FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「缶けり」したことありますか?」に「菅蹴り」を連想させて、菅・小沢戦を動かそうとする企みが裏にないかと深読みする男ふじき

「缶けり」をした事はある。
  
でも、それよりライブドアでブログを書いてる全女子に
金蹴りしたことありますか?」と問いただして貰う方が
より、プレイとしては高度なのではないかと思う。
  
■オマケ
新しい遊びの提唱「菅蹴り」
(1) 菅直人を連れてきて真ん中にすえる。
(2) みんなで蹴る。
  
  おわり
スポンサーサイト



『激突!』をTOHOシネマズ六本木プレミア・スクリーンで観て、満足な男ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆満足だ】

映画ファンとして当然、観ているべき映画を観ていない。
だってパチモンだもん。
という事で初見です。
ともかく劇場でかからんからなあ。

まあ、別にこれは元々、劇場用映画じゃないんだから
DVDとかでもいいんだろうけど。

もう、評価が決まっている作品で、
今更それを覆そうと言う気は更々なく、
立派な傑作映画でした。

個人的にはラスト、ぼーっとしてるデニス・ウィーバーの横で
まっ黄色のピチピチスペーススーツを着た森雪に
「私たちは戦うべきじゃない。愛し合うべきだったのよ」と
泣き叫んでいてほしかった。

妄想はさておき、誰だったですかね、あの運転手。
まさか、コロンボ。
コロンボもスピルバーグ撮ってるからゼロじゃないよな(ゼロだよ)。

せっかくデニス・ウィーバーを起用したんだから、
馬とタンクローリーの一騎打ちもやってほしかったかな。

(註):デニス・ウィーバーの出世作はウェスタンスタイルの保安官が
 都会で捜査する「警部マクロード」。オープニングで馬に乗るシーンがある。
 「警部マクロード」は「刑事コロンボ」の日本放映時の後番組
 (つまり職場取っちゃったみたいなもん)。



【銭】
1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
激突!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
激突!@映画鑑賞★日記

PS 『激突!』ってタイトルは上手いなあ。
 今だったら『地獄のトラックストーカー』とか付けられちゃいそうだなあ。
PS2 TOHOシネマズ六本木プレミア・スクリーンのある場所が
 まるで座敷牢のように、一見どこにあるか分からんような場所だったのが笑った。