FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「今までで最高のクリスマスの思い出を教えてください」にもういっちょふじき

「いやあ、思い出なんてないよ。

 なんせその日は毎日朝から晩まで労働だからさ」

サンタクロース談
スポンサーサイト



『暁の追跡』『野火』をシネマヴェーラ渋谷で観て、やっぱり『野火』は怖かった男ふじき、☆☆☆,☆☆☆☆

特集上映「市川崑初期作品集」から1プログラム。


◆『暁の追跡』

五つ星評価で【☆☆☆すまんけど普通】


悩める若きおまわりさんを演じる池部良がかっこいい。
池部良って下元史郎に似てる。
って、それは本末転倒か。
下元史郎には有名になってほしかったなあ。

お馴染み長い顔の世慣れた伊藤雄之助も、
いつも通り飄々として楽しい。
似合わない警察官をクビになって、
キャバレーのバンドマンってのが
あて書きしたかのように似合いすぎ。

池部良の恋人ヒロイン役が中華料理屋の看板娘で
なんか野沢直子に似ていてどうでもよかった。

普通にいい話なんだけど、犯罪の初動から最後の確保作戦まで、
事件の全てに関わらせておきながら、主役の巡査に
一切英雄的な行動も名誉も取らせなかったのは徹底しているけど、
娯楽映画としてはつまらん。



◆『野火』

五つ星評価で【☆☆☆☆『ゾンビ』以上の恐怖映画】

怖い。

舟越英二のいっちゃってる目も怖ければ、
大量の死体があちこちにばら撒かれて、単なる風景になってるのも怖い。
後付けで見た写真だけど狂牛病の牛の死骸が
牧場のあちこちに散らばってる風景にそっくり。

そして敗残兵の歩きがゾンビよりゾンビっぽい。

これ2回目。やっと再見が適った。

1回目は昔の文芸地下で『沈黙』『野火』の二本立て。
なんてヘビーな二本立てだ。



【銭】
ヴェーラ会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
暁の追跡@ぴあ映画生活
野火@ぴあ映画生活
▼関連記事。
野火(塚本版1回目)@死屍累々映画日記
野火(塚本版2回目)@死屍累々映画日記