FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『TOKYO!』シネマライズ渋谷BF

何故、洋画で東京が描かれると、必ず、渋谷と銀座が出てくるのか?

ミシェル・ゴンドリー『インテリア・デザイン』 ミシェル・ゴンドリーは割と苦手だけど、藤谷文子がとってもいい。物理的に全てが満たされたものの、前進する意欲が乏しく、仲間うちで共有する時間が濃密に描かれている、これって何だか80年代っぽい。

レオス・カラックス『メルド』 カラックスも苦手だけど、大した長さじゃないから、まあどうにか。冒頭ゴジラのテーマが流れる通り、大事件に翻弄される世間が描かれていて、それって何だか60年代っぽい。

ポン・ジュノ『シェイキング東京』 このオムニバスの目当ては「ポン酢の」監督と藤谷文子。やっぱいいよ、ポン酢は。香川照之も蒼井優もOK。そして街角に人が全然いない光景、これはみんなが実は願ってやまない事が実現されてしまった光景に他ならず、極めて今日的な(2000年代っぽい)感性で撮られていると思う。
銀座や渋谷ではない、この電線がいっぱい露出している市街地が実際に住んでいる自分の東京の実像に近い。映像の端っこだけどちゃんとコンビニも写ってるし。

観た人だけ分かるコメント:乱歩の文子だったら俺だって欲しいやい!
スポンサーサイト



『ラスト・コーション』『ヒトラーの贋札』新橋文化

『ラスト・コーション』 こんな題材なら、映画よりAVにしろよお。タイトルは『女スパイ・ハードSEX 私の中でうごめく独裁政権』とかかな。

『ヒトラーの贋札』 渋い。終盤、意外な『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』的展開に唸る。

『危い事なら銭になる』シネマヴェーラ渋谷

特集「浅岡ルリ子の映画たち」の中の1本。

本当にやばい事に浅岡ルリ子がめちゃくちゃ可愛い。オテンバで、夢を持ってて、柔道と合気道の有段者で、ノーブラで、バッチリパンチラなんである。もう本当にマンガみたいなキャラクター。峰不二子のスタンスにラムちゃんを当てはめたみたいな感じ。

で、お話も、紙幣用のスカシ入り和紙強奪から始まって、その和紙に印刷する偽札原版作り名人の奪い合い。刷ったニセ札の後始末、と、話が目まぐるしく二転三転する。青背広時代のルパン三世みたいだ。って、事で大満足。

あと、どっきりカメラ以外で、野呂圭介を始めて見た。ふーん、役者だったのね。