FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「あなたが憧れる同性の有名人は?」に即答する男ふじき

あのスタンスで生きられたらいいよなあ、と妬んでやまないのが、

みうらじゅん。
スポンサーサイト



『プール』をパルコ調布キネマで観る男ふじき

草食系映画。

小林聡美、加瀬亮、もたいまさこ、って『めがね』と同じ組み合わせで、
同じような居場所探し映画。なんで?

楽園のように描かれてるタイだが、
生活の為に少女売春が横行する貧乏国でもある。
そこに金を持った日本人がノコノコやってきて、
皆でツラつき合わせて居場所探しをするなんてのは、
とても呑気で尊大な話だなあ、と思った(タイなんか行った事ないから全部耳学問)。

結局「プール」は何だったのか? 題名にするようなもんだったのか?
もしかして、婆が入ると若返ったりするのか?
もたいまさこはジェシカ・タンディか? 
分かりづらいからネタバラシしちゃうと『コクーン』だ。
じゃあ加瀬亮はスティーブ・グッテンバーグで、小林聡美がエイリアンか。そんなに間違えてない感じだ。


【銭】
パルコ調布キネマ会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プール@ムーピーウォーカー(映画生活がページ落ちしててLINK貼れない)

マンガ『スタジオ秘密基地劇場 全二巻』長谷川裕一&スタジオ秘密基地、マガジンZKCを読む男ふじき

長谷川裕一の味が好き。

真面目すぎず、いい加減すぎず。でも、どっちかっていうといい加減。

今作は全ての人間が超能力者である資質を持ちえる多元世界。
マンガ製作スタジオの先生とアシスタント全員がヒーローという、
「そんなんありかぁ」な世界。

「そんなんありかぁ」な世界を描かせると長谷川裕一は上手い。
ただ、スタジオスタッフ一人一人のエピソードを連作短篇にした事と、
ラストの大バトルが反則くさい終り方をした事で、居心地が悪い出来になってしまった。

それなりに凄い能力を持っているのに、プライドがなくって、損ばっかりしてる侵略大帝様がキュート。