FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エル・トポ』をヒューマントラストシネマ渋谷3で観て、オー・マイ・ガーふじき☆☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆☆奇作中の奇作】


見る度になんかしら拾える映画。
今回、作品生誕40周年を記念してデジタルリマスター版での上映。

映画はいつも通りだ。
堂々たる傑作である事は既知の事実なので、
それを更に語るようなことはしない。

ただ、一つだけクレームを付けたい。

カルト中のカルトと言われるアウトサイダー・ムービーなのに、
最初のカット、エル・トポとその息子のブロンティスが
砂漠を歩いている。ブロンティスは全裸だ。

小学一年生くらいの全裸の少年。

わざわざ股間にぼかしを入れるな。
みっともない。
例え検閲官ただ一人がその股間に興奮していたとしても。


【銭】
1500円払って前売券を購入して、正規入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エル・トポ〈製作40周年デジタルリマスター版〉@ぴあ映画生活

▼この記事から次の記事にトラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
エル・トポE@映画のブログ
スポンサーサイト



マンガ『ブギーポップ・デュアル 負け犬たちのサーカス 全二巻』高野真之、原作 上遠野浩平、メディアワークスを読み直す男ふじき

ああ、絵が美しいってステキ。

けっこうフェチっぽい魂が見え隠れする作画だ。

うん、だから好き。