FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ほんとうにあった怖い話3D』をシネマート新宿1で観たのに、随分感想書くの出遅れちゃったよふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通にじわじわ怖い。ビックリ感は薄い】
  
  
5本の短篇からなる怪談オムニバス。
「3D」と名打ってるのに立体は一本だけ。
で、入場料金は正規料金だと2000円取る訳です。
えええええ。
ま、この辺は下の方の「銭」の話で。

ちなみにこの映画の立体感の出し方は
席の場所でも良かったのか、
何でだか物凄くクリアで今までにない「いい感じ」でした。

あと、立体の有無に関わらず色彩設定がかなり優れてる。
全面、発色が鮮やかだけど、毒々しくなく調和も取れてる。
けっこう原色も入っていて、モノクロに近いくすんだ色調に抑える事が多い
ホラーには珍しいテイストだった。
そして、それでダメって事もなかった。

さて、一つ一つ軽く。
『廃工場』:廃工場で起こる怪現象。
 やりすぎ感もあるけど、普通に怖い。
 ホラー映像をよく勉強してるなと思った。
 ええとついでに他のブログ記事への私信です(やりたい放題だな)。
 かのんさぁん
 > あの行方不明になった先輩の身に起きた出来事は誰が見ていたんでしょう?
 ええと、あれは映画トップでうたっていた「演出上の表現以外は真実です」の
 「演出上の表現」に当たる部分じゃないか、と。
 そんな事いったら何やっても自由になっちゃうんだけど。

『心霊スポット』:心霊スポットに遊び半分で行ってみると……
 ここに出てくる何故かザンバラ髪の日本人形が
 自分でも理由が説明できないんだけどムチャクチャ怖い。
 『トイ・ストーリー』にあの人形が出てたら、
 それだけでもう安心して観ていられなくなるに違いない(それくらい怖い)。
 ただ、理由が分からないので、一般的じゃなくて私だけの事かもしれない。

『誰かいる』:初めての留守番。家の中に何かの気配が。
 小学生の女の子が霊に追い詰められていく様子が怖さを助長する。
 基本、理由の一つもないのに、霊に太刀打ちできない点がホラーの怖さなのだ。

『死の土壌』:呪われた畑。
 ええと真昼間からだだっ広い中で見ず知らずの畑に埋まってる死体に
 呪われるってのはリアリティ薄くない?

『シセン』:自殺の現場に出くわした少女が自殺した女性の視線に取り憑かれる。
 モ娘。の新垣主演。新垣はまあ普通。
 適当な長さがあるからなのか、唯一だれた。



【銭】
入場料金は正規料金だと2000円取る訳です。
「搾取だ! 搾取だ!」と暴動を起こそうかとも思いましたが、
一人で騒ぐのは恥ずかしいのでやめました。
で、この200円上乗せは立体メガネ代です。
なので、メンズデー、レディースデー、会員デーなんかだと、
1000円+200円で鑑賞可能だし、告知ポスターも貼ってありました。
良心的な対応です。あのペラペラの立体メガネに
200円の価値があるかどうかは置いておきましょう。
200円ですと言って、アイマックスのごつい立体メガネが
持ち帰り可になってても困るでしょ
(勿体無いからと思って意地でも持って帰りそうな気がする)。
ちなみにユナイテッドシネマでやってるような
立体メガネ持参割引は今回はなし。ま、大人の事情があるんでしょ。
ちなみに私は招待券を使って(事前に使える事は確認済)、
メガネ代の200円だけ払って観ました。ラッキー。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 ほんとうにあった怖い話3D@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 ほんとうにあった怖い話3D@カノンな日々
スポンサーサイト



『隣のゾンビ』をテアトルダイヤ2で観て、玉石混交だなと思う男ふじき☆☆☆(正々堂々ネタバレ)

五つ星評価で【いいのと悪いのの差が凄く激しい。個別評価は各エピソード毎にそれぞれ別に付けました】
  
  
ゾンビを題材にした韓国製の連作オムニバス。
6話構成となってるが、第6話は
オチの付いたエンドロールなので事実上は5話構成。

最初の3話、
『すきま☆』『逃げよう☆』『骨を削る愛☆』は誰もが考えそうな
アイデアを特に工夫もなく撮っている。
だれる。
だれる。
1,2話がゾンビ目線、3話が家族目線。

この辺から正々堂々バリバリっとネタバレします。

4話『ワクチンの時代☆☆☆』
この映画のゾンビは死者ではなく、
人を襲ってエサとして食べようとする細菌感染性の病人なので、
治療という概念が出てくる。
闇ワクチンや、ゾンビの体液から作った人体を無敵化する麻薬ゾンビハイ
などが登場して作品世界が広がっていく。よきかな。よきかな。

5話『その後・・・ごめんなさい☆☆☆☆』
全てのゾンビが治療され、人間として社会復帰している世界。

唸る。

こんな展開を書いた映画はいまだかってなかった。
元ゾンビは差別され、就職も侭ならない。
街を歩けば、いきなり過去の仇に襲い掛かられたりする。
だが、ゾンビだった時の記憶は薄い。
いつゾンビに戻るのではないかという精神的外傷を引きずって
ギリギリの中で生きる。
そんな中、ゾンビだった時に、家族を殺されたという女性に
主人公は襲われる。今まさに殺されそうになった時、
強盗が現われて、二人に等しく銃を突きつける。
強盗も元ゾンビ。
元ゾンビが怒鳴る。
「お前らだってゾンビをどんどん殺したじゃないか。
 俺たちがどんな思いで生き残ってきたと思っているんだ」
ここで、ゾンビ=加害者という構図が壊れる。
各人の立場が対立する。
主役のペ・ヨングンの熱演もあってこれはよかった。


【銭】
パルコ調布キネマの会員券を使用してテアトル系列館割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
隣りのゾンビ~The Neighbor Zombie~@ぴあ映画生活
▼トラックバックを付ける記事やブログが見つからない。陸の孤島だ。

『半次郎』をシネマート六本木1で観て、「ちぇー」は好きだけどな男ふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆半次郎の魅力がよう分からん】
  
  
西郷どんの片腕、中村半次郎を榎木孝明が全力で演じきる。

んー、でも、僕は半次郎をよく知らないので、
京女の白石美帆が「はんじろうはん」と言うのを聞いて
「りんじいろうはん」とちょっと似てるな、なんて
全くベクトルの違うことを考えていた。

だって、人間としてどこがどう魅力的なのか、
後に行けば行くほど描かれてないよ。
戦いの中で、その場その場の感情表現は書かれていても、
何を考えて敗戦を重ねて言ったかが書かれていない。
それは、半次郎に限らず、官軍も薩摩軍もだけど。

この映画で好きな点は二点。

「チィーッ」と聞こえる薩摩示現流の居合抜刀。
ブルース・リーの怪鳥音もけっこうインパクトがある声音だが、
この示現流の掛け声には適わない。
怖い。こんなんに立ち向かう官軍は本当にご苦労様です。
『乱暴と待機』の小池栄子が薩摩示現流の
使い手じゃなくって本当によかった。
そして、この示現流を使う時の半次郎は
目がちょっといっちゃってる感じで、逆にそれはよかった。

あと、も一つ。
映画冒頭始まる戦闘の険しさが『プライベート・ライアン』を
思わせる痛そうな戦場。けっこう極彩色で色も綺麗だ。



【銭】
シネマート六本木、木曜はポイントカード会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
半次郎@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
半次郎@LOVE Cinemas調布
半次郎@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
半次郎@カノンな日々

PS 半次郎が真面目な顔立ちから、いきなり歯を剥き出して「ニカ」っと笑う。
 どこか病んで見えてしまったのは私だけでしょうか?

共通テーマ「今までみた夢で印象に残っているものを教えて」に歌ってみる男ふじき

夢見る少女じゃいられない。
  
とりあえず少女じゃないから、これで終らすのは正しくないか。
  
「印象」が「印度象」を略した言葉だとしたら、
「印度象」を夢の中で見た事は記憶する限り一回としてない。
もちろん「印度象」に相撲を仕掛けられて「のこったのこった」だったり、
SEXを仕掛けられて、乗ったり、乗られたりだったりも一度としてない。
  
そう言えばオシャカ様の母親は六本牙のある
白い象とまぐわった夢を見たんじゃなかったっけ?
密かに潜在意識に残る形で、ブログから次の聖人の母親を
探し出そうとしているのか、ライブドア?
  
まさか宗教法人としてやってく気じゃなかろうな、ライブドア!
携帯ストラップで「なっちゃん地蔵※」とか作ったら
100円までだったらお金を払う事を約束しよう。

※ なっちゃん:ライブドア社員。
 なっちゃん地蔵って割と似合いそう。

共通テーマ「もし無人島で生活することになったらあなたはどうする?」に条件さえ合えば問題ない男ふじき

次みたいな無人島だったら生活できると思うので
できるのなら用意しておいてください。
  
衣食住多岐にわたる必需品が地上30階建ての
複合型自動販売機設備によっていつでも購入可能
(もちろん全て無人設備)。
  
物価は免税と中華資本の導入によって、
1回の食事代が中国本土程度、クレジット決済可。
  
無人のマンガ・ネット喫茶もあったら嬉しい。
  
ふと、思ったけど
「もし無人くんで生活することになったらあなたはどうする?」
ってお題の方が遥かにしんどそうだ。
(場所としての無人くんでもしんどそうだし、
 借金漬け生活の暗喩としての無人くんでもしんどそう)