FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『スナイパー』にいきそびれた男ふじき

いやあ、いきそびれた。

「一個小隊じゃないけどいいですか?」と聞くまでもなく、
劇場に着いたら既に映画が始まっていたのだ。

回転の速い営業だな、とは思っていたけれど、
普通のロードショー興行で予告編を全く付けずに
上映してるとは思わなかった。

なんで、一個小隊でいくあなたも、
ごく普通にカップルでいくあなたも、
私のように孤独に一人を噛みしめながらいくあなたも、
シネマ・アンジェリカに行くなら、時間厳守がいいですよ。
スポンサーサイト



共通テーマ「誰かに喜んでもらったエピソードを教えてください」に大上段ふじき

私を含む、ごく一般のブロガーのみなさんの総意を勝手に代表しますと、

ブログを読んでもらって誰かに喜んでもらえたらいいな。

って意見が一番じゃないですか。

あまり「ブログ読んだ奴、不幸になれ」と思って書いたりはしないでしょ。

喜んでもらえてるかどうかは、よく分からないのが辛いところだけど。

バーチャルは以外の現実世界では、あんまりビックリするような記憶がないなあ。そんな変わった生活も送ってないし、劇的なこともないですよ。

あ、やばい。

仕事ばっかやってたら、誕生日が通り過ぎてしまった。

また一つ墓場へと近づいてしまったのである。

もう、若くないのに、半病人なのに、なんでこうヒイヒイ働いてるかね。

儲からなくてもいいから、変化の乏しい仕事がいいんだけどなあ。

「し、仕事に殺されるぅ」
「仕事でいく、いく、いっちゃうぅ」

っっーか、そんなもんになっちゃダメだよね、仕事は。

泣き言でごめん。