FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost』をシネリーブル池袋2で観た男ふじき

なんとなくブログに載せ損なってた映画の1本

ふう、観終わった。
なんかちゃんと作ってあるんだけど、
映画としての盛り上がりが計算されていない、かな。

話が停滞した「劇場版Ⅰ」とこの「劇場版Ⅱ」
合わせて一本で少し長めの作品にしても
良かったんじゃないだろうか?

TV版未視聴、
総集編、劇場版Ⅰ、劇場版Ⅱ、という鑑賞の仕方をしたが、
無条件に総集編が面白かった。
その後の劇場版なのに、製作時期も遅れたのに、
ってマイナスも付いていたので、
どうせだったら、もっとガツンと納得させて欲しかった。


【銭】
前売券を1200円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
東のエデン 劇場版 II Paradise Lost@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『プリンセスと魔法のキス』を新宿ピカデリースクリーン9でかなり前に観た男ふじき

なんとなくブログに載せ損なってた映画の1本
(そんなんがチョコチョコある)。

残念な事に映画に乗り損ねた。

蛙になったディアナが蛙王子に魅かれていくプロセスが
いきなり好きになっちゃったみたいに感じてダメだったんだけど、
どうも睡魔に負けた私が悪うございましたという事らしい。

ただ、ヴードウ教の悪役はよくなかった。
デザインが貧相でかっこ悪いのはしょうがないにしても、
退陣の際に、より大きな悪に飲み込まれるなら
その悪が主人公に牙を剥くのがセオリーだろう。
そこをちゃんと書かないとハッピーエンドの安心が保証できない。


【銭】
新宿ピカデリー平日最前列メンバーシート割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プリンセスと魔法のキス@ぴあ映画生活

共通テーマ「何歳で結婚するといい?」にやくたいもなくボケる男ふじき

何でもウルトラの父は16万歳、
ウルトラの母は14万歳なんだそうである。

年の差2万歳カップル。
石田純一が「若い嫁、貰いやがって」どころの話ではない。

ウルトラ6兄弟は2万歳前後だが、
放映当時はみんな未婚だった筈だ。

その後、劇場版にセブンの息子(下ネタじゃなくって)が
出てきたので、セブンは結婚の有無は別として、子供は授かっている。
だから、2万歳程度になれば、生殖能力的には問題がないという事だ。

なので、2万歳から16万歳というぐらいにしておけば、間違いない筈だ。

しかし、これだけ長寿な一族になってくると、
一族みんなでSEXして、どんどん子供を産んでいくと
大変な事になってしまう。
最低でも中国の一人っ子政策みたいな物を立てているに違いない。

だって、1年に一人生まれるとしたら、それって人間感覚だと
1日に1人出産してるようなもん。そりゃあ、たまらん。
溢れる。

侵略宇宙人が現われて、宇宙危機が生じた時は、スペシウム光線より、この
「生めよ増やせよ地に満ちよ」な生殖力と長寿を武器に、
人海戦術で相手の星まで行って、その食料を全て食べ尽くすという
イナゴ大群のような戦い方の方が効くかもしれない。

何にしても恐ろしい一族だ。