FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「異性のどこを最初に見る?」

ストリップ劇場だったら、まず最初にあそこを見ますね。
スポンサーサイト



地獄を呼ぶ伏字

●記事「自画像、変えました」に付いた葛さんのコメントを考える。

> 「村上春樹」の「1Q84」を「IQ84」だと思ってました。
> IQが84だと「○○お○れ」一歩手前か?

五文字のうち三文字も伏字じゃ分からねえよ。
と、匙を投げちゃうのは簡単だが、俺も『ナショナル・トレジャー』や『天使と悪魔』を観て、さんざん勉強を重ねてきた男、この謎を解いてみよう。じっちゃんの名に賭けて。いや、うちのじっちゃんは生糸問屋ですけどね。

という訳で謎を解き明かす為に「IQ84」を考察する。
「IQ84」、「IQ」とは何か。
「I」はアルファベットの九文字目。
「Q」はアルファベットの十七文字目。
「IQ」は「917」を表わす。「917」とはどんな数字であるか?
「917」とは「7」で割ると「131」を解として出す「7」の倍数である。
「7」とは古来、七つ頭のドラゴン(正義の象徴)、ラッキーセブンに表わされるように物事がよく成り立つ姿の象徴だ。ちなみに新橋文化の場内も確か、七角形だ。
その七が集まって出来た数字を七分割する。これは「物事がよく成り立つ姿の破壊」、呪詛と言っていいだろう。
では割って出来た数の「131」とは何か。
古来、キリスト教(の元のユダヤ教か?)では「3」は「父と子と精霊(三位一体)」を表わす聖なる数字である。その聖なる数字に寄り添う「1」。何かを思い出させないだろうか。そう、仏像に見られる聖なる者に寄り添う従者の形態。閻魔に寄り添う牛頭馬頭、大仏に寄り添う日光月光、更には山門に屹立する阿行吽行、神社を守る狛犬。これは中央に聖なる者を配置する日本型の邪な崩れた形の三位一体に他ならない。

つまり「917」とは、日本型の精神構造を元に西洋の宗教構造を呪詛する姿。
では「84」とは?
これは末広がりの八が四方、つまり全方位に伸びゆく事を表わしているのだろう。古来、日本では「八」は「ヤマタノオロチ」などにも観られるよう「強大な∞」を表わす、それが全方位に蔓延するよう希望している、とても強い呪詛だ。

この呪詛をイコンとする隠された言葉「○○お○れ」
おそらく、現在の西洋中心の世界を呪う「アンゴルモアの大王」のような恐ろしき物の名前がそこに隠されているに違いない。

分かった。分かったぞ。その者の名前は「MR○く○」。ああ、恐ろしい。

いや、そうじゃないか。そんなに怖くはないし(ただ世界が滅んでも生きていそうな気はする)。

そう、呪詛で表わされるものは、必ずしも人とは限らない。
世界を呪詛する恐るべき物の名前なのかもしれない。

そうだ。分かったぞ。その物とはきっと「抹茶○お○」

こんな恐ろしい秘密を知ってしまった今となっては、恐ろしくて夜も眠れない。

とはいうものの、明日も朝が早いので今日はもう寝ようと思います。みなさん、おやすみなさい。どうか、いい夢を観てください。