FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

ちなみに新橋文化の興行

新橋文化の興行形態が2011年4月16日から変わると書いたけど、2011年7月2日から二本立て興行に戻るそうです。

やっぱり一本立てでは儲からなかったんだな。

入場金額、上映番組など、まだまだ未提示のものは多いが、
名画座ファンとしては、まずは目出度い。

新橋文化の興行形態が2011年4月16日から変わる

2011年4月16日(土)という
何だかとっても中途半端なタイミングで、
僕らの二本立てアクション映画専門館、新橋文化が
一本立ての名画座に変わってしまうようだ。

ええええええー。

大ショック。

見損なったアクション映画はここで安価に
カップリングを楽しみに観るというのが
パターンだったのに(カップリングといってもヤオイではないぞ)。

去年の年末辺りから、興行に関する動向(※)が変わってきてて、
なくなっちゃうんじゃないかとか心配してたけど、
これはこれで危険な流れだ。

※ 長期番組表の一時廃止、劇場外看板の簡易化、スタンプサービスの廃止など

「新宿ローヤル」化である。
値段をほんのちょっと安くして回転率を上げる。
安い、早い、うまい、という吉野家的な戦略だ。
上げた回転率に見合う客が来れば御の字であるが、これは難しいと思う。

名画座馴れした客から見たら
映画1本に対するコスト・パフォーマンスは悪くなるし、
それと2本立てというのは、その映画館のある町に電車賃を使って行く
立派な理由になるのだ。この客層が減る。

シネコン慣れしたお客からすれば、同じ1本の映画を観るなら
ちょっと安いより、いい環境で観る方に食指が働く気がする。
環境を気にしない客であるならDVDという選択肢の方が安く見れる。

で、じゃあ、どんな客層を見込んでいるのかっていうと、
営業回りにぶらっと入るさぼりサラリーマンとかだろうか。
この不況時期にそんな優雅な客層、集客見込めるほどいないだろ。

始まってもいないのに何だけど、元に戻してくれんかなあ。
今だってそんなにお客の入りが悪いとは思わないし(※)
もっと他の集金手段だってあるんじゃないだろうかとも思うのよ。

※ 感覚としてはずっと同じくらいで入ってる、客の入りは落ちていない。
  興行する為の費用割合が上がってて、前と同じではダメなのかもしれないけど。

この試みに失敗したからという理由で潰したりしないよねえ。
それも心配。

ユナイテッドシネマ豊洲で火事っぽい事故

昨日(1月9日)『東のエデン』14:45の回、鑑賞中に
「ピューン」みたいな警報音が鳴った。
映写が停止し、場内が明るくなり、
セキュリティセンターからとなうって
「1Fで火災が発生しました」と放送があった。

映画が映画なだけに一瞬、効果かと思ったが、
場外(他のシネコン劇場)からのザワザワ音も聞こえて、
「あ、リアルなのね」と実感、対応を見守る事にした
(他に手立てもないし)。

映画館で警報に出会ったのは2回目。
1回目は警報鳴ってるのにガン無視で、それはそれで面白かったけど、
映画館の名誉の為にこれはどこの映画館かは秘密。

で、こういう時にありがちな場内真っ暗ってのも
最初にクリアされてるので、割と回りも含めてみんな冷静。
「逃げるなら逃げてやるわい。でもこの映画の入場料どうなるの?」
そんな空気が場内全体に漂う。
そんな中、たまにやってくる劇場係員が情報を口頭で報告。
「安全を確認中」
「警報が何故鳴ったか確認中」
「誤報が分かりました。じき再開します」
劇場12個もあるから、こういう全館トラブルの時は大変だろう
(そもそも複数の劇場を一緒に運営する事で、普通の劇場に必要な人員以下で運営できるところがシネコンの旨味なんだから、こういう時、全館分の人間を手配はできない筈だ)。

「いっせいのせっ!」って訳ではなく、各劇場ごとに
係員と映写技師が携帯電話みたいなので連絡しながら、
順番に場内を暗くして映写再開していく(どんな順番かは不明)。
中断時間、約10分ぐらいか。

映画が映画なだけに、ちょっと集中力落ちて
「うーん」って感じ。
映画再開も、普通に止まったところから再生したんだろうけど、
ブツ切りの後、いきなり始まるのは唐突。
本当にそこからなのかって確証がちょっと持てないので、
欲を言えば、1分でも30秒でも戻って流して貰いたかった。
まあ、普通に考えたら、そんな余裕はあるまい。しょうがない。

で、観終わった。
映画はまあ、よかった。
とりあえず、劇場版第二弾が楽しみだ
(今の時点ではまだ中間経過だから泣くほどいいとかは言えない)。

劇場(場内)を出る時、劇場側が「ごめんなさい券」を出してくれた。
こういうのは「こんな状態では見ておれん」と途中退席した場合には
もらえるけど(もしくは入場料金払い戻し)、
最後までガマンして見た場合は貰えなかったりするって例が多いので、
「太っ腹だな」と思った。

「ごめんなさい券」には期限がなく、未来永劫、劇場がなくならない限り、
系列のユナイテッドシネマでも使えるみたいだ(いや、もちろん一回コッキリ)。
劇場係員がプレミアシートの客を探してたので、
プレミアシートには専用の「ごめんなさい券」があるのだろう。

って事で、事故や警報は起こっちゃうんだから、しょうがない。
ユナイテッドシネマ豊洲の対応は良かったと思う。

あれが実は「客に秘密の客を巻き込んだ訓練だった」とか言ったら全員、殺す。

ワーナーマイカルシネマズの謎

ワーナーマイカルズシネマでは、水の力で空気を洗うとかって、何だか小難しい理論がくっついていそうな「ウィルスウォッシャー機能」を使って、ウィルス、菌、ニオイ、アレルギー物質をシャットダウン、空気の綺麗な映画館を実現しているそうです。

宣伝コピーが「ようこそ、空気のきれいな映画館へ。」

ありがとう、空気のきれいな映画館。心の汚い俺様のような客をも迎えいれてくれて。これからも俺同様、心の汚いお客をどんどん迎え入れて、心の汚いお客だらけで鮨詰めになったドス黒くてドロドロ何かが蠢くような映画館を是非目指してくれ。いや、それは目指さんでいいか。

ヒューマントラストシネマ文化村通りの謎

うーん、ころころ映画館の名前を変えるのはやめてくれないかな。

とは言うものの、ここの名前が変わったのは初めて。
元々は「シネ・アミューズ」と名乗っていた映画館さんです。

劇場入口を見ながら確か、左の入口が縦長の青い劇場、旧WEST(現シアター1)
右の入口が横長の紅い劇場、旧EAST(現シアター2)
赤って中国のめでたい色だからアジアを意味する東が赤なんじゃないかなあ、というのは調べた訳でも何でもなく、ただの想像。

EASTWESTというのも覚えづらかったが、1,2も無個性で覚えづらい。覚える必要なんてないだろ、って言われればそれまでだけど。でも、シネコンみたいに全部同じ設計だったらどうでもいいけど、一つ一つ個性がある劇場(場内)はやっぱり覚えておいてやりたいじゃないですか。
そういう意味では「ヒューマントラストシネマ文化村通りシアター横長」「ヒューマントラストシネマ文化村通りシアター縦長」というのが一番分かりやすいかな。「シアター赤」「シアター青」でもいいけど、それは昔、確か前橋の映画館が「レッド館」「ブルー館」「イエロー館」って名づけてたから、二番煎じは良くないかな、という意味で避けてみました。あえて分かりづらくするなら「アボラス館」と「バニラ館」というのも採用可能だけどごく普通一般的に本当に分からないだろうから没。いっそ「燃える炎と情熱のシアターレッド」「青い水と清らかなる空のシアターブルー」とかアクション付けて火薬背負ってドカンと案内するってのもかっこいいけど、劇場封鎖になっちゃうからって何を言ってるかね、俺。

さて、「ヒューマントラスト」ってのは会社名。人材派遣会社みたいなので、直接、映画の興行をやっていそうにないから、「サロンパス・ルーブル」みたいに劇場の名前貸しなんじゃないかな、と思うけど、よう知らん。詳しい人は誰か、無知蒙昧なるこのわたくしめに教えてあげてやってください。

その「サロンパス・ルーブル」は契約期間が切れたのか、自然に「丸の内ルーブル」に戻りましたね。特に戻る時にセレモニーもなく(そりゃそうだ、セレモニーがあったら本当はそうであっても、イヤイヤ名乗ってたのが丸分かりでとってもイヤミだもの)。
せっかくだから、一年くらい「ケムンパス・ルーブル」って改名でボケをかましてくれたら拍手の一つもしてあげたのに。

まあ、別にそんな拍手だったらいらないだろうけど。

新宿ミラノ座3の謎

歌舞伎町にあるミラノ座の4Fに位置するビルの中で一番小さな映画館。
昔は名画座ミラノ、アメリカンコメディシアター・ミラノなんて名前だった事もある(あったと思った)。

で、アメリカンコメディシアターの頃辺りから、なんか場内に敷いてある絨毯が妙に汚い。昔の新宿ピカデリー4みたいに染みになったりしている水分系の汚さではなく、ポップコーンみたいなカスが綺麗に清掃されていない感じが常に残っている。何だろう? ケサランパサランみたいに自然発生とかするのか。それとも節分よろしく何か邪気を払う為にわざわざ撒いたりしてるのか? 不思議である。

イスもそんなに悪くないし、ただ何か不思議。

ワーナーマイカルシネマ新百合ヶ丘の謎

いつも行く度に思うのは、何であんなにロビー
(特にチケットカウンターと売店近辺)が暗いのかって点だ
(気持ちの問題ではなく物理的に暗い)。

休憩時間の場内照明を絞ってる映画館も多いから、
少し、暗めの方が気分が落ち着くとか、
それらしい理由はあるのかもしれないけど、
客全員に一人一本蝋燭を持たせて、
賛美歌を歌ってもおかしくないくらい
暗いんじゃないだろうか?

いや別にとっつかまるから、蝋燭もっていって
賛美歌を歌うとか実践してくれなくてもいいけど。

フィルムセンターの謎

なんとなく、なんとなくですけど、
そして、ほとんど行った事のない(だって敷居が高いんだもん)
私が言うのも本当になんなんですが、爺ぃばっかですね。

今はなき並木座の客でも流れているんでしょうか(距離も近いし)。

いつ行っても等しく爺濃度が変わらない所を見ると、
象の墓場よろしく、どこかで息を引き取っている爺様もいる筈だから、
どこかから定期的に爺を仕入れて補充しているとしか思えない。

あの、お客の大半がベンジャミン・バトンだったら、
どんどん客層が若返っていって・・・一度にいなくなるのか?

ユナイテッドシネマの謎

前々から思っていたんだけど、一通り予告編が終って、さあ本編だという時にかかる「Now showing your doreams」というキャッチコピーのユナイテッドシネマの自分宣伝。いや、それはセンスもいい事だし、全然かまわんのだけど、その直後にMr盗撮カメラマンのパントマイムCMを流すのはどうか。

お、俺の夢はあんなんじゃないぞお。

人様に「夢」を決め付けられるのも、一徹に丸めこまれてウンウン悩んでる飛雄馬みたいで冴えん話だとも思う。

新宿ピカデリーの謎

シネコンとして新たに生まれ変わった新宿ピカデリー。
そこそこ通わせてもらっているんだけど、いまだに一回も半券を切ってもらった事がない。

えーと、じゃあ、半券をちぎるタイプの入場券にしなくていいんじゃないの?

入場券に式神かなんかが宿らせてあって、呼び戻しの呪いがかかっていたりするのかもしれない。

半券を二つに分断するとマンドラゴラを引き抜く時のような悲鳴をあげたりすると怖いので、とりあえずあえて切った事はないです。

炙り出しで古代文字とか浮かんできたら怖いな。

2009年9月13日追記
1/21に『感染列島』観た時には半券を切るタイプ(ミシン目付き)だったけど、4/19に『鴨川ホルモー』を観た時にはミシン目のない、入場パスタイプに変わっています。
前のページ