FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇』バウスシアター3

まず、前回『紅蓮篇』の記事で、第二部にあたる本作を『螺旋篇』と間違えて書いていたことを謝りたい。だって「羅巌」なんて言葉ねえだろ。ネット辞書でも引っかからんし。

で、観た。

面白い。ちゃんと面白い。

にもかかわらず残念なのは、延々と続く戦闘シーンの肝が「気合」という精神論にしかよりどころがない点だ。それじゃ飽きる。残念ながら中盤はかなり長く感じる。

でも、やっぱり、それでも嫌いになれない。そんなアニメなんだ。グレンラガンって。

【前売で1500円】

ニア姫は有史以前、二次元に登場した全ての萌え対象の中で俺がハグしてやりたいし、ハグされてみたい一番だ(大丈夫か、正気を失いつつあるぞ、俺)。
スポンサーサイト



マンガ『森田さんは無口・第一巻』佐野妙、竹書房

無口な女子高生を主人公に据えた4コママンガ。

まるまる一冊主人公が無口ってネタだけで押し通すのが凄い。

共通テーマ「年の差結婚についてどう思いますか?」

こういうのは他人事だからなあ。問題ないでしょ。
二人の仲が壊れるとしても、必ずしも年齢差が決定打とは限らんと思うし。だって、最初っから障害になりそうだって、自覚して結婚するんだから。

我が事として考えると、バリバリの甲斐性なしなので、結婚なんて到底考えられない。
若い娘が相手だと振り回されそうだし、
包容力のある年上なんて言ったらお婆さんが相手になってしまう。幸か不幸か、そういう趣味はない。

理想で言うなら、外見がみひろの八百比丘尼かな。
まあ、相手が嫌がるだろうけどね(オスとしての自分には全くもって自信がないの、ボクちん)。