FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ストレンジャー 戦慄の訪問者』『三国志』新橋文化

・『ストレンジャー 戦慄の訪問者』:正体不明の変な奴らが主人公の別荘にやってきて、さんざん脅して主人公たちをとっちめて終わり。んんん、何じゃこりゃ。こんなもん日本に持ち込むなよ。84分57秒を無駄に費やして、最後の3秒に賭けたような映画。だけど、賭けには勝ってない。せいぜい引き分けがいいところだ。

・『三国志』:同じ三国志ものなら『レッドクリフ』よりこっちの方が好き。流石、男を泣かせる男、アンディ・ラウ。たまに『マッスル・モンク』みたいな盛大な悪ふざけもやるけど、大筋、信頼してる。残念なのはポスターデザインの悪さだ。『炭鉱夫大棟梁アンディ・ラウ』とかって題名でもおかしくないような地味でかっこ悪いビジュアル。しかも、顔と身体の向きが妙にずれていて、アイコラっぽいのだ。これがアイコラだとしても、誰も喜ばないし、誰も欲情しない。
サモハンとマギーQが儲け役です。

【銭】
新橋文化、前売券で700円
スポンサーサイト