FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「九死に一生を得た出来事を教えてください」

なになに、「九死に一生」って、そりゃあれでしょ。

坂本九が死んで、坂本一生に生まれ変わったって、

なんか、何となく書いたけど、ムチャクチャうまくはまってるな。

そういや、このお題も9月9日が「救急の日」という事から来ているらしいけど、それを言うなら、今年は2009年で9が三並びになるから、「銀河鉄道999の日」でも良かったのに。じゃ、何だ。来年は「1000年女王の日」か?(脈絡がありそうで全くない)

閑話休題

実際は何の被害もなかったけど、頭の上に洗濯機が落ちてきた事があります。こう書くと、高層団地のベランダから洗濯機がまっ逆さまに落ちてきたみたいに連想されるかもしれないけど、そんなに華やかに派手派手しい話ではなく、廃品回収に来ていたトラックに積んであった洗濯機がバランス崩して、荷台から落ちてきた、という状態です。中学生ぐらいだったと思うけど、いつだったかもう全く覚えていない。

運動神経が鈍い割には、ちゃんと生きていたいという生存欲求が強かったのか、徐行して曳いていた自転車を盾にして、はっしと受け止めました。

で、問題なく生きてる訳です。
いや、問題なく生きているかは、微妙か。
まあ、問題ない事にしておいてください。

あっ、いい言葉、思いついた。

「同情するなら金もくれ」

皆さんからの厚い御支援をお待ちいたしております。
スポンサーサイト



吸血少女の肖像

少女吸血鬼

という訳で、ゆっきー、こと、川村ゆきえちゃんです。

『意志の勝利』を観に行った時、併設館で公開している『吸血少女VS少女フランケン』のSFX素材が「好き者」が集うシアターN渋谷に置いてありました。偉い。とても偉い。

けっこう、この顔であっても、垂れてる目が可愛い。

口がこうであっても、性格がよければ付き合えるし、デートだって大丈夫だ。でも、キスは痛そうだ。

『意志の勝利』もういっちょ

「んもぅうううう」それは牛の勝利

「あなたが狼なら怖くない」それは石野真子の勝利

そういや、ムチャクチャ、女ッ気がない映画だった。
いや、誰も知らない間に密かにヒットラーが性転換手術を施してたりする事もありえるから、一概に女ッ気がないとは言えんかもしれんけど、そうだとしても絵的には野郎だらけだ。これだけ野郎だらけなら、ホモも安心だ。書いていて、何が安心であるかは自分でもよく分からない。でも、何となく、この優生学的なマッチョへの嗜好はおホモの皆さんの嗜好とマッチしてる気がする。行進する姿が上半身裸だったら、ドンピシャじゃないだろうか。そういう人のコメントもお待ちしております(いや、書いたりしないだろ)。

前売券の紙質が厚くてムチャクチャいい紙。

どうでもいい話だけど、「石野勝利」って名前の人、いそうだなあ。

しまった。
わざわざ「どうでもいい話だけど」と書いたものの、「どうでもいい話、でない話」を書いた記憶がとんと思い出せない。

じゃ、もういっちょ、どうでもいい話。
この映画について、ファシスト礼賛とか、クレームが付くようなら、それを精一杯、裏返す為に、「赤ちゃん言葉バージョン」を作ってみるといいんじゃないかと思う。

どう、世界中の怒りやすい平和主義の皆さん?