FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パラレル』渋谷東映

足を失ったJリーガーと、それを支える妻、の実話。

何が「パラレル」だか全く分からない、と言うか、「パラレル」の意味自体がまず分からん。ええと「平行」という意味だ、と。この映画の何が「平行」なのか全く分からない。
いや、もしかしたら、スクリーン映像に裸眼立体視が仕掛けてあって、一点を集中してみると、「平行」という字が浮かび上がってくるとか。そうだったら、ごめん。

まあ、普通のドラマです。

特筆すべき点があるとしたら、秋吉久美子が出てくるシーンだ。秋吉久美子がスクリーンに存在するだけで、その映画は何か怖い。


【東映株券2回分を常設ダフ屋で950円で買ったうちの1回】
スポンサーサイト



『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂』渋谷東映

鬼太郎のテイストがちょっとだけドラゴンボールみたいになってたのに驚いた。

【東映株券6回分を常設ダフ屋で2200円で買ったうちの1回】

『デイ・オブ・ザ・デッド』新橋文化

二回目の鑑賞。

ああ、ミーナ・スヴァーリ伍長の可愛い事。別に他の軍人はどうでもいいんだけど、ミーナ・スヴァーリの制服だけカーキ色の長袖レオタードとかにしてくれないかなあ。映画史上、最高速を誇るゾンビも二回目にもかかわらず素晴らしい。特に、狙いもつけずに痙攣のように銃を乱射しまくるゾンビが素敵。

【7回たまったスタンプカードで無料入場】

マンガ『BLOOD THE LAST VAMPIRE 2000』玉置勉強、角川コミックス・エース

映画『BLOOD』のメディアミックスの一つ。
単純なマンカ化ではなく外伝的な位置づけ。

著者の玉置勉強はよく知らないのだけど、何で、この人は

無表情
怒った顔
怯えた顔

しか書こうとしないのか?

こういう話だったのかという事で納得はするけど、だからどうだって感慨も沸かず。
特に触れられていないが、記号(セーラー服、日本刀)を用いるなら、記号の謎解きもあった方が自然だと思う。

三軒茶屋・鯛焼き屋「あずきちゃん」

割と説明しづらい所にある三軒茶屋の鯛焼き屋さん。

皮がパリパリ風のちょっと薄い皮で餡が尻尾まで詰まっている。
通常メニューは「アズキ」と「豆乳クリーム」。
うまい。

流石、アズキの中にチャンさんの生き血を混ぜただけの事はある。

え、違うの?

読書『世界の日本人ジョーク集』早坂隆、中公新書ラクレ

ベストセラーだけあって面白い。

2006年1月10日初版
2007年1月15日25版

半端なく売れてるなあ。
2週に1回増刷だ。
まあ、どうせだから2日に1回増刷とか、
2時間に1回増刷とかを目指してみてほしい。