fc2ブログ

『狼の死刑宣告』『バタフライ・エフェクト3』を新橋文化で観た男ふじき

『狼の死刑宣告』
ジェームズ・ワン(『SAW』)が新たに挑んだ男泣きのヴィジランテ(自警)映画。
ってのがチラシのセカンドコピー。
「ヴィジランテ(自警)」なんて普通の人が人生で初めて聞くような言葉を宣伝コピーに使っちゃダメでしょ。

とは言え、でも、この『狼よさらば』と同じ原作者を持つこの映画は、凄くいい。
映画には復讐がよく似合うのである。そして、この規模の映画で、善玉をやるにしても悪玉をやるにしてもケビン・ベーコンがそこにいると、もう本当にそれだけで何の迷いもなく、映画は成立してしまうのだ。ああ、満腹感。

なつかしやジョン・グッドマンが出てきて、小悪党を演じるのもちょっとお得な感じ。


『バタフライ・エフェクト3』
あっはっは。笑い事じゃなくって、一番大事な設定のシーンで寝ちゃった。
まあ、でも、基本、大した映画ではない。そう見た。

1は傑作。
2は1の単なる模倣作。
3は1の基本設定に捻りを加えてあるけど、
やっぱりもう失敗に次ぐ失敗で何度も何度も戻らざるを得ないってギャグすれすれの設定が元になっているので、この同じ題材で3本も映画を作ることその物に、元々無理があるのだ。


【銭】
新橋文化、7回有料入場スタンプカードを使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
狼の死刑宣告@ぴあ映画生活
バタフライ・エフェクト3/最後の選択@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『斬撃』『アート・オブ・ウォー2』を新橋文化で観た男ふじき

『斬撃』
セガールがゾンビ(正確にはゾンビじゃなくって吸血鬼)を日本刀で斬って、斬って、斬りまくる。出会い頭だろうが、何だろうが、目の前にあったら、ただ斬る。一切逃げないし、ピンチにもおちいらない。こんなんが相手ではゾンビも本当にご愁傷様だ。
セガールだけを見ていると、どんな攻撃にも不死身のマリオが淡々と横スクロールで移動して、ファイナル・ステージまで最短の時間で淀みなく突き進むような映画だ。
流石にそれだと映画にならないと踏んでなのか、ハンターチームとは別に、
やられる若者チームが登場して、どっちかって言うと実はこっちの方が主役なんである。

まあそれはそれとして、いつも通り「とてもどうでもいい映画」をちゃんと貫いている、それでいいかどうかは別として。


『アート・オブ・ウォー2』
『アート・オブ・ウォー2』って、『アート・オブ・ウォー』その物の記憶がもう何一つとして残っていないと言うのに。それにしてもチラシに載ってる「スナイプス、実刑判決後初の公開作品」ってコピーは凄い。そんなもんを宣伝に使うんか。ちなみに罪状は脱税罪。そして、チラシに映画の賛辞を寄せる寄せ書き陣もムチャクチャ。
佐々木健介、北斗晶、ここまではまあ、よかろう。
ダンテ・カーヴァー、ボビー・オロゴン、オスマン・サンコン、田代まさし。

ええっ。

えーと、映画の中のウェズリー・スナイプスのファッションがちょっと長渕剛チックだと思います。


【銭】
新橋文化、前売券使用で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
斬撃 -ZANGEKI-@ぴあ映画生活
アート・オブ・ウォー2@ぴあ映画生活

PS 別にセガールもスナイプスも「面白い映画だろう」と思って観に来てる訳じゃないから、つまんなくても文句はないよ。

『12モンキーズ』『ラ・ジュテ』『ロスト・イン・ラ・マンチャ』を早稲田松竹で観た男ふじき

久々に行ったけど、やっぱりここはいい映画館だよなあ。早稲田松竹。
ともかく上映中、真っ暗になるのがたまらん。
独自に作ったマナー広告のセンスがたまらん。
又、今回みたいに名画座だからこそできる番組作成に
「負けた」と本気で脱帽させられちゃうのもたまらん。

という訳で、今回は『ロスト・イン・ラ・マンチャ』だけ初見。
公開時は話題になったけど、それ以来、案外どこにもかかってなかった気がする。

『12モンキーズ』
おお、おお、そうそう。こんな映画だった。
テリー・ギリアムは雇われ監督なのかもしれないけど、
どこからどう見てもテリー・ギリアム映画になっているところが凄い。
ラスト少年の瞳のアップがなんだか夢のような神々しさ。


『ラ・ジュテ』
いっしょに観ると、『12モンキーズ』が
いかにこの『ラ・ジュテ』に依存しているかがよく分かる。
大した映画ではあるが、狂人の世迷言みたいだ。
同じく狂人の世迷言であるのだけど、ともかく大音量の世迷言である
『12モンキーズ』が世に出た事で、いい入門編が出来たんじゃないだろうか。
って、言いながら一緒に公開されるような気の効いた機会はほとんどないだろうけど。


『ロスト・イン・ラ・マンチャ』
映画を作るって大変だ。
映画作りの映画としては『王様の映画』って傑作があって、あれもとてもいい映画だった。この映画で起こった数々の大問題も、今だったらCGを使って、かなりの部分、逃げ切れるんじゃないだろうか。逃げ切った映像に魂が篭るかどうかは疑問で、一歩間違うと、すげえ屑映画にもなりかねないけど。

洪水で色が変わった大地はカラー調整で整えて、
ジャン・ロシュフォールは顔だけCG貼りで身体は代役。
同音撮りは諦めてもらって全アフレコ。
・・・というか、それなら、いっそアニメでいいか?


【銭】
早稲田松竹、正規入場料金1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
12モンキーズ@ぴあ映画生活
ラ・ジュテ@ぴあ映画生活
ロスト・イン・ラ・マンチャ@ぴあ映画生活

共通テーマ「もらった?あげた?バレンタインのチョコレート」に過剰反応する男ふじき

> 皆様の甘い投稿、お待ちしております。

まぁたあ、そうやって傷口に塩を刷り込むような事を。

というか、反応しなければいいのか。

無念無想。
無念無想。
無念無想。
無念無想。
無念無想。
無念無想。

バレンタインにチョコを貰えなくって出家しちゃった人とかいないかなあ。
別にそういう人と友達になりたいとは思わんけど、
そういう人がいたら強烈なシンパシーは感じる。
参議院に立候補するんだったら、一票ぐらい投じてやってもいいぞ。

共通テーマ「バレンタインデーにチョコあげる? もらえそう?」最終解答

バレンタインデーになった。

今からチョコをもらえる確率は
1999年7の月に来なかったアンゴルモアの大王が
「いやあ、遅れちゃったよ。失敬、失敬」と言って
いきなりやってくるよりも低いだろう
(なんか結局、低いんだか高いんだかよく分からない)。

で、まあ、記録として、負け犬は負け犬らしく、
ちゃんと敗北宣言を書いておくのも潔いかな、と思って、
記事を書いてます。

「ちくしよおぉぉぉぉぉぉおおおおおぉぉおぉう」

まあ、縁がないものはしょうがない。
しかしなあ、バレンタインデーが製菓業界の陰謀ではなく、
製薬業界の陰謀だったりしたら、毎年、薬の飲みすぎで
(どんな薬でも大量に摂取すれば毒)、
イケメンの絶対数が落ちていって、もう少し公平になるのかもしれないなあ。
でも、バレンタインにキャベジンもらって嬉しいかってのも微妙だけど。

いやいや、そんな公平に皆を不幸にするような事を考えてはいかん。

それならいっそ、製菓業界に裏から手を回してもらって、
チョコレートに微量の核分裂物質を混入して貰う。
この核分裂物質がジャニーズ事務所みたいに一ヶ所に集積された時点で
臨界量を越え・・・・・・・・、
いや、正確な知識はないけどきっと臨界量は越えないな。

まあねえ、世界中に男が私一人になったからと言って、
チョコをもらえるとも限らんしねえ。

という事で、もう貰えるも貰えないも突き抜けて、
もし、私が世界中の権力を掌中に収める事が出来たなら、
女子高生の綺麗どころを何人か全裸に剥いて、
チョコフォンデュした後で、茶色い肌に、
ホイップクリームで女体盛りをやります。

「涙のチョコレートボンボンだあ」と大声で叫んで、
ワカメ酒もグビグヒいただきたいと思います。
まあ、いいっしょ、これくらいの妄想は。本当にやったらまずいけど。

共通テーマ「五輪スノボ国母選手の腰パン&グラサンどう思う?」に正論ぶる男ふじき

ダメでしょう。甘えん坊坊主。

それは何でかと言うと、日本がオリンピックに参加しているのは、日本国民が一丸となって「オリンピックといういいドラマ」を観たいからで、その為に税金が使われているからです。だから、いいドラマを台無しにするようなキャストはいらない。突出したアスリートの無礼な金メダルより、努力した礼儀正しい青年の銅メダルの方が大半が支持するいいドラマなのだ。

だから、国母は「それだったら100万だか1000万だか知らんが、税金は一切使わんで参加する。自分で払う。国の為でなく、自分の技術をアピールする為に参加するからだ」ぐらい言えばかっこよかった。だって、そうでしょ。金だけ貰って(ギャラとかじゃなく費用ね)、ルール守らんって、小学生ぐらいまででしょ。別にそんなに気分の悪い思いをしてまで俺っちはメダルいらねえよ。

せめて、国母がもうちょっと、どこからどう見てもバカにしか見えないんだったら許されたとも思うんですけどね。篠原ともえみたいに

「はぁーい、皆さん、(くねくね)、コクボは、今、とっても反省してるんですぅ。ぐふふふぅ。ねぇ、皆さん。コクボのことぉスキぃ? コクボは自分のことぉ、だぁいスキぃ(くねくね)。だって、スノボはすごいし、ちゃあんと反省も出来るんだもーん。ぐふふ」

いや、これならしょうがないでしょ。
これで行こう。
これやるなら許すよ、国母。
じゃあ、そういう事で。
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる