FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『世界の短編映画 アジア篇』UPLINK FACTORY

レベルは高いが、楽しくないかも。

『RESPIRE 呼吸』 台湾、ウィルスに侵された近未来、マスク着用を義務付けられた高校生同士の恋。美的だが、特に思う事なし。

『はな』 日本、アニメ。大友克洋と諸星大二郎と日野日出志を足して3で割ったみたいな画風・・・でもないか? ずっとずっと観続けていたくなる。これが今回のベスト。

『SLOWLY SILENTLY』 韓国、1分の話を14分にだらーっと伸ばす。技法に全てを賭けた長めの作品はキツイ。

『EAU BOY』 カナダ、生まれた時から常に大量の水を自分の身体から放水しまくる少年が主人公のキュートな小品。オチが分かりづらくて損してる。

『わたしが沈黙するとき』 日本、前田綾花主演。良質だけど、楽しくないかも。
スポンサーサイト



『シャカリキ!』渋谷東急

別に、この映画に限った事ではないのだけど、南沢奈央が全然、可愛くない。

主人公は直情型バカ。自分の欲求のためなら、他人はどうでもいい。
ライバルはエリート意識剥き出しの独善タイプ、自分の欠点に甘い。
主人公をサポートするサブ主人公がキャラが立たずに煮え切らない。
と、メインキャストの野郎3人が、何か近くにいたら、みんな嫌なタイプ。なんで、誰が勝とうが、どうでもいい。

捨石になるメンバー3人も何か脚本と言う運命の奴隷に振り回されて、生き方に主体性がない(ワキだからって言っちゃえば、それまでだけど)。