FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エンター・ザ・ボイド』をシネマスクエアとうきゅうで観る男ふじき

ギャスパー・ノエ監督作品。

「ノエさんはノギクのような人だ」
No Guilty Crazy(罪なきキチガイ)って事ですね」
「正解。でも本当のところ、あの長さは罪だと思う」

で、とりあえず疲れた。
ノエ節全開。
表現としては面白いけど、あんな尺はいらんでしょ。

マンガ『銭』の浮遊感を持った、感覚オンリー映画。



【銭】
読売新聞系の映画無料券4枚を母親から貰って、そのうちの1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エンター・ザ・ボイド@ぴあ映画生活

PS ラスのタイトル表示で意味が反転されるのかって点が本気だったら凄い。生から死が「VOID(無)」ではなく、死から生への再生も「VOID(無)」である。無情だなあ。梵天一如といおうか、色即是空空即是色といおうか。いや、もしかしたら映画終了により、映画世界その物が瓦解する事こそが「VOID(無)」であるという解釈もありなら、実にメタで、それも凄いなあ。何にせよ解釈がどうであれ、全体、あの長さがいらないという一点は揺るがないけど。

PS2 なんて事を「さも、らしく」書いておいて、『マルコビッチの穴』みたいに、実はジョン・ボイド(アンジェリーナ・ジョリーの父ちゃん)の脳髄の追体験って映画だったらどうしよう。もう、ジョン・ボイドったら幽体離脱SEXばっか夢見てるんだから!
スポンサーサイト



『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』の小ネタ感想10連発

ツイッターで『戦闘少女』の感想を書いた人にプレゼントって企画があって、
こういうバーチャルなお祭りにはとりあえず手はあげておこうって事で、

主旨も何も勝手に無視して10個無駄な感想を吐き出すって
とりあえずそんなに望まれてはいないだろう極悪な事をやっておきました。

すいません。
ああ、すいません。
すいません。

五七五で謝って許してもらえるもんでもないでしょうが、
別にそんなに誠意がある訳でもないので、
これでいいかなあ(タチ悪いなあ)。

って事で、次の10個、転載です。

(01)
 「すうちゃん可愛い」
 「ミキちゃんとランちゃんもな」
 「違う違う」
(02)
 「戦闘少女3人いるんだからゲッター合体できる筈」
 「いや、できんやろ、そら」
(03)
  映画の中でイルカをいじめていないので、
 『ザ・コーヴ』を非難した人でも安心してご鑑賞できます。
(04)
 「そうか1010少女だから、次の舞台は千住だな」
 「これ、もう既に感想とちゃうやろ」
(05)
 政府の暗殺集団の皆さんはお鼻が痒くなった時に大丈夫なの?
(06)
 「渚クン、この岩清水弘、君の為になら死ねる」
 ガシッ
 「死んでなんかいられない!」
(07)
 偉大な監督の一員たらんと今回一名巨大な監督になったので、
 追いつけ追い越せで次は『三大監督地上最大の決戦』が
 いいんじゃないかと思います。
(08)
 亜紗美の姉御があの後生きていて、
 二本足で闊歩したら戦闘力は意外と高いぞ
(09)
 あの商店街に「ちい散歩」に来てもらいたい。
(10)
 この世の中に可愛い女の子が一生懸命で
 血糊の中で光り輝くジャンルの映画があってよかった。
 そして、その成功作に出会えてよかった。
 一つくらいは普通の感想をねじ込んでもいいっしょ。

最後までふざけきれないところが人柄を反映して中途半端ですね。