FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

読書『ジェネラル・ルージュの凱旋(上)(下)』海堂尊、宝島社文庫

映画鑑賞後に読んだ。

えええええ!

びっくりしたのは、映画で起こる事が原作の中でけっこう起こらなかったりする事だ(詳細はネタバレだから秘密)。原作そのままでは映画にできない要素を結構含んでいるので、脚本化の労力と才覚の高さに素直に脱帽。

沼田先生(映画は高島政伸)は映画観てからの方がイメージがはっきりして、滅法面白く読める。

読んだ後に、本当に上手く脚本化してあるんで、それを確認する為にもう一回映画を見直してみたくなった。
スポンサーサイト