FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『うつし世の静寂に』をユーロスペース1で観て、誠実だと思う男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆ためになる】
  
  
川崎の農民集落(という表現が悪いなら共同体)に伝わる
「講」「巡り地蔵」「谷戸の田づくり」「初山獅子舞」などを
取り上げる昔ながらの手法を使ったドキュメンタリー。

マイケル・ムーアを初めとする
取材者の個性を大威張りで主張する物や、
取材者の個性を出来る限り表面に出ないように
素材映像を編集したりしただけの昨今のドキュメンタリーとは違う、
ナレーションが映像内容を説明してくれる
昔ながらの普通のドキュメンタリー。

こういうのが落ち着く。
分かりやすい。
伊達にこの形で落ち着いてた訳ではないのだ。

宗教と農民の実生活の密接さを描く「講」「巡り地蔵」の下りは
ビジュアル的にも面白く、ふんふんと頷いて見てた。
アフリカ奥地の宗教儀式を観るのと同じ様な変な風景がそこにある。
その「変な風景」の「変」こそがドキュメンタリーが興行として
成立するか否かの一点だ。

で、後半は、山から湧き出る泉の水を使った田作りの話。
それは流れの関連性が薄いんじゃないの?
文化的には大変貴重なのかもしれないけど、大して面白くない。
後半オオトリ「初山獅子舞」は繰り返しが多くって長い。

知らない事、見た事がないものが積極的に解明されて行かんとする前半は面白い。
知らない事だけど、前半との絡みがボケて、
興味がない話題がちょっと長く続いてしまう後半は退屈。

悪い映画とは思わないが、宗教儀式ではない実技を混入させた事で、
本当に残したい物が何なのかという点が分かりづらくなってしまった。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
うつし世の静寂〈しじま〉に@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



ブログの説明、変更

肩を壊した時に変えたブログの説明をマイナー・チェンジしました。
肩の話題は何かほったらかしにしちゃったなあ。
一応、普通レベルでは完治です(違和感があるのは多分もうずっと抜けない)。

変更前
 「数で勝負」の映画日記の筈だったのに、右肩を骨折して
 「死屍累々映画日記」が単なる「死屍累々日記」に。
 まあ、バカなこと書いてるのは変わんないですけどね。


変更後
 「数で勝負」の映画日記。
 あと、「ライブドア共通テーマ」に集中参加して、
 全然、映画日記じゃなくなる事も。


それとついでに、サイドバーの
コメントLINKの数を20から15に
記事LINKの数を5から10に変更した。

『オカンの嫁入り』をパルコ調布キネマで観て、あおいちゃんに萌え萌えふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆だって、あおいちゃんがかーいーじゃん】
  
  
如才ないホームドラマ。

『阿寒の嫁入り』なんて言うからね、
大竹しのぶがマリモッコリのコスプレで披露宴あげたいと言い出して、
あおいちゃんが困るみたいな映画かと・・・・・・

ふじきさん、のっけから嘘ですか。

『キラー・カーンが嫁に入って来て』だっけ。

ふじきさん、嘘の連続ですか。

いやいや『悪寒の嫁入り』だから、難病物でしょ。

ふじきさん、それはそうなんだけど、そんなに上手くはないよ。
とりあえず、それについては宣伝戦略の間違いだと思うなあ。
バリバリ宣伝に載ってるから一応、ここでもネタバレ表記なしで
書いちゃうけど、病気については知らない方が楽しめたと思うなあ。
映画自体がその事を知らない方が楽しめる構成だから。

さて、宮崎あおいと大竹しのぶの親子が素晴らしい。
本当に親子にしか見えない。
いるいる、こんな凸凹親子(それでいて親密)。

大竹しのぶが母親だからって『ヌードの夜』じゃないのさ。
連れて来る男が竹中直人だったらもっとやだな。
でも、母親が連れて来る桐谷健太(「BECK」のボーカルだ!)が
ふざけた外見にも関わらずなかなかいい奴で、
大竹しのぶが彼の事を「ヘラヘラしてていい」って誉める。
あの誉め方がいいなあ。
伊達に人を殺して風呂場で解体してないよ、ってそれは別の映画。

で、宮崎あおいがいつも怒って拗ねて駄々をこねてる。
可愛い。
童顔で小学生みたいだ。
ホルマリンで保存したい。
いや、それは違う。

みんながちょっとずつ問題を克服する
こういうちっちゃいドラマは割と好き。


【銭】
パルコ調布キネマ会員制度の3回有料入場で次回無料で0円鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
オカンの嫁入り@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
オカンの嫁入り@LOVE Cinemas調布
オカンの嫁入り@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
オカンの嫁入り@京の昼寝
オカンの嫁入り@映画的・絵画的・音楽的
オカンの嫁入り@カノンな日々


PS 特別講義『オカンの嫁入り』をケータイ小説でノベライズするにはこうしろ!
 「私、この人と結婚する」
 大竹しのぶは林泰文を連れて来た。
PS2 おばあちゃんが「宇宙人に会いたい」とか
 「合気道でバタバタ二十人くらいの男を薙ぎ倒している
 最中のスティーブン・セガールに会いたい」とか言ったら
 いったいどうしたんだろう?
PS3 大変、失礼なんですが、
 大竹しのぶさんはラゴンとウィレム・デフォーに似てると思います。

『悪人』をパルコ調布キネマで観て、みんな役者バカだよねな男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆役者は皆いいけど、単にジャンルとして苦手】
  
  
立場としては原作未読です。
役者がみんな凄い。

物語的には登場人物の誰も彼もがどんどん不幸になってってきつい。
ラストの妻夫木くんのあれはよかった
(あれがなければ映画としての成立は難しいだろう)。

という訳で、とってもブチャイクだった妻夫木くんが偉い。
つい、お金を渡してしまうシーンとか
「なんてことするんだあ。でも俺だってしそうだあ」
みたいな切なさがたまらんです。

深っちゃんはみんな納得してるけど、実は綺麗すぎると思う。
誰からも見向きもされない肉体労働者の無口な男と
生きているのに死んでいるみたいな取りえのない女が
世界の中心にいる男女の恋愛の流れ弾を喰らって、
ぶざまに逃げ惑うというのが映画のフォーマットだと思う。
深っちゃんの演技は素晴らしいけど、
幸せでいられない大きな理由がほしかった。

で、世界の中心にいるような未成立カップル岡田くん満島ひかりちゃん。
岡田くん、うまいなあ。
満島ひかりちゃんは予告でも流れていた柄本明との
橋の上でのシーンが泣ける泣ける。
そして、その真逆の普段のカットも。

柄本明が、もう最近では出る役出る役、みんな頑固親父で、
必ずといっていいほど不幸な役だ。
柄本明の息子、娘、妻の誰かが
病気になったり死んだりする確率は8割くらい超えてるんじゃないだろうか?
たまには幸せな役もやらせてあげてください。

あと、バス運転手のモロ師岡さんが何気に一番好き
(満島ひかりを除く)。


いいか、みんな。目を覚ませ!

深津絵里と満島ひかりの二人が

登録してる出会い系サイトなんてあるもんかあ



【銭】
パルコ調布キネマの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
悪人@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
悪人@LOVE Cinemas調布
悪人@映画のブログ
悪人@映画鑑賞★日記
悪人@単館系
悪人@労組書記長社労士のブログ
悪人@京の昼寝
悪人@カノンな日々
悪人@映画的・絵画的・音楽的
悪人@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

PS KLYさんの記事のコメントで書いたように、
 一番の悪人は実は私なんです。
 うっうっう、みなさん、ごめんなさい。
 私が悪うございました。
PS2 寺山修司が在命なら「悪人は観客のお前ら全員だ!」
 と言ってくれた気がします。