FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パーマネント野ばら』をギンレイホールで観直す男ふじき

個人的にパルコ調布キネマに行きたかったけど、時間が合わずに断念。

で、もう一回見直しして、ラスト、秘密が明らかになったところで再度ボロ泣き。
哀しいし、温かい。

今回、その秘密を知った上で、前半見直して
前半のイメージが変わる事を確かめたかった。
が、前半のイメージは特に変わらなかった。
当たり前といえば当たり前だが、秘密前後で周囲の演技が異なる。
秘密前は秘密がないかのように撮られている。
結果、前回初見で観たのとニュアンスは変わらなかった。

ふーん。ちょっと意外。でもまあ、そんなもんなんだろう。

前回の鑑賞記事↓
『パーマネント野ばら』をシネ・リーブル池袋2で観る男ふじき


【銭】
ギンレイホール、会員パスで入場。

PS 「男の人生は真夜中のスナックや」。これ、名言だなあ。
スポンサーサイト



『グリーン・ゾーン』を新橋文化で観て、乗りそこなう男ふじき(ネタバレ感想です)☆☆

五つ星評価で【☆☆爽快感がない】

とりあえず日本の中では
「そりゃ大量破壊兵器みつかんなかったんだから
 アメリカさんが一芝居うったんでしょ」
というのがほぼ世論の結論になってると思います。

それを覆すでもなく、ドンパチ入れてなぞっただけ。
えーと、その分かりきった展開を
大勝利で終わる訳でもない書き方で描写するって面白いのか?

情報が世界を左右する。
そして主人公はその情報戦争に負ける。
負けた主人公は腹いせとばかりに主要メディアに
暴露記事をMAILする。タチわりい。
軍人としての守秘義務とかないのか。
このやり方だったら誰もが暴露する人には勝てない。
しかも、主人公目線だから行為は正しいのだけど、
暴露記事が正しくなくても、この終り方は一件落着してしまうのだ。

うーん、危うい。


【銭】
夜間割引700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
グリーン・ゾーン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事にトラックバック・・・はいいや。もう旬も過ぎてるし。