FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

眠いから一発だけくだらないことを書きます

ええと、「ちくま文庫」ってあるじゃないですか。

ふっと気がついたら、世の中の「ちくま文庫」全てが

「ちくび文庫」になってたら、ちょっと微笑んでしまうと思うな。

共通テーマ「何歳の頃が一番楽しかった?」に珍しく説得力の高い回答ふじき


記憶が残っていないのが本当に残念だが、

どう考えても乳児の時。

だって、周りの者が全員部下で手下。

欲求は全て適えてもらえる。

悩みもない(いや、多分)、

童話に出てくる王様ってのは大人になっても

おんなじ境遇が続いてる状態なんだな、きっと。

 王様じゃないから乳児の時だ。

『ウルトラマン』を銀座シネパトス1で観る男ふじき

実相寺昭雄監督作5本を編集した一本。
五つ星評価で【☆☆☆秀作、BGMにディスコウルトラマンとか変な色を入れなければあと一つ☆を追加してもよかった】

1、2回前に観てる筈なので、本当は観るつもりはなかったのだけど、
勢いって奴ですね。前の2プログラムが総合的にはつまらなかったので、
一つくらい安牌の映画で綺麗に見終わって納得したかった。

ガバドン、テレスドン、ジャミラ、スカイドン、シーボーズ、と、
どん! どん! どん! と「ドン」が三つ並ぶので
なんだか『さんドン、良い怪獣、悪い怪獣、普通の怪獣』って、
書いてる端からつまんない事がわかってしまった。すいません。

作品は5本。
『ウルトラマン 恐怖の宇宙線』
『ウルトラマン 地上破壊工作』
『ウルトラマン 故郷は地球』
『ウルトラマン 空の贈り物』
『ウルトラマン 怪獣墓場』

■『ウルトラマン 恐怖の宇宙線』
「恐怖の宇宙線」ってタイトルだけど、「恐怖」は全くどこにも現われない。
ふにゃふにゃのガバドンのムキュムキュって音が可愛くってたまらない。
実相寺の割としっかりしたアングルとメロウな色調にやられる一本。



■『ウルトラマン 地上破壊工作』
目がない地底人のメイクはもうちょっと丁寧にやれたんじゃないだろうか。
地底に潜ると実相寺の変カット満載。
今回の5本の中でウルトラマンと怪獣が唯一ガッツリ戦ってる一本なのに、
戦闘シーンには大して面白味を感じられない。



■『ウルトラマン 故郷は地球』
ジャミラ。
もう泣けてたまらない。
いつみても凄いコンテンツだと思う。



■『ウルトラマン 空の贈り物』
全編ギャグってのは思い切ったことをやったもんだ。
ラストの解決方法もヤケクソとしか思えない。
単純に海に沈めりゃいいじゃんと思うんだけど。
ラストお茶の席で締めたりするのが贅沢かつオシャレ。



■『ウルトラマン 怪獣墓場』
本放送時はシーボーズのフヌケ加減が好きになれなかった一本だが、
締めとしてはちょうどいい感じ。



【銭】
銀座シネパトスで名画座専用5回券を5000円で購入。その1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ウルトラマン〈1979年〉@ぴあ映画生活

PS 宇宙のどこかに「ユダヤ人墓場」というウルトラゾーンがあって、
 そこでは地上で平和に暮らすことが適わないユダヤ人が唯一・・・以下自粛。
PS2 ああ、何にしても普通に面白くて良かった良かった。

共通テーマ「この夏、やり残していることはありますか?」にこういう質問には基本的に遠い目をすると決めている男ふじき


そんな質問は、
  
俺が性転換をして1000人を目標に
  
ズバズバ出し入れを繰り返す
  
ヤリマン女になってから聞いてくれ
  
(念のために言っておくけど、
  
そういう予定は一切ない)。

共通テーマ「この夏、花火、見ましたか?」に「仕事ばっかと知っててそんなこというのはこの口か!」と逆切れする男ふじき

ああ、もう、世界中の花火大会が
  
蛇花火しか扱えないって
  
法律でも出来ちゃえばいいのに!
  
  

「たあまやあぁぁぁぁあ」
  
  
しゅぼぼぼぼぼぼ
  
  
・・・・・・・・
  
  
侘び寂び

『ウルトラマン怪獣大決戦』を銀座シネパトス1で観る男ふじき

ウルトラマンの編集もので、お涙程度の新撮もある。
五つ星評価で【☆☆凡作、新撮がなければあと一つ☆を追加してもよかった】

レッドキング、マグラ、チャンドラー、ピグモン、スフラン、
ネロンガ、バルタン星人、ギガス、ドラゴ、で全部かな。
「10大怪獣」が売りなので、スフラン引っ込めて
バルタン二代目、レッドキング二代目が正解かもしれない。

基本、作品としては5本。
『ウルトラマン 怪獣無法地帯』
『ウルトラマン 科特隊出撃せよ』
『ウルトラマン 侵略者を撃て』
『ウルトラマン 科特隊宇宙へ』
『ウルトラマン 怪彗星ツイフォン』

■『ウルトラマン 怪獣無法地帯』
マグラが土を振り撒きながら地中から現われるシーンがかっこいい。
実に怪獣っぽい。
今はもう怪獣に対してこういう描き方をしないよね
(CG表現が難しいからかも)。

レッドキングの顔が「どくろ怪獣」の肩書き通り。
獣っぽくっていいな。二代目のコミカルな表情は基本的に嫌い。

フジ隊員がスフランで触手に纏わりつかれ、
スパイダーショットの火責めで、どうにか助けられる。
とりあえず妄想全開で行くぞ、俺。



■『ウルトラマン 科特隊出撃せよ』
ネロンガって造形いいなあ。
目が怖いんだよね、本気っぽくって。
貞子の目には負けるけど(でも、他に怖い目ってそんなにないでしょ)。



■『ウルトラマン 侵略者を撃て』
バルタン星人が出てくれば、それだけで嬉しい。
新撮でウルトラマンとバルタンのアクションを増やしているが、
はっきり言ってチャチ。
ウルトラマンとバルタンの造形がいきなり劣化してしまうのも興ざめ。

巨大化したバルタン星人にいきなり
「核ミサイル・ハゲワシ」が仕掛けられる。

えっ、あんな街中で。
みんな被爆しちゃうじゃん。
まあ、いいのか。日本国民は二回被爆してるから、二度ある事は三度あるで。

さて、50年近くウルトラマンを見てるのだけど、今更になって
バルタン星人の目玉がぐるぐる回転しているのがわかった。

うわあ、あのギミックが凄え、かっこいい。
新マン以降のバルタンは基本デザインの悪さにも引くが、
こういう細かいギミックがない点も実に「どうかしてるぜ! 」な点。



■『ウルトラマン 科特隊宇宙へ』
バルタンの続編。

バルタンのキグルミは新しく作り直されているが、
目が回転するギミックは生き残ってる。



■『ウルトラマン 怪彗星ツイフォン』
極めて『妖星ゴラス』的な一本。
ドラゴの妖精羽根をむしりとるレッドキング。

「そ、それをやったら、単にぶかぶかの変な色のツナギみたいで
凄くかっこ悪くなるから勘弁してやれよ」と思う間もなく、すぐむしられる。

ラストがいかしてる。



【銭】
銀座シネパトスで名画座専用5回券を5000円で購入。その1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ウルトラマン 怪獣大決戦@ぴあ映画生活

PS 光の国部分も新撮だが、あれも程度が低い。
 お金はないかもしれないけど、ウルトラマンスーツはみんなヨレヨレ。
 グローブとブーツ、スーツの色が汚れで違ってる。哀しいな、それ。

『ウルトラマンフェスティバル』を銀座シネパトス1で観る男ふじき(ポロポロとネタバレ)

1989年公開当時の構成で上映。
目玉は滅多にお目にかかれない
アニメ版ウルトラマン『アメリカンUSA』。
もとい『ウルトラマンUSA』。
すげえ、本気で書き間違えたよ。五つ星評価で
【☆☆珍作で凡作、映画としてはナンなんだけどアラ具合を観るのは楽しい】
それにしても『アメリカンUSA』、どんな映画だか皆目不明だが、
思わず観てみたい気にさせる。もしかして単なる書き間違いだけど
「流石」であったりするか、俺。

基本、作品としては3本。
『ウルトラマン 恐怖のルート87』
『ウルトラマンA 大蟻超獣対ウルトラ兄弟』
『ウルトラマンUSA』
これらを幕間のミニアニメ『ウルトラマン・キッズ』で繋げる。

タイトル書いてて気づいたけど、『ウルトラマンUA』ってのもありそうだ。
歌唱力で怪獣を倒す。それはそれでかっこいい気もするけど、
ちょっと『ナイチンゲールの沈黙』みたいだ。
こんな記事の中で見かけると単語「ナイチンゲール」も怪獣の名前みたいだ。
そうでもないか?

■『ウルトラマンキッズ』
作品のガイドアニメ。落語で言うところの
「めくりのかえし(観客に見えるように出してる演者名が書いてある紙の札の入替)」
なんで、前座の仕事である。これがどこからどう見てもムチャクチャ前座の仕事だった。
ガッツ星人の子供キャラがスネ男の声(もちろん旧)で、
虎の威を借る狐スタンスが全く同じだったのは、やっぱりスネ男からのイメージ
いただきだろう。


■『ウルトラマン 恐怖のルート87』
高原竜ヒドラが登場する回。
今まで通して観た事がなかったみたいで、実に新鮮に観れた。
えーと、いいのかなあ。
これ、事件解決してないのに無理矢理みんな笑顔で
シャンシャン手打ちにしちゃってるよ。
恋人にするならアンヌ隊員だけど、
職場の花として気持ちよく仕事が出来そうなのはフジ隊員。ぐっ。


■『ウルトラマンA 大蟻超獣対ウルトラ兄弟』
こ、こりゃあバリバリに子供騙しだ。
子供物だから、こんなぐらいでいいでしょ的な空気が濃厚(脚本も特撮も)。
みんな感情的な行動や、勝手な事ばかりやってて
TACは戦闘部隊として全く機能していない。
あんな場当たり的な部隊に、危険だから近代兵器を与えてはいけない。
竹槍で充分だ。
いい。大丈夫。あの作品の中だけの話なら、精神論で怪獣も倒せるから、きっと。

O型の女性を地中に引きずりこんで食料にする超獣アリブンダ、
初の地下戦に戸惑って生け捕りにされてしまうA。
すかさずウルトラサインでSOSを送ると、物凄いスピードで
(どう考えても光速を超えてる)、銀河の彼方からゾフィー兄さんが飛んでくる。

ともかく物凄い急ぎっぷりである。
弟のピンチに木刀もって殴りこんでくる不良の兄貴みたいだ。
理由も聞かず、Aを即信頼して、アリブンダとギロン人(影の敵)を
Aと共同戦線張って惨殺。光線兵器ではなく肉弾戦。
怪獣同士の頭突きで絶命させるのだ。

ええっ。

死体とかそのまま残ってるけど、いいんか?


■『ウルトラマンUSA』
次に箇条書きにあげるところが面白いアラじゃないかと思う。
・最初に出てくる会社名がハンナ・バーバラ。
 えっ、ブラック魔王とか作ったとこに作らせるんかい!
 ただ、どうもお金を出して北米の興行権を売り買いしてるような
 ビジネスパートナーだったらしく、映画エンドロールのスタッフ欄は
 ほぼ日本人オンリーだった。
・主人公は女性も含めて3人、みんな軍人。
・主人公が派遣される謎の組織が最後まで、
 どんな組織だか全くわからなかった。
 ゴルフ場の地下や、大統領の顔の巨石の奥に秘密基地を作るなど、
 なかなか現地、当のアメリカ人には考えられない大胆なアイデアが使われていた。
・変身後のウルトラマンがみんな無駄にマッチョ。
・女のウルトラマンに迫る触手攻撃。
・怪獣デザインの一人に雨宮慶太。
・ラブストーリーっぽい流れがありつつなのに、
 キャラの魅力が乏しすぎてそんな展開にもならず。
・せめて女ウルトラマンの変身前がもっと可愛かったらなあ。
 美男美女とかって概念がないアニメ世界でしたね。


【銭】
銀座シネパトスで名画座専用5回券を5000円で購入。3カ月有効で1興行につき約300円お徳。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ウルトラマンUSA@ぴあ映画生活

そう言えばこの話題は知ってる?

私自身、時間が取れなくて行けないだろうと思ってるんですが、
東京は高田馬場にある早稲田松竹さんで9/25~10/1の一週間
大林の尾道三部作(同名新作もあるけど全部古い奴)の三本立上映があります。

『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』

凄いよね、東京。

『テコンV』をシアターN渋谷スクリーン1で観る男ふじき

マジンガーZ調韓国アニメ。
一言で言っちゃうと【珍作】面白すぎもしないけどつまらなすぎもしないよ。

主人公の父ちゃんがハゲで髭で熊っぽくって、
新宿二丁目でちょっともてそうだ。

主人公も一発でかっこいいって感じではなく、
そうだなあ、サンドウィッチマンのホストっぽくない方に似てる。
それは、普通に考えてかっこよくないだろ(カットによって微妙)。

ともかく物凄い時代遅れ感が炸裂してるんだけど、
これは韓国製だからとかじゃなく、ただ単に古いからだろう。
全体、アメリカと日本のアニメのいいとこ取りをしようとして、
見事に着地に失敗という感じ。
外野キャラがアメリカの安いアニメみたいで「これでもか」と雑だし、
セルアニメ独特の色の汚さがカラーになったばかりの初期東映動画みたいだし。
ああでも、確かに「古い」って事もあるけど、こういうの見てると、
今の日本のアニメの色の綺麗さを思い知らされる。
しんちゃんでさえ凄くクリアな色使いをしてる。
(そう言えばCGアニメ以外の外国の新作をほとんど観ない気がするなあ)

まあ、マニアが自慢の為に見ておく一本というところかな。

萌キャラ元祖みたいな金髪ロボ少女も出てくるけど、
ミニスカートなのに、「教育が許さん」とばかりに
断固としてパンツを見せないところには、
そこはやはり韓国なのかな、と韓国をやっと感じたりもした。

いや、もっと他に感じろよ、俺。

テコンVの敵になる博士の悪の道へ進む理由が案外、韓国っぽい
(少なくとも日本だったら皆が脚本を破り捨てて成立しない筈だ)。



【銭】
シアターN渋谷、水曜割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テコンV@ぴあ映画生活


PS とりあえずヤカンVが鬱陶しくてたまらん。

マンガ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第六巻』原作:佐藤大輔、作画:佐藤ショウジ、角川コミックスドラゴンJr.を読書する男ふじき

続巻。

特に変った展開もなし。
まだ読み続けてもいいかな的な空気が頭の中で蔓延してるけど、
女房を質に入れてまでの続巻を読みたい感はない
(もちろん女房もゲゲゲもいないけど)。

原作も作画も両方とも佐藤なので、
リアル鬼ごっこがリアルに始まったら、
このマンガは読めなくなる筈。

という事なので、
本当にリアル鬼ごっこを開催しなくてはならない
と考える団体があるようなら、
このマンガの乳露出がなくなる事と引換に
トップアイドルの乳の露出を約束して貰いたい。

あっ、鬼ごっこで捕まえて、
佐藤寛子の乳を………露出したばっかやん。

佐藤ありさ、でいいや。
ソニー損保の初代ティアラの女の子。
見たいなあ、乳。
あの明るい笑顔と、その乳のギャップが実に見たい。
乳首バンドエイドで覆って、ぶるんぶるん、それだけでもいい。

え、だめ。

みんなで実現しない。

実現すりゃ楽しいじゃん。

みんなで幸せになろうよ。
前のページ 次のページ