FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

東映系でやる映画のチラシのレビュー

鑑賞本数が減って、映画の話題が乏しくなりそうなので、
ちょっと話題を薄く引き延ばしてみようと思います。

■『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』
哀川翔×宮藤官九郎×三池崇史
前作と同じこの組み合わせが安心感につながらないのが、三池ならでは。
チラシに載ってるゼブラクィーン仲里依紗の
パンクチックな厚化粧が雛形あきこに似てる。
じゃあ、仲里依紗じゃなくっていいんじゃない?


■『誰かが私にキスをした』
堀北真希の魅力が毛唐監督に分かるのか?
と言う意味では相手する3人のイケメンも同じように不安。
ラブストーリーって、あまり人種を越えない気がする(少なくとも邦画では)。
越えても東洋人までじゃないかなあ。


■『花のあと』
北川景子×藤沢周平。
不安なのは監督が「新鋭」である事。
年がいくつか知らないが、継続して時代劇が撮られていないような
この御時世に、新鋭に時代劇を撮らせるのは荷が重いんじゃないだろうか?
チラシのデザインが新しくなって、黒をベースに赤い番傘の北川景子が見返る。
なんか無性にオミズっぽいデザインだな。


■『孤高のメス』
堤真一の手術物。
多分、意識しての事だと思うが、手術着で伏目がちに
眉間に皺を寄せると、大概の役者は田宮二郎にしか見えない。


■『必死剣鳥刺し』
豊川悦司×藤沢周平。
今、豊川悦司と堤真一はどんな役でもチェンジ可能な気がしてならない。
予告編で観られる岸部一徳のムチャクチャぬべっとしたアップが
理由は分からないが、何だかとってもたまらない。
公家姿の成田三樹夫を観た時のドキドキ感にちょっと似てるかもしれない。
豊川悦司の顔面アップチラシも、とっても趣味が悪くって
これ100枚くらい壁に貼ったら、怖くて夜、眠れないと思う。
スポンサーサイト