FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『地球が静止する日』新宿ピカデリー・スクリーン1

オリジナルは観てないけど、こんな地球人も宇宙人も子供もみんな揃って三竦みでバカみたいな映画なんだろうか。
これが2008年の見納めの一本かあ、と思うと、どっと疲労感。

【メンバー割引で1000円】
スポンサーサイト



『魔法遣いに大切なこと』シネマート新宿スクリーン2

魔法が職業として確立する世界での、新任魔法士の初恋の話。

山下リオちゃん可愛いのう。その可愛さのみしか拾うものがない映画っぽいのが、ちょっと辛いのう。親切な予告で映画のアウトラインが見えて、それをなぞるだけの映画にしか見えなかったのが残念だ。それにしても、リオちゃん可愛い。強すぎないファッションが又、男心に刺さりまくり。なんで、リオちゃんを見たい人は見たい人で構わないんですが、普通にオススメはしないです。

『青い鳥』に出てた若手男優、太賀が180度、真逆の役をちゃんとこなしていたのに感心した。

永作博美が異常といっていいくらいトラクターが似合うのはいったいどうした事だろう。いつの間にか、母ちゃん女優になってしまった。『人のセックスを笑うな』『同窓会』で人妻役だったから、けっこう、もうすぐだ感はあったけど、いきなり16の子持ち役だとは。次回作はきっと老女だな。

【シネマート新宿、月曜メンズデーで1000円】

『スケバンマフィア 恥辱』シネマヴェーラ渋谷

特集企画「官能の帝国ロマンポルノ再入門2」から。

チラシに使われていた宣材写真の倉吉朝子がともかくバツグンだった。
映画は、う、うーん、これで終わり? 愛する人の命を奪われ、仇のスケバンマフィアに殴り込みをかける主人公。ビンビンとビンタを張って敵の大姉御を裸に剥く。そして、えっ、それで終わり。こんなんで終ったら、後々、ムチャクチャひどい目に合わされちゃうじゃん。

セーラー服を着た女エキストラが山のように出てくるが、けっこう男と間違うようなブスがいっぱい紛れているのがリアル。

【シネマヴェーラ会員割引で1000円】

『ご縁玉 パリから大分へ』ユーロスペース2

フランス人チェロ奏者と日本人養護教諭の友情を描いたドキュメンタリー。

チェロが奏でる『天空の城ラピュタ』の曲に感動。そうか、こんないい曲だったのか。
『252』とは正逆で、主張は正しいが娯楽性に欠ける。

【ユーロスペース会員割引で1200円】

『空の境界 第六章 忘却録音』テアトル新宿

音と音に乗ったアクションがメチャかっこいい。
ファンの人には悪いが、それ以上でもそれ以下でもない。

【普通に有料入場。1000円】