FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ごくせん THE MOVIE』新宿ピカデリー スクリーン6

こ、こりゃあ子供だましだ。
と言ったら子供に怒られちゃうな。
「私たちはちゃんと分かって騙されてやってるの!(怒)」とか言われそうだ。

TVドラマを一切見ていないので、もしかしたら、もっと深い解釈が・・・どう考えてもないよなあ、これには。TV局が出資してる映画は数が多いので、いい映画だってそこそこある。にも関わらず、未だにTV曲出資作品が「あんなの映画じゃない」と単純明快に断言されてしまうのは、地道な努力を踏みにじるこんな映画とか『ナースのお仕事』みたいな映画があるからに違いない。

特別出演者は豪華。ただ、豪華というだけで、ストーリー的には全く何のプラスにもなっていない。

【銭】
7月19日は新宿ピカデリー開場一周年記念という事で1000円均一。
スポンサーサイト



『トランスフォーマー リベンジ』新宿ピカデリー スクリーン10

こんな映画『変形ロボット大作戦 話のなさはCGでポン』程度の題名で充分だ。

字幕版で観たが、コンボイ親方のアメリカ版のあて声が、何か悪そうな奴っぽい声だったので、観ていてかなり混乱した。

【銭】
7月19日は新宿ピカデリー開場一周年記念という事で1000円均一。

『アマルフィ 女神の報酬』新宿ピカデリー スクリーン4

全編イタリアロケで送る織田裕二映画。

んーと、面白かった、かな。
我ながら、ちょっと歯切れが悪い。

決してつまらなくはないのである。

でも、どっかで観たり聞いたりしたような話なのだ。

映画の顔だけあって、織田裕二は割といい。椿三十郎なんかよりはよっぽどいい。『TRY』なんか映画の顔として成り立っていなかったから、それから考えれば全然、大丈夫だ。
戸田恵梨香はいいという下馬評があったが、まあいい。あんな娘が近くにいたら、是非、ストーキングとかしてみたい。そんな気にさせる。ただ、それは戸田恵梨香本人にストーキングしたいというだけであって、役柄の彼女がそんなに魅力的かってえーと、別にどうって役ではない。

さて、映画のタイトルになってる「アマルフィ」はイタリアの美しい町の名前だそうだ。映画を観終わった後でも、別にわざわざ題名にしなくっちゃいけないとは思えなかった。日本だったら、サスペンス映画のタイトルに『軽井沢』って付けるようなもんだ。普通に考えたら、イタリア人大笑いじゃないの? まあ、全てのイタリア人が普通じゃない可能性もあるから、笑ったりしないかもしれないけど。

【銭】
7月19日は新宿ピカデリー開場一周年記念という事で1000円均一。

あ、この後、ネタバレ。 続きを読む