FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「今まで食べて一番美味しかったものは?」に「イママ」で呆けようと思って地名を検索して見つからなかった男ふじき

ないんだな、イママ市とか、イママ郡とか。

なんで普通に美味しかった記憶を語る。   
社会人1年の時、上司に連れて行って奢ってもらった
九段下にある名店の鰻。
  
やわらかかったなあ。
  
ソウルフード的には、
狛江にあった定食屋「金ちゃん」の
数々の定食が忘れられない味だけど。
定食屋跡地でお惣菜として売ってる
クリームコロッケは今でも好物。
スポンサーサイト



共通テーマ「腕時計って、持っていますか?」に腕にはめる携帯は作らないのかと疑問に思う男ふじき

腕時計を見るという習慣が
身に付いてるので、ずっと着用しています。
携帯取り出して開いて見るより、
ただ視覚に入れるだけなのでずっと楽。
  
一日に3、4本映画をハシゴする時なんかも
移動時間の確認に時計は欠かせない。
荷物もって両手がふさがってる事も多いので
一々携帯を取り出して見るとかより便利。
  
携帯電話が時計のように腕にはめられるなら
それを使う気もするけど、それって
ウルトラセブンのビデオシーバーだな。
iフォンタイプにして、入力出力兼用の
画面を未使用時は二つ折りで1/2の大きさに
収められるなら商品化は可能だと思う。
  
みんな携帯は使う時だけ
手に持つ物だって固定観念を持ってるから
こういう考えは持たないのかもしれないけど。
まあもっと紙みたいな軽さ薄さになったら、
そういう方向に進むかもしれん。
  
  
ところで、
手首から肩のところまで、
足首からガーターベルトの位置まで、
無数の黒ベルト腕時計を着用した
全裸の美少女とかいたら、
全力を振り絞って拍手するよ。

『ジーン・ワルツ』海堂尊、新潮文庫を読書する男ふじき

読んでるとサクサクすすむ。

海藤尊は語りが上手いのだ。

読み終えてつまらなくはないが、
これは面白いのか? と自問して悶々した
「自問して悶々した」は「手マンして悶々した」に似てる。
しまった。さっそく脱線だ。

作者の主張したいことは分かるし、
それはとても大事な主張であり、
声高に語られるべき問題である事は認める。

その問題は物語の終わりで、解決への一歩を踏み出してるが、
まだまだ全面解決には程遠い位置だ。
なので、終り感が乏しい。

何より物語の主人公、曾根崎理恵の心が見えてこない。
最初から見えてないが、最後には見えるかと思いきや見えない。
曾根崎理恵は作者の主張(医療改革)以外の何がしたいのか。
そこが見えない。
曾根崎理恵の情が見えない。

菅野美穂で映画化が決まった。
映画は面白くなると思う。
見えない曾根崎理恵の情は菅野美穂が徹底的に補完するだろう。

何という適役!

物語的には終盤に『ジェネラル・ルージュの凱旋』
を思わせる修羅場もあり(災害ではない)映像化に適している。

誰がやるか知らないが、
上司の清川役を江口洋介がやったら、
いろんな繋がりでオモロイと思う。
基本的に江口、白衣が似合うし。

共通テーマ「モテ技GP あなたのモテ技を教えてください!」に血迷う男ふじき

一回、騙されたと思って実践してほしいモテ技が巴投げである。
  
そう、町中で巴投げを掛けて、掛けて、掛けまくるのだ。
  
信じられないかもしれないが、これで君はもうモテモテだ。
  
相手の意思を気にかけたりしなければ。

共通テーマ「スキンケア、気にしていますか?」をわざと読み間違える男ふじき

死姦ケア、せんわそんなもん!