FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『君が踊る、夏』を丸の内TOEI①で観て、博太郎を心配して映画どころじゃない男ふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆こんなに荒い話でほんまにええのん?】

何かいろいろありすぎてまとまらないから箇条書きで行きます。
ネタバレちゃうかもしれないけど、困るようなどんでん返しもないのでいいでしょ。

・映画の中で男はウジウジ。一番、男らしいのは高島礼子。
 チンコ持ってたら、一番でかくて太いだろう。
・高島礼子のホテルのボヤを偶然、通りかかった溝端淳平が消火する。
 「たとえケンカしてるとは言え、火をつけるなんて」って展開が普通じゃない?
・妹の病気を恋人に話せず、溝端と別れてしまう木南。
 話せよ。
 一生、話さん訳にもいかんだろ。
 というか、心が通じ合っていない身体だけの関係か?
 じゃあ、ちゃんとスクリーンでそれを表現しろよ。
・溝端と妹の約束。どう見ても溝端が覚えていたようには思えない。
 にも関わらず、その辺を曖昧にしてはっきりさせていないのが気になる。
・妹の病状が脚本に忠実すぎ。
・溝端の評価された写真がそんなに心を打たない。
・溝端の評価された写真が5年前に撮った写真なら、
 本当にその間の5年は何だったんだ?
・誰だ、DAIGOに「ウィッシュ」とか言わしてんのは!
 というか、勝手に言ってんなら編集で切れ。
・藤原竜也は若すぎてカリスマカメラマンに見えない。
・藤原竜也の役名は「高木四郎」。
 高木ブーと岸部四郎が合体したみたいな名前だ。
本田博太郎、最後の夏になるかもしれないのに、
 子供にも会わず、ずっとお遍路さんをやってるのは、それでいいのか?



【銭】
常設ダフ屋で買った東映の株主券6回分2800円、そのうち1回で入場。


▼作品詳細などはこちらでいいかな
君が踊る、夏@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
君が踊る、夏@LOVE CINEMAS調布
君が踊る、夏@カノンな日々


PS 「あの踊るのあの人のその後の話らしいよ」とか振って、
 『君が踊る大捜査線の夏』とタイトルを変えて興行する。
 ちなみに「あの人」は隆大介。
PS2 おお、また、母ちゃんが宮崎美子だ。

 
スポンサーサイト