FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う』をシネマート新宿2で観て、佐藤寛子には熱烈な拍手を送りたいけど、映画は☆☆なふじき

五つ星評価で【☆☆記事のタイトルに書いたとおりです】


ええと、この映画の企画が
佐藤寛子を脱がす事にあるのなら、

大成功。
100%どころか200%達成してると言えるでしょう。
達成しすぎちゃった感があって、この後、
女優としての杉本彩みたいに、
そういうのとか、安いアクションとかしか
来なくなっちゃうんじゃないのと心配させる強烈さでした
(おそらくその心配は杞憂に終らない)。


凄いなあ。
あの、ポールダンス。
話の上で、蚤の足の先に生えている毛ほどの必然性もない。

「必然性があるなら脱ぎます」というよりも
「必然性があろうがなかろうが、
 いや、必然性がないなら必然性がある以上に脱ぎます」
みたいな。
達観してるなあ。
禅っぽい境地だ。

まあ、映画を観ている最中、「佐藤寛子の裸は禅だ」みたいに
思ったりはしなかったけど(たりめーだ)。


という訳で、佐藤寛子の裸は『花と蛇3』の小向美奈子同様、
お金を払うに値する裸です。みなさん、お金を落としてあげてください。
あと、あの寂しげな顔は石井隆の映画によく似合う。
ああ、日本の学級委員、佐藤寛子ちゃんの裸が見れて本当によかった。


さて、ここまで裸ばっかりの話だけど、
ともかく映画自体がそういう映画だからしょうがない。
だって、話が何だか気の抜けたサイダーみたいなんだもん。
気が抜けてるだけならまだしも、
炎天下に放置して常温になって甘さがべたつくみたいな。


基本、狂言回しの主人公、代行業者の竹中直人はバリバリに無能。
引っ掻き回されて引き摺り回される受身な役どころ。

普通に考えたら、あの魑魅魍魎が渦巻くような世界で
あんなに無能な代行業者は成り立たないでしょう(5分で死ぬ)。

東北から集団就職で出稼ぎに来た中学生じゃないんだから、
ただ人がいいだけで成り立つ商売ではない(筈でしょ)。
その人のいい竹中直人が「これでもか」と佐藤寛子に同情する。
その傾倒振りが不自然だ。
そして、この映画の竹中直人には「人がいい」以外に
何か一つ、場をひっくり返せるような強さを持ち合わせてほしかった。
主人公ってそういうもんでしょ。


基本的に女優陣は面白かった。

もう、こういう何だか分からない
ヤバイおばさんを演じさせたら孤高の域にいる大竹しのぶ。
汚れっぷりが気持ちいいです。
その大竹しのぶに負けてない井上晴美のガラガラ声もいい。
私、声の汚い女優、好きなんです(何気にひどいこと言ってる)。

挙動不審の女刑事(ブスが演じたらストーカーでしょ)
東風万智子(こちまちこ)、この人、真中瞳らしい。
ええ、それならそれで早く言ってくれ。
全然、気が付かずに観ちゃったよ。オーラ落ちたなあ。
ちなみに、上から読んでも「こちまちこ」下から読んでも「こちまちこ」。
そんなんにこだわる暇と時間があるなら、
もっと改名のプレゼンをしっかりせんかい!



【銭】
シネマート新宿、火曜メンバー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う@映画のブログ
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う@LOVE CINEMAS調布
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う@佐藤秀の徒然幻視録

PS 何となくシンデレラっぽいかなあ。
 シンデレラ:竹中直人
 ママ母と姉妹:大竹しのぶ、井上晴美、佐藤寛子
 王子様:東風万智子
PS2 「まいっちんぐ東風万智子せんせい」
 という企画を立てるならギリギリ今だ。
スポンサーサイト



共通テーマ「らき☆すたの魅力について語ってください」にあの☆は「つのだ☆ひろ」の☆みたいなもんかなあとぼーっと思う男ふじき

申し訳ないことですが、
『らき☆すた』は
マンガを読んだ事もなければ、
アニメを観た事もない。
 
なので、完全に憶測で語らせて貰うなら
 
ブリーフ一枚の蛭子能収とか、
同じくブリーフ一枚の温水洋一とか、
その二人の濡れ場とか、
そういう俗世間の醜い物が
なさげなところがいいんじゃないでしょうか?
 
私の憶測をものともせずに、
『らき☆すた』に蛭子能収と温水洋一の濡れ場が
描かれてたりしたら、そ、そりゃあ、それで凄いマンガだなあ。

共通テーマ「これは良い!と思ったエコ商品・活動を教えて」に後ろ向きな男ふじき

人一人が生きてくだけで
自動的に反エコしてしまうのだから、

現実的には

対人地雷

あたりが一番のエコ商品という事になるのかもしれない。