FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『凸凹フランケンシュタインの巻』『恐怖の報酬』シネマヴェーラ渋谷

特集企画「映画史上の名作」から二本立て。

『凸凹フランケンシュタインの巻』:アボット&コステロVSフランケン・ドラキュラ・狼男。品揃えは豪華だけど、ギャグの切れが今ひとつ。片岡鶴太郎とか坂上二郎とかのラインで、ひたすら顔や表情で笑わそうとするのはシンドイ。ドラキュラがフランケンを操って、何やら悪巧みを企てようとしているのだが、大男一人、操れるようになって、それで、いったい何が出来るのかというところがすこぶる疑問だ。

『恐怖の報酬』:トラックいっぱいのニトロを積んで山道を走破、というとっても燃える題材。そこに展開する男のドラマ。・・・はいいんだけど、トラックが走り出すまでがちょっと長い。いいよ、人生とかをそんなに振り回した話にしなくても。未見だけど、ハリウッド・リメイク版はきっと、この辺をうまくスルーしてるんじゃないだろうか、と思う。

【シネマヴェーラ会員割引で1000円】
スポンサーサイト