FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

拍手さん、久しぶり

拍手コメント久々です。

メリークリスマス
鷲づかみされてまた見に来てしまった。こんな顔して乙女心がまだ健在だ、私(苦笑)。


見れん見れん、ブログだと顔が見れん。

あ、でも、ベストにしてキュートなアイデアですよね。

お、だって鷲づかみにしちゃるから、乙女心を大回転しちくれえ!」てのはダメですか?(そういや、狸のサンタもあったな)
スポンサーサイト



『パチャママの贈りもの』をユーロスペース2で観た男ふじき

きっといい映画なんだと思う。

民俗学的にも今、撮っておかないと
取り返しのつかない映像もいっぱいある事だろう。

でも、ドラマ性は希薄だ。
基本、景色を観る為の映画になってしまっている。
それなら、しっかりドキュメンタリーとして取り、
強調すべき感情ラインをナレーションで補強するなどの手法を
取った方が観やすく、又、知識価値も高くなったんじゃないだろうか。

んー、すまん。ともかく乗れなかったのだ。
不純だからだって言われれば、まあ、それまでだ
(いやあ、不純である事はちゃんと自覚してるよ)。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パチャママの贈りもの@ぴあ映画生活

『渋谷』をユーロスペース1で観る男ふじき

全部を肯定はしない。
何より、後半、映画らしくする為に付け加えた仕組みは蛇足に思えてならない。
ただ、物語中半までの密室でのやり取りは、物凄く濃密で、
舞台の上の二人芝居を見ているかのような錯覚にとらわれる。
役者と役者の真剣勝負のようなゾクゾク感を感じた。

男の役者は綾野剛、女の役者は佐津川愛美。
佐津川愛美にはまた、やられたという感じだ。
ガスパッチョのガイドさんだけじゃないんで、
ぜひスクリーンで彼女を見てもらいたい。

佐津川愛美その人が物凄い美人じゃないんで(失礼)
あの役にはリアリティがある。

【銭】
ユーロスペースの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
渋谷@ぴあ映画生活