FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

サイドバーLINK用記事

サイドバーにあるLINKが切れてたり、
相互LINKのお誘いを無下に蔑ろにしてたり、

そろそろLINKちゃんとやらんとなあ、
と思う事もあって、LINKのまとめ記事を作ります。

公開してしまうけど、現在作成中の記事です。
文章なんかもまだ変わると思います。

映画バカ一代
 映画ミニコミ「映画バカ一代」さんのHP。
 毎号恒例のミニコミ誌上の年間ベスト10にお邪魔させてもらっています。
 古い悪友みたいな相互リンク先。

ジャッピー
 映画ミニコミ「ジャッピー」さんのHP。
 投稿記事にそっとお邪魔させてもらっています。
 ここも悪友みたいなリンク先(片思いリンクだよ)。

映画生活
 総合映画サイト「映画生活」さんのHP。
 カテゴリ映画の記事では大体、ここにTBを付けさせていただいてる。
 映画その物の細かい背景を知りたいなら、ここを観てね。
 ボクチンめんどくさいから、いちいち書いたりしないよ。
 という怠惰の現われな相互リンク先。

愛知女子気侭日記
 確か初めて相互LINKの依頼をされた。
 ビックリした。
 冷血だから「そのうちやります」と言うだけ言ってほっておいた。
 えーと、そろそろやります。
 すんませんでした。
 何か凄い勢いであちこちにコメント付けに行ったりしてる。
 若いなあ。「女子」だものなあ。

erinamnamのブログ
 ありがたいことにコメント付けに行ってるうちにLINKしていただいたサイト。
 「映画興行」関係サイト。
 最近、あんまオジャマしてないなあ。

LoveCinemas調布のブログ
 すんげえ数の記事とコメントとリンクが集まるKLYさん主催の映画サイト。
 蛾が明かりに誘い込まれるように、ふじきも引き寄せられて、
 変なコメントを付けて迷惑かけ放題中。
 割とえげつないコメント書いてもソフトに対応してくれるので居心地いい
 (っつーか、えげつないコメント書くなよ、俺)
 ここにリンクが集中するので、ふじきのTBは大体ここから
 知り合いのサイトを探させてもらって付けている。

コメント注意

なんだかね、
コメントに読めん記号羅列して、
リンク先にダウンロードサイト付けてくる奴が現れてゲンナリしてる。

害虫駆除じゃないけど、とりあえず出てきたら
「下書き」化して見えないようにしてる。
ただ、24時間張り付いてる訳じゃないから、
目に付いちゃう事もあると思う。

できれば、そのLINK先には飛ばんでください。
英語HPなんで何のダウンロードが分からんけど、
勿論、ダウンロードなんかしないでください。
少なくとも全うな商売じゃない事は確かでしょう。

コメントのハンドル名は今のところ次の三種
「wrapes」「zoosmellen」「zygsevenik」
IPアドレスともども全部変えてきてるので事前ガードが効かん。
まあ、仮に同じハンドルネームが又、使われるようなら
普通にクロでしょう。

あと、飛び先が下記(変にLINKにならんように折り曲げた)。
「http://wrapes.posterous.com/
 free-download-nightatthemuseum2006camxvid-mrn」
なんか素性知ってる人とかいないっすかねえ。

素人がやってる、なんちゃって対策なんで、
こんなんじゃいかんよというアドバイスがあったら
コメントしてくれると嬉しいです(勿論↑の奴ら以外に限る)。

「http://wrapes.posterous.com」という言葉を
コメントの禁止ワード設定にしてみました。
ハンドルネームのLINK先にまでこの設定が効くかどうか分からないけど
まあ、ともかく試してみよう。

9月14日にライブドアブログが見れなくなりそうな件についてのおしらせ

私のというより、

ライブドアの全ブログ機能がメンテナンスの為、
9月14日深夜1:00~9:00停止します。

ブログの更新はもとより、閲覧もできなくなるとのことです。
あまり、大々的に誰かが声を上げたりしてないけど、
火曜の深夜時間帯から水曜の朝にかけて、
ライブドアのブログが見れないようなら、
裏方さんが汗を流しながら突貫工事をやってるんだと思ってください。

詳細は下記
9/14メンテナンスのおしらせ

トラックバック禁止設定

ちょっと前から記事と関係のないトラックバックが付くようになった。
せっせと消した。
苦情は別に来なかった。
付くトラックバックは大概、同じサイトで、時事系の2chまとめみたいなサイト。
付けたトラックバックってあまり逐一
確認しにいかないから消した事に気づいてないかもしれない。
そもそも手で付けてるのか、機械で付けてるのかもよく分からない。

で、今日6つばかし付いた。
サイト名は違うが全部同じIPアドレス(同一PCハード)からで、
全部、記事の内容と全く関係なかった。

頭にきた。

トラックバック禁止IPアドレスに指定した。
そんなつもりなかったという事なら
この記事のコメントに反論を付けてもらっても構わない。
もちろん、そのIPアドレスがネット喫茶発信だったり、
その人固有の物かどうかも分からないのでイタチごっこかもしれない。

どっちにしても「記事に関係ある=TBに値する」かどうかは
私が勝手に判断するので、日本語で書かれている事くらいしか
共通点のない記事はできればトラックバック御免こうむりたい。

IPアドレス晒すのはネット上の流儀に反するらしいのでしないが、
サイトについてはバカらしいからLINKまでは貼らないが公開する。

下記サイトについてはIPアドレスが変わったら変わったで又、対応する。
大体、うちのブログにTB付けても飛んでって観に行ったりする人いないでしょ。
一日PV二桁のブログだよ。
観に行ってるのは私が確認の為に行ってるくらいだよ。

以後、下記サイトからのトラックバックを受け付ける気はありません


http://0935050.dtiblog.com/
奥さんGo!Go!のブログ
ブログ作者:Q

http://ameblo.jp/045105050/
藤丸のブログ
ブログ作者:藤丸

http://0755050.dtiblog.com/
0755050のブログ
ブログ作者:KYONO


脆弱弱小ブログゆえ、
こういう被害にあった事がないので
対処方法そのものに誤りがあったり、
この方法だと他の人に迷惑をかけるなど、
そういう事がよく分かっていません。
何か良いアドバイスをコメントしていただければ助かります。

んー、こういう記事は書かなければ済むなら書きたくないんですけどね。

サイドバーの順序変更(PCサイト限定話題)

前から直したいと思ってましたが、
サイドバーの順序をちょっとだけ変えました。
下の方にあった「最新記事10件」と「検索窓」を
かなり上の方に引き上げました。

定位置として、そこが妥当だろうというのと、
度を越して縦長でもないから、「コメント50件」で
自分のコメントの行先を見たい人がいてもそんなに邪魔でもないでしょ。

強硬反対意見みたいのが出なければ、しばらくはこれで定着させます。

コメントの字色変更(PCサイト限定話題)

PCサイトから個別記事を開いてコメントを見る時、
「Posted by」とかの標記文と
書き入れていただいたコメント文章が同色の為、
見辛く感じていました。
で、コメントの字色を変更してみました。

「#800000」maroon マロンちゃん色です。

この色はちょっとみたいな問題があるようなら申告してください。

例) 私の神がこの色はよくないと言っている。
例) 一般的にサイトのxxxxを表わす為によく使われるの色なので紛らわしい。
例) こんなサイト、地色も字色も全て黒で塗りつぶしてしまえ。
例) 色盲だから関係ない(多分、色盲ってそうじゃないと思う)
例) 色キチガイだから関係ない(多分、色キチガイってそうじゃないと思う)
例) 文盲だから文章の意味は分からないけど色が増えるのはステキ
  (文盲だったら返しコメを書けんだろ)
例) 色より内容にこだわれ(正論だけど何か違う)
例) 色で興奮なんかしないぞ!
  (だが、この色が真木よう子の下着の色だとしたらどうかな)
例) 色ってなあに?

なんか大喜利だな。

PS 携帯サイトにはこの字色変更は反映されません。
 サイト構築ロジックが異なり、細かい設定変更ができないので。
PS2 但し、携帯電話を使って、通常のHPを見てる場合はもちろん反映ありです。

他の人のブログ記事につけるコメントについて(ちょっと長めのクマネズミさんへの私信に近いもの)

コメントについてどう考えているかをクマネズミさんから尋ねられ、コメント内で答えるのは字数制限がきついので、普通の記事にしました。

以下に「> 」を付けた文章は私の『白夜行』にコメントされたクマネズミさんの文章です。こちらから返答しやすいように抜粋抽出したりはしてますが、意図は変わらないように配慮してるつもりです。


> ブログに関して特段のルールなど何もないとは思いますが、
> クマネズミとしては次の様に考えています

> イ)相手のブログ本文のエントリー自体について感じたこと、
> それをコメント欄に書き込むべき。
> ロ)映画自体についての感想は、コメントではなく、
> 自分のブログで述べるべき。
> ハ)自分のブログで書いたエントリーと類似することを
> コメントで書くと、TBの意味が無くなるのではないか
> (但し、上記イに関連する場合は別)。

これがクマネズミさんがあげてくださった大前提です。
なるほど、そうだなあ、と思いながらも、
自分に照らしあわせてそうでない部分もあるので、
この大前提から話をしたいと思います。

まず、とっても私的な事ですが、
私がブログを始めたのがここ2、3年で、
その前、大体15年くらいは自分のHPを持たずに(平たく言えばPCなかった)
ネット喫茶から映画掲示板に感想やコメントを書きに行って、
じゃれあうようなコメントを付ける、そんなネット生活を送っていました。
バリバリ根無し草です。
なので、私がコメントを付けに行くのはその延長上の意識がとても強いです。
自分の映画論談を持ち、そこで意見を戦わせるというより、
「あ、その映画観た観た。良かった」とか、
「あの映画のあそこがあんなだったら笑えるね」みたいな
書き込みをする行為が私にとってはとても自然です。
もともと映画掲示板ではそんなにぎやかしな役割でしたし。

それが癖として今でも続いてます。
「掲示板とブログは別だ」と言われるかもしれません。
私にとっては、そうでもあり、そうでもなし、ですかね。
こういう混同した使い方をしていて、
それが大きく問題になると考えた事は今までありませんでした。
周りが甘やかしてくれたからか、直接ダメ出しをしてくれる人が
ほとんどいませんでしたし。
私自身、このスタンスがそんなに間違えてるとも思ってません。
まあ、それは私のブログがゆるいブログだからでしょう。

ああ、いつも自分は前置きが長い。

なので「イ)」については記事本文に対するコメントも書くし、
そうでないコメントを書くのもそんなに躊躇がありません。
ただ、明らかに、記事本文に起因しないコメントが好まれないようなら
書かないようにします。
多分、これはブログの主催者がどうしたいか、
それに合わせるのが正解でしょう。
(言われる前に気づけよ、ふじきって話ですが、
 ともかく鈍さでは一等賞な男なので、私)

ああ、「イ)」について話したら「ロ)」も答えてますね。
「ハ)」は……だって、うまいこと言ったら、あちこちで吹聴したいんだもん、
という全面的な甘えで成り立っています。
これはどう断罪されても言い逃れができないし、
やらん方がいいなあ、というのが自分でも分かっているんですが、
このいい加減なやり方をやめたら、もう、私はコメントかブログか、
どっちかをきっともう書けない。いや、本気で案外倒れる寸前です。


> 即ち、「別に自分のブログを読みに来る事前提で
> 書いてはいない」と述べておられるところ、コメントを頂けば、
> 「ふじき78」さんが「明確に」その「意図」を書いておらずとも、
> 大部分のブロガーはこちらを訪れます。

そ、そうっすか。
そうしたらもう少し賑わっていてもいいかな。
と、ふざけてますが、私自身が他の人のブログのコメントを見て
そのリンクを辿るという事をほとんどやりません。
だから、他人もあまり私が付けたコメントから私のブログには来ない
ものだと思ってます。それでもリンクを付けるのは
間違えてでも来てくれたらいいな、と思うからです。
だけど、期待はしてない。
下心的に誘導の気持ちはあるけど、けっこうあちこちのコメントで
「ぜいぜい」言いながら、ふざけた事を書き散らしてるのは
それを読んでその場で笑ってくれる人がいればそれでいいからです
(そう言いながら自分のブログにネタを転用しちゃうけど)。
なんかただ騒ぐだけのヒット率の低いガヤ芸人みたいだな。


> コメントと類似の文章をブログ本文
> (「PS」も含めて)に見出す場合、
> コメントの意味は何だったのかしら、
> と思ってしまいます(「白夜行」の場合)。

これは上の「ハ)」ですね。


> また、ソウでない場合には、コメント欄に書き込まれていることを
> どうしてクマネズミだけに伝えようとしているのかな、
> と訝しく思います(「ジーン・ワルツ」の場合)。

ジーン・ワルツ」の場合、ああいうコメントを書いたのはクマネズミさんの文書からインスパイアされた結果ではあるのですが、実はそれを明確に書いてないので全く分からないという構造です。

クマネズミさんの「ジーン・ワルツ」の記事内の「こういう出産を巡る映画では、女性が話の中心となるのは当然のところ、」という文書から、確か「それは出産する主体は女性だし、出産だらけの映画だから当然だ。出産だらけと言えば、この映画に出てくるのは産む機械としての女ばかりだなあ」などと連想したんです。経緯を書いても論説されている文書と接点はあっても噛み合いはしないので、分かってもらえないのは舌っ足らずな私に問題があるんですが。「クマネズミだけに伝えよう」という部分は掲示板のようにコメントを付けてるので(ツイッターに近いか)、そういう考えを持ってる人がいる事をクマネズミさん、並びに来訪者から分かってもらえればいい、ぐらいに考えてます。


> 合わせて、コメントの中に、クマネズミの記事内容について
> 一切何も触れられていないのを見ると、
> 「ふじき78」さんは、たとえ読んでも何も感じなかったのだなと、
> 至極残念な気がしてしまいます(「ノーウエア・ボーイ」の場合)。

ノーウエア・ボーイ」のコメントは何も言い訳ができません。
でも、言い訳します(ふぬけだなあ)。
疲れてたんです。
コメント書いたと思ったら消えてしまってたんです。
もう最初に書いたコメントも何か覚えていません。
気づいて、いきなりおざなりな言葉を置いてしまいました。
だから、あのコメントは単なる一般論であって、なんも
ブログの内容とは関係ない正真正銘のいい加減文です
(ブログ記事はちゃんと読んでいます)。

基本、プログ記事を読んで、
単に「ああ、そうだ」とか「まあ、そうだよね」程度に思う事もあるし、
これは余りにも門外漢だから話に加わるのはやめておこう、と思う事もあります。
そういう場合は無理にコメントせず、自制する方が正しいんでしょうねえ。

ええと、まあ、多々いろいろ考えてるし、考えが合わない部分もあるかと思いますが、全く嘘は書いていません。ただ、私が一般的かどうかは私自身には判断ができないので、こういうコメントの付け方や考え方が一般的な内容であるかどうかについては保証しかねます(いや、逃げじゃなくって)。
ま、少なくとも地球上に一人はいるってことで。

サイドバーの最新コメント数再拡大

ブログなので聞こえないと思いますが、
コメントいっぱい付けて貰って
ありがたい悲鳴をあげています(「キャー」みたいな)。

サイドバーにある最新コメントLINKを15→50に拡大しました。
(いっぱい表示されても見づらそうなので携帯サイトは5のまま)。
これがMAX表示数です。
長期休暇期間が終わった事で、コメント数が落ち着くようなら
数を下げるかもしれませんが、しばらくはこのままで行きます。

ブログの説明、変更

肩を壊した時に変えたブログの説明をマイナー・チェンジしました。
肩の話題は何かほったらかしにしちゃったなあ。
一応、普通レベルでは完治です(違和感があるのは多分もうずっと抜けない)。

変更前
 「数で勝負」の映画日記の筈だったのに、右肩を骨折して
 「死屍累々映画日記」が単なる「死屍累々日記」に。
 まあ、バカなこと書いてるのは変わんないですけどね。


変更後
 「数で勝負」の映画日記。
 あと、「ライブドア共通テーマ」に集中参加して、
 全然、映画日記じゃなくなる事も。


それとついでに、サイドバーの
コメントLINKの数を20から15に
記事LINKの数を5から10に変更した。

アクセス解析戦略会議 第9~11回2010年4月~6月

もう、今更、すんげえ過去の話。
下書き書いてほったらかしにして、
この後、7月のログを取り忘れてやる気をなくした。

■訪問者数、ページ参照数■
8月(最古データ)→3月(前回)→4月→5月→6月
◎pc訪問者数372人→622人→532人→715人→611人
 日割り15.5人→20.1人→17.7人→23.0人→20.3人
◎携帯含み訪問者数513人→953人→831人→1021人→973人
 日割り20.5人→30.7人→27.7人→32.9人→32.4人
◎pcページ参照数1571回→1147回→1355回→1600回→1422回
 日割り65.5回→37.0回→45.1回→51.6回→47.4回
◎pcページの日毎訪問者最小値9人→12人→8人→12人→7人
◎pcページの日毎訪問者最大値31人→61人→27人→73人→54人

見事な横ばい振りだ。


■リンク元統計(どこから飛んできたか情報)■
◎4月 訪問506人中209人がブックマークとかから。
  ライブドア共通テーマから30人。
 しおりちゃんのところから6人。
 映画生活さんから4人。
    yukarinさんから4人。 
 kizasiさんから1人。
◎5月 訪問662人中193人がブックマークとかから。
  ライブドア共通テーマから24人。
 しおりちゃんのところから25人。
 映画生活さんから14人。
 kizasiさんから24人。
    ツイッターから14人。
◎6月 訪問676人中182人がブックマークとかから。
 ライブドア共通テーマから21人。
 しおりちゃんのところから4人。
 映画生活さんから10人。
 yukarinさんから5人。 

ここも大きな変化ははないんですが、
「映画鑑賞★日記(yukarin)」さんのページから
飛んでくるケースがボチボチ出始めました。


■使用検索エンジン■はもういいや。


■検索ワード、フレーズ■
どんな言葉で引っかかった人が来たか?

4月から6月の三ヶ月分をまとめてフレーズ検索、
ざっと10回以上検索されたのが

◎「ふじき78」102
◎「プランゼット」16
◎「堤真一」15
◎「座頭市」15

なんか、ダントツに「ふじき78」、指名手配か?
検索してる奴らが、みんなホモだったりしたらやだな。


以下、少数検索で面白い奴。

◎「ステファニー 巨乳 満島」1
◎「ヤマト復活 服が破れる」1
◎「映画が始まる前の盗撮防止のキャラクター」1

「ステファニー 巨乳 満島」はそうだよなあ、
だけど、記事的にドンピシャの条件で
飛んできたんじゃないか、と。
来た人がステファニーと満島のレズ小説とか求めて
きたんなら捨てLINKですけど。

「ヤマト復活 服が破れる」はいい検索語彙だなあ。

「映画が始まる前の盗撮防止のキャラクター」もこれで案外、
谷村美月を引っかけようとしてたりするのかもしれない。
いや、谷村美月の黒い涙を流す少女がパントマイムの
カメラ野郎に成長したというシナリオなのかも。


ちなみにアクセス解析戦略会議第一回
ちなみにアクセス解析戦略会議第二回
ちなみにアクセス解析戦略会議第三回
前のページ 次のページ