FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ファイター』フィルムセンター大ホール

【映画の概要】
企画特集「EUフィルムデーズ2009」から唯一のデンマーク映画。
たぶん、今までデンマーク映画って一本も観た事がないと思う。
でも、ファイターである主人公が女子高生というからには、守備範囲として、とりあえず足を運んでおくべきかなぁ、と。

デンマークに住むトルコ系移民の主人公は拳法教室に通いたいがイスラムの慣習から許しをもらえない。こっそり周囲に隠して通う主人公だが、兄の逆玉結婚の席でそれがばれてしまい・・・というお話。

【映画の感想】
条件がちょっと異なるけど『ベストキッド』っぽい。

拳法教室が男女一緒に稽古をつけるところから、いかがわしい場所と決め付けられてしまう。お国変われば、だなあ。

ところどころに入るアクションシーンのクオリティーはかなり高い。

【銭】
正規入場料500円で入場
スポンサーサイト



『非女子図鑑』シアターTSUTAYA2(2F)

【映画の概要】
「非女子(ひたすら自らの欲望に正直に突っ走る女性)」を題材にする六篇のオムニバス映画。

【映画の感想】
「非女子」ってパッケージが分かりづらい。
単に「女子図鑑」でも、そんなに違和感ない、
って事はこのタイトルは失敗だろう。

でもこれ、玉石混交と言いながら、
玉も石もみんな粒がちっちゃいんだけど、
それでも、ちょっと見逃すには勿体無いオモロさ。

・『オープニング』清水崇監督、鳥居みゆき主演。
軽いジャブ、鳥居みゆきのセルフイメージまんまなんで驚いたりする事はない。このスタート途端の短さはいい。この一本は別として、清水崇はホラーより笑いに進んだ方がいい。

・『占いタマエ!』豊島圭介監督、足立梨花主演。
もう一つジャブ。豊島圭介らしい簡単な感じの一本。

・『魁!! みっちゃん』山口雄大監督、山崎真実主演。
目先を変えていきなり裏拳。山崎真実って凄く正しい顔と正しい身体をしている。その山崎真実のアクションが充分に堪能できる。それでもう充分。こういう大した話じゃない演出に山口雄大はピッタリ。

・『B』深川栄洋監督、月舟きらら主演。
こんないい話なのに、そんな題材って、大振りアッパー。月舟きららのいじましい感じもいじらしい。深川栄洋監督らしい実直な出来。

・『男の証明』川野浩司監督、片桐はいり主演
凄い凄い凄い、片桐はいりがひたすら凄いストレート連打。
これが今回の一番。

・『混浴heaven』オースミユーカ監督、江口のりこ主演
お湯は熱いけど、ほどよく緩い感じがいい箸休め。スウェイバックの防御。こういうのも必要なんである。

・『死ねない女』塚本連平監督、仲里依紗主演
単純に仲里依紗のドタバタ振りが、罪がなくって楽しい。試合後の一礼みたいな爽やかな一本。アナザー・エンディングはよう分からん。

【銭】
常設ダフ屋で前売券を1100円で購入、ちなみにシアターTSUTAYAではTポイントカードでTポイントが付くので、13円安くなる。実質1087円。あーちっちゃい、ちっちゃい人間だな、俺。

今週号の「ぴあ」の表紙

ふうん、鳥居みゆき、かあ。

え、木村カエラなの?