼』読売ホール


▲「丈夫な子供を産むから」「分かってる」と言うセリフは言ってない。

五つ星評価で【★★★基本的に方向は正しい】
ちょっと忙しいので、驚異のザックリ感想で行く。
人が死ぬという事は悲しい。泣ける。意に添わず早期の退場なら尚更だ。それをとても丁寧に掬いとってる。そこに関してはちゃんと評価してあげたいと思うのだ。問題はそれ以上が構築できなかった事。
人が死ぬという事は悲しい。泣ける。でも、それはみんな知っている事だから、その上にもう一つ何か乗せる話を作るのが普通だと思う。本来、それは赤鬼、堤真一の構われなかった娘のエピソードとかから死に行く柳楽優弥に対して何かのアプローチをさせるとか、そういう方向に流れるのではないか? いやらしい話だが、両家に赤ん坊がいるのだから、そこで話膨らませたりも出来るのではないか。

堤真一は先生が似合うので良い。
柳楽優弥はいつも通りすぎて、ちょっと食い足りない。
川栄李奈はベスト脇。いい位置でいい演技をする。
竜星涼のワイシャツでの守備の美しさが良い。手足長いってかっこいいなー。

PS 『抜くな赤鬼』とか超絶くだらないシモネタ思いついてしもた。
 (くだらないと分かりつつ書かずにはいられない)



【銭】
まんが雑誌の試写会応募で当てさせてもらいました。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
泣くな赤鬼@ぴあ映画生活

『つる』神保町シアター、『チャパクア』『見世物』K's cinema

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。

◆『つる』神保町シアター
五つ星評価で【★★痒い所に手が届かない変な映画(でも映画的には超変化球すぎて脚注付きなら面白いと思う/好きかって言われたら不安になるからそうでもないと答えるけど)】
企画「市原悦子と樹木希林」から1プログラム。
1988年、カラー、93分、初見。
市川崑監督。ずっと見たいと思ってたけど見れなかった映画。そんなに古い映画でもないけどどこにも掛からない。見たら掛からない理由が良く分かった。いやまあ、お年を召した後の吉永小百合の映画は中々、名画座とかで掛からないのだけど、やっぱりこの百本記念作品くらいからグンとおかしくなったのじゃないかと思う。
市川崑がそういう事を気にしないのか、役者の演技が本当にバラバラで溶けあってない。
ともかく野田秀樹の演技が一人だけ暴走してる。確かに一人だけ見ると上手いのだ。あれ、舞台で一人芝居だったら凄く魅せる演技じゃないかと思う。でも、他の誰の演技と波長が合わない。彼一人だけ民話の登場人物がそのまま現実世界にやってきたようである。多分、この野田秀樹はピュアで頭が悪くて、セックスとかはできないだろう。図体は大人だが小学三年生みたいな役である。
それと夫婦になるのが吉永小百合。ちゃんと若く見えるようにメイクをしているのだが、野田秀樹の母親役の樹木希林より貫禄があるのである。それでは小学三年生で演技してる野田秀樹と合う筈がない。終始、保護者のようであった。しかも、吉永小百合は鶴の化身なので、動き(特に歩き)に「そーっ」と鳥の演技を混ぜてくるのである。物凄く勉強熱心で理屈の上では正しいが、それとっても隠されたギャグっぽい。そして見栄を切るようなシーンで市川崑が付ける演出がけっこうホラーっぽい。凄い。何かもう何が敵で何が見方なのかも分からないような現場じゃなかろうか。
樹木希林はいつも通りだが、主要登場人物三人の中で唯一、常識的な演技をするのでとてもよく見える。この樹木希林と近所の夫婦(川谷拓三と横山道代)だけは至極真っ当に普通。鶴と旦那を除いて映画を作ったら傑作になったかもしれない。何だその『ゴドーを待ちながら』展開は?
あと、ただただ鬼のように怖い菅原文太と、そーっと怖い奥方の岸田今日子。菅原文太にパワハラされたらキツいわあ(これは文太がパワハラする映画なのである)。そして、存在感が怖い岸田今日子。何故、妊婦にしたのか全く分からず。妊婦が醸し出す母の慈愛とかなく、卵を呑みこんで腹が膨れてる蛇みたいだった。
あとキャストロールに常田富士夫の名前があったが、どこに出てるか分からなかった。猟師役だろうか? あれ、セリフとかない役なのに。
石坂浩二がナレーションなんて『ウルトラQ』じゃん。

反物を織るために、他の鶴を捕まえてくるのが全てを丸く納める手段じゃないだろうか。

PS そうそう、劇伴が何故か「アメイジング・グレース」で、
 その意味不明さと効果のおかしさにちょっと震えた。



◆『チャパクア』K's cinema

▲映画の印象と著しく違う映画ポスター。

五つ星評価で【★おで、こーゆーのダメなんの】
企画「奇想天外映画祭アンダーグラウンドコレクション2019」から1プログラム。
1966年、カラー、82分、初見。
コンラッド・ルークス監督。勢いで見た。
ドラッグ&アルコールでの入院の日々の心情を映画に焼き付けたデビュー作。
「心情を」焼きつけたのがミソで、ラリラリで不整合で、映画自体が酔っぱらっているかのよう。音楽も独特。そして、女の子は魅力的。うーん、それは大事だけど、そこだけでは好きになれなかった。


◆『見世物』K's cinema
五つ星評価で【★★★★★ヤバい。凄い面白いよ】
1927年、白黒、無声映画(伴奏あり)、76分、初見。
トッド・ブラウニング監督。『フリークス』の監督が5年前に撮った映画という事でイソイソと見に行った。
無声映画である事に意表を突かれた。でも、全然それが苦にならなかった。
題名がアレなんで、フリークス達が出てくるかと思ったが、そういう人達は出てこなかった。
主役の名前がクック・ロビン。イケメンでプレイボーイ、金の為なら女を捨てるのを厭わない、とってもイヤな奴。こいつがイケメン設定なのに服のセンスが1927年なので、むちゃくちゃダサイ。横縞ボーダーシャツ、変なハイウェスト・パンツにチョビ髭。タイプで言うと、玉木宏。それがダサくて、悪くて、モテモテ。
ヒロインがサロメ。サロメの芝居の要点を見世物にして、そのトリック明かしてくれるのも面白かった。目が情感あふれる。彼女のほかにも要所要所美人多し。
悪漢が「ギリシャ野郎」。凄いネーミングだ。そして硬い表情がクールでヒール度ビンビン。そして、ジュード・ロウに似てる。
主人公の横嶋シャツ野郎が最後に下す決断がベタだけど良い。


【銭】
『つる』:神保町シアター一般入場料金1300円。
『チャパクア』:当日料金は1500円だが特集共通三回券を3000円で購入。その使用1回目。
『見世物』:上記三回券の使用2回目。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
つる・鶴@ぴあ映画生活
チャパクア@ぴあ映画生活
見世物@ぴあ映画生活

『にっぽんのお婆ぁちゃん』神保町シアター

五つ星評価で【★★★爺ちゃん婆ちゃんだらけ】
企画「水木洋子と女性脚本家の世界」から1プログラム。
1962年、白黒、94分、初見。
今井正監督。画面いっぱい爺さんと婆さんで覆われる絵の強さったらないわ。
主役は北林谷栄、ミヤコ蝶々。ミヤコ蝶々は孫がいるからお婆ちゃんだが、そういう関連性を除けば、遠目でなら「おばさん」で通るんじゃなかろうか。北林谷栄は正々堂々、老婆である。ちょと待て。間に26年間ある『となりのトトロ』とか、その3年後の『大誘拐』とほぼほぼ変わってないぞ。なんて化け物。

左卜全が阿波おどりを踊る為だけに産み出された謎の生物っぽい。

PS 大した分量書いてないのに書き忘れた。
 市原悦子と田村高廣も出てるんだけど、老人役じゃなくって
 二人とも若者組だぜい!(くらくらする)



【銭】
神保町シアター一般入場料金1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
喜劇 にっぽんのお婆ぁちゃん@ぴあ映画生活

『映画の教室2019上第三回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第三回』
五つ星評価で【★★★比較的ソフト】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
三回目は「桜映画社:村山英治・杉井ギサブロー・大塚康生」で、短編各1本。

『アメリカの家庭生活 第二部 おかあさんの仕事』1964年カラー29分。桜映画社の自社作成映画。前半はアメリカの主婦の仕事、後半はアメリカの老人問題。当時と今ではアメリカも日本も生活様式が変わっているだろうから、こういう定点観測みたいな記録は面白い。アメリカの主婦って日本と違ってやってる事がかなりゆるい。日本の主婦働き詰めである。三食の用意は毎日としてるとして、洗濯は週二回、掃除は週一回、買い物も週一回、家計簿付けるの週一回、あと社会奉仕週二回だっけかな。土曜はまるまる家族団らん。TVは週一回程度。高温多湿な日本と違うのかもしれないけど、洗濯・掃除・買い物を毎日やってないのが驚きだ。
『たすけあいの歴史 生命保険のはじまり』1973年カラー30分。生命保険文化センターのPR映画。杉井キサブローの初期映画。絵面は耽美とか抜きでマンガ。生命保険の始まりをそもそも自然界でも助け合う動物同士があるって、話をでかい方向にすり替えてるの面白い。
『草原の子テングリ』1977年カラー22分。雪印乳業のPR映画。大塚康生の初期短編。これがあるから今日は客層混雑してたのだろうと思ってる。いや、ドタバタの明朗具合がほんまに大塚康生。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/桜映画社:村山英治・杉井ギサブロー・大塚康生》@ぴあ映画生活

『轢き逃げ 最高の最悪な日』丸の内TOEI①(病みがち)


▲「水谷豊の身体を使って人体消失の手品を練習する檀ふみ」的なスチール。

五つ星評価で【★★★やるやる水谷豊】
轢き逃げ事件の加害者、捜査する刑事、被害者の父と母、を丹念に丁寧に描く。
予告から水谷豊演じる被害者の父がもっと主演でグイグイ個人捜査するのかと思ったが、思った以上に加害者パートが長く、全体的にはちょっと偏りのある群像劇といった感じだった。『相棒』で飽きているからか、刑事の捜査パートが短いのは、ミステリとして弱いか。いや、そもそもミステリではないのだな、きっとこれは。「奇談」に近い。不気味に事件をかぎまくる水谷豊が実は内閣諜報部で幾つもの国を船に乗って渡り歩いてきた海洋スパイとかだったら、ジャッキーの『フォーリナー』っぽくなるがそうはならなかった。映画の中に敵がいないからしょうがない。いや、敵に格上げできるのは岸部一徳くらいだけど、映画内では妙に水谷豊に近づいていく様がホモっぽいしなあ(そんな事はありません、多分)。
前半の加害者で、加害者の心痛と、でも自首は出来ないというギリギリがちゃんと描かれている。事故を起こした彼が無名の役者なので、本当に事故を起こしたようにしか見えずなかなかいい没頭感。彼は日本テレビの升アナに似てる。そら真面目だろ。彼の婚約者も真面目な美人。この二人のデートがバリバリにバブルで若者っぽくない。そこは水谷豊に要求してはいけないか。と言うか、私も若者ではないからあれが今の本当の若者のデートだよと言われたら土下座で謝るしかないけど。
加害者側の三人には若手を起用、フレッシュ。
刑事に岸部一徳と毎熊克哉。なんて安定した組み合わせ。毎熊克哉なに、このベテラン感!
加害者の親に水谷豊と檀ふみ。水谷豊が有能じゃないけどあちこち駆けずり回る様が実直でいい。道路押してたのは何なんだろ、あれ。娘の日記帳が出てきて、娘のどんな過去が現れるかと思ったら、そこに関心はないのね。そういうのはそういうので珍しい展開。まあ、娘が実は美術館をアジトにする麻薬ブローカーだったりしても困るし、喫茶スマイルがその販路の一部だったりしても困るだろう。親同様船が好きなのは麻薬の取引を船員とするからだったりして。いや、だから、違う。あの娘はと言えば、事故のショットが最高。ああ、事故るとあんな風に見えるんだと言うのがショットとして凄く良かった。目に焼き付いた。その凄い演技をやったのに、娘に「裏」がない事で薄っぺらい人間に見えてしまうのは役として損な扱いだ。そう言えばあの美術館の制服は何か趣味悪い。でも、あのコスでSEXしたい気がする。ダメだよ、俺。あの娘の相手も絶対そういう要求をしたに違いない。俺みたいな奴なのかよ、あいつ。ゲー。
檀ふみはあまり役者として見る機会が少ないのだけど普通に良い。

ちゃんと映画の筋として、そこでそうするのという展開もあり、なかなか楽しめた。欲を言えば映画らしい派手な部分がこれでもかとない。娘がダンスやってたのだから、浅草サンバカーニバルの衣装で轢かれるとかすればよかったか? いや、派手にするってそういう事じゃない。やはり、水谷豊が娘の気持ちを知る為に娘のダンス衣装を着て、、、、、だからそーじゃないと言ってるだろ、俺。

映画として派手だったり、ミステリだったりしないけど、かと言って一人一人の心情を物凄く深く抉るような書き方はしてないとか、感想書いてる人に言われたりもしてるのだけど、加害者側も被害者側も両方取りあげたので、ここから個々の心理をもっと深くと言うのは長さから避けたんじゃないか。あと、凄く泣けたりする訳じゃないのが逆にちょっとリアルだったかもしれない。

二種類あるチラシはどちらも観客が、これ見て「見たい」と思わないようなデザインだなあ、と思った。


【銭】
東映株主券2980円(201902~07)をチケット屋で買って6回分のうち1回(5枚目)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
轢き逃げ -最高の最悪な日-@ぴあ映画生活

『歎異抄をひらく』『コンフィデンスマンJP』『貞子』

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。

◆『歎異抄をひらく』新宿シネマート1

▲左手奥が主人公。鎌倉時代の百姓なのでどうやらザンギリで正しいらしい。右手前は修行僧の先輩。ゆるふわ髪でビジュアル系説法かよ!(街頭で女子に説法モテモテの描写が本当にある、、、っつか流石にそういうモテモテとかは演出だろ、、、、いいんか? 実在した本当の親鸞上人の弟子だろうに)

五つ星評価で【★★これはアニメ向きでない題材】
親鸞上人のいう「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」の真の意味とは? 弟子になった少年が解説する。
宗教説法を物語の形にしてアニメで描くというのは向いていない。アニメのメリットはデフォルメできる事なのだが、最初から最後までデフォルメらしいデフォルメがない。せいぜい猛獣として熊が出てきた事、少年として出てきた主人公が年老いた事ぐらいだろう。一般にはそういうのはデフォルメ(誇張)とは言わない。親鸞上人の物語に巨大ロボを出したり、変身シーンは入れられないだろうが、奇抜なものやアクションにアニメは効果を発揮する。つまり相性がいい。Aさんが話してるのをBさんがずっと聞いているみたいな地味なシーンの連続はアニメより人間の役者のほうが向いている。人間の役者は黙っていたり止っていたりしても完全には静止していないからだ。絵と違う。佇まいその物に表情がある。会話劇などは確実にアニメより実写の方が説得力などについて高い効果を得られるだろう。
それでも、アニメで作られてしまうのは、客層の間口を弱年層にまで広げたいという希望と、制作費が実写よりは安いからだろう。それは本来作品と関係のない部分だ。チーン。
アニメの登場人物は基本みんなイケメンに描かれているが、凄く美麗に描き切ったという風には描かれていない。どちらかと言うと事務的に処理してるように見える。作画陣に取って、この顔を描くのがストレスだったのではないか。みんな農民とか僧侶だからイケメンに描くのに説得力がなかったんじゃないか?(イケメンの農民や僧侶の人ゴメン)

大事なのは阿弥陀如来の再臨を待ち、ずっと祈ること。
阿弥陀如来は全ての人を善人、悪人分け隔てなく救ってくれる。
それどころか、人間は全員、煩悩を持つから悪人なのである。
善人ですら悪人の一つの形態に過ぎない。

凄いよ親鸞上人。永井豪の人間は悪魔より悪魔である、を思いだしてしまった。これまで聞いていた解釈と違う悪人論にはちょっと惹かれた。たいへん『デビルマン』的であり『魔王ダンテ』的な発想じゃないかと思う。


◆『コンフィデンスマンJP』トーホーシネマズ渋谷6

▲ダー子。

五つ星評価で【★★★こういうのムチャクチャ簡単に騙されるマン】
ドラマは未見。一見さん。
うおー楽しい。ダー子ばっちぐー。江口洋介が意外に男前やないかい。
ダー子が変な顔する所は全ていい。
そもそもダー子って変な名前が凄く可愛い。


◆『貞子』トーホーシネマズ渋谷2

▲エライザと貞子のキューティクル合戦。

五つ星評価で【★★うわ、あははははは】
エライザ可愛いのう。まあ、それはそれ。
シリーズ設定を遵守できていない脚本がダメ。と言うより新作できる度に設定がぶれているから、その時一回だけでも成り立つようにちゃんと設定を整理して提示すべきだと思う。多分、今回からだろうと思うが、貞子が親に殺された子供にシンパシーを抱いていて、伊豆にあるある洞窟と同調しているという設定に凄く強い違和感を感じる。確かに貞子は育ての親に井戸に捨てられたが、だからと言ってその親に強い憎しみを抱いている風ではない。最終的に怪物化してしまう貞子にそんな人間的な感情があると考える方がちょっと胡散臭い。
佐藤仁美が何か到底、彼女が知りえてそうにないこと全てしゃべるのもどうか。佐藤仁美の親友が『コンフィデンスマンJP』で香港マフィアの女王ラン・リウを演じていたのも何かの呪いか? そう言えば、そっちのリチャードは『リング2』で貞子のエネルギーを液体に逃がそうとして返り打ちにあった前世とかあったよな。
あと、清水尋也の独特な顔が好き。
そして開口一番で言った通り、池田エライザ可愛い。衣装宮本まさ江(衣装いいと思ったら大抵この人)の出す服も的確。

演出は絵作りという意味では上手く怖い絵を作ってると思うが、そもそも話がダメなので怖さを素直に感じられなくなってしまっている。中田秀夫監督は脚本をそのまま一番ベストに映像化する。そういうタイプの演出家なのだろう。なら、いい脚本を与えないとダメだ。そもそもいい脚本が必要である事はどんなジャンルであれ、鉄則だけど。
「撮ったら呪われる」わはははははは、何じゃそりゃ。


【銭】
『歎異抄をひらく』:映画ファン感謝デーで1100円。
『コンフィデンスマンJP』:映画ファン感謝デーで1200円。
『貞子』:映画ファン感謝デーで1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
歎異抄をひらく@ぴあ映画生活
コンフィデンスマンJP@ぴあ映画生活
貞子@ぴあ映画生活

『翔んで埼玉』『プリキュア・ミラクルユニバース』『多十郎殉愛記』『うちの執事が言うことには』

東映で4本まとめてレビュー。

◆『翔んで埼玉』丸の内TOEI①

▲右・百美(♂)のくびれの美しい事。ちょっとさすってみたいっすね。

五つ星評価で【★★★こういう悪ふざけは大好き】
残念ながら大爆笑には至らなかった。やはり埼玉で埼玉県民と一緒に見てないからだろう。ただ一番ひどいディスられ方をしたのはプテラノドンが飛ぶアマゾンのような群馬だが。原住民のグンマーが怒るぞ。そう言えば『お前はまだグンマを知らない』で都民→グンマーを演じた間宮祥太朗はこの映画ではハナから埼玉県民だった。
魔夜峰央のゴシックでゴテゴテなフリルっぽい世界観がちゃんと絵として成立してるのが素晴らしい。美術スタッフに拍手を贈りたい。
GACKT高校生役ってのは凄いな。これもよう気張った。あ、二階堂ふみも勿論えらい。

かくいう私も、執事に調度いい狛江に住んでます(精度の高いディスられは存外気持ちいい)。

麻生久美子が嫁さんで島崎遥香が娘ならどこに住んでてもいいだろ。

エンディングのハナワ起用が素晴らしい。あれで映画の質(満足度)が一割くらい底上げされてると思う。フルコースで最後に出てくるデザートが料理の評価を底上げするように、一番最後にもう一ネタという「笑い」にはみんな弱いのだ。


◆『プリキュア・ミラクルユニバース』渋谷TOEI②

▲ポスター。しかし、知性が薄い感じは否めない。

五つ星評価で【★★★アンパンマン同様、毎回、悪の設定が大変だと思う】
悪玉が悪のミラクルライトを使って意識のない下僕から応援を受けて復活を遂げる構造が多分、今までになかったと思うけど、これは画期的。そういう形式に効き目があるのなら事前に用意だけしておけば悪玉側必勝だ。だから、マジに取り入れたり、組み入れたりする事はできなかろう。
その悪の応援の後、歴代のプリキュアが反撃の為にミラクルライトを片手で高く掲げる同じポーズを取ったのがハイルヒットラーのポーズっぽく感じてしまった。
子供が場内で振るライトの色がなかなか綺麗で風情がある。


◆『多十郎殉愛記』丸の内TOEI①

▲周りの雑兵と顔の作りが違う。

五つ星評価で【★★物語のバランスが悪い】
高良健吾と多部未華子のキャスティングが光る。
高良健吾なんて強そうにしか見えないじゃん。
多部未華子が演じる町娘なんていい人に決まってる。
なんだけど高良健吾が何故あそこまで身を持ち崩さなければならないのかが伝わってこなかった。そこは大事よ。省略しちゃいけないし、ちゃんと主人公に同情させて感情移入を引きださないといけない。
チラシのコピーが「ラスト30分壮絶な死闘に泣け!」なのだけど、90分台の映画でラスト30分の死闘ってちょっと長いだろ。そこを5分とか10分削っても、主人公の厭世の理由とかをもっとちゃんと描いた方がよかったと思う。こちとらいい年なので、クライマックスが長すぎると身体が持たない(ぜいぜい)。


◆『うちの執事が言うことには』渋谷TOEI①

▲ポスター。少女マンガのように花を背負います。

五つ星評価で【★★問題はリアル感の欠如】
凄くつまらない訳ではないけど主人公が金持ちすぎる上に外界と遮断されすぎてるので話のリアル感がどうも出ない。まあ、絵空事なら絵空事でいいのだろうけど、若い金持ちが集まっているのをセレブ集団として描くのに、日本人の容姿は向いていないのだ(マンガやアニメならそういう世界と言う事でパスできるのだろうけど)。せいぜい大学の乱交サークルみたいにしか見えない(似たような機構だからかもしれん)。
先代社長が吹越満、その執事が奥田暎二と言うのも、映画内での失点はないが、ふと脳裏に浮かび直してみると随分、貧乏くさい主従である。運転手に矢柴俊博、庭師に村上淳、料理人に原日出子。みんないい役者だが、あの規模の屋敷に一人という配置なら、もっと年老いていて、その人の年輪で正しく仕事が回って見えるくらいオーラがある方が自然だ。
原日出子が掏摸の容疑を掛けられる場面、あれはとても単純に財布に原日出子の指紋が付いてない事を確認してもらえばよかったのだ。
ミステリーとしては犯人候補が一人しか出てこないので、あの人だろうと思ったら、その人だった。


【銭】
『翔んで埼玉』:東映株主券2980円(201902~07)をチケット屋で買って6回分のうち1回(1枚目)。
『プリキュア・ミラクルユニバース』:同上(2枚目)。
『多十郎殉愛記』:同上(3枚目)。
『うちの執事が言うことには』:同上(4枚目)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
翔んで埼玉@ぴあ映画生活
映画プリキュアミラクルユニバース@ぴあ映画生活
多十郎殉愛記@ぴあ映画生活
うちの執事が言うことには@ぴあ映画生活

『酒と女と槍』『恋や恋なすな恋』新文芸坐

新文芸坐の企画「生誕121年内田吐夢映画祭」から1プログラム。
未見2本で時間が合う奴があったので見に行った。

◆『酒と女と槍』
五つ星評価で【★★★キャラで見せて、話の締め方が唐突】
1960年のカラー映画。99分。初見。
切腹に失敗して武士を投げ捨てた主人公が秀吉亡き後の関ヶ原に槍の腕を見込まれて担ぎ出されるが、、、、、
ずっと酔っぱらって笑ってる大友柳太朗は大人物なのだろうが、それでとばっちりを食う周りにいい顔されないのはしょうがない。多分、理屈として大友柳太朗が正しいとしてもだ。
奥さん役は花園ひろみ、なよなよして好かん。奥さんの親友役が淡島千景。こっちの凛とした感じの方が好み。
最近のお気に東野英治郎は秀吉。狒々具合を出す前に退場してしまう。家康は小沢正一、狸親父と言うよりダブル猿っぽい。

確かに、「酒と女と槍」という内容の映画だった。


◆『恋や恋なすな恋』
五つ星評価で【★★謎の陰陽師映画】
1962年のカラー映画。109分。初見。
一種前衛的ですらある陰陽師映画。ただ陰陽師が颯爽としていない。記憶喪失で悩んでうじうじしている。技を出して戦ったりもしない(本来、陰陽師は戦わないのだろうけど)。妙に芝居がかった映画になった。もしくは一大狐ロマン。


【銭】
新文芸坐の会員割引250円減の1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
酒と女と槍@ぴあ映画生活
恋や恋なすな恋@ぴあ映画生活

『居眠り磐音』109シネマズ木場6


▲きゃー磐音さま。

五つ星評価で【★★★この流れで良いか?】
松坂桃李演じる磐音のいい奴感が高く、それをゆったり演じているのも実に贅沢ではあるが、彼が義理の兄を殺めたという理由で恋人と別れて脱藩出奔してしまう行動を取るのが今一つピンと来ない。恋人に「合わす顔がない」とは言うものの、そこを乗り越えるのが従来の小説の主人公達のメンタリティーなので、そこを忌避してしまうなら、それはそれでそういう細やかだったり淡い心情をちゃんと掬って描かなければいけないのではないか。磐音が恋人を探せなくなっているのに藩の方ではお偉いさんと恋人が会談してたりする。おそらく豊後関前藩の話については、もっと色々複雑な下りがあるのだろう。今回、江戸での金融戦争の話と一つにする為にかなりエピソードを割いてしまっているのではないか。柄本佑の小林家が取り潰しになったのは分かるが、跡取りがいない磐音の家や、そもそもの問題を起こした河出家がどうなったかも分からない。恋人が後から現われるのも随分いきなりな話だし、ちょっと全体に説明が薄すぎるだろう。ただ、豊後関前藩については、映画一本目の後に話が繋がるのであれば、そこでじっくり描くつもりなのかもしれない。そういう匂わせ方はあったから。

おっとりに見えるけど知恵者で剣の達人という磐音は松坂桃李の端正な顔立ちと相性が良い。良くも悪くも優等生的な顔立ちだ。それを活かさない手はない。その優等生的な磐音に対比されるガキ大将のような小林琴平を柄本佑が好演してる。磐音の鋭い剣に琴平の荒い剣という対比もあり、この二人の悲しい戦いが映画の中での一番の見所だった。ただ、磐音が戦うシーンはどれも見どころとして良く出来てる。一つ一つ違った戦いになっており、磐音が戦う事を好いていないのに戦いでしか解決を得られないという悲しさがよく出ているからだろう。

役者でいいのは柄本明と奥田暎二のヒヒ爺二人。
柄本明なんてコントすれすれの外角攻めだ。あれ、他の役者がやったら志村けんというくらいコント寄りの演技なのにちゃんとシリアス側に成立させてるのが凄い。磐音の若くて端正で優等生な顔立ちに比べて、年老いてて醜く、それでいて、歯が凄く白くて噛みつきそうな猛禽類みたいで、実に好対照ある。
奥田暎二はリアルに奥田暎二のイヤな所が出てる気がするのだが、役としてそれが生きているならリアルの奥田暎二がどうあれ、これでいい。結果、ピエール瀧より良くなった可能性は強い。

役者で良くないのは女優二人。
芳根京子は好きなんだけど、大夫のお練り歩き、あれの出来が悪い。首の線がぶれるのかヨロヨロ歩いてるように見える。あそこは嘘でもしっかり歩いてみえるように撮らないと話やキャラがぶれてしまう。しっかり歩いているのに心情では真逆というのが泣きポイントなのである。
木村文乃はお白粉っぽい芳根京子と比較するチャキチャキ町娘だが、比較が効きすぎて見た目が「おばさん」っぽい。Wヒロインでなく、木村文乃だけならそうは感じないのだろうが、どうも野暮ったいのだ。ヅラとの相性が悪いのかもしれない。

エンディング、ミーシャは女性ファン狙いすぎ。思ったより違和感はないけど、歌詞とかすっと入って来なくて、浸れもしない。まあ、主役がジャニーズだからジャニーズってのよりは数倍いいけど。

全体、映画自体は悪くない。
チャンバラシーンなど、どれも見ててワクワクする。
なので、続いてほしいなあ。客の入り、悪いなあ。JOJOかよ!


【銭】
109シネマズのメンバー割引(曜日)で火曜1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
居眠り磐音@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
居眠り磐音@ノラネコの呑んで観るシネマ

『バトル・ロワイアル』国立映画アーカイブ

五つ星評価で【★★★★★深作欣二最晩年のキュート映画】 
特集企画「映画監督 深作欣二」からの一本。
2000年のカラー映画、113分、3、4回目かな。
ギトギトする深作の中では甘い映画だけど有名な子も無名で終わった子も一々表情が素晴らしくて、見る機会があるとついつい見ちゃう映画。
栗山千明なんてこれが一番好きかもしれない。
セリフ使いが独特なのを納得させる目力の強さ。あと下の話でも栗山千明だと下品にならないのが良い。
柴咲コウが前田亜季に言い放つ「死ねよブス」が丁度いい力関係。言いそう。言われそう。そもそも動物としての植生が違う。
物凄くまとまっていた灯台グループがちょっとした誤りで木端微塵に瓦解してしまうのが物凄いスピード感で悲しさすら感じられないところが好き。


【銭】
国立映画アーカイブ一般料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
バトル・ロワイアル@ぴあ映画生活
▼関連記事。
バトル。ロワイアル3D@死屍累々映画日記:第二章

マンガ『邦キチ!映子さん』服部昇太、ホーム社書籍扱いコミックスを読書する男ふじき

SEASON2 も出て、大盛り上がり。
うんでも、こんなの、いつも仲間内で話してるバカ話まんまだから、汚いっつーか、いーなっつーか、ともかく面白いんだから仕方ない。あー、こーゆーん描く人になりたかった。

『人肌牡丹』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「大輪の花のように 女優・山本富士子」から1プログラム。

◆『人肌牡丹』
五つ星評価で【★★★標準的に娯楽娯楽してる】
1959年、カラー、84分、初見。
森一生監督。
山本富士子が七変化しながら加賀藩のお家騒動の陰謀を暴く絢爛豪華な娯楽時代劇。相棒は市川雷蔵、悪役は田崎潤。田崎潤って三船敏郎みたいな顔立ちだと思うのだけど堂々とした善人ってイメージはほぼない。今作も堂々とした悪人。山本富士子は時代が合わずにほぼ名前しか知らない。あまり好きな顔立ちじゃない。私は美人タイプの狐顔より愛嬌タイプの狸顔が好きらしい。

映画冒頭「大映スコープ」ってスクリーンがシネスコ画面なのがでかくて嬉しい。
これも冒頭、不審な武者たちから切りつけられた婆さんが死にそうになりながら店に戻る。婆さんは山本富士子に加賀藩の藩主に危機が迫ってるので、すぐ加賀藩に行けと言い、こと切れる。「こんな事もあろうと」武芸を習わせておいたって、見立て通りの事態になったよ、凄いよ、婆さん。



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
人肌牡丹@ぴあ映画生活

『プーサン』神保町シアター

五つ星評価で【★★★伊藤雄之助の懐の深さ】
企画「水木洋子と女性脚本家の世界」から1プログラム。
1953年、白黒、98分、初見。
市川崑監督。市川崑監督の出世作らしい。
伊藤雄之助って、こういう気弱な演技もできたのね。常にルサンチマン抱えてるか、悪徳に汚染されてるか、ガムシャラに足で稼いで捜査してるか、そういうイメージしかなかった。気の弱い善人なんてミスキャストでしかなさそうなのに、芝居見ててそんな雑念は失せる。上手いんだもの。もうこんな人が現実にいるようにしか見えない。
主人公の不幸から始まって主人公の不幸で終わる。話はエピソードの羅列で、物語の太い幹を感じ取りづらい。でも、元々が4コママンガならこの極度に散文化したようなタッチは正しいのかもしれない。ままならない不幸は多いけど、生きていくしかないのだから生きていきましょう。前向きな感じがトンとしない。
そもそも「プーサン」が何なのかが分からん。


【銭】
神保町シアター一般入場料金1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
プーサン@ぴあ映画生活

『ラ・ヨローナ 泣く女』トーホーシネマズ日比谷8


▲ドタドタ貞子。

五つ星評価で【★★★肉感ホラー】
霊に対して全力投球。走る、跳ねる、跳ぶ。
何て体育会系なホラーだ。
もうこんな全身で飛んだり跳ねたりしないと霊とは戦えない時代になってしまったのか。
世界中万国どこでも「うわ、コワ」っと思わせるヨローナのデザインは秀逸。
ラテンの悪魔祓い師怪しいなと思ったら中々やる。疑ってゴメン。この悪魔祓い師のアイテムが魅力的。


【銭】
トーホーシネマズデーに見て1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラ・ヨローナ~泣く女~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ラ・ヨローナ~泣く女~@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

『映画の教室2019上第二回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第二回』
五つ星評価で【★★★またまた徒労的な疲労感もありーの、そうでないのもありーの】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
二回目は「岩波映画製作所:黒木和雄・土本典昭・羽田澄子」で、短編各1本。
一回目の時にも書いたがPR映画と言う括りは大海すぎる。全体の概要を見せようというより、題名通りそこで活躍した人の作家性を摘まみながら見ていく感じになるようだ。しかし、大海の中で個人に絞って摘まんでいくというのは摘ままれた一人と摘ままれなかった大多数という対比から何かそれでこれを全部見た事にしていいの?という申し訳ない感を感じてしまう。まあ、感じようが感じまいが私にはどうにもできずせんない事なのだが(自分で研究始めるような胆力も資産もないよ)。

『恋の羊が海いっぱい』1961年カラー20分。日本羊毛振興会のPR映画。ミュージカル風に歌い踊る、歌詞は寺山修二、作曲は山本直純。「昔」を差っ引いてもそこそこかっこいいし、オシャレだ。でも、映画から「羊毛」がの良さが全く伝わって来ない。あと「流石、寺山修二が噛んだ映画、確かに狂ってる」と言っても何ら問題ない。いや、おかしいよ。狂ってるよ。
『ある機関助士』1963年カラー37分。日本国有鉄道(民営化前のJR)のPR映画。割と驚くべき事に初見じゃなくて二回目である。しかも割と最近、神保町シアターで「鉄道映画特集」の一本で見てる。まあ、蒸気機関車かっけーよなあ。あんな重そうで硬そうで速そうで、怪獣みたいじゃん。そらかっけーよ。怪獣だもの。鳴き声や蒸気をドバーっと吐く所も生物っぽい。JRからお金貰って、ただ仕事風景だけのドキュメンタリーにして、PRのピの字もないという姿勢も偉くはないが凄い。まあ、土本典昭に仕事を頼んだのが運の尽きという事だろう。
『コカ・コーラのお話』1977年カラー15分。コカ・コーラボトラーズのPR映画。昔は瓶が主力だったんだなあ。うん、瓶は洗浄が大変。今でも瓶コーラ売ってるのは考えたら凄いな。安いアニメキャラが工場見学する設定でアニメの動きがズタボロ。リミテッドの動画抜きがひどくて、これなら学生アニメの方が動きが流暢というくらい。多分、中抜きがひどくてこれでもアニメーターは儲かってないと思う。アニメってそういう過酷な世界だから。とは言え、これが一番PRしてる映画になってる。劇中、工場見学の様子をずっと歌ってるのは「ミスター・サマータイム」でヒットを飛ばしたサーカス。

しかし、こういうの今はネットで拡散してしまえば終わりだけど、昔はどこで誰が誰にどう見せていたのだろう。③なんかは工場見学コースに組みこまれてそうだけど。ただ、この映画で見たら工場見学不要になっちゃうよなあ。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/岩波映画製作所:黒木和雄・土本典昭・羽田澄子》@ぴあ映画生活
▼関連記事。
ある機関助士(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
・ある機関助士(二回目)@死屍累々映画日記・第二章

『ジョーズ』トーホーシネマズ新宿1


▲すんげえ有名な画像。ロイ・シャイダーがロイ・シェイダーになってる。じゃあ、宇宙刑事もギャバン、シャリバン、シェイダーか。

五つ星評価で【★★★★★やはり面白かった】
1975年、カラー、124分、ロードショーは見逃したがリアルタイム名画座で2回か3回見てる。確か最初に見たのは今はなき新宿パレス座。それを考えると、新宿でもっとも貧乏そうな映画館で見て、新宿でもっとも成金っぽい映画館で見直した訳だ。新宿パレス座とか冬は隙間風が寒かった。トーホーシネマズは隙間風吹かないだろ。

ともかく普通に面白くてグイグイ話に吸い込まれる。
昔、見た時は「怖い鮫との格闘映画」という側面しか見れなかったが(公開当時だいたい小学生だか中坊である)、今、見ると形がイビツなバディ・ムービーなんだな。それでも最後まで分かりあえたり分かりあえなかったりな部分があって切ない。

それなりに特撮もあるだろうにビビるほど短いエンドロール。人件費かかってないのはいい事だ。

鮫はそんなに直接ジロジロ見れるようなカットが少ないので、特撮部分に対しては全く古びてない。ただ、スピルバーグにしてみれば世界の観客の反対で諦めたのだろうけど、ルーカス同様、今の技術で撮り直ししたいというのが本音だろうなあ。

泳いでてクイと下に引きずられる。あんなカット撮ったのはスピルバーグが最初だよな。あれが怖さを倍増させてる。勿論2時間、鮫との戦いがメインな映画と言うのがおそらくそれまでなかったから、鮫が人を襲うとはどういう事かと真面目に考えた監督がスピルバーグが一人目という事かもしれないけど。


【銭】
午前10時の映画祭価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョーズ@ぴあ映画生活

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』新宿ピカデリー4


▲世界中のどんなゾンビハンターよりも可愛い。可愛さの塊。

五つ星評価で【★★★★★堪能堪能】
バカみたいに面白い。
美樹本晴彦のキャラデザインを死守する原画動画チームの並々ならぬ頑張りに観客はただただ萌え死ぬばかり。っつかマジに登場人物の活躍から目が離せない。
あと、あのバカみたいな拳銃電車が最高。
今回、生駒のネチネチ暗くって空回りして無様なんだけど間違えてない部分がちょっと少なかったかな。ただ、前回の長い話の中でキャラクターが固まっているので、単にそういうシーンがないか薄い程度にしか見えなかった。各キャラ達はそれぞれちゃんと彼等自身だったので何ら問題なし。それにしても生駒はもう少し自分のヒエラルキーがあの世界の中でメチャクチャ低い事を自覚してもいいだろうに。本当、甘ちゃんだ(まあ、それでこその生駒なのだけど)。そういう意味でヒエラルキーを振りかざす顔の悪い奴が心まで悪いと言うのは、まるで昭和黎明期のアニメみたいでもある。あまりにも絵の美しさがキープされてるから昭和黎明期のアニメに見えたりはしないのだけれど。

▲生駒ってイライラさせる主役だよな。それが正論でも騒ぎ立てれば通るもんじゃないってのを学習しない。

この長い地獄のような話を乗り越えてラブコメで終劇を迎えるのが何かとっても美樹本晴彦のキャラという感じ(恋愛に節操ないイメージが強い)。かーいーのう。

エンドロールで甲鉄城のみんなが踊るオマケ画像が流れるが、何となく来栖は菖蒲に踊りを許さない気がする(所作がはしたないっぽいじゃん)。


【銭】
番組特別料金1500円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
甲鉄城のカバネリ 海門決戦@ぴあ映画生活
▼関連記事。
甲鉄城のカバネリ 序章@死屍累々映画日記・第二章
甲鉄城のカバネリ 総集編 前編@死屍累々映画日記・第二章
甲鉄城のカバネリ 総集編 後編@死屍累々映画日記・第二章
・甲鉄城のカバネリ 海門決戦@死屍累々映画日記・第二章

マンガ『保健室のおたくおねえさんは好きですか? 第一巻』川端新、ビッグスピリッツコミックススペシャルを読書する男ふじき

美人でちょっとスましてる謎めいた保健室の先生、
普段はポーカーフェイスだが、ちょっと突かれるとオタク体質が奔流してしまう(人畜無害な主人公の男の子の前だけ)。うわ、こんなんかーいーじゃん。つーか、他愛もない話なんだがキャラだけで読まされてしまう。個人的には安そうなベージュか茶のパンストを履いてるところが性癖的に萌える。御褒美のようにパンスト伝線ネタとか読み切りで付いてるし。

このマンガ内でオタクの先生が沼にはまってる『ISHIN☆LIVE(イシン☆ライブ)』の設定がありそうギリギリのラインでステキ。

幕末の時代を駆けた志士たちの記憶を引き継いだ現代の若い男子たちが、刀をマイクに持ちかえて想いを叫ぶ!幕末学園アイドル育成ゲーム。

なかなかやるなあ。

ロシアからの刺客

今度はロシア語でコメントが付いた。
google翻訳さんで翻訳。

私達は私達のポルノ写真のコレクションをあなたのサイトで紹介します -
ここに スリムに見える美人モデルは、彼らの「魅力」を示すカメラの前でポーズをとって見えます。
最も情熱的な女の子だけが何でも準備ができています。
ちなみに、ここであなたは魅力の写真だけでなく、異例の写真を見つけるでしょう。
すべての写真アーカイブは分類されています、好きに選んで、完全に無料に見えます!


門脇麦ちゃんの『こどもつかい』に付いたコメントだけど、門脇麦ちゃんはロシアの変態に好かれそうなのかしら?
コメントは非表示にします。

『虎鮫』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から1プログラム。

◆『虎鮫』
五つ星評価で【★★いや、見たいのはそこではない】
1932年、白黒、78分、初見。
鮪の一本釣り漁船が釣果としてあげたマグロを工場に卸すとベルトコンベア式にそれが流れて職人が加工して缶詰の材料にしていく、みたいなシーンが記録映画的な側面として大事な感じ。主人公は漁船の船長で、情に厚く、操船や釣りの腕は確か。彼は片腕を漁場を荒らす鮫に噛み切られた過去がある。『白鯨』のエイハブ船長のように「あいつは許せねえ!」みたいに鮫との因縁話にならないのは、原題も『Tiger Shark』単数形だけど、実際は「Tiger Sharks」でウヨウヨ泳いでいて因縁の相手とか特定できないのだ。逆に言えば、漁場に人間が落ちたら嬲り殺し状態になる。
そんな漁場で部下を鮫に殺された彼が、故人の娘に惚れ、食うや食わずの彼女の生活の面倒を見て、遂に結婚する。
ここからが物語的に地獄。
彼女は彼を愛していないし、彼もそれを知っている。
でも、お互い友情関係に近い契約上の結婚に踏み切る。
その結婚パーティーで彼女は彼の部下のイケメンと劇的に会ってしまうのである。三角関係に突入。
鮫は出てくるけど、舞台背景にすぎず、どちらかと言うと三角関係メインの映画なのであった。主人公のブサメンの彼がとても可哀想。命を助けても、日々の生活を楽しく過ごそうとも、「ブサメン許すまじ。理由などない。単にブサメン許すまじ」という恐ろしい思想が映画内に展開する。勘弁してくれよ、

鮫は自然界に存在する高速回転ナイフのような役割で出てくる。「俺に触れるとケガするぜ」みたいな状態。なので、個性とか出ない。電動鉛筆削り器みたいな役。なので『ジョーズ』みたいな盛り上がりはない。鮫が過度に人間を目の敵にはしないし、人間も鮫に愛こそ感じてはいないだろうが、撲滅しようみたいな意識はない。鮫に対する感情がほぼほぼないのだ。そこがある映画を見たかった。



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
虎鮫@ぴあ映画生活

『蒼穹のファフナー THE BEYOND』ユナイテッドシネマ豊洲9

五つ星評価で【★★★ドッカーン、ズガガガガガガ】
・何だか全く分からないけど面白い寄り。
・やたら登場人物が多く、同じような顔。
・設定が絶対複雑なのにもかかわらず一見さんを排斥するように見事なまでに説明一切なし。
・実は『蒼穹のファフナー』劇場版は前に一作あり、ブログに感想を書いているのだが、今回と全く同じ感想内容なのには笑った。良くも悪くもブレがないな。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《蒼穹のファフナー THE BEYOND 第一話「蒼穹作戦」第二話「楽園の子」第三話「運命の器」》@ぴあ映画生活
▼関連記事。
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(劇場版前作)@死屍累々映画日記・第二章

『ヒット・パレード』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から1プログラム。

◆『ヒット・パレード』
五つ星評価で【★★★★おもろい。妙におもろい。】
1941年、白黒、111分の『教授と美女』を
1948年、カラー、113分の映画としてハワード・ホークスがセルフリメイク、初見。
百科事典作成の為にカンヅメになってる8人の博識の男達はレコードプレス機に音楽史を吹き込む音大教授みたいな設定に変わっている。それでいて、中央の筋運びが全く変わってないのは脚本や演出に腕があるとしか言いようがない。リメイク前の前作が話を綺麗に進める作品だったのに比べ、今回は最初から最後までジャズをベースにした名演の数々があちこち挿しこまれていて実に官能的な映画になっている。それにしても同じセリフで絵面がかなり違ったりするのは舞台再演みたいな面白さがある。逆にほぼほぼ同じ脚本の市川崑の『犬神家の一族』が全く違いがない方が変は変なんだよなあ。白黒からカラーになった事で凄く経年してるように見えるが7年しか違っていないので、似た役者だなあと思った教授なんかは同じ役者なのかもしれない。
主役のダニー・ケイは朴念仁の教授に見えるけど、酒場の歌姫のヴァージニア・メイヨって何かとっても芋い顔をしている。アイダホ辺りではあーゆー芋い顔が好きなんか?



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヒット・パレード@ぴあ映画生活
▼関連記事。
教授と美女(リメイク前映画)@死屍累々映画日記・第二章

『ヘレディタリー/継承』『アンダー・ザ・シルバーレイク』新文芸坐

新文芸坐の企画「話題の新作2本立てウィーク」から1プログラム。

◆『ヘレディタリー/継承』

▲素晴らしい顔芸である。香川照之と国際結婚して顔芸夫婦になるような映画を作ってほしい。

▲鈴木宗男似。

▲ムロツヨシ似。だから何となく同情しづらかったんだな。今、分かった。

五つ星評価で【★★★★話転がしが上手いと思う】
2018年のカラー映画。127分。初見。
「屁が出るディレクター ケイン&ショー」って屁が出続ける侍親子かよ!(違う)
ではなく、文化・死生観、宗教観が異なるのにイヤな恐怖感が地擦りする感じで迫ってきて「やるな」と思った。

この狂えるお母さんをやったトニ・コレットは『マダムのおかしな晩餐会』のいけ好かないマダムの人なのか。この人、役を演じる事が優先で、それによって自分が嫌われるとかはどうでもいい人なのね、偉いわ。それにしてもイヤな役だわ。もちろん同情は出来るのだけど、それでも四人家族で一番イヤな役。子供は被害者の側面が強く、父親は常識人のスタンスだから、トニ・コレットがはじけざるをえない。彼女の熱演がこの映画を支えている。勿論、それだけではないけど。あとは全裸家族か。それだけでもないけど。


◆『アンダー・ザ・シルバーレイク』

▲はーい、ひょっこりはーん(やる気がないな/そらやる気がないだろ。やってないんだから)。

五つ星評価で【★★★★そんなんで神様になれるの】
2018年のカラー映画。140分。初見。
まずいっちゃん最初に思ったのはアンドリュー・ガーフィールド、北村一輝に似てきたな。おいおい、いいのかそれで、アンドリュー・ガーフィールドも、俺も。
このアンドリュー・ガーフィールド演じるオタク青年(という事にされてるが大してオタクではない)が惚れた姉ちゃん失踪の謎を探して、町のあちこちを放浪して、町自身の意思から排斥される映画。いやあ、カルト・ムービーだ。町が隠していた真実の内容が夢っぽくてカルトくさくてたまらない。そして、主人公のアンドリュー・ガーフィールドは夢を追って夢を手に入れられず現実に埋没していく。切ない。ずっと背後に忍び寄るように小さくかかってる劇伴が特徴的。
主人公がジェームス・ボンドだったら、あの終焉の地を大爆破してヒロインと一緒に逃げ出したりするのだろうなあ。

スフィンクスとピラミッドに立ち向かった石工の青年の話、でもあるのかな。


【銭】
新文芸坐の会員割引250円減の1100円+年会費更新1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヘレディタリー/継承@ぴあ映画生活
アンダー・ザ・シルバーレイク@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヘレディタリー/継承@銀幕大帝
ヘレディタリー/継承@いやいやえん
ヘレディタリー/継承@或る日の出来事
アンダー・ザ・シルバーレイク@ノラネコの呑んで観るシネマ

『教授と美女』『今日限りの命』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から2プログラム。

◆『教授と美女』
五つ星評価で【★★★★おもろい。単におもろい。】
1941年、白黒、111分、初見。
百科事典作成の為にカンヅメになってる8人の博識の男達の所に来たのは下品な町の歌姫。ヤクザの情婦やってるこのアバズレが純朴な若い学者に惚れてしまう。こーゆーありそうにないヨタ話をキラキラしたコメディーに仕立て上げるからホークスたまらない。朴念仁のチェリー教授(いやあチェリーやろう)はゲーリー・クーパー。名前は有名だけど初めてかもしらん。すげえガタイに小さな頭が乗っててスクっと立ってスーツ映えするラガーマンみたい。顔の印象はほぼほぼ無い。アバズレの歌姫はバーバラ・スタンウィック、アバズレだけど心は純って役柄はええわあ。
百科事典編纂中の編集室という舞台が国語辞書作成の『舟を編む』と被って面白かった。ゲーリー・クーパー松田龍平かよ! っつーか、そんな特殊な舞台を昔から平然と取りあげていた事に驚く。



◆『今日限りの命』
五つ星評価で【★★ホークスのマジ系メロドラマ。割とこーゆーの向かんかもしれん】
1933年、白黒、114分。初見。
これきつかった。コメディー要素抜きの大三角メロドラマ。死んだと思ったあの人が、でも私は結婚して今ではもう夫が、でもあの人は運命の人、みたいな。私、割とホークスの真面目系面白く思えないんだわ。
シンディ・クロフォード姉さんが最初に出て来る時の服が、どう考えても真っ当じゃない。



【銭】
それぞれ通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
教授と美女@ぴあ映画生活
今日限りの命@ぴあ映画生活
▼関連記事
ヒット・パレード(教授と美女のリメイク)@死屍累々映画日記・第二章

くだらないネタ記事をツイッターから転載。

「名探偵ピカチュウ」という映画の題名を見て、
「名探偵ぴんから兄弟中毒」というアレンジネタを思い付いたが、
昭和のマイナー歌手「ぴんから兄弟」で誰も付いてこれなかろう。

「女の道」とかがヒット曲だっけ?

「ぴんから兄弟」とその前身「ぴんからトリオ」、
どっちがメジャーなんだろ。
「ピンキーとキラーズ」ってグループもあったけど
「ピンク兄弟」だったら、存在がもうやだな。
「ピンク淑女(レディー)」はありな訳なのに
「黄土色淑女(レディー)」はあかんよな。
何かスカトロプレイっぽいし(言うなよ、それ)。

『名探偵ピカチュウ』トーホーシネマズ新宿7(ネタバレ気味)


▲モフモフ魔。

このブログ記事は多少ネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください(そのものズバリは書かんけどさ)。

五つ星評価で【★★★上手な映画だな】
一言で言うなら「上手い話を考えたね、君たち」。これに尽きる。
ただ、ラスボスが夢想するある意味素晴らしい世界が、それ本当に素晴らしいの?ってのは、よく考えれば考えるほど分からん。でも、映画の中のピカチュウのモフモフにやられてる観客が多数すぎて、あのラスボスが考えるような世界になればなるで、割りかし天国かもよという想定もできなくもない。

ヨシダ警部役の渡辺謙があまりにも今度やるゴジラ予告と演技が一緒なので
「○○○○○をペットにするのね」
「いえ、私たちが○○○○○のペットになるのです」
とツイッターで呟いてたら、おいおいそこそこソレじゃん。

主人公のティムを演じる少年はジャスティス・スミス。名前に「ス」が四つもあるぜ。そろそろアフリカ系の子供に食傷気味。
ティムとつるむ新米レポーター役がキャスリン・ニュートン。おぼこくて可愛いと思う。

ポケモンパレードの風船人形のシーンはティム・バートン版『バットマン』を思いだして、ちょっとウキウキした。


【銭】
額面1400円のムビチケをチケ屋で1380円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
名探偵ピカチュウ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
名探偵ピカチュウ@或る日の出来事

『映画の教室2019上第一回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第一回』
五つ星評価で【★★★徒労的な疲労感】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
一回目は「電通映画社:亀井文夫・樋口曳地源一郎」で、短編各1本。にしてもPR映画と言うのは又、大海すぎるのではないか。あまりに大海すぎて、5回という回数制限内で紹介される作品でPR映画の全貌や概要が浮かび上がらないのではないか。「摘まみ食いしました」で済むなら済むでいいけど。

『いのちの詩』1959年カラー39分。日本生命のPR映画。ドラマ仕立てであるが「あっ、生命保険に入らなくては」と思える気づきになるような出来事が作為的すぎる。
『生命の流れ』1967年カラー26分。第一製薬のPR映画。血液やリンパに関する啓蒙映画。とは言え、全く啓蒙された感じがしない。肉体の中を血液が流れるビジュアルや赤血球、白血球などどうやって撮っているのか本物の映像が数多く見れて何やらとても不思議な気分になる。でも、関心が向かない分野であるからか、グイグイ話に引きこまれたりはしなかった。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円+108円(前売券発行手数料)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/電通映画社:亀井文夫・樋口源一郎》@ぴあ映画生活
次のページ

FC2Ad