FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『戦国 伊賀の乱』シアターツタヤ1

アクションと裏切り。

惜しむらくは「裏切り」が絵や場面で語られず、大概が会話の中に織り込まれている点。
そして主人公にも「裏切り」が見舞われている筈なのに、その「裏切り」へのけじめが付けられていないので、話が終ったように見えない。難しいね、映画は。

【映画ファン感謝デーで1000円】
スポンサーサイト



『罪とか罰とか』シネマライズ2F

結果から言っちゃうと映画ファン感謝デーに観た4本の中ではこれが一番。
・・・だけど、他の3本が小粒だからなあ。
でも、観といて損なしです。

この映画で、初めて「ぬるい」成海璃子が観れてそれがとても新鮮でよかった。ちょっと失礼な物言いになるけど、璃子ちゃんって割とおトンマなお顔立ちに成長しつつある。ってけなしてる訳じゃないよ(文面上けなして見えるとしても真意はそこになし)。困り顔がキュートだ。

トラックに乗ってる「助手席の女」という役名で麻生久美子が出演。え、麻生久美子なの、そーなの、ふーん。

アイドル役の成海璃子に励ましの声を掛けるオタク、森田ガンツって、『愛のむきだし』で時限爆弾作ってた奴だよね。

「編集員A」つて役名で行定勲が出演している。もちろん、こんな細かい事を気付く筈もなく、家に帰ってからパンフレット観て気が付いた。行定勲の写真を見て・・・え、この写真「みうらじゅん」じゃなかったの? 行定勲いかにすかしていても、そんなビジュアルです。

「耳川モモ」と命名した墨書きの白紙。
何も説明されなかったら「耳ツモモ」だ、これは。

【映画ファン感謝デーで1000円】

『鎧 サムライゾンビ』シアターN渋谷 シアター1

こりゃ又、絵に描いたように低予算。

サムライゾンビが二体以上、同時にスクリーンに現われない(あまりはっきり映らない引きの場面は別)。モンスタースーツを一着しか、作れなかったのだろう。

しかし、この「ゾンビ史上最強(チラシコピー)」のサムライゾンビが現代人と互角だったり、どうすれば退治できるかが不明瞭だったり、倒した筈の個体が何の説明も無しで瞬間移動のように現われたり、セオリーなしで何でもありかい。ラストちょっとだけいい話の展開があるのが救い。

『デイ・オブ・ザ・デッド』の方がよっぽど「ゾンビ史上最強」。

【映画ファン感謝デーで1000円】

『激情版 エリートヤンキー三郎』ヒューマントラストシネマ文化村通りシアター2

と、一週間遅れですが、ここから4本、映画ファン感謝デーに観た映画の感想です。

まず、『エリートヤンキー三郎』

前半快調、後半ダレダレ。
勿体無い。

前半と比べて後半が格段につまらない訳ではない。ただ、同じ事の繰り返しが延々と続くだけなので、単純に飽きる。繰り返すんだったら、後ろに下がれば下がるほどテンポを上げて、ネタも強烈にしないと。って事で、竹内力演じる日本刀持った刑事と最初の追いかけっこをするくらいまでが面白い辺りかな。

とっても破壊力があるのにボンクラな女子高生、橋本じゅんが可愛い。まあ、単純に言って男共はバカな女の子が好きなんである(バカが度を越してシンナー吸ってたりすると、もう好きになれないけど)。この子のバカっぽさはカーンと青空に抜けるような単純な感じで、とても気持ちいい。
うわあ、間違えた。橋本じゅんって『栞と紙魚子~』にも出てた中年オヤジの方だよ。「じゅん」なんて可愛らしい名前つけやがって。ややこしい。「じゅん」と言えば宇野鴻一郎で「じゅん」だよ。もとい、すっとぼけた女の子は 山本ひかる ちゃんだ。じゅんにもひかるちゃん本人にも大変失礼した。死んでお詫びはしないけど、死なれても迷惑だろうから許してください。 2009年3月8日 21:10追記

今更、17才役という小沢仁志は出落ちみたいなもんだけど、本人が楽しそうだから、よし、かな。

あと、とても変な演技をしているのに、その変な演技について、劇中で一切、説明されない謎の存在、佐伯日菜子も、久々に健在振りを確認できて良かったです。

【映画ファン感謝デーで1000円】

蛇足:『エリートジャンキー三郎』。三郎訳は石倉三郎、いかん、全く違和感がないよ。

共通テーマ「処世術を教えてください」

誰か「女装術」と間違えたりしないかな。

そう思うと、ちょっとドキドキ。