FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『草迷宮』『スキャンティドール 脱ぎたての香り』シネマヴェーラ渋谷

『草迷宮』 寺山修司は相変わらず怖い。東北出身者のルサンチマンが溜まりに溜まっているかの如く、コミュニケーションを交わせないキャラクターが山のように出てくる。
少年三上博史、オールヌードでデビュー、でもまあ、別にそんなこと言われてもホモじゃないから、興奮できないのである(でもデビュー当時の神木隆之介くんだったら興奮できると思う)。

『スキャンティドール 脱ぎたての香り』 周防正行脚本、水谷俊之監督のロマンポルノ。上田耕一は優しい変態、映画は変態に優しい。これは上田耕一だから成立してるのであって、配役がジミー土田だったら、凄い駄作になってた筈だ。とは言え、脚本も演出も緩い(あくまで悪い意味で)。
スポンサーサイト