FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ニンジャ・アサシン』『テッケン』を新橋文化で観る男ふじき

『ニンジャ・アサシン』

いやあ、主演の韓国人歌手Rainの顔が、
よく言うと醤油顔の更に薄口、悪く言うと超貧相。
もっと悪く言うと柳ユーレイに似てる。
ただ身体がムチャクチャ締まってる。

まあ、大した話じゃないんだけど、表現がおもろい。
手が飛ぶ、足が飛ぶ、ぶしゃん、ぶしゃん、
ああ、あのレアチーズケーキのように、
ぶちゃぶちゃ、ちぎれる人体が気持ちええのう。
もう本当に、この映画の中の忍者は
プレデターやエイリアンクラスに強い。
強いってのは実に気持ちがいい物だ。

それだけです。

あっ、ショー・コスギが悪い忍者の親方。うん、グッド深み。




『テッケン』

鉄道研究会の勇者を集めて行なう格闘技大会。

嘘、嘘。

あ、でも、大した事なかったから、もしかしたらそうだったのかも。

タムリン・トミタが出てるのがポイントかな。
もう『ベストキッド2』の女の子だった頃の可愛い顔を思い出せない。
「タムリン・トミタ出てたよ」って友達のイノちゃんに言ったら
「あー、あの『チンピラ2』に出てた」って、そういや、そうだったか。
顔を全く覚えてないよ。でも、相変わらず日本語の発音は悪くて、
「あー」と納得した。

昔っからアジア系で出てるケイリー・ヒロユキ・タガワ(スター・トレックね)
すんげえ髪型で出てきて、生活って大変だとちょっと同情した
(まあ、ケイリー・ヒロユキ・タガワは割とそういうキワモノ系好きそうだけど)。

ストームトルーパーみたいな近代鎧のベースデザインが剣道着なのが最高に楽しい。



【銭】
新橋文化、前売券使用で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ニンジャ・アサシン@ぴあ映画生活
TEKKEN -鉄拳-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ニンジャ・アサシン@LOVE CINEMAS調布
鉄拳@狂人ブログ
鉄拳@LOVE CINEMAS調布

PS ちなみに私は一切ゲームをやらんので、細かい事は一切分かりません。
 コメントで書かれても一切、的にかなった事は返せません。
 それでもいいなら、かかって来い!
スポンサーサイト



『しあわせの隠れ場所』をギンレイホールで観る男ふじき

『しあわせの隠れ場所』?

開口一番でなんだけど、こんなタイトルじゃないな。
じゃ、どんなタイトルなら妥当か。

『サンドラ・ブロックの雷ママ』

これでバッチリです。

ああ、それにしても、サンドラ・ブロックもアカデミー女優か。
何と言ってもサンドラ・ブロックを育てたのは俺だからね、感慨深いよ。
というか「俺」というか「俺たち」というか。
『スピード』の、安いシャツが似合うガラッパチ姉ちゃんのイメージ、
あれが強いので「素人の時から見てやってんだぞ」みたいな
後見者的感慨が沸く訳ですが(パトロンと言えばパトロンだ)、
昔っから、いい女優でした。
いや、本当。
抱きたい女優とかには入らないけど、
抱かれたい女優には入るかも。
いや、小学生に戻って隣の姉ちゃんのサンドラにいい子いい子されたい、って感覚か。
まあ、そんなこんなありーので、今作でもいい演技をかましてます。

サンドラ・ブロックもこの先一生、女優を続けるだろうから、
キャリアの一環として、この『時間ですよ』の森光子みたいな役は必要だ。
いいぞ、がんばれ。サンドラ。
でも、個人的には「人生」と無関係なチンケな映画にも出続ける
イナセなサンドラ姉さんでいてほしいです。

割とどこにでもいそうな顔立ちのダンナさんのキャラが気持ちいい。
後半バリバリ、キリスト教的精神を発揮する教師陣もいい。
後半バリバリ、メッキがはがれるアメフト・コーチもいい。
嫌な女の役ばっかじゃないのよ、キャシー・ベイツ。
実話に基づいた、いいキャラがいっぱいいる、いい話なんだけど、
映画のダイナミズムとして、ドカンと来るような話としては残念ながら弱い。

つまり、よくできたホームドラマです。
その「ホーム」が血縁だけじゃなく、
同情から始まって同居したビッグ・マイクが欠かせない一員である事や、
広い意味で教師や家庭教師も含めてコミュニティ全体が「ホーム」って感覚が
映画が語ろうとしている理想なのでしょう

つまり、実はこの映画の本当のタイトルは

『サンドラ・ブロックの石原軍団炊き出しママ』

ふざけて書いたけど、そんなに間違えていないな。



【銭】
ギンレイホール、会員パスで入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
しあわせの隠れ場所@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
しあわせの隠れ場所@映画のブログ
しあわせの隠れ場所@映画のメモ帳+α
しあわせの隠れ場所@LOVE CINEMAS調布
しあわせの隠れ場所@カノンな日々
しあわせの隠れ場所@映画鑑賞★日記

PS そう言えば、ビッグ・マイクと一緒に入学して、
 その後、一切、何一つ語られないもう一人の黒人少年はどうなったんだ?
 (あれ、不良グループに取り込まれたりした?)
 実は彼を語ることがこの映画のテーマを明確にする事じゃないかとも思うんだけど。
PS2 結果として、この映画で今まで無縁だったアカデミー賞を
 サンドラ・ブロックが取れたのはとてもいい事だと思う。
 でも、そのアカデミー賞が『ザ・コーヴ』なんて下らない映画にも賞をあげちゃう
 くだらない賞だという事も分かっちゃったんで、アカデミー賞とは別に
 サンドラには私から直々お褒めの言葉を授けたいと思います。
 「サンドラ、ようやった」何物よ、俺?

共通テーマ「救急車に乗ったことがありますか?」に「まあね」な感じの男ふじき

詳細は話したくないので伏せるが、
物心付いてない時に一回、乗っている筈。
  
ちなみに、幸か不幸か、救急車に乗られた事はない
(案外、テクニシャンの救急車だったら
 気持ちいいかもしれないぞ)。

共通テーマ「省エネの暑さ対策を教えて!」に「教えてもらってばっかかい!」とたまには突っ込んでみる男ふじき


「心頭滅却すれば火もまた涼し」
というから、

一回試しに火の中に入ってみてはどうだろうか。

共通テーマ「好きな飲み物を教えてください!」に「死水」なふじき

わしも、もう人生そこそこ生きてきて、
後50年も60年も生きられないと思うから、
思い切って言っとくけど、

婦女子の生殖器から出てくる愛液、
いわゆるラブジュースって奴、
あれを中ジョッキで一杯、
なんとなく飲むのはきつそうだから、
女の子の目の前でかぶってみたい。

誰のでもいいなら、
「そんなこと信じられない」目線を
凄く強く送ってくれそうなガッキーがいいな。
いいじゃん、ガッキーだって、後、100年も200年も
生きる訳じゃなし(いや、多分、おそらく)。
今がチャンスだぜ。

そのままの色が恥ずかしいなら1:9の割合とかで
コーラで割ってもいいよ(でも飲まないから飲み物ではないな)。