FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ハナミズキ』を新宿ピカデリースクリーン8で観て、ガッキーだからオマケで☆☆☆☆ふじき

五つ星評価で【☆☆☆☆普通に満足、でもガッキーが例えば森三中だったり、生田斗真が蛭子能収だったりしたら星一つだ】


なんつーか、ハーレクィーン漁師ロマンス。
『不灯港』のリアルじゃない奴とも言えるかもしれない。


ガッキーも生田斗真も絶世の美男美女じゃないところが、いいキャスティング
(完璧美女じゃない少女マンガ・キャスティング)。
で、恋敵として絡むゲゲゲの向井くんが爽やか。
いや、こっちの組み合わせの方がベスト・カップルでしょ。
生田くんだと不漁の時、酒、飲んで暴れたりしそうだし(ガテン系への偏見かなあ)。
もう一人、女側の恋敵、蓮佛美沙子は滅多にない凄い立派な嫌われ役だ。蓮佛さん、顔、怖いからなあ。


話は「今時こんな初々しいラブ・ストーリー恥ずかしくてよう書けん」と
あまたの脚本家が悶え苦しんで自ら脚本を破り捨てちゃうような
前半の恥ずかしいラブコメ部分が好き。
後半は距離はでかいけど、まだ引っ張るのかよ感が強くって、
気持ちよく畳んで終ってほしかった派です。



【銭】
新宿ピカデリー平日最前列メンバーシート割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハナミズキ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ハナミズキ@LOVE CINEMAS調布
ハナミズキ@カノンな日々
ハナミズキ@労組書記長社労士のブログ
ハナミズキ@未完の映画評


PS ガッキー可愛いのう。
PS2 つらい遠距離恋愛と言ってるけど、
 後半、ガッキーがマグロ漁船に乗り込んで
 職場恋愛にシフトするって選択肢はあったんじゃないかしら。
 だめか。死んじゃうか。
PS3 「華水鬼」ってタイトルをゾク漢字にするだけで、鬼六っぽくなる。
スポンサーサイト



仮面ライダー・オーズ

HDDレコーダーが壊れて、
Wの最終回とオーズの第一回を見逃したので、
オーズに関しては今回が初めての体験。
ドキドキ。

結果。
まあ、ええんとちゃうの。
毎回、毎回、新しい設定を作るのもご苦労な事だけど、
今回の明るくて軽くてラテン系っぽい設定は悪くなさそう。

最初からイケメン3人くらい出てるのも、
設定に無理がないなら別に問題ない。
この辺は作り手の慣れを感じる。

力や技の元になるメダルがどんどん集まると
ライダーがどんどん強くなるって設定は玩具メーカーが
後から糸を引いてるんだろうけど、
途中からライダーのトータルデザインが変わって、
ムチャクチャかっこ悪くなるよりはチョコチョコ、
マイナーチェンジが多い方がいいかも
(多分、いつもの大改造もやっちゃうとは思うけど)。
メダルの数で優劣を決めるカードゲームとか売るんだろうな。
儲かりそうだな、玩具メーカー。
まあ、金には誰も勝てない(いやな話だけど)。

こういうこと言うと怒られそうだけど(でも言う)
なんとなくライダー主役の兄ちゃん、なだき武に似てない?

ここんとこのライダーの主人公って、悩んでナンボって感じで悩むけど、
今回のライダーはいっそ、一切悩まないテイストで行ってほしいなあ。
悩むの飽きたよ。
悩む対象がいつも運命じゃん。
本来、運命って悩みようがないよね。

悩むのは怪力の女の子が怪力で悩むとか、それくらいがいいな。
怪力って属性は可愛いなあ(なんかそれっぽい女の子だし)。
怪力って日常生活で基本、そんなに役に立たない。
そこが可愛いと思う
(変な因縁話にしないで、ただの怪力女子だといいな)。

とりあえず、しばらく観てみようかなと思う。

みんなハゲにして、『仮面ライダー坊主』でも個人的には全く困らないぞ。
主婦層が取り込めなくて番組的には困るか。
いやいや、案外スキンヘッド支持主婦層とかでかかったりするかもしれないし。
サイン回の代わりにスキンヘッドお触り会をやったら受けるかもしれんし。

『リサとガスパール』をシネマート新宿2で観て、大人には退屈だけど子供が観るなら普通だろうなあな男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通】5歳位じゃないとあかんけど

長編ではなく、既存の短篇を寄り抜いて映画として公開したもの。

ウサギのような犬のような変な生き物がパリに家族単位で住み着いてる。
ムーミン一家が普通に人間の中で暮らしてるような感じ。
白くてフワフワしてるトラブルメーカーの女の子がリサ。
そのリサと「トワトモ(永遠の友達)」してる黒い男の子がガスパール

物語の基本フォーマットは
トラブルメーカーのリサがやっちゃいけない事をやってしまい、
ガスパールと一緒にそのトラブルを収束させるまで。

うーーーん、シンプル。

アンパンマンでさえ、このアニメの前では充分、複雑だ。
アニメって世界的にみたら、こっちの方が主流だろうし、
こういうシンプルなアニメ観てると日本ってやっぱり変な国だと思う。

リサの「やっちゃった!」ってセリフが可愛い。


【銭】
普通に入場料金払って1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
リサとガスパール とびきりキュートなパリの住人@ぴあ映画生活

PS リサの「やっちゃった!」ってセリフを中の人含みで
 広域解釈して興奮するのがダメ大人の心意気ってもんよ。
PS2 ちょっとチカチカする。もともとTVモニターサイズの作品なんだな。
PS3 これ、キャラを頼みに中学生がデートムービーとかに
 選んだらおそらく最悪。デートムービーはジャッキー・チェンがいいぞ。

『ちょんまげぷりん』荒木源、小学館文庫を読書する男ふじき(ネタバレあり)

映画鑑賞後の原作読書。

一番、驚いたのは映画の中で
一番、好きだったあのエピソードが
原作になかったことだ。
そして、そのエピソードは原作にあったとしても
何ら違和感のない物であったことだ(詳細は後半ネタバレ部分で書きます)。

流石、物凄い脚本力を持つ、中村義洋監督である。

あと、原作では安兵衛さんはゴツゴツした小男なので、
ニシキドの割と貧乏くさい(失礼)風体もリアリティがあったが、
イメージとしては若い岩松了みたいなんが元々かもしれないな、と思った。


カテゴリが「読書」の場合、ほとんどトラックバックとか付けないんですが、
この記事は映画『ちょんまげぷりん』の記事に向けて、
トラックバックを下記の方々のブログに付けさせてもらってます。
原作もオモロイよ、とのメッセーシを込めて。

ちょんまげぷりん@LOVE CINEMAS調布
ちょんまげぷりん@労組書記長社労士のブログ
ちょんまげぷりん@映画のブログ

映画『ちょんまげぷりん』の感想


さて、映画、原作、どちらか未見未読の人の為に
両作品の違いをこの後、語るので、
ちょっと細かく知りたくないなって人はスルーしてください。

################################################################ 続きを読む