FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『イジー・バルタ短編集 Aプログラム』ユーロスペース2

ぺろぺろぺろぺろ
「イジリー・ばる太」とかじゃないので注意。

チェコアニメ界、知る人ぞ知る異能の名匠、イジー・バルタの短篇を集めたプログラム。

それにしても、イジー・バルタは本当に超絶技巧を持っている。普通じゃない。ずば抜けている。にもかかわらず、何となく役に立ってない感が強い。天才は認められないもんである。認めてないのは単に私だけか。いやいや、認めてはいるんだけど、相反する気持ちを抑えられないと言う感じ。技巧は凄いし、感服するけど、技巧が中心でありすぎる。だから短いと冴えるけど、長いとちょっと辛い。

Aプログラムは80分、4本。中でも一番長い53分の『笛吹き男』がいい意味でも悪い意味でも破壊力抜群。「ハーメルンの笛吹き男」の新解釈で、話の展開が冗長なので、けっこう眠気を誘う。だが、後半のピカレスクな展開は、立体造形の海外短篇アニメなのに『必殺仕置人』を思わせる暗闇の中でやっちまえなマカロニ・ウェスタンを思わせるテイスト。渋いんだけど、こんなんやっていいんかとハラハラさせられる。何だかんだ言っても中途半端に善人を捨てられないんだな、俺。

【銭】
ユーロスペース会員割引で200円減額の1000円

会員ポイントを付ける機械が故障してて、次までに付けますと言われる。
一応、本当に付くかどうか忘れちゃうと悔しいので、ここにメモっておこう。相変わらずちっちゃいぞ、俺。
現在カード上のポイント26。
本当は27ポイントになっている筈だから、次に入場したら、28ポイントになってれば正解。8ポイントで1回入場だから3回は観れる計算。・・・マーフィーの法則的にこういうのは、気が付くと目の前で失権しちゃったりするんだよなあ。そうなんだろ、神様。
スポンサーサイト