FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『リチャード・ジュエル』トーホーシネマズ日本橋1

◆『リチャード・ジュエル』トーホーシネマズ日本橋1
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★何でか分からないが面白い】
予告通りで、大きな秘密もなく(予定調和で)、
割とモタモタ感じられそうな長さの尺なのに
イーストウッドが撮ると面白いから不思議。

最初にデンと出てくる「リチャード・ジュエル」は
簡単に言ってしまえば「正義オタク」。
あまり好意的に撮られていない。
頑固で杓子定規、怨みを買ってたりもする。
でも外見デブで損してる分、実はいい奴だってのが
映画見てると徐々に分かって来る。この辺が上手い。
でも「微笑みデブ」みたいで、そういう意味で
犯人像と全く被らん訳でもないかもしれん。

女記者が得体の知れない化け物みたいで怖い。
母ちゃん泣いたら「お前なんかミザリーの癖に」とか思ってもた。
ラストとっても静かに終わるのが大人な映画。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その25本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
リチャード・ジュエル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
リチャード・ジュエル@yukarinの映画鑑賞日記αぴあ映画生活
リチャード・ジュエル@ノルウェー暮らし・イン・原宿ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『シライサン』新宿ピカデリー9

◆『シライサン』新宿ピカデリー9
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★そこは良し、そこは悪しが交互に出てくるホラー】
流石、乙一監督、論理的にイヤな攻め方してくるわあ。

第一の防御方法は何か明確な意味があるのだろうか? ハッキリした方が面白いと思う。
第二の防御には唖然。乙一監督人でなしだなあ。一応、それはなされなかったという事でいいんだよね。

ホラー対象(シライサン)の見せ方がロングだと超怖いのに、アップだとちょっと価値が下がる。割と作り物めいてるのがじっくり映って冷静に見れてしまうのが残念。ホラー対象のデザインは呪いが発症された時代に即して古いのだが、これはもうちょっとぼんやりとした設定でも良かったと思う。

飯豊まりえちゃん怖がり顔だなあ。
そこそこキャリアのある人を使っているにも拘らず、稲葉友、忍成修吾、そして特に染谷将太がいい意味で抜群にオーラが削がれていて、どこにでもいる市井の普通の人に見える。


【銭】
松竹の前回友情入場割引を使って1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
シライサン@ぴあ映画生活

『フォードvsフェラーリ』トーホーシネマズ日本橋2

◆『フォードvsフェラーリ』トーホーシネマズ日本橋2
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★何かを成し遂げる高揚感に満ちた映画】
『フォード・フェアレーンの冒険』とは無関係。いや、言って見たかっただけ。
あー、おもろかった。フォードもフェラーリも嫌いになってただただ現場主義になる映画。クリスチャン・ベイルの誰よりも機械を分かってる町工場の職人ポジションがかっけー。頑固ではあるが頑固に理由がある。

ル・マンを走る水色ボディーも妙に「ばえない」のであるが、チラシを見て水色じゃなく銀色であるように見えた。そこに縁どられる赤の帯はまるでウルトラマンのよう。そう言えばフェラーリ側はセブン色だった。

しかし、バットマンを演じれば、ちゃんと富豪に見えるクリスチャン・ベイルの何と下層階級のおっちゃんに見える事よ。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その18本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
フォードvsフェラーリ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
フォードvsフェラーリ@ここなつ映画レビュー

『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11

◆『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★福山雅治、君はそれでいいのか】
福山雅治と石田ゆり子のすれ違いラブストーリー。
ああっ、すれ違うのにそんな手があったのね。

それにしても役者としての福山雅治はいつも通り、今回もまた一番美味しい役ではなかった。福山さんあんなに主演の場数を踏んでいるのに、いつも美味しい役ではない。今回はそこそこ演技力お披露目のカットとかもあるけど、見せ場で言ったら絶対的に桜井ユキの方が目を引くし、切実だ。石田ゆり子はバランス的に良い組み合わせ。落ち着いているのでキャリア・ウーマンとして海外でちゃんと一人で働いているように見える。石田ゆり子が万全で来てるのに、どーも福山雅治そんなにかっこよく見えない。この辺は加齢による物なのか?結婚したからか? 怖っ!!

ラストのあの収まり方は君がいなければ死ぬとまで言ってた若かりし二人の尖り具合から考えると、妥当な落としどころかもしれないがそんなにそれを手放しで褒める気にもなれず。

最近の福山主役戦歴
『そして父になる』でリリー・フランキーにやられ放題。
『SCOOP!』で再びリリー・フランキーにやられ放題。
『マンハント』で鳩にやられ放題。
『三度目の殺人』で役所広司にやられ放題。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その17本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
マチネの終わりに@ぴあ映画生活

『エクストリーム・ジョブ』シネマート新宿1

◆『エクストリーム・ジョブ』シネマート新宿1
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★すんげ面白えじゃん】
ダメなのはタイトル。タイトルはパッと聞いて内容が分かるもんじゃないとダメなんだよ。こんなん何の映画かも分からない(単語として「エクストリーム」が入っているとスポーツ映画っぽい)。だから単純に『唐揚げ刑事』とか『ケンタッキー・フライド刑事』でよかったと思う。一目瞭然でしょ。もちろんオシャレじゃないけど。別に今時「オシャレ」で映画は入らないでしょ。この『エクストリーム・ジョブ』は韓国で付けた英語圏タイトルをそのまま流用してカタカナにしたもの。ダメだろ、それじゃ。

主役は麻薬捜査班5人組。中年の班長、ヒゲ、女刑事、バカ、若者と一目で五人を選別できるのが上手い。彼等が麻薬捜査で張りこんでるマフィア事務所の向かいのチキン店が倒産、売り出しに出していたので、捜査を続けたい麻薬班はこの店を買い取ってしまう。そして、張り込みがばれないように常態を装うために始めた唐揚げが大成功。5人は店の切り回しで手一杯で捜査できなくなってしまう。
未接触のまま張り込んでいると上司からの連絡があり、署に戻っている間、マフィアは引越し、張込監視下から逃れてしまう。ってのが粗筋。

捜査以外、朴念仁の刑事達が徐々にチキンに目覚めていったり、振り回されたりが面白くてたまらん。また、終盤、ドッと挿入されるアクション・シーンで彼等の有能さが証明される展開もアゲアゲでいい。

それでもケチを付けてしまうなら、班長とラスボスの船の上でのアクションが画面の暗さで何か全然すげーもんに見えないのと、女同士の肉弾戦が似たような服を着せたせいでどっちがどっちだかよく分からない構造になってしまったのは減点だ。いや、他はみな加点。OK。おもろろかったよ。それが大事。


【銭】
テアトル会員券割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
エクストリーム・ジョブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
エクストリーム・ジョブ@ここなつ映画レビュー

『ブライトバーン/恐怖の拡散者(ネタバレ)』東宝新宿12『ドクター・スリープ』『ガンダムGのレコンギスタ』新宿ピカデリー8,2

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『ブライトバーン/恐怖の拡散者』新宿トーホーシネマズ12
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★つまらなくはないが、え、そこで終わらせちゃう】

※ 感想の中にネタバレ内容を含みます。

見る前は「ストレスが貯まったブライト艦長がバーンってなる映画だな」とか言ってたけど、勿論違う。
「スーパーマンって実は気持ち悪くね?」ってテーマの映画だが、少年ブランドンはその威力を行使できる自由を映画の終幕近くに得る。で、さあ、これからこの怪物になった彼と人類の壮絶な戦いが始まるのだなワクワクと思ってたらあっさり終わってしまった。エンドロールに乗る陰な囁き声のエンド曲は好き。ブランドン少年は好演だが、やはり義務教育期間中にすっかり儒教教育指導を受けてきた身としては、あんな生意気なガキにあんな力を与えちゃいかんよなという感情に尽きる。

「ブライトバーン」はブランドン少年が住むアメリカの片田舎の町の名前。感覚的には「南船橋」みたいな題名という事か?


◆『ドクター・スリープ』新宿ピカデリー8
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★シンプルっぽい話なのにシンプルじゃない】
タイトルの「ドクター・スリープ」の意味がよう分からん。ユアン・マクレガーが寝ない訳でもないのだが。まあ、そんな大事か?
チラシに「シャイニングの40年後」というコピーが踊っているが、そんなに「シャイニング」寄りではない。「舌切り雀」の大きなつづら程度の立ち位置とだけ言っておこう。

話は、三つのグループ抗争劇で、グループの下地を描くまでが長い。
精神攻撃は描写が今の何でも描けるCGに向いてて、イメージが多彩で見ていて燃える。
題名的には「エスパー対バンパイヤ対降霊術師と亡霊軍団」の方が分かりやすくていいと思う。


◆『ガンダムGのレコンギスタ』新宿ピカデリー2
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★何じゃこりゃ】
「近未来も明るく楽しい物語にして描けるのではないかと考えて創りました。」と冨野由悠季が語っている。が、何か大きく勘違いしてる気がする。女の子の応援団を出したり、主人公が暗く悩んだりしなければ、「明るく楽しい物語」になると思ってる素振りがあるが、それは単に「感情表現がおかしな登場人物の軽い」語」にすぎない。背景に戦争があるのなら、喜怒哀楽は全て深まりそうだ。

メンヘラ姫様以外は戦闘中に人が死ぬ事に異常に無関心で、敵のモビルルスーツを敵の為に操縦したりする。その為に、モブがいっぱい死んでいる筈だが名のある人は死なない。ヒエラルキーがキツいとしか言いようがない。


【銭】
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』:トーホーシネマズ有料入場ポイント6ポイントを使用して無料入場。
『ドクター・スリープ』:前回有料入場割引+ネット割引で1200円。
『ガンダムGのレコンギスタ』:番組固定料金1800円均一。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブライトバーン/恐怖の拡散者@ぴあ映画生活
ドクター・スリープ@ぴあ映画生活
劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I「行け!コア・ファイター」@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ブライトバーン/恐怖の拡散者@SGA屋物語紹介所
ドクター・スリープ@ここなつ映画レビュー
ドクター・スリープ@或る日の出来事

『宮本から君へ』ユーロスペース2『カーマイン・ストリート・ギター』『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『宮本から君へ』ユーロスペース2
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★★昭和かよ!】
やはり最初に驚いたのが池松壮亮。体格だって顔の作りだって違うだろうにマンガの「宮本」にしか見えない。週刊モーニングに連載してたのをそのまま読んでて他のキャラは忘れてしまったが、主人公の顔や表情は覚えてる。鬼気迫るソックリさ。そして、蒼井優はまあやっぱすげえ女優である事をいつも通りに証明してくれた。あとドラッグで捕まってゴタゴタしたピエール瀧もいつも通りいい演技してるし、あの佐藤二朗がシリアスでちゃんといい演技を出来る事が分かってちょっとビックリした。これは役者の上手さもあるけどプロデューサーと監督が彼を起用してちゃんと演技させたのが偉い。

絶対勝たなくちゃいけない喧嘩に、勝ち目がないのに乗り込んでいく宮本。こんな頭が悪くて単純なプロット、最近なかなかお目に掛かれない。でもシンプルだろうが何だろうが力強いいい物語だ。


◆『カーマイン・ストリート・ギター』下高井戸シネマ
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★飽きてもうた】
建築物の廃材からギターを作ってニューヨークで売る名工のドキュメンタリー。
彼はちゃんとした技術を持つ名工だろうが、それを見る観客(=俺)の耳は素人なので、その音の良さがあまり伝わって来ない。基本的にインタビュー中心の評伝ドキュメンタリーだから中盤から後半、かなりキツかった。


◆『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ
▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★びよんびよんおもろい】
主人公のオヤジが見苦しいのだけど凄くおもろい。レコード収集マニアの彼は稀代の趣味人(ディレッタント)と言って差し支えないだろう。でも決してかっこ良くない。半ズボンの人間って何であんなに権威がないんだろう。かっこは良くないが、常にリズムに乗っている。彼の守備範囲に対しての知識と行動力では誰も彼には敵わない。それを「好き」だけで実現した彼がとても「ニヤケきった」いい顔なのである。うん、おもろい。


【銭】
『宮本から君へ』:ユーロスペース火曜1200円均一料金。
『カーマイン・ストリート・ギター』:
『さすらいのレコード・コレクター』:下高井戸シネマ火曜1200円均一料金。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
宮本から君へ@ぴあ映画生活
カーマイン・ストリート・ギター@ぴあ映画生活
さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物@ぴあ映画生活

横浜光音座2で牛とカイマン201912-6-20191212

ちょっとグダグダしてるうちに随分、時が過ぎてしまった。って前に行った時と同じ状態じゃん。

◆『義父の指先 嫁の乳』
旧題◆『痴漢義父 息子の嫁と…』『義父と嫁 乳しぼり』
五つ星評価で【★★★ビックリカット】
中村方隆、麻木涼子主演、佐々木ユメカ出演 
後藤大輔脚本監督、2003年のピンク映画。

前に見た事あった。
冒頭のシーンがショックシーンだよなー。中々ないよ、こんなんの。
前回見た時は、ずいぶん真っ当に撮ってるという風に見えていたが、フィルムをデジタル素材に焼いたからか、妙に画面が暗く、8ミリ映像っぽい地味な映画になっていた。こんな四畳半テイストというか、東北テイストだったっけ?(確か舞台は南国である) 暗い話を暗い画面で見ちゃいかん。前回見た時のように、いい話に思えず。

「麻木涼子」って字画が「広末涼子」に似てるな。農家の嫁さんっぽい女優さんだったので、あまりそそられなかった。広末涼子が農家の嫁さんで牛の代わりに搾乳されて「もー」とか言ったら、絶対そそられると思う。
そう言えばNHKの朝ドラで広瀬すずが牧場で牛と戯れていて、広瀬すずが牛の代わりに搾乳されて「もー」とか言っても、絶対そそられると思うんだけど、そういうのとは別にドラマの中の牛が抜群に綺麗だった。いや、あれくらいが普通という感覚だったのだけど、この映画の中で搾乳対象になる牛はかなり汚れていて、牛糞とか身体にこびりついてたりする。それがちょっとイヤだったな。広末涼子や広瀬すずの身体に牛糞がこびりついてたら、それはそれで興奮すると思うけど。


◆『本番痴女 異常性欲』
旧題◆『貝満ひとみ 何でもいらっしゃい!』
五つ星評価で【★★うむ、カイマンさんだ】
貝満ひとみ主演、久須美欽一、平賀勘一出演 
浜野佐知監督、山崎邦紀脚本、1991年のピンク映画。

▲攻撃的な女、ひとみ。

ワニと寝たAV女優、貝満ひとみ。ピンク映画も一応、どんな素材でも一回は声を掛けてみるのね。淫婦として売ってたカイマンさんだが、映画の中では貞淑でうぶな若妻役(から徐々に淫乱に)。そして、あー、この人、適度に整った顔をしていて何か眉毛も太くて健康的。あまりエロい方面の顔じゃないんだと気づく。可愛らしいとか女らしいとかに振り分けられない人は商売として強い淫乱系とかエロの周辺に振り分けられてしまうのかもしれない。豊丸姉さんもそういうタイプだったし。
夫役は若かりし頃の久須美欽一。いい感じにいつも通りにダサい。植木等のサラリーマンドラマの隅の方に座ってそう。
平賀勘一のスワッピングクラブに誘われて、久須美欽一・貝満ひとみ夫婦、特に貝満奥様は淫乱に目覚めてしまう。淫乱に目覚めた奥様はスワッピングでも1対4プレイとか目覚ましいものがあるが、日々の生活の中で動物と戯れるシーンが撮られており、おそらくこの部分が映画としての売りである。ちなみに動物はリクガメくんと蛸の八ちゃん。
リクガメくんは興奮して頭部を舐められる。子供のおもちゃバギーくらいの大きさのリクガメだったので甲羅後部にまたがって、女性性器を甲羅にこすりつける。カメくんも難儀した事であろう。
蛸は生きてるか死んでるかよう分からん(茹でて赤くはなってなかった)二匹を身体に纏わせて「吸い付くー」と言って喘いでいた。蛸さんも生きていたのなら難儀した事であろう。ただ、蛸さんは見るからに食材だったので、あの後スタッフの宴会の花形になったんじゃないかとも思う。

牛と蛸と亀を映画館で同時に見る日なんてなかなかない。


◆『多感な制服 むっちり潤い肌』
五つ星評価で【★★ガン寝】
佐々木真由子主演、しじみ出演 
加藤義一監督、城定秀夫脚本。 2010年のピンク映画。
城定秀夫脚本でこれが目当てなのにガン寝。
年取って体調悪いとそんなんはようある。


【銭】
一般入場料金1260円(消費税10%アップ後20円値上げしたみたいだ)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
痴漢義父 息子の嫁と…@PG
多感な制服 むっちり潤い肌@PG
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
義父の指先 嫁の乳@横浜SANのブログ
貝満ひとみ 何でもいらっしゃい!@横浜SANのブログ
▼関連記事。
義父の指先 嫁の乳(1回目)@死屍累々映画日記・第二章

『台湾、街かどの人形劇』ユーロスペース1

◆『台湾、街かどの人形劇』ユーロスペース1

▲小さいものや細かい物に対する執着とも受け取れる作り込みが素晴らしい。

五つ星評価で【★★よう浸れんかった】
不思議だ。予告ではあんなに面白そうだったのに、観てると退屈この上もない(個人の感想です)。2分くらいに凝縮しないと面白さに辿り着けないという事か。確かに人形の身体が人間のようにシナを作る。あの表現力は凄い。早着替えみたいなテクニックもワクワクする。でも、ずっと見ていても、それは単品の技術としては素晴らしいけど、あまりドラマチックに話を後押ししない。後押しはあったけど、気が付かなかっただけか? 難儀やのう(多分、俺が)。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
台湾、街かどの人形劇@ぴあ映画生活

『三十四丁目の奇蹟』シネマチュプキ・タバタ

◆『三十四丁目の奇蹟』シネマチュプキ・タバタ
五つ星評価で【★★★★★傑作よのう】
サンタの実在が裁判で争われる映画。いったい何でそんな事にってのが、アレヨアレヨと話が進んでいく。
なるほど、サンタが「自分は雇われてサンタの仮装をしている男だ」と言えば常人だが、「自分は雇われている身ではあるが、正真正銘本物のサンタである」と言われたら、精神に障害を持っている人間であり、そんな男に子供に近しい職業を与えて危険はないのかという問題点が立ちあがるのね。理屈は分かったが世知辛い世の中だ。

サンタ本人、彼を助ける同居人の弁護士、決してサンタを信じようとしないデパート人事係長の娘、などみんななかなか良いキャスティングだが、サンタを見出す人事係長のみはちょっとケバすぎる気がする。

モブシーンの壮絶さはハリウッド全盛期の凄さを物語る。

あ、あと、見に行った日に、場内イスとイスの間に盲導犬がおとなしくしていた。シネマチュプキ・タバタはそんな映画館なのである。


【銭】
期限無期限のシネマ・チュプキの12回券を10000円で購入、8回目使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
三十四丁目の奇蹟@ぴあ映画生活
次のページ