FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『カケラ』をユーロスペース1でけっこう前に観た男ふじき

満島ひかりだ。

まず、満島ひかりありきだ。

この存在感。
その満島ひかりの対極を張る中村映里子も実のある重っ苦しさで、
いい位置に立ってる。

監督は奥田瑛二の長女、安藤モモ子。安藤さくらの姉ちゃん。
化物姉妹だ。

なんとなく、何にでも解釈できる「カケラ」って
タイトルを付けたのがこの映画の一番の勝因かもしれない。

【銭】
ユーロスペースの会員ポイントで無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
カケラ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
カケラ@LOVE CINEMA調布
カケラ@カノンな日々

PS チラシで誰よりも先頭に誰よりもデカデカと名前が載ってるのが
 監督の「安藤モモ子」。いや、そこは抑えて二人の女優がメインでよかったんじゃない?
 (明らかに「満島ひかり」より文字サイズが大きいのがとっても不思議)
 ちなみに重要度の話でいくなら「志茂田景樹」の名前は削ってもいいと思う。
PS2 「満島ひかり」って「女」より「少年」に近いかもしれない。
 カムパネルラとか合うかも。

『マイレージ、マイライフ』をヒューマントラストシネマ渋谷で確か観た男ふじき

俺がホモだったらジョージ・クルーニーに惚れるね。

しかし、あそこで寸止めのように映画が終ってしまうのは
どうなんだろう。


【銭】
ヒューマントラストシネマ渋谷は水曜割引デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マイレージ、マイライフ@ぴあ映画生活

PS ヴェラ・ファーミガ(クルーニと生き方が同種の姉ちゃん)と
 アナ・ケンドリック(新人リストラ宣告人)もよかったですね。
PS2 ジェイソン・ライトマン監督作品は
 『サンキュー・スモーキング』『マイレージ、マイライフ』『JUNO』
 の順番かな。

共通テーマ「サッカー日本代表。ベスト4を達成できる?」に預言者じゃないっつーのな男ふじき

同じ染色体同士の戦いだから可能性はゼロじゃない。
(ケンタウロスのチームとかあったらやだな)。

出場チームに少林サッカーチームが入ってないから
可能性はゼロじゃない。

勝利の鍵は相手チーム合宿先設備への下剤投入だ
(アフリカ大陸ってだけで下痢くらいするだろうって
バレナイ気がする)。

ベスト4より後々の為にファンタスティック4を
達成して貰いたい。

ゴムゴムキーパー
燃えるフォワード
見えないミッドフィルダー
岩石なディフェンス

『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』をシネマート新宿スクリーン2で観た男ふじき

時間を巻き戻せるというドラエモンちっくなビックリアイテムの争奪戦。
乞食少年上がりのペルシャの第三王子と聖都の巫女みたいな立ち位置にいる癖に
衣装が「あっはーん」なお姫様が、好き・嫌い・アチチを繰り返しながら、
ダチョウ倶楽部と一緒に行きがかり上、世界の滅亡を救う(一部、誇張があります)。

ええと、逆に面白い。

あんなアクションシーンとSFXをただ繋ぐだけの映画に
「正しい筋運び」を期待するのがそもそも間違いでしょう。
ネットで話題になってるあの卓袱台をひっくり返したようなラスト、
あのラストがなくても、筋はかなりムチャクチャです。

でも、別に筋だけで映画を観る訳じゃないから、
あれはあれでいいんじゃないの。
この映画で5000円ですとか言ったら怒るけど。
実感としては500円くらいかな。
1000円、1200円でもギリギリ我慢できる。
1800円だったらちょっとくらい怒った方がいい。

まあ、でも、幼稚園児でも突っ込めそうな映画ってのは、
ある意味、逆に貴重でしょう。
そんな映画ばっかでも困るけど。
デートムービーとしては観た後に話が弾みそうじゃない?
というか、こういう映画で話が正しく弾む相手がいいと思うな。

冒頭、最初に思ったのは「シンデレラ」と毛利の「三本の矢」の合成かな、って事。
意外にもそんな間違えてなかったですね。

父王:「このように三本の矢を束ねれば簡単には折れない」
弟王:「だが、聖都の不正取引に使われたこの太刀を使えば、そんな矢も一刀両断」
第三王子:「ああっ、宴の席で元の身分に!」

そう言えば、けっこう頻繁にキスシーンが出てきますが、
キスしてなかったら、もっと簡単に世界を救えてた筈だ。


【銭】
読売新聞系の映画無料券4枚を母親から貰って、そのうちの1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
プリンス・オブ・ペルシャ@映画鑑賞★日記・・・
プリンス・オブ・ペルシャ@LOVE CINEMA調布
プリンス・オブ・ペルシャ@YUKAの気ままな有閑日記
プリンス・オブ・ペルシャ@カノンな日々

この後、18禁話題。
################################################################ 続きを読む

共通テーマ「1つだけ願いが叶うとしたら、何をお願いする?」に正しいけど恥ずかしい願い事を言う男ふじき

もうさあ、いい加減、大人だから
「世界征服」とか言って煙に巻くのも
どうかと思ってしまうんですよ。
 
できるだけ、人の為、いい事の為に使うような
願いごともいいかな、とたまには思う訳です。
 
そもそも、このお題「7月7日」七夕に
ちなんだお題なので、次みたいな願いが
理に叶ってるんじゃないでしょうか。
 
織姫様と彦星君が1年に1回だけでなく、

毎日SEXできますように

 
しかし、その毎日のSEXが倦怠を呼び、
二人の関係はいつしか土曜ワイド劇場のような関係に。
 
となるのも気が引けるので、金で我慢してやろう。
ともかく、俺のもとに金を集めてみてくれ。

じょうじょう

もうバリバリにやばい。

明日も普通に仕事なのにこんな時間に起きている。

寝る。

寝ます。

ただ一言。

ポレポレ東中野でやってる城定秀夫監督特集がオススメ。

こういう平均打率の高い監督が好きなんだ。

以前に観た事があるのは

『ガチバン』
『ホームレスが中学生』
『新宿区歌舞伎町保育園』
『押入れ』

どれもオススメ。
ホームランではなくヒットを打つ監督だけど、
ともかく全打席ヒットじゃないかって異常な打率の高さが凄い。

割とこの手の、つい最近撮られた邦画のアクション映画とか
コメディー映画って滅多にスクリーンで観れないんで、
そんな意味でも貴重です。

しまった。この時点で一言じゃないよ、もう。

共通テーマ「夏のボーナス、何に使いますか?」にリアルな回答はとてもとてもな男ふじき

まあ、いくら貰えるか次第だね。
 
国家予算くらい貰えるなら1億だけ抜いて、
それ以外のお金で国の借金を
チャラにしてあげてもいいんだけどね。
 
10円しか貰えないんなら、とりあえず、うまい棒でも買うよ。
 
しかし、共通テーマ、この「ボーナス」のお題の次のお題が
「FX」だってのが、ちょっと作為を感じますね。
まあ、ライブドアさんからしてみれば、
お金を浪費させる側に立つ方が都合がいいし、
その立場は否定しないけど、親切な振りしてやるのは良くないと思うな。
 
ああ、こんな事いって、明日、電車のホームで背中を押されたらどうしよう。
せめて、背中に剣山を仕込んで………満員電車でえらい迷惑だ。
 
という訳で、背中を押されるのが怖くても満員電車で誰にも分からないように
アンギラスのコスプレをするのは禁止だぜ!

共通テーマ「FXをやってみたいですか?」に似てる奴がいいなな男ふじき

「FX=外国為替証拠金取引」という事です。
いや別に必ず儲かる訳でもないもんに
ウツツを抜かすより他にやりたいが事あるし。
 
と、これで終っちゃうと、それはそれで殺伐としちゃうから、
語感が似てる奴ならやってみたいなあと思う。
 
これならやってみたいぞ!
「外国にいる川瀬翔子ちゃんと禁じられた取引」
 
※ 川瀬翔子ちゃんはカワイコちゃんである事が前提です。

お礼

ぷんちゃんに拍手コメントからポッカの番号を貰ったよ。

技術って使いようによっていろいろ広がるんだなあ。

感謝です。

拍手コメントは基本的には非公開。
(匿名にして本文側で公開すると
このブログではうたってるけど、
面倒くさいんで実際にはけっこう手を抜いてる)

この非公開をベースに新しく何かできないか。
身近にいるユダヤ人の密告を呼びかけたりしてみるか。
というか、呼びかける理由がないし、
集まったからどうできるという物でもない。

なんかない?

『最後の将軍』司馬遼太郎、文春文庫を読書する男ふじき

とっても恥ずかしい話だが、漢字ばっかりで疲れた。

というか人名が多い。
それも太郎とか二郎とか一目で読めるような名前じゃなく、
ルビがふってあってやっとみたいな名前が多い。
しかも、一回振られたルビはその人物が
10ページくらい登場しなくても何か特別な事情がない限り
再度ルビを振られたりしないのである。

意地悪としか言いようがない。

15代将軍とくがわよしのぶ
「けいき」と覚えていたので、
「よしのぶ」と読むなんて知らなかった。
その時点で、もうつまづいてしまってる。

司馬遼太郎はよしのぶに興味は抱いているが、好きではない。
言葉の節々がきつい。
確かに、天下の大将軍なのに、大変人ではあったろう。
まあ、司馬遼太郎に取り上げられるだけで
勲章を貰ったようなもんだから、
それを否定するのも大人気ないかもしれないけど。

「高木ブー」みたいに「徳川慶のブー」であったら、
きっとそういう人生が送りたかった人だと思う
(分かったような、分からんような)。
前のページ 次のページ