FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『テケテケ』『テケテケ2』キネカ大森1

テケテケのテケテケテケテケテケテケテケテという移動音が可愛くもあり、気持ちよくもあり、怖くもある。そして『東京残酷警察』で気を吐いた、あの西村嘉廣の描写する数々の真っ二つが素晴らしい。ばしゃんと惨殺された後、惨殺直後の肉が「ぷるん」と震えたりする。ぞくぞく。

PART1は導入編、PART2は応用編。個人的には応用編にぐっときたが、どっちがどっちって言うほど独立してはいない。応用編のひょんなきっかけが大事件に繋がってしまい、一度その展開を呼び寄せたら、もう波に従うしかないという流れが『バトルロワイアル』の灯台のシーンを思い起こさせる(全然ちがう物だけどね)。こういう悲しい少女たちがとっても好きだ。

PART1
大島優子ってAKB48か。及第点及第点。凄く真っ白な感じ。
山崎真実もお姉さんっぷりがグー。

PART2
仲村みう いい役みつけました。ぴったりです。
岩田さゆり 下町っぽい。
松嶋初音 うわあ、何てヒール(悪役)が似合うんだ。
山本彩乃 えっ、出てたの?(取り巻きの一人だろうなあ)

【キネカ大森・水曜千円均一、二本で2000円】
スポンサーサイト



『ヤッターマン』ユナイテッドシネマズ豊洲シアター8

深キョンのドロンジョ様が意外にもとってもよかった。

そして生瀬ボヤッキーも、あの複雑な激情に恥ずかしながら、軽く目頭を押さえさせられた。

ケンコバトンヅラー以下、他のキャラクターは一様に可もなく不可もなく。

メカ戦を三つ盛り込んだりと枝葉に創意は見られるものの、一番、核になる話が弱いので、終盤はグタグタになってしまい、かなりきつい。

【常設ダフ屋で全国共通前売券を750円で購入】

『昴』ユナイテッドシネマズ豊洲シアター5

白いチュチュをまとい華麗に踊りまくる谷村新司。そんな映画じゃなかった事には安心したけど、踊りまくる黒木メイサに感心しながらも映画としてはもう一歩。

原作マンガを未読なので、本当がどうであるかが分からずに歯がゆいのだけど、黒木メイサがダンスを選んだ理由、そして、黒木メイサがダンスに対して持っている自信の根拠などが伝わってこない。だから、何となくサクセスストーリーにぐっと来ない。

映画、アメリカ系韓国人役の女優がキャスティングされているのだと思うのだけど、この日本語が何だか聞いてて嫌になる甘ったるさ。吹き替えしろよ。よく喋れました。御褒美に映画でそのまま使います、じゃないだろ(いや、普通に考えればうまい日本語なんだけど気持ちまでは伝わってこない)。っつーか『レッドクリフ』エンドタイトルの日本語バラードも全然いいと思わんかったし。変な日本語で歌われるくらいだったら中国語で歌ってもらった方が全然いい。

【ユナイテッドシネマのたまったポイントで鑑賞】