FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「暑中見舞い、残暑見舞いは書きましたか?」

暑中見舞いも、残暑見舞いも基本的に書いた事はないです。

ダメ社会人だなあ。

でも、これって「暑くって大変だよねえ」「暑さがなかなか引かなくって大変だよねえ」って主旨じゃないですか。近くにいる人(会社の同僚とか)に話題として話しかける事はあっても、年賀状のように改まって、普段会ってない人に手紙で認めるほどの内容でもない気がします。

チョンマゲ結ってた頃の昔なんかは、奉公人が盆と正月にしか帰省できなかったりしたから、出すタイミングがドンピシャだったって事じゃないですかねえ。

まあ、この記事を書いてる、この今をいい機会として、普段、お世話になってる方々に送っておこうと思います。但し、媒体は手紙ではなく「念」です。
慣れない作業なので、せっかく送ったものの「めんどうくせえなあ」とかいう念に変わってたりしたらごめんなさい。
スポンサーサイト



『小三治』下高井戸シネマ

落語の師匠は名人系と爆笑系に別れると思う。

小三治師匠は名人系。

しまった。合わない。

【銭】
1300円をチラシ割引100円で1200円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
小三治@映画生活

『リリィ、はちみつ色の秘密』『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』ギンレイホール

・『リリィ、はちみつ色の秘密』:ダコタ・ファニングがもう14才の少女なのだな。でかくなっておめでとう。さほど崩れていない容姿にもおめでとう。

・『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』:おバカな犬を中心に据えたライト・コメディーかと思いきや、犬は話の一部で「人生をどう生きるか」という、思った以上に真面目な映画だったので、ビックリした(モチーフは真面目だけど、映画自体はくだけてる)。
主人公オーウェン・ウィルソンの上司がアラン・アーキン。「いったい幾つなんだよ」というぐらいに妖怪っぽい。案外、映画の中では明かされていなかったが「妖怪・机爺」とかの裏設定があるのかもしれない。

【銭】
ギンレイホール、会員パスで入場

追伸:ムチャクチャくだらない事を思いついてしまった。
以下、あまりにもくだらないから、すぐには見せない。

・・・ 続きを読む

ブログ改造「サイドバー改名、改順序(PCサイト限定話題)」

サイドバー(記事の横っちょにある検索ボックスやらLINKやら)のタイトルを分かりやすいように日本語に変えました(変える前はデフォルトの英語表示)。

分かりづらくなったと思うあなたは南蛮人の血が流れている。又は、南蛮人の毒々しい精神汚染を受けている。このどっちかに違いありません。そんなチキン南蛮の手先のような奴らに容赦はしません。

あと、順序を変えました。
「自己紹介」と「最新コメント」の地位をあげて、「カテゴリ別」「月別」の地位を下げて、「最新記事」は見た目と全く一緒なので抹殺しました。

「自己紹介」「最新コメント」は割とナイガシロにされていたので、地位向上しました。「最新コメント」なんて、これでしか、どこにコメントが入れられたかが分からんから、本来、上の方になければいけない物だったのです。「自己紹介」は上の方にある方が見た目の収まりがいい。それだけと言えばそれだけかな。

「カテゴリ別」「月別」はトップページから延々と遡れば最初の記事まで行ける形に変えた時点で、そんなに必要なくなったよなあ、と思って地位を下げました。

「使いづらくなっちゃったよ」とかあるようなら、教えてください。

えーと、南蛮人じゃない、あなた。

2009年9月5日追記
 あ、そう言えばこの記事、携帯サイトには全く無関係だ。ごめんごめん。でもまあ、大概の記事はPCで読まれる事を前提に書いているんだって事を読む側も頭の片隅に入れて置いてください。