FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『我輩はカモである』シネマヴェーラ渋谷

特集企画「映画史上の名作」から1本。

寝た。今回観て思い出したが、確か、前に観た時も寝た。

(兄弟の中でトップにいかれてる)ヒゲのグルーチョ・マルクスが国の宰相という、とんでもない設定から始まる。ここに小泉劇場の原点がある。

【シネマヴェーラ会員割引+夜間割引で800円】
スポンサーサイト



『ラット・フィンク ボクのビッグ・ダディ』シアターN渋谷1

知る人ぞ知るエド・ロスを題材にしたドキュメンタリー。
知る人ぞ知るなので、私は知らなかったです。
世界中にどれくらい知る人ぞ知るがいるのかも、微妙で触れちゃいけない気がします。

エド・ロスとは、改造車文化の始祖の一人。流石にそんなもん知る訳ねーって分野だけど、実はもう一つ身近な凄い発明を持っている。大昔、無地の肌着でしかなかったTシャツに初めて絵を描いて売った人らしい。そりゃ凄いや。

で、改造車がメインで凄い、凄い、と。まあ、凄いらしいんですけどね。素人にはビンビン来る物がないですね。ホーム・ムービーじゃないんだから、素人にも分かる「凄い」にしないとダメですね(玄人に分かる「凄い」なのかどうかは不明)。何となく「凄い、凄い、ともかく凄いんだよー」って監督が興奮しちゃってて、映画作りの戦略を立てられなかったみたいなイメージ。

【シアターN渋谷、水曜で1000円】