FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『希望ヶ丘夫婦戦争』もういっちょ

あまりにも、さとう珠緒のことしか書いてないのでもう一言。

でも、ホモじゃないから、宮川一朗太を無制限に誉めるのも変じゃん。いや、別に宮川一朗太をホモが誉めてもホモじゃない人が誉めても、どうでもいいんですけどね。宮川一朗太はセルフイメージを守ったいつもの感じの役でした。

範田紗々ちゃんの、昭和の妄想な女秘書が面白かった。

あ、あと、元から実相寺監督が撮る予定があったのかどうかは知らないけど、高橋巌監督が撮ってよかったんだと思います。

て、ことで、できれば、女優さとう珠緒の獅子奮迅の底力を見てあげてください。
スポンサーサイト



『希望ヶ丘夫婦戦争』ユーロスペース2

【映画の概要】
原作 実相寺昭雄、主演 さとう珠緒(じゃなくって宮川一朗太か)
新興住宅地、希望ヶ丘に新居を構える新婚夫婦、ある日、壁に発生したカビから少しずつ夫婦にすれ違いが・・・一応艶笑物かな。

【映画の感想】
という訳で、オーピンク「ぷんぷん」さとう珠緒の映画。実相時っぽいのに、ありがちなストーリーの映画を、天性の役者、さとう珠緒の好演が持ち上げる。単純に造形の話ではなく、役者は顔(表情)だなあ、と思う。

ずっと観てたい顔なんである。

【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円