ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

とにかくムチャクチャどうでもいい発見

「ストップ映画泥棒」に新登場した
観客のお姉ちゃんは利き腕が左手
(違法ダウンロードでマウスを左手で操作してる)。

あのお姉ちゃん、イメージが企画単体女優っぽいんだよな。
という事で、久々におたぴょんさんのBBSとの二重投稿です。
スポンサーサイト

共通テーマ「父の日のプレゼントはどこで買う?」に「別にぃ」な男ふじき

父ちゃん、死んじゃってるから、
とりあえず忘れなかったらお線香の1本でもあげるよ。

そのお線香をどこで買ってるかは不明。
とりあえず100円ショップとかではないと思うけど。
線香とか蝋燭なんかのサポート仏具は
100円ショップで売ってるのかなあ。

それじゃあんまりとかってんなら、
シャネルやグッチのお線香でもいいんだけど、
なんかエッチい匂いがしそうで、
それも仏具としてどうかなあ。
ま、単純にあったら高そうだし。

シャネルの5番のお線香で、
マリリン・モンローのお墓を包囲したいってのも
男の夢の一つかと思うが、
仮にそれが適うとしても、
それでマリリン・モンローは嬉しいのだろうか?

脱線したなあ。
あらあらかしこ(特に意味のない〆)

『君と歩こう』をユーロスペース2で観る男ふじき

絶賛公開中の『川の底からこんにちは』の新鋭・石井裕也監督作。

うーん、なんか合わない。

つまんなくはないんだけど、
何となく乗り損なっちゃった感じ。

冒頭、主人公の二人は田舎から東京に駆け落ちするが、
二人はどんな関係で何故駆け落ちに至ったかは明らかにされない。

明らかにされんでも、話は進んでいくし、
別に観れん事もないんだけど、
だったら中途半端に田舎のシークェンスとか
いらないんじゃないの?

ライト・コメディーなんだって言い切ってしまえば、
別にそれで終っちゃう話だけど、コテコテのギャグ映画じゃないなら、
そこそこの現実感やキャラクターの土台は必要だと思うのだ。
立脚点のないところに笑いを構築するのは難しいから。
それぞれの立場が明らかにならないと
「変な人がいっぱいいました。終わり」になっちゃうと思うのだ。

二人の生活感にしても、
関わってくる小学生にしても、
あちこちで現実感が漏れている。
その「漏れている」ところが魅力って言われちゃったりするのかもしれないが、
ああもう、やっぱり「合わない」としか言いようがないなあ。

それでも、きっと満島ひかりちゃんが主役だったら
いい映画って言っちゃう気がする。
いいかげんだなあ、俺。

って具合にいいかげんなんで、新鋭監督の新鋭具合は各自、自分で確認すること。
個人的にはユーロスペースのレイト裏番組でやってた『ユリ子のアロマ』の方が
ベタで稚拙っぽい空気ながら好き。
レイト裏番組は北朝鮮の怒号いきかう『クロッシング』に変わってしまったんだけど、
あの映画をレイトで観た後、夜、帰る足取りは重そうできついなあ。



【銭】
ユーロスペース、会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
君と歩こう@ぴあ映画生活

PS とっても不純な物言いをしておくと、今、これを観ておくと
監督が後から凄く有名になった時、オタク的に「俺が育てた」調で
威張った言い方ができるぞ(何となく監督偉くなりそうな気がする)。

否定的な物言いで、こんなに引っ張って書かんでもいいよなあ。

うわあ、本当にごめんなさい。

『パーマネント野ばら』をシネ・リーブル池袋2で観る男ふじき

よかったあ。

中盤までは割と冷静に「ふーん」と思って観てたが、
後半、秘密が明らかになって、
小汚い町の人たちが何の変わりもなく
その出来事に接していくだろうし、
その出来事があろうがなかろうが、
ガハガハ笑いながらチンコの話をして
ガサツに関係を守っていくだろうという。

その優しさに泣けた。
いや、後からそこに思いが至った。

菅ちゃんの笑顔に泣けた。
人は生きていかなくっちゃいけないし、
あんな素敵に微笑む事ができるなんて、とても素敵だ。

明らかに、今までのサイバラ映画の中で一番の映画でした。

さて、パンフレットでサイバラが誉めてましたが、
衣装のセンスがむちゃくちゃいい。

どんくさい池脇千鶴のTシャツが今時「ALOHA」って、
しかも、その「ALOHA」が刺繍なんだ。
何か信じられない物を見てしまった気がした。

フィリピン・パブ女店長、小池栄子のサイバラマンガから
抜け出てきたばかりみたいな外見の類似も凄いが、
あのシンデレラ・ドレスみたいなのを着て、
土佐の魚くさそうな漁師町の真っ暗な山中を歩くシーンのギャップ、
ムチ打ちの頭に付けるネットがあんなに似合う女性も
小池栄子以外、考えられない。

菅ちゃんの服も含めて、ともかく生活の中で洗いまくって
くたびれた風合いになってるのがとっても渋くてよい。

あと、肉をくれない本田博太郎も好きだ。

江口洋介はいい仕事をしてると思うし、
俺も江口洋介になって菅ちゃんの帯をぐるぐる解きたい。

宇崎竜童の「幸せになんなくちゃいかんよ」も
思い出すたびに、とても、ぐっとくる。



【銭】
池袋のミニコミbukuを持参で29日は1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パーマネント野ばら@ぴあ映画生活

PS 何をやってるって訳じゃないから、とても誉めづらいのは分かるんだけど、菅ちゃんは凄くしっかりと演技をしてる。小池栄子と池脇千鶴を誉めたいが為に、引き合いに菅ちゃんの演技を落とす人がいるが、そらあ、ないだろうと思う。逆に菅ちゃんまでがエキセントリックな演技をしたら、うるさい映画だったろうに。いっそ菅ちゃんのストレス解消の為に菅ちゃん主役で『恨ミシュラン』まさかの映画化とか、どうだろう。相棒のコータリンは禿げてれば誰でもいいけど、竹中直人だけはとても勝手にうるさそうなので却下。

共通テーマ「アウトドアするなら何したい?」に即答する男ふじき

あえて何かやれと言うなら
 
エアアウトドア。
 
お外は好きじゃないの。

共通テーマ「仕事用の新しい名前欲しくないですか?」もういっちょ。

ふと、思った。
 
日本サンライズに行って
差し出された名刺に
 
「シャア・アズナブル伊藤」、
「ジョニー・ライデン佐々木」、
とか、書かれてたら引くだろうなあ、って。

共通テーマ「スカっとしたい時はどうする?」にお茶濁しまくりの男ふじき

昔から「♪スカッと爽やかコカ・コーラ」と
CMソングにも歌われてるからコーラでも飲みますかねえ。
でも、「一口サイズでいいんだよなあ」とか
グジグジ思っちゃうから実はそんなにスカっとしないんだよなあ。

大体、「スカ」で「トロ」を思い出しちゃうダメっぷりだから、
もうスカっとする資格がないんではないか、とかも思う訳だし。

なので、他人様が提唱する行為を無条件にパクって、
「こうすればスカッとするぜえ」という
回答に仕立て上げて、お茶を濁そうと思います。

えーですね。
お題を作ったmeg☆さんが、

・買い物しまくる!
・クルマをメチャクチャ飛ばす!
・朝から晩まで温泉で過ごす!

という三点をあげてるので、
これを全部一度にやればスカッとするんじゃないか、と。

つまり、
・朝から晩まで温泉で過ごしながら、
・クルマをメチャクチャに飛ばして、
・買い物しまくる。

温泉街にクルマで乗り付けて、とりあえずスカっとする為には
他人の目とか、ぶつかったり飛び込んだりしてくる身体とかは気にせずに
クルマを猛スピードで疾走させます
「私に、私に源泉をかけてええええ」とか大声で叫んで、
車内にいながら源泉ぶっかけてもらって、温泉を堪能。
堪能しながら、やはりステアリングをギュンギュン言わせながら、
「私に、私に温泉タマゴを食べさせてええええ」とか大声で叫んで、
温泉タマゴを購入しまくり。車内から金をばらまいて、
車外から温泉タマゴをバンバン投げ入れてもらう。
源泉と温泉タマゴのアメアラレの中、大声で絶叫。
「あああああああああ、スカッとするううううううう」

ほ、本当か?

私、完全無欠のペーパードライバーなんで、
この楽しそうな行為を実行する権利は
meg☆さんにお譲りしたいと思います。

やってね。

ライブドアの会社のmeg☆さんの周りの皆さんも、
せっかくだから、meg☆さんがスカっとするように、
皆で一致団結、協力して、meg☆さんをクルマに括りつけて、
アクセル踏みっぱなしの状態にクルマを固定して
彼女を会社から送り出してあげてください。

ああ、なんかいい提案をした後はすがすがしいなあ。
ちょっとスカっとしてるかもしれない。

『劇場版 銀魂』をシネ・リーブル池袋1で観る男ふじき

正々堂々と悪ふざけしまくるには、
よく喋り倒す突っ込みキャラが大事であるという事がよく分かる一本。

真っ当なストーリー的側面としては、
アニメチャンバラがとても気持ちよく書かれていて、
主題歌の『バクチ・ダンサー』がとてもかっこよくかかって、
気持ちいい部分がありながら、
キリのいい終わり方になってない所が弱い
(エンドロール後の事にあらず)


【銭】
池袋のミニコミbukuを持参で29日は1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 銀魂 新訳紅桜篇@ぴあ映画生活
▼関連記事。
銀魂完結篇1回目@死屍累々映画日記
銀魂二本立て2回目@死屍累々映画日記

PS ちなみに私は、映画本編の中で真っ向から否定されていた一見さんです。
PS2 もう一言。公開一月経ってるのに結構混んでて、大変よろしい事です。作品中にあれだけ映画製作会社をネタにしてる映画ってのも前代未聞なので、普段アニメを観ない普通の映画ファンの人も試しに観てみると、それはそれでいいんじゃないかと思います。・・・・・・ワーナー・ブラザーズなかなか懐が深いなあ、というか、本当に騙されてたら笑うんだけど。

共通テーマ「仕事用の新しい名前欲しくないですか?」は会社次第の男ふじき

ビジネスネームなんてもんがあるんですねえ。

ちなみにハンドルネームは「ふじき78」、
ペンネームは「藤木・ゲロ山ゲロェ門・快治」。

ペンネームをビジネスネームに使ったら、
ほぼ本名みたいなもんだけど、会社側が嫌がるでしょうねえ。

違う名前になる事には憧れますが、
あくまでも社会人としておかしくないような、
それらしい名前じゃないとダメとか規制受けるようなら
今のままでいいかな。

変えるなら人間ぽくない奴とかの方が面白い。

 血染めのポチ18号

  とか。

昨日の思いつきの続き

「大リーグボール1号とはどんな球だね」
絶妙なスケジュール、もとい、
 精密なコントロール
で、ボールがバットに必ず当たってしまう球だ」
「そうか、つまり、当たり屋みたいな球という事だな。流石、貧乏人」

「大リーグボール2号とはどんな球だね」
「消える魔球だ」
「2号、愛人が消えるなんて、まさに暗黒街を思わせる治安の悪さ、流石、貧乏人」

「大リーグボール3号とはどんな球だね」
「ずばり、ふらふらして当たらない球」
「ヘロの打ちすぎで、ふらふらして当たり屋もできない。流石、貧乏人」


「うううううう、飛雄馬」←明子姉ちゃん
次のページ

FC2Ad