FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『映画の教室2019上第二回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第二回』
五つ星評価で【★★★またまた徒労的な疲労感もありーの、そうでないのもありーの】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
二回目は「岩波映画製作所:黒木和雄・土本典昭・羽田澄子」で、短編各1本。
一回目の時にも書いたがPR映画と言う括りは大海すぎる。全体の概要を見せようというより、題名通りそこで活躍した人の作家性を摘まみながら見ていく感じになるようだ。しかし、大海の中で個人に絞って摘まんでいくというのは摘ままれた一人と摘ままれなかった大多数という対比から何かそれでこれを全部見た事にしていいの?という申し訳ない感を感じてしまう。まあ、感じようが感じまいが私にはどうにもできずせんない事なのだが(自分で研究始めるような胆力も資産もないよ)。

『恋の羊が海いっぱい』1961年カラー20分。日本羊毛振興会のPR映画。ミュージカル風に歌い踊る、歌詞は寺山修二、作曲は山本直純。「昔」を差っ引いてもそこそこかっこいいし、オシャレだ。でも、映画から「羊毛」がの良さが全く伝わって来ない。あと「流石、寺山修二が噛んだ映画、確かに狂ってる」と言っても何ら問題ない。いや、おかしいよ。狂ってるよ。
『ある機関助士』1963年カラー37分。日本国有鉄道(民営化前のJR)のPR映画。割と驚くべき事に初見じゃなくて二回目である。しかも割と最近、神保町シアターで「鉄道映画特集」の一本で見てる。まあ、蒸気機関車かっけーよなあ。あんな重そうで硬そうで速そうで、怪獣みたいじゃん。そらかっけーよ。怪獣だもの。鳴き声や蒸気をドバーっと吐く所も生物っぽい。JRからお金貰って、ただ仕事風景だけのドキュメンタリーにして、PRのピの字もないという姿勢も偉くはないが凄い。まあ、土本典昭に仕事を頼んだのが運の尽きという事だろう。
『コカ・コーラのお話』1977年カラー15分。コカ・コーラボトラーズのPR映画。昔は瓶が主力だったんだなあ。うん、瓶は洗浄が大変。今でも瓶コーラ売ってるのは考えたら凄いな。安いアニメキャラが工場見学する設定でアニメの動きがズタボロ。リミテッドの動画抜きがひどくて、これなら学生アニメの方が動きが流暢というくらい。多分、中抜きがひどくてこれでもアニメーターは儲かってないと思う。アニメってそういう過酷な世界だから。とは言え、これが一番PRしてる映画になってる。劇中、工場見学の様子をずっと歌ってるのは「ミスター・サマータイム」でヒットを飛ばしたサーカス。

しかし、こういうの今はネットで拡散してしまえば終わりだけど、昔はどこで誰が誰にどう見せていたのだろう。③なんかは工場見学コースに組みこまれてそうだけど。ただ、この映画で見たら工場見学不要になっちゃうよなあ。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/岩波映画製作所:黒木和雄・土本典昭・羽田澄子》@ぴあ映画生活
▼関連記事。
ある機関助士(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
・ある機関助士(二回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト

『ジョーズ』トーホーシネマズ新宿1


▲すんげえ有名な画像。ロイ・シャイダーがロイ・シェイダーになってる。じゃあ、宇宙刑事もギャバン、シャリバン、シェイダーか。

五つ星評価で【★★★★★やはり面白かった】
1975年、カラー、124分、ロードショーは見逃したがリアルタイム名画座で2回か3回見てる。確か最初に見たのは今はなき新宿パレス座。それを考えると、新宿でもっとも貧乏そうな映画館で見て、新宿でもっとも成金っぽい映画館で見直した訳だ。新宿パレス座とか冬は隙間風が寒かった。トーホーシネマズは隙間風吹かないだろ。

ともかく普通に面白くてグイグイ話に吸い込まれる。
昔、見た時は「怖い鮫との格闘映画」という側面しか見れなかったが(公開当時だいたい小学生だか中坊である)、今、見ると形がイビツなバディ・ムービーなんだな。それでも最後まで分かりあえたり分かりあえなかったりな部分があって切ない。

それなりに特撮もあるだろうにビビるほど短いエンドロール。人件費かかってないのはいい事だ。

鮫はそんなに直接ジロジロ見れるようなカットが少ないので、特撮部分に対しては全く古びてない。ただ、スピルバーグにしてみれば世界の観客の反対で諦めたのだろうけど、ルーカス同様、今の技術で撮り直ししたいというのが本音だろうなあ。

泳いでてクイと下に引きずられる。あんなカット撮ったのはスピルバーグが最初だよな。あれが怖さを倍増させてる。勿論2時間、鮫との戦いがメインな映画と言うのがおそらくそれまでなかったから、鮫が人を襲うとはどういう事かと真面目に考えた監督がスピルバーグが一人目という事かもしれないけど。


【銭】
午前10時の映画祭価格1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョーズ@ぴあ映画生活

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』新宿ピカデリー4


▲世界中のどんなゾンビハンターよりも可愛い。可愛さの塊。

五つ星評価で【★★★★★堪能堪能】
バカみたいに面白い。
美樹本晴彦のキャラデザインを死守する原画動画チームの並々ならぬ頑張りに観客はただただ萌え死ぬばかり。っつかマジに登場人物の活躍から目が離せない。
あと、あのバカみたいな拳銃電車が最高。
今回、生駒のネチネチ暗くって空回りして無様なんだけど間違えてない部分がちょっと少なかったかな。ただ、前回の長い話の中でキャラクターが固まっているので、単にそういうシーンがないか薄い程度にしか見えなかった。各キャラ達はそれぞれちゃんと彼等自身だったので何ら問題なし。それにしても生駒はもう少し自分のヒエラルキーがあの世界の中でメチャクチャ低い事を自覚してもいいだろうに。本当、甘ちゃんだ(まあ、それでこその生駒なのだけど)。そういう意味でヒエラルキーを振りかざす顔の悪い奴が心まで悪いと言うのは、まるで昭和黎明期のアニメみたいでもある。あまりにも絵の美しさがキープされてるから昭和黎明期のアニメに見えたりはしないのだけれど。

▲生駒ってイライラさせる主役だよな。それが正論でも騒ぎ立てれば通るもんじゃないってのを学習しない。

この長い地獄のような話を乗り越えてラブコメで終劇を迎えるのが何かとっても美樹本晴彦のキャラという感じ(恋愛に節操ないイメージが強い)。かーいーのう。

エンドロールで甲鉄城のみんなが踊るオマケ画像が流れるが、何となく来栖は菖蒲に踊りを許さない気がする(所作がはしたないっぽいじゃん)。


【銭】
番組特別料金1500円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
甲鉄城のカバネリ 海門決戦@ぴあ映画生活
▼関連記事。
甲鉄城のカバネリ 序章@死屍累々映画日記・第二章
甲鉄城のカバネリ 総集編 前編@死屍累々映画日記・第二章
甲鉄城のカバネリ 総集編 後編@死屍累々映画日記・第二章
・甲鉄城のカバネリ 海門決戦@死屍累々映画日記・第二章

『虎鮫』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から1プログラム。

◆『虎鮫』
五つ星評価で【★★いや、見たいのはそこではない】
1932年、白黒、78分、初見。
鮪の一本釣り漁船が釣果としてあげたマグロを工場に卸すとベルトコンベア式にそれが流れて職人が加工して缶詰の材料にしていく、みたいなシーンが記録映画的な側面として大事な感じ。主人公は漁船の船長で、情に厚く、操船や釣りの腕は確か。彼は片腕を漁場を荒らす鮫に噛み切られた過去がある。『白鯨』のエイハブ船長のように「あいつは許せねえ!」みたいに鮫との因縁話にならないのは、原題も『Tiger Shark』単数形だけど、実際は「Tiger Sharks」でウヨウヨ泳いでいて因縁の相手とか特定できないのだ。逆に言えば、漁場に人間が落ちたら嬲り殺し状態になる。
そんな漁場で部下を鮫に殺された彼が、故人の娘に惚れ、食うや食わずの彼女の生活の面倒を見て、遂に結婚する。
ここからが物語的に地獄。
彼女は彼を愛していないし、彼もそれを知っている。
でも、お互い友情関係に近い契約上の結婚に踏み切る。
その結婚パーティーで彼女は彼の部下のイケメンと劇的に会ってしまうのである。三角関係に突入。
鮫は出てくるけど、舞台背景にすぎず、どちらかと言うと三角関係メインの映画なのであった。主人公のブサメンの彼がとても可哀想。命を助けても、日々の生活を楽しく過ごそうとも、「ブサメン許すまじ。理由などない。単にブサメン許すまじ」という恐ろしい思想が映画内に展開する。勘弁してくれよ、

鮫は自然界に存在する高速回転ナイフのような役割で出てくる。「俺に触れるとケガするぜ」みたいな状態。なので、個性とか出ない。電動鉛筆削り器みたいな役。なので『ジョーズ』みたいな盛り上がりはない。鮫が過度に人間を目の敵にはしないし、人間も鮫に愛こそ感じてはいないだろうが、撲滅しようみたいな意識はない。鮫に対する感情がほぼほぼないのだ。そこがある映画を見たかった。



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
虎鮫@ぴあ映画生活

『蒼穹のファフナー THE BEYOND』ユナイテッドシネマ豊洲9

五つ星評価で【★★★ドッカーン、ズガガガガガガ】
・何だか全く分からないけど面白い寄り。
・やたら登場人物が多く、同じような顔。
・設定が絶対複雑なのにもかかわらず一見さんを排斥するように見事なまでに説明一切なし。
・実は『蒼穹のファフナー』劇場版は前に一作あり、ブログに感想を書いているのだが、今回と全く同じ感想内容なのには笑った。良くも悪くもブレがないな。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《蒼穹のファフナー THE BEYOND 第一話「蒼穹作戦」第二話「楽園の子」第三話「運命の器」》@ぴあ映画生活
▼関連記事。
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(劇場版前作)@死屍累々映画日記・第二章

『ヒット・パレード』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から1プログラム。

◆『ヒット・パレード』
五つ星評価で【★★★★おもろい。妙におもろい。】
1941年、白黒、111分の『教授と美女』を
1948年、カラー、113分の映画としてハワード・ホークスがセルフリメイク、初見。
百科事典作成の為にカンヅメになってる8人の博識の男達はレコードプレス機に音楽史を吹き込む音大教授みたいな設定に変わっている。それでいて、中央の筋運びが全く変わってないのは脚本や演出に腕があるとしか言いようがない。リメイク前の前作が話を綺麗に進める作品だったのに比べ、今回は最初から最後までジャズをベースにした名演の数々があちこち挿しこまれていて実に官能的な映画になっている。それにしても同じセリフで絵面がかなり違ったりするのは舞台再演みたいな面白さがある。逆にほぼほぼ同じ脚本の市川崑の『犬神家の一族』が全く違いがない方が変は変なんだよなあ。白黒からカラーになった事で凄く経年してるように見えるが7年しか違っていないので、似た役者だなあと思った教授なんかは同じ役者なのかもしれない。
主役のダニー・ケイは朴念仁の教授に見えるけど、酒場の歌姫のヴァージニア・メイヨって何かとっても芋い顔をしている。アイダホ辺りではあーゆー芋い顔が好きなんか?



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヒット・パレード@ぴあ映画生活
▼関連記事。
教授と美女(リメイク前映画)@死屍累々映画日記・第二章

『ヘレディタリー/継承』『アンダー・ザ・シルバーレイク』新文芸坐

新文芸坐の企画「話題の新作2本立てウィーク」から1プログラム。

◆『ヘレディタリー/継承』

▲素晴らしい顔芸である。香川照之と国際結婚して顔芸夫婦になるような映画を作ってほしい。

▲鈴木宗男似。

▲ムロツヨシ似。だから何となく同情しづらかったんだな。今、分かった。

五つ星評価で【★★★★話転がしが上手いと思う】
2018年のカラー映画。127分。初見。
「屁が出るディレクター ケイン&ショー」って屁が出続ける侍親子かよ!(違う)
ではなく、文化・死生観、宗教観が異なるのにイヤな恐怖感が地擦りする感じで迫ってきて「やるな」と思った。

この狂えるお母さんをやったトニ・コレットは『マダムのおかしな晩餐会』のいけ好かないマダムの人なのか。この人、役を演じる事が優先で、それによって自分が嫌われるとかはどうでもいい人なのね、偉いわ。それにしてもイヤな役だわ。もちろん同情は出来るのだけど、それでも四人家族で一番イヤな役。子供は被害者の側面が強く、父親は常識人のスタンスだから、トニ・コレットがはじけざるをえない。彼女の熱演がこの映画を支えている。勿論、それだけではないけど。あとは全裸家族か。それだけでもないけど。


◆『アンダー・ザ・シルバーレイク』

▲はーい、ひょっこりはーん(やる気がないな/そらやる気がないだろ。やってないんだから)。

五つ星評価で【★★★★そんなんで神様になれるの】
2018年のカラー映画。140分。初見。
まずいっちゃん最初に思ったのはアンドリュー・ガーフィールド、北村一輝に似てきたな。おいおい、いいのかそれで、アンドリュー・ガーフィールドも、俺も。
このアンドリュー・ガーフィールド演じるオタク青年(という事にされてるが大してオタクではない)が惚れた姉ちゃん失踪の謎を探して、町のあちこちを放浪して、町自身の意思から排斥される映画。いやあ、カルト・ムービーだ。町が隠していた真実の内容が夢っぽくてカルトくさくてたまらない。そして、主人公のアンドリュー・ガーフィールドは夢を追って夢を手に入れられず現実に埋没していく。切ない。ずっと背後に忍び寄るように小さくかかってる劇伴が特徴的。
主人公がジェームス・ボンドだったら、あの終焉の地を大爆破してヒロインと一緒に逃げ出したりするのだろうなあ。

スフィンクスとピラミッドに立ち向かった石工の青年の話、でもあるのかな。


【銭】
新文芸坐の会員割引250円減の1100円+年会費更新1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヘレディタリー/継承@ぴあ映画生活
アンダー・ザ・シルバーレイク@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヘレディタリー/継承@銀幕大帝
ヘレディタリー/継承@いやいやえん
ヘレディタリー/継承@或る日の出来事
アンダー・ザ・シルバーレイク@ノラネコの呑んで観るシネマ

『教授と美女』『今日限りの命』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「ハワード・ホークス監督特集Ⅱ」から2プログラム。

◆『教授と美女』
五つ星評価で【★★★★おもろい。単におもろい。】
1941年、白黒、111分、初見。
百科事典作成の為にカンヅメになってる8人の博識の男達の所に来たのは下品な町の歌姫。ヤクザの情婦やってるこのアバズレが純朴な若い学者に惚れてしまう。こーゆーありそうにないヨタ話をキラキラしたコメディーに仕立て上げるからホークスたまらない。朴念仁のチェリー教授(いやあチェリーやろう)はゲーリー・クーパー。名前は有名だけど初めてかもしらん。すげえガタイに小さな頭が乗っててスクっと立ってスーツ映えするラガーマンみたい。顔の印象はほぼほぼ無い。アバズレの歌姫はバーバラ・スタンウィック、アバズレだけど心は純って役柄はええわあ。
百科事典編纂中の編集室という舞台が国語辞書作成の『舟を編む』と被って面白かった。ゲーリー・クーパー松田龍平かよ! っつーか、そんな特殊な舞台を昔から平然と取りあげていた事に驚く。



◆『今日限りの命』
五つ星評価で【★★ホークスのマジ系メロドラマ。割とこーゆーの向かんかもしれん】
1933年、白黒、114分。初見。
これきつかった。コメディー要素抜きの大三角メロドラマ。死んだと思ったあの人が、でも私は結婚して今ではもう夫が、でもあの人は運命の人、みたいな。私、割とホークスの真面目系面白く思えないんだわ。
シンディ・クロフォード姉さんが最初に出て来る時の服が、どう考えても真っ当じゃない。



【銭】
それぞれ通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
教授と美女@ぴあ映画生活
今日限りの命@ぴあ映画生活
▼関連記事
ヒット・パレード(教授と美女のリメイク)@死屍累々映画日記・第二章

『名探偵ピカチュウ』トーホーシネマズ新宿7(ネタバレ気味)


▲モフモフ魔。

このブログ記事は多少ネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください(そのものズバリは書かんけどさ)。

五つ星評価で【★★★上手な映画だな】
一言で言うなら「上手い話を考えたね、君たち」。これに尽きる。
ただ、ラスボスが夢想するある意味素晴らしい世界が、それ本当に素晴らしいの?ってのは、よく考えれば考えるほど分からん。でも、映画の中のピカチュウのモフモフにやられてる観客が多数すぎて、あのラスボスが考えるような世界になればなるで、割りかし天国かもよという想定もできなくもない。

ヨシダ警部役の渡辺謙があまりにも今度やるゴジラ予告と演技が一緒なので
「○○○○○をペットにするのね」
「いえ、私たちが○○○○○のペットになるのです」
とツイッターで呟いてたら、おいおいそこそこソレじゃん。

主人公のティムを演じる少年はジャスティス・スミス。名前に「ス」が四つもあるぜ。そろそろアフリカ系の子供に食傷気味。
ティムとつるむ新米レポーター役がキャスリン・ニュートン。おぼこくて可愛いと思う。

ポケモンパレードの風船人形のシーンはティム・バートン版『バットマン』を思いだして、ちょっとウキウキした。


【銭】
額面1400円のムビチケをチケ屋で1380円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
名探偵ピカチュウ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
名探偵ピカチュウ@或る日の出来事

『映画の教室2019上第一回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第一回』
五つ星評価で【★★★徒労的な疲労感】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
一回目は「電通映画社:亀井文夫・樋口曳地源一郎」で、短編各1本。にしてもPR映画と言うのは又、大海すぎるのではないか。あまりに大海すぎて、5回という回数制限内で紹介される作品でPR映画の全貌や概要が浮かび上がらないのではないか。「摘まみ食いしました」で済むなら済むでいいけど。

『いのちの詩』1959年カラー39分。日本生命のPR映画。ドラマ仕立てであるが「あっ、生命保険に入らなくては」と思える気づきになるような出来事が作為的すぎる。
『生命の流れ』1967年カラー26分。第一製薬のPR映画。血液やリンパに関する啓蒙映画。とは言え、全く啓蒙された感じがしない。肉体の中を血液が流れるビジュアルや赤血球、白血球などどうやって撮っているのか本物の映像が数多く見れて何やらとても不思議な気分になる。でも、関心が向かない分野であるからか、グイグイ話に引きこまれたりはしなかった。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円+108円(前売券発行手数料)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/電通映画社:亀井文夫・樋口源一郎》@ぴあ映画生活
次のページ

FC2Ad