FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

日常生活でのどうでもいい話

駅のアナウンス
「お待たせしました。三番ホームに急行新宿行きが・・・(絶句)」

何だ。何があったんだ。言葉が詰まるような、驚天動地の出来事か何かが起こったとでもいうのか。

「(急行新宿行きが)・・・猫耳の女の子に変身して萌え萌えでまいります。黄色い線の内側まで下がってお待ちください」とか、そんな事態か。ホームをちっちゃい女の子が「うんしょ、うんしょ」ってテクテク歩いてくるけど、ああ、でも電車が女の子だったら、乗客は蚤だ。ピョンピョン飛んで来ても潰してはいけないぞとか、そんな事態か。でも、電車が女の子になって、自分が蚤になるんだったら、女の子の肌とパンストの間に挟まれたい、って、これはカミングアウトか。だとしたら、頭の悪いカミングアウトだな。
スポンサーサイト



日常生活での軽い驚き

自分が投函しようとした封筒の宛先をチラ見したら、「ブラックメール係」と書いてある。

え?

知らないうちに何か悪い事や酷い事に加担してしまったりするのか。そりゃ、やばいじゃん。と、ちゃんと見直してみると「アフラックメール係」。納得するくらい、似てたんで、読んでる皆さんは俺を責めないでやってください。俺も俺を責めません。

『真木栗ノ穴』ユーロスペース1

『狼少女』で名前を売った深川栄洋の新作。

小粒だけどお得な感じ。

デカイエローの木下あゆ美が役柄に合った、ちょうどいい小物感。
デカイエローには、「君だって目の前に真木蔵人のケツの穴があったら覗くでしょ」と言われて、屈辱を噛みしめるように真木蔵人のケツの穴を覗いてもらいたい。

【シネマヴェーラ、ユーロスペース共用の会員カードのたまったポイントでロハ】