FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

マンガ『ハニハニハッ!第一巻』がぁさん、YKコミックスを読み直す男ふじき

衛星軌道上に打ち上げられた
東京ディズニーランドのような
総合エンターティーメント施設。

突然、地球が滅亡する大災害の中、
施設は公転周期から弾き飛ばされ、
人類の子孫はその施設にのみ残された。
そこから1000年、人類はアロハな感じの文明まで後戻りし、
1000年後に目覚めた技術者は救世主と崇め奉られる。
そして1000年前には予想も出来なかった敵との遭遇。

元の公転周期に戻る為の1000年が経過して、
アロハな民とともにこれから地球に戻らんとするところで
第一巻は終了。掲載誌が廃刊になった為、ここで完結扱いの模様。

面白いんだけどなあ。
面白いだけじゃ延命はできないんだよなあ。

うん、もう世界って奴は。
スポンサーサイト



マンガ『だいらんど』がぁさん、大都社を読み直す男ふじき

「がぁさん」は凄くキッチリした構成の物語を描く事が出来る。

なんで有名にならないのかね、この人は。

三下のチンピラがファンタジーの世界(お伽の国)に迷い込み、
六つの世界を渡り歩くこの『だいらんど』も物凄く良く出来たマンガである。
チンピラ(マンガ内でも「チンピラさん」と呼ばれる)が、
ファンタジー世界に毒されることを潔しとせず、
やさぐれたままで六つの世界を渡り歩き、自分と向き合う様が
おかしく、楽しく、ほろ苦い。

大人が子供に戻ることが美徳のように持て囃されてるが、
それって単に「逃げ」だよな、と『だいらんど』を読み直して
薄ぼんやりと思う。