FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『東のエデン 劇場版Ⅰ The King of Eden』をユナイテッドシネマ豊洲シアター2で観る男ふじき

■のっけから、どうでもいい嘘を書きます
 
「・の国の王様になる できる?」
「受理されました。ノブレス・オブリージュ、
今度会う時は素敵な王様たらんことを。」
 
と答えたものの、電波状態が悪く、ジュイスが受理した依頼は
滝沢の求めていた依頼とはかけ離れたものであった。
 
3日後。
 
「おおおおおっ!」
 
マスコミはその意外な人物の起用に驚きを隠せなかった。
「ウルトラマンキングの声には、時の人、滝沢朗!」

ちゃんちゃん。

■感想
面白いような気もする。
この生煮え感は、ドンピシャで発生したアクシデントによって、
気を削がれちゃった事による物なのか、
話が進まないうちに途中経過で止まってしまった事による物なのか、
を判断できないでいる。
ただ、この劇場版Ⅰって編集すれば10分くらいに収まるんじゃない?
劇場版としての本来の話がまだ始まってないっぽい。
ダメじゃん。

■豊洲
せっかく豊洲で観たのに(TV版は結構、豊洲が舞台)、
ほとんど豊洲は舞台に現われず。
TV版再編集の「総集編」は豊洲で流れてなかったし、
何か動き悪いなあ。


【銭】
常設ダフ屋で50円だけ安い1150円で前売券を購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
東のエデン 劇場版 I The King of Eden@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



マンガ『とめはねっ!第六巻』河合克敏、ヤングサンデーコミックスを読む男ふじき

話は面白いが、登場人物の顔にバリエーシュンが少ない。
同じ輪郭が多すぎる。

主要キャラを全員集めて風呂に入れて、
バスタオルを頭に巻かせたら、この世界は崩壊する。

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争6』ママチャリ、小学生文庫を読書する男ふじき

おもろい。

1,2,6巻という変則的な読み方になったが、
とりあえず全然大丈夫だったので一安心
(正順で読む方がそりゃあいいんだろうけど、
6だけ古本屋で100円売値って価格に理性が飛んだ)。
とりあえず前提になる1は必須だが、
後は順不同でも大丈夫そうだ。

今回、割と生臭い話に、ちょっと引かんでもないけど、
それにしても、この人は語りが上手いなあ。

6巻に出てくる登場人物、
天使の恵美ちゃんがむちゃくちゃ可愛い。
古今東西、小説で書かれた女の子の中では、
この子が一番可愛い。