FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『鈍獣』シネクイント

【映画の概要】
「鈍獣」と「鈍重」を掛けてるのか。打ち込んでみて初めて気が付いた。どんな伝説だったかは、もちろん知らないが、宮藤官九郎脚本の伝説の舞台の映画化作品。

【映画の感想】
すんません。まず寝てしまったことを謝ります。これもかい、俺。何かガチャガチャしてる割にはやってる事に違いがないっつーか、繰り返しを続ける割にはバリエーションが少ないっつーか。予告以上がなかったと思うね。予告以上のシーンで寝てたかもしれないから大きな事は言えないけど。

役者は好演。真木よう子いい感じじゃん。ナンノはかないじゃん。佐津川愛美うるさいじゃん(誉め言葉)。

【銭】
常設ダフ屋で前売券を900円で購入。これで入場した座席指定券を大事に保管しておけば、シネクイントで次に入場する時の入場料金は1000円だ。

このLINKをクリックするとBlogPeople「音楽・エンターテイメント/映画」ブログランキングのランキングがちょっとだけあがってくれるらしい。でも、寝てばっかの映画日記でランキングをあげてもらうのも何だかなあ
スポンサーサイト



『真夏のオリオン』パルコ調布キネマ

【映画の概要】
太平洋戦争末期を舞台に送る和製潜水艦映画。

【映画の感想】
すんません。まず寝てしまったことを謝ります。何でだろう。そりゃあ、疲れてはいたけど。潜水艦に乗り込んでいる人たちの「死にたくない」という思いを切実に感じられなかったからかなあ。でも単にそれは寝ちゃった事への言訳だ。

んー、北川景子ちゃん、可愛いなあ。でも、ちょっと珍しいくらいに可愛いだけで中身がなくない?(いや、役が) あの顔で見つめられたら、それだけでいいって言えばそれまでだけど。「この『真夏のオリオン』に出てる北川景子の祖母と孫の二役は両方とも『ハンサムスーツ』の北川景子と同一人物では?」と問われたら、「別に違う人物と言い切る確証はない」と答える。北川景子には申し訳ないけど間違えてはいない。

海の上と下の戦いも今ひとつ緊迫しない。
それは戦法のルールや、セオリーがあまりきちんと説明されてないからだと思う。
基本、映画を観に行った人は俺も含めて素人だから、潜水艦戦の基本はどこかで説明しなくちゃいけない筈だ。そんなにメジャーなジャンルじゃないんだし。
海の下は戦中っぽいけど、海の上は現代っぽいしなあ。カラリスト(色の配分を統一する職業)の仕事が良くないんじゃないかなあ。

あと、ドランクドラゴンの鈴木(二者択一で言うと無能な方)が潜水艦のコック役で出てて、最近、船のコックと言えば『沈黙の・・・』でも『フィッシュ・ストーリー』でも、注目のアクションな役どころであるのだが、そんな事とはそりゃあそうだろう的に一切関係なく、実は普通にいい感じのコックに仕上がっていた。凄く普通のよくいる特徴のない・・・「庶民」の類型としていそうな役なのだ。あ、ドランク鈴木は水木しげるが書くところの「庶民」も似合いそうだ。そういや北川景子ちゃんと同様『ハンサムスーツ』にも出てたしなあ。これで館長が玉木宏じゃなくって谷原章介だったら、単純にそれだけでコメディー映画『ハンサム・オリオン』とか、面白いかもしれんぞ。間違えてるか、俺? 間違えてるよ、俺。
それにしてもドランク鈴木でこんなに文章を書くとは思わなかったなあ。

【銭】
パルコ調布キネマの会員割引で1000円。三回有料入場したから、次はロハだ。

このLINKをクリックするとBlogPeople「音楽・エンターテイメント/映画」ブログランキングのランキングがちょっとだけあがってくれるらしい。そう言えば映画記事にこのLINKを付けるのは初めてだ。そう考えると何か迂闊だなあ

ブログ改造「トップページの底にLINK追加」

これもちょっと前からこっそりやってるんですが、

ブログのトップページを開くと、新着の15記事(これは設定上のMAX値)が表示されるんですが、16件より前の記事については、アーカイブ(月別)かカテゴリ別から進まないと記事を読めない、という何かけっこうイライラする状態でした。それがスタイルシート(提供されたブログのデザイン・フォーマット)のデフォルトで、そんな根幹の設定を変えられるとは思っていなかったんです。

でも、アーカイブ(月別)の設定を真似して、表示されている記事より古い記事へのLINKを付けてみたら、15件くぎりで前の記事に飛ぶ事が出来るようになりました。うーん、やってみるもんっすね。何でそういう動きをするんだか、理屈は全然分かっていないというのに。

という事で、古い記事を読む時も、前みたいに、アーカイブ、カテゴリから、進まなくても大丈夫になりました。すんません。もうちょっと早く気づけよてめえって感じなんですが、師匠もなく、ただ一人で寂しくやってるもんで、よう分からんかったんです。まあ、「今日から俺が師匠だから、俺の言うとおりに全部やれ」とか言うのが来ても、ガン無視するだろうから、結局どっちにしても、とってもロンリーではあるんだけど。

うっ、くそ。涙で目が・・・

このLINKをクリックすると・・・今、涙で目が見えないからBlogPeople「音楽・エンターテイメント/映画」ブログランキングのランキングサイトがどうだこうだなんて、とりあえずどうでもいいや

ブログ改造「携帯サイトのデザイン変更」

ちょっと前から「携帯電話」のブログサイトのデザインを変えています。デザイン名は「サンマ」、見たまんまです。誰が何の目的で作ったのか分からない謎のデザインです。まあ、俺みたいな物好きが、たまーにいるんでしょう。

携帯サイトは、今までずっとデフォルトの白無地で、清楚で可憐、純情無垢な少女の様相を示していたのに、何で焼き魚のデザインに変更したのかってえと、変更できるって事に気が付いたから。携帯サイトのデザイン変更は有料プランだけが出来るって思い込んでいたけど、そうではないらしいんで。とは言うものの、後から怖いお兄さんたちが「おうおうおうおう」とか力んで、トリタテにきたら、どうしよう。

一応、自分の携帯(NTT FOMA)からはデザインの変更が確認できたけど、それ以外はよく分からん。変わってなかったら、変わってなかったで、「ああ、藤木はいつまでも<清楚で可憐、純情無垢な少女みたい>なデザインを使ってどす黒い内容を書いてるなあ」と心の中で思っていてください。

一応、どんな風になってるのか、NTT FOMA以外の機種の方の報告などをコメントでいただけると嬉しいです(まあ、そんなに読んでる人が積極的に読んでくれちゃいないって事は重々承知なんだけど)。

全く持って映画の話題じゃないけど、LINKをクリックするとBlogPeople「音楽・エンターテイメント/映画」ブログランキングのランキング投票につながる。それって間違えてるといえば間違えてるよなあ