FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』を渋谷TOEI①でやはり随分前に観た男ふじき

あああああ、ぼくの仲里依紗ちゃんが
あんな事やこんな事やそんな事まで

ただ、それだけの映画だけど、
別にそれだけの映画であっても全然OK。

自ら「はみだしちゃうんじゃないか」と心配した
仲里依紗ちゃんの、ちょっと不摂生にも見える
シェイプされてないボヨンボヨンのボディーが逆にたまらない。
ああ、そのバディーで、あんな事やこんな事やそんな事まで

ココリコ田中が普通の三の線のかっこいい兄ちゃんを好演してた。
この人は思ったよりも役者としていいかも。

チョイ役で出てるスザンヌがちょっと可愛い。
そのスザンヌが可愛いバディーで、あんな事やこんな事やそんな事まで
ええと、これは嘘です。

【銭】
常設ダフ屋で買った東映の株主券6回分2500円、そのうち1回で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲@ぴあ映画生活

PS もしかしたら、仲里依紗ちゃんが兄貴の役も演じてたら
 もっといい映画かどうかはともかく、自分好みの映画になったに違いない。
 何だ、そうか、兄貴には悪いけどちょっと惜しいな。
スポンサーサイト



『時をかける少女』を新宿ピカデリースクリーン5で随分前に観た男ふじき

もう本当に随分、前だなあ。

さて、誰一人として反対する人はいないと思うが、
仲里依紗がいいのである。

原田知世版が男の子が思う理想の女の子を抽出固形化したものであるなら、
この仲里依紗版はもちっと現実に即していて、
どこにでもいる、そこいらの女の子をただちょっと連れてきました
という感じだけど、それが又、いいのである。

主人公の造形としては、今回の方が女の子受けしそうだ。

目の前でスケベエな話をされて「いーーーーー」となる仲里依紗が最高に可愛い。

『きみのともだち』の石橋杏奈も好演。

【銭】
新宿ピカデリー平日最前列メンバーシート割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
時をかける少女@ぴあ映画生活

共通テーマ「サッカー日本代表、決勝Tに行ける?」に即断即答ふじき

いける。
 
勝ち残ったチームとして行くか、
観客として行くかは、普段の行ない次第でしょう。
 
でも、サッカー選手が、先祖を大事にしているとか、
壷を買ってるって話もあまり聞かないから
残念な結果になってしまうかも。
 
そうだ、南アフリカにまで墓を空輸して
現地で墓参りだ!
(いい事いった、俺)