FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

よせばいいのにともかく下らない差別的な下ネタを連想することが止められない男ふじき

「下らない」が理由でぷんぷん怒っちゃう人はこの先読むの禁止
「差別的」が理由でぷんぷん怒っちゃう人はこの先読むの禁止
「下ネタ」が理由でぷんぷん怒っちゃう人はこの先読むの禁止
理由もなく怒っちゃう人はこの先読むの禁止
後から「けっ、こんなんで笑えるもんかよ」と毒づく人はこの先読むの禁止
心でそう思ってなくても、好意的に誉めてくれる人だけ、この先推奨

何故、そこまでして自分を守りたがるのか、俺。
################################################################ 続きを読む
スポンサーサイト



『NECK』を池袋シネマサンシャイン三番館で観て、わはははは脱力笑いふじき☆

五つ星評価で【☆珍作です】

わはははははは、何じゃこりゃ。

みたいな。

一生懸命作ったんだろうなあ感はそこそこ伝わってくるんだけど、
あちこち間違ってるのと、大枠間違ってるのとで(全部じゃん)、
隠し芸大会の英語劇を和訳したみたいなドタバタ映画になってしまいしまた。

個人的には、相武紗季は可愛いんだけど、映画上の魅力は乏しい。
ガサツで騒ぐだけの自己中女になってる。
こーゆーのは、一縷の女の子らしさが見え隠れってのがラブコメものの定番でしょ。
古いか。
『ゴールデンスランバー』でも、抜群の存在感のなさを発揮した相武紗季。
映画は肌に合わないのかなあ。

栗山千明はいつも通り美しい。オタクにオタク演じさせてるのでリアルかも。

ほんのチョイ役だけど、実写セーラーVの小松彩夏ちゃんが堂々とSEXを公言する
ような役どころをやってたのには影ながら拍手を送りたい。
いいぞ、脱いじゃっても。というより積極的に脱げ。

細川茂樹はいわゆる「かっこいい役」なんですが、
いわゆる「かっこいい役」なんだから、
デコ皺は修正とか入れて隠すべきだったと思う。

いろいろな事情があるのかもしれないけど、
話のコアな部分に関係する「緑目人形」のデザインがお話にならない。



【銭】
池袋ミニコミ「Buku」28日に持参でBuku割1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
NECK ネック@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
NECK ネック@LOVE CINEMAS調布
NECK ネック@カノンな日々

PS 昔、箱の中で全感覚を遮断すると猿になっちゃうっていう
 『アルタード・ステーツ』なる映画があった。
 それを考えれば、箱から頭だけ出して、オバケ作るって発想もドッコイドッコイだ。
 あれ、待てよ。ロマンポルノ『箱の中の女』って、NECK箱みたいな
 作りじゃなかったっけ? 昔のことだから、はっきり覚えていないけど、
 お化けは出てこなかった。でも、睡魔にやられた気がする(チャンチャン)。